轍楽之路掲示板
タイトル
画像を貼り付けられます.(最大300KBまで) 当サイト、ブログのご感想、ご意見、ご質問、鉄道、写真、旅の話題などをお書き込み下さい.貴方のサイトの宣伝、新作ご案内も大歓迎です.ご常連さんでなくてもOK、ご遠慮無用、堅苦しい挨拶も不要です.話題を盛り上げるような割り込みレスも歓迎です.
ただし、平和で楽しい趣味の世界を人殺しのための戦争やテロに例えるような出撃、後撃ちなどの言葉、他人他国などを差別蔑視する言葉、一部のサイトの間でしか通用しないような当て字や言い回しは、こちらには持ち込まないようご協力をお願いいたします.
禁止用語の関係でご投稿できない場合は、私宛にメールを頂ければ転載いたします.maxess.terada1@dream.com

当サイトに無関係な悪質な宣伝については断固としてお断りします.
ページが重くなりますので同じスレッドに大画像の貼り込みは2-3点までにしてください.

コメント中にURLを入れると投稿エラーになります.URLは投稿欄の参照URL枠に入れて下さい.

轍楽之路掲示板


[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

新作拝見 投稿者:やぶお 投稿日:2013/10/14(Mon) 15:02 No.2751 投稿者のサイトor参照URL   
寺田牧夫さん、こんにちは。
新作の北海道アルバムを拝見しました。

札沼線、日高線、江差線のアルバム・・・
牧場や季節の花を入れたお写真がたっぷり・・・
さらに感動したのが道産子を入れたお写真ですね。
私は列車と植物を入れることはあっても、
動物を入れた写真はまだ撮ったことがありません。
動物は勝手に動き回るので、
撮影が大変だろうと思いますが、
どのお写真も自然体であり、北海道ならではのシーンに感動しました。
まだ北海道で撮り鉄をしたことのない私は、
渡道しての撮影は夢であります。

夕張線では今昔取材ができたのですね。
むかしのほうが、側線が多かったのは当然として、
周りの景色が四十数年前のほうが都会だったのに驚きました。
石炭産業の盛衰を思い知らされた気持ちでした。

**********************
私からは東北気動車シリーズとして、
秋田内陸縦貫鉄道の写真を紹介します。
こちらは各色の軽量気動車が走っているようで、
一度ゆっくり全部を撮影してみたいです。


Re: 新作拝見 - 寺田牧夫 2013/11/16(Sat) 08:14 No.2754 投稿者のサイトor参照URL
やぶおさん、ご覧いただきありがとうございます。
久しぶりの北海道旅行を満喫してまいりました。

夕張の人口減は大変なもので、あそこに何万人もの人が住み、働いていて、日本経済の高度成長を支えいたことを改めて思わされました。
特に2万人が住んでいた大夕張の街は、新ダム完成により大半が冠水してしまう、ということでほぼ自然に帰っているのは驚きです。何ヵ所か残っている大夕張鉄道の遺構も、見納めになるところが多いです。


200万アクセス 投稿者:寺田牧夫(田駄雄作) 投稿日:2013/10/12(Sat) 10:47 No.2750   
昨日、ひさしぶりにトップページをいじっていたら、カウンターがいつのまにか200万を越えていることにきづきました。
最近は新たな更新もせず、ブログの方もほとんどFacebookの方へ移行してしまっているような状態で放置中でした。
そんな中でも毎日300人くらいの方にアクセス頂いて、掲示板にご投稿頂いてもお返事もしていないような状態でした。申し訳ないかぎりです。
今後心を入れ替える。というのはのぞみ薄ですが、それでもよろしければおつきあいください。
とりあえずD51,C11,96,Qjの戴いている画像のアップ。Winで文字化けするファイルの修正は早急にやらねば、と思っています。

どうかよろしくお願いいたします。前にも書きましたが、名前の方は本名の寺田牧夫でいきます。どうもオフ会などで、いい歳した大人同士が
ハンドルネームで呼び合うことが、バカバカしく感じるようになりました。

アップのお知らせ 投稿者:寺田牧夫 投稿日:2013/10/11(Fri) 22:17 No.2749 投稿者のサイトor参照URL   
本当に、本当に久しぶりの本篇アップです。
8月31日から9月7日まで、10年ぶりに北海道へ行ってまいりました。今回は三菱大夕張鉄道保存会さんの恒例行事「汽車フェスタ」のお手伝いをするのが一番の目的でしたが、そのあとレンタカーを繰って、札沼線と懐かしの日高線、そして来年5月に廃止になる江差線とローカル線の気動車ばかり撮影してまいりました。
ついでと言ってはなんですが、札幌市電にデヴューしたばかりの低床連接車にもカメラを向けていました。帰途には今話題の秋田県の由利高原鉄道にも寄ってきました。
実はFacebookでは毎日現地からの速報をお送りしていましたが、轍楽之路サイトの方へは不精してしまい申し訳ありませんでした。
そんな撮影行の成果を遅ればせながらアップしましたので、よろしければご笑覧ください。

http://tadayusaku.3.pro.tok2.com/201309hokkaidotohoku/top/01.html

なお、今回からテキスト掲示板と大画像掲示板を統合しました。文字投稿、画像投稿どちらもこちらへお願いいたします。
禁止用語を多数設定しているために、投稿エラーになる可能性もあります。その場合は私宛にメールを頂ければ転載いたします。
どうかよろしくお願いいたします。

山口線 投稿者:札幌の佐々木 投稿日:2013/09/29(Sun) 22:48 No.2748   
7月末の集中豪雨による被害は膨大のようですね。被災された皆様の1日も早い復興をご祈念しております。
晴れれば逆光となる鍋倉の第6阿武川橋梁も、橋脚ともども流された写真を拝見しました。
日本列島、あちらこちらでなんでこんなに災害が続くのでしょうか?先日のNHKで、温暖化の影響で毎年伊勢湾台風クラスが襲ってくると聞いてぞ〜っとします。

SLニセコ号 投稿者:札幌の佐々木 投稿日:2013/09/27(Fri) 00:15 No.2747   
田駄さん、みなさんこんばんは。先日、折角来道されたのに、お会いできなくて残念でした。お会いできる日を楽しみにしております。
JR北海道では、報道されているとおり、車輌故障に加え様々な不詳時が連続して発生し、特急の運休が続き、まさに危機的状況です。11月には減速、間引き運転のダイヤ改正が予定されています。JR北海道の奮起に期待したいところです。
さて、SLニセコ号ですが、今年も9/14から運転がはじまり、207号機が5シーズンぶりに先頭に立ちました。JR北海道の発表では、10/20まで207号機が、それ以降は171号機が牽引するとのことで、11/4までの土曜・休日に延20日間運転されます。
羊蹄山バックの正向きが撮れるこの場所も、木々の成長により、だんだん撮りづらくなってきました。

秋分 投稿者:やぶお 投稿日:2013/09/23(Mon) 11:42 No.2746 投稿者のサイトor参照URL   
田駄雄作さん、やっと秋めいてきましたね。

静岡は風の爽やかな秋分の日の朝を迎えました。
日中の気温はまだまだ高いけれど、
吹く風が秋の気配を伝えています。

さて、きのうの日曜、お墓参りの帰りに静岡鉄道のポイントに行ってきました。
彼岸花が咲き乱れている場所を探しましたが、
今年はなぜかちょぼちょぼでした。
あまり見栄えがしない一枚ですが、お許しください。
なお黄色い花はクロッカスです。

GRANROOF 投稿者:tekken 投稿日:2013/09/22(Sun) 00:17 No.2745 投稿者のサイトor参照URL   
こんにちは、tekkenです。

GRANROOFもオープンして、ようやく東京駅の再建築が完了しました。見慣れた2階建ての赤煉瓦や旧大丸が無くなったのは残念ですが、オリンピックに向けて新世代のインフラが整いつつあることを実感しました。

アップのお知らせ! 投稿者:RRE 投稿日:2013/09/14(Sat) 07:32 No.2744 投稿者のサイトor参照URL   
田駄雄作さん こんにちは!
弊サイトは本日、本年3回目の更新を行いました。
今回のアップは、
 オートカー電子頭脳車の最後の活躍 −「阪急甲陽線・2000系」
 石畳みを行く港町の路面電車  −「長崎電気軌道」
 名鉄と共存する旧型国電の楽園 −「国鉄飯田線・豊橋駅」
の3コンテンツです。どうぞご笑覧下さい。

土崎のカーブにて 投稿者:やぶお 投稿日:2013/08/11(Sun) 21:12 No.2743 投稿者のサイトor参照URL   
寺田牧夫さん、こんにちは。
猛暑お見舞い申し上げます。
さて、きょうも津軽撮り鉄の話題を紹介させてください。
8月3日早朝、東北地方に足を踏み入れて最初に立ち寄った秋田は土崎での撮り鉄シーンです。
土崎カーブは地元では有名らしく、
私も含めて3人の方といっしょにカメラを構えました。

ここでの最大の撮影目的は7時前に通過する(あけぼの)でありました。
3日の牽引機は136号機・・・
「双頭連結器を装着したかっこいいやつだよ」といっしょに撮影をした高校生君が説明してくれました。

津輕鉄道 投稿者:やぶお 投稿日:2013/08/09(Fri) 20:27 No.2742 投稿者のサイトor参照URL   
田駄雄作さん、こんにちは。

今月3日〜5日にかけての三日間、津軽に撮り鉄してきました。
東北地方でも青森県はブルトレ好きには魅力的な場所で、
(あけぼの)はもちろん(北斗星)や(はまなす)は青森駅に集結することは周知のごとくです。
さらには津軽鉄道や弘南鉄道のような昭和テイストいっぱいの私鉄も存在し、
ブルートレインが健在なうちに出かけたいとかねてから思っていました。

そんなとき、職場のお祭り好きな同僚が、
秋田の竿灯と青森のねぶたを見物に愛車で一人で出かけるという情報を得、
私も往復の道中便乗させてもらうことにして、今回の津軽撮り鉄が実現しました。
クルマ好きな同僚が往復とも運転し、
私は助手席でぼんやりしていただけですが、
それでも静岡〜青森間900キロの高速道路移動はたいへん遠いものでした。
(鉄道利用の方が退屈しません)

さて、まずは津輕鉄道のストーブ列車の写真を紹介したいと思います。
真夏のストーブ列車は今回の撮影の目的のひとつでした。
津輕鉄道は1980年に乗車しています。
33年ぶりの再訪となりましたが、
沿線の駅舎もそしてストーブ列車も昭和のままの雰囲気を残していて、
近くなら何度も撮影に出向きたい鉄道でした。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -