轍楽之路掲示板
タイトル
画像を貼り付けられます.(最大300KBまで) 当サイト、ブログのご感想、ご意見、ご質問、鉄道、写真、旅の話題などをお書き込み下さい.貴方のサイトの宣伝、新作ご案内も大歓迎です.ご常連さんでなくてもOK、ご遠慮無用、堅苦しい挨拶も不要です.話題を盛り上げるような割り込みレスも歓迎です.
ただし、平和で楽しい趣味の世界を人殺しのための戦争やテロに例えるような出撃、後撃ちなどの言葉、他人他国などを差別蔑視する言葉、一部のサイトの間でしか通用しないような当て字や言い回しは、こちらには持ち込まないようご協力をお願いいたします.
禁止用語の関係でご投稿できない場合は、私宛にメールを頂ければ転載いたします.maxess.terada1@dream.com

当サイトに無関係な悪質な宣伝については断固としてお断りします.
ページが重くなりますので同じスレッドに大画像の貼り込みは2-3点までにしてください.

コメント中にURLを入れると投稿エラーになります.URLは投稿欄の参照URL枠に入れて下さい.

轍楽之路掲示板


[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

またまた湿原号 投稿者:札幌の佐々木(C5549) 投稿日:2007/02/15(Thu) 20:15 No.1067   
先週月曜日、たまたま出張で釧路に行くことになったので、カバンの中にカメラを1台忍ばせ、しっかりと撮ってきました。仕事は午後からだったので、スーパーおおぞら1号で札幌を出て、釧路到着後早歩きで鉄橋へ。翌日は、折り返しのスーパーおおぞら6号だつたので、これまたホームからですが釧路駅発車が撮れました。でも不思議 
2/5 C11207+客車5両 補機なし
2/6 C11171+客車5両+DE
171と207、補機連結は、どう使い分けしているのでしょうか?一層のこと重連にしてくれれば、無理しても行きますが。


Re: またまた湿原号 - 札幌の佐々木(C5549) 2007/02/15(Thu) 20:35 No.1068
立て続けですみませんが、翌日の171です。


タブレット交換 投稿者:坂ノ下田村麻呂 投稿日:2007/02/11(Sun) 21:01 No.1062 投稿者のサイトor参照URL   
2007年2月11日建国記念日の沢辺駅での光景である。
先着した下り二番列車と後着の上り二番列車のタブレット
交換風景である。この光景も3月31日までとなる。
沢辺駅構内には昔懐かしい腕木式信号機も残されて現役で
がんばっている。

弊HP「SL鉄人物語」の特集コーナーで、「くりはら田園鉄道の最後の冬」特集を公開中!


Re: タブレット交換 - 田駄雄作 2007/02/13(Tue) 10:14 No.1064 投稿者のサイトor参照URL
坂ノ下田村麻呂さん、ホームページ拝見しました.

くり田は電車時代から一度も行ったことが無く、雑誌などではよく見ていますがそれほど親しみがありません.終焉に当たって秀逸なロケーションの数々を拝見し、これは○十年前に行くべきであった、と思わざるをえません.
こちらの本埜村のハクチョウは暖冬のせいか、1月中にはほとんどが北上してしまいました.写っているハクチョウはその仲間かも知れません.


Re: タブレット交換 - 坂ノ下田村麻呂 2007/02/13(Tue) 17:46 No.1066 投稿者のサイトor参照URL
田駄さま こんばんわ!
弊HPを御覧頂いたそうで有難うございます!
ご案内の「くりはら田園鉄道」の若柳駅近くには、伊豆沼と言う大きな沼地があって、白鳥・ガン・鴨などの日本でも有数の渡り鳥飛来地があります。伊豆沼サンクチュアリーなる保護観察施設があり、日本各地へ飛散した渡り鳥達が、北上前に降り立ち北上準備をするとの事です。沼には何万羽と言う水鳥達が夜のネグラにしており、夜明けともに一斉に飛び立ち周辺の田圃に就餌に出向くようです。従って早朝・夕方の水鳥たちの飛び立つ様子や飛来する様子を沢山のカメラマンが撮影しています。我々がSLが到着するのを固唾を呑んで待ち構えているのと同様に、夜中のうちに沼の周辺にカメラマンの車両が並びます。白鳥は来年も飛来しますが、「くりでん」は3月31日で最後です。栗駒駅近くの三迫川での白鳥と「くりでん」のコラボレーションは今年限りです!


大井川鉄道のオハフ33 投稿者:やぶお 投稿日:2007/02/12(Mon) 18:41 No.1063 投稿者のサイトor参照URL   
田駄雄作さま、こんにちは。

静岡は穏やかな3連休になりました。
私は中日に大井川鉄道のSL急行に乗ってきました。
SL急行に乗るのは20年ぶりで、
久しぶりに旧客の乗り心地を味わいました。

指定された座席はなんとニス塗りのオハフ33。
しかも照明は白熱灯。
ラッキーでした。
座ってみると乗り心地は悪いもののやはり落ち着きますね。

車内の調度品にカメラを向けて見ました。
詰め合わせ写真で失礼します。


Re: 大井川鉄道のオハフ33 - 田駄雄作 2007/02/13(Tue) 10:22 No.1065 投稿者のサイトor参照URL
やぶおさん、こんにちは.
オハ35系は本来は優等列車用ですが、私が旅をしたころはオハ61などとともに普通列車に組み込まれることが多かったです.
急行の自由席を並んで待っていると、なぜか1輌だけ連結されたオハ35かオハフ33が目の前に停車してがっかりしたことが何度もあります.上野から青森まで乗ったこともあります.

ニス塗り木製車内に白熱灯ではトンネルに入ると暗いですよね.そのうち隙間から漏れてきた煙が車内に充満!なんて遠い記憶が釜石線でありましたっけ.

ありがとうございます.


細倉鉱山鉄道の幻影? 投稿者:坂ノ下田村麻呂 投稿日:2007/02/04(Sun) 19:52 No.1060 投稿者のサイトor参照URL   
細倉マインパーク前駅の駅前ロータリー脇に、栗原鉄道時代の電気機関車と旧型貨車が保存されていました。
反対側からのアングルでは、現役時代の光景と見紛う程の印象を感じました。電気機関車は、昭和25年三菱製ED202号機でした。

京成電鉄3298F リバイバル特急開運号 投稿者:とれみょう 投稿日:2007/02/03(Sat) 12:54 No.1056 投稿者のサイトor参照URL   
はじめまして、HNとれみょうと申します。都内在住の30代目前の若輩です。大先輩のサイト、いつも拝見させていただいております。
勇気を出して初投稿。先日の開運号を添付させていただきます。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
また、初投稿での宣伝は些か失礼かと思いましたが、私も画像BBSの運営をしております。こちらもあわせて宜しくお願いします。

一枚目*京成臼井〜ユーカリが丘 レプリカマーク先頭の京成上野行き回送です。


Re: 京成電鉄3298F リバイバル特急開運号 - とれみょう 2007/02/03(Sat) 12:58 No.1057 投稿者のサイトor参照URL
二枚目*京成臼井〜京成佐倉 下り特急です。
背景の風車、チョットわざとらしいですが入れてみました。



Re: 京成電鉄3298F リバイバル特急開運号 - とれみょう 2007/02/03(Sat) 13:00 No.1058 投稿者のサイトor参照URL
三枚目*京成酒々井〜大佐倉 上り特急です。
300mmに2倍テレコン、600mmです。
以上です。

共通データ
NikonF5 RDPV



Re: 京成電鉄3298F リバイバル特急開運号 - 田駄雄作 2007/02/03(Sat) 17:05 No.1059 投稿者のサイトor参照URL
とれみょうさん、はじめまして.轍楽之路サイトへようこそお出で頂き、ありがとうございます.
当日は上下列車とも近い場所で撮影していたようですね.さすがに朝の回送の頃はまだ家で寝ていましたが.

ヘッドマークの違いは撮影時に違和感がありましたが、はっきり認識したのは帰宅後PC画像を見てからでした.宗吾参道駅ではすぐそばで見ていたのにです・・・・.

600mmの正面貫きは順光で決まりましたね.私が下から撮った築堤の先でしょうか?ファインダーの中をゆっくり迫ってくる姿は、とれみょうさんの脳裏にもしっかり焼き付いていることと思います.

ご覧の通りウチのサイトは万屋さん状態で、鉄道なら何でもありです.どんな話題でも構いませんのでまた遊びに来てください.

宣伝大歓迎ですよ.ネットでは宣伝はタブーのような風潮がありますが、教えて頂かなければ存在を知ることさえ出来ませんよね.そもそもネットは自慢、見せびらかしの世界なんですから.見てもらってナンボのもんです.
画像BBSをちょっとのぞかせて頂きましたが、良いセンスしていると思います.ぜひ正式なサイトを立ち上げてくださることを期待しています.



くり電と白鳥 投稿者:坂ノ下田村麻呂 投稿日:2007/01/29(Mon) 07:22 No.1050 投稿者のサイトor参照URL   
2007年3月31日廃線の「くりはら田園鉄道」の収録第一回目として、細倉〜津久毛間の撮影に行ってきました。2007年集録紀行第一回目です。寒中なのに小春日和で、ノンビリ集録紀行を楽しんできました。
現地入りした時は、背景の栗駒山が見えていたのですが、列車到着時には雲隠れしてしまいました。
本来は積雪下での収録を予定していたので、後日再収録に出かける心算です。

湿原号 投稿者:札幌の佐々木(C5549) 投稿日:2007/01/14(Sun) 22:37 No.1038   
いよいよ今週末湿原号です。本日は、準備に追われていました。ちなみに昨年は、前日川湯温泉に泊まり、朝食を食べてから石山に行ったら、よい場所がありませんでした。サルボ展望台で撮影後戻ってくると、石山の踏切には、なんと120台も車がありました。本当は、のんびりと撮りたいですが、こればかりは仕方ありませんね。今年はどんなシーンがみられるか?今から楽しみです。
昨年の湿原号石山です。


Re: 湿原号 - 田駄雄作 2007/01/17(Wed) 09:20 No.1041 投稿者のサイトor参照URL
毎冬多くのファンがはるばる道東に集う、その魅力がこのカット1枚に凝縮されているようです.

120台ですか!よくそんなにスペースがありますね.


Re: 湿原号 - 札幌の佐々木(C5549) 2007/01/25(Thu) 19:59 No.1048
管理人様、先週金曜朝から石北のDDを撮りながら川湯入りしました。樹木の生長はすごいですね。昨年まで撮影していた斜面からの撮影できる場所は、かなり狭くなりました。仕方なし、今年は反対側の小山の上からです。車は国道の入り口から、ごみ焼却場の分岐を超えて150台はありました。まさに石山フィーバーですね。


Re: 湿原号 - 田駄雄作 2007/01/26(Fri) 08:44 No.1049 投稿者のサイトor参照URL
今年はそれ程ではないようですが、それでも道東の厳寒の中、多くのファンの人たちが爆写されたようですね.
それにしても一ヶ所の撮影地に150台とは!各車複数人は乗って居られるでしょうし、歩きの方もいらっしゃるでしょうから、総数500名!というところでしょうか.
沿線での動員数や乗客などを加えると数千人の大イベントになりますか.期間の長いイベントだけに延べでは道東、釧路の経済に大きく貢献しているのかと思います.
しかし寒そう!
早々の作品を拝見させて頂きました.ありがとうございます.


京成3200形 投稿者:田駄雄作 投稿日:2007/01/20(Sat) 00:21 No.1047 投稿者のサイトor参照URL   
こちらにも1点.本編ご笑覧ください.
京成金町駅.

大夕張のダイコン 投稿者:奥山道紀 投稿日:2007/01/11(Thu) 21:03 No.1037 投稿者のサイトor参照URL   
昭和35年頃より、炭鉱の合理化が始まりましたが、その頃から駅では別離の光景が何度も繰り返されました。
大夕張駅のホームを離れる混合列車、最後尾にはダイコンの姿がありました。


Re: 大夕張のダイコン - 田駄雄作 2007/01/17(Wed) 01:19 No.1040 投稿者のサイトor参照URL
最後部は後付け回送だったのでしょうか?それとも途中のホッパーでのスイッチャー?
にぎやかな駅でした.


Re: 大夕張のダイコン - 奥山道紀 2007/01/17(Wed) 18:43 No.1043 投稿者のサイトor参照URL
まさか、芦別への回送では。
大夕張炭山の機関庫にダイコンの形見があったそうですが、どのような経緯で残されたのでしょうか。


ダイコンの形見 - 田駄雄作 2007/01/18(Thu) 00:42 No.1044 投稿者のサイトor参照URL
石炭が積んでありますし、機関士(助手?)さんも乗っているようですので芦別行きではないかと思います.

形見はこれです.1969年3月訪問時に倉庫から出して見せてくれました.
偽物のわけはないですが、缶胴に沿って曲がってなかったような記憶です.修正したのか、それとも別の場所に取り付けられていたものか?

そしてその後どうなったのか???



BALDWIN - 田駄雄作 2007/01/18(Thu) 01:27 No.1045 投稿者のサイトor参照URL
直訳では禿勝ですが「裸一貫からの栄光」なんていう意味がありそうです.もちろん人の名前でしょうけど.

中央はスペインPV鉄道の10号機、右は木曽森の1号機です.
ダイコンがoldestでした.

本来の取付穴はタテに2コのようですが、ダイコンのものも穴を埋めた跡がありますね.

ひょっとしたら9201のものは大夕張で活躍していた時代に外されて、機関庫の事務所の壁などに飾られていたのかも知れません.その時に平に延ばされ、元の穴は埋められた、とか・・・・.



銘板 - 奥山道紀 2007/01/19(Fri) 18:35 No.1046 投稿者のサイトor参照URL
貴重な写真ありがとうございます。今、残っていればお宝物ですね。

会津滝ノ原線のC11 投稿者:坂ノ下田村麻呂 投稿日:2007/01/15(Mon) 19:59 No.1039 投稿者のサイトor参照URL   
会津滝ノ原線は会津只見線とは違った雰囲気があり、C11牽引の貨物列車の本数や貨車編成も多く、良く出かけていました。夜行急行「ばんだい5号」の定番列車で、わくわくした気持ちで会津入りしていましたが、帰りの特急「あいづ」の指定券が取れず立席特急券で帰って来た思い出があります。北海道には主に冬の期間に出向き、夏休み・5月の連休には会津に出向きました。

Re: 会津滝ノ原線のC11 - 田駄雄作 2007/01/17(Wed) 09:58 No.1042 投稿者のサイトor参照URL
坂ノ下田村麻呂さん、ありがとうございます.良い煙りしてますね、素晴らしい!
会津滝ノ原線はクルマで出かけたときは、会津只見線と掛け持ちでよく撮影しました.しかし貨物の運休が多くてよく泣かされました.
この1390列車が最大のねらい目でした.電柱に!
1971年4月 桑原



[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -