【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.1220 真岡C12を撮る
6月17日

「那珂川清流鉄道保存会」さんへ向かう途中,行きがけの駄賃に真岡鉄道の「SLもおか号」を撮影しました。蒸機撮影は先週のC58以来ですが,真岡鉄道はほぼ5年ぶりの撮影になります。
下館駅付近ではすでに列車にかなり先行されていましたので、ここは終点に近い多田羅駅の出発シーン一本でいこうとクルマを急がせました。現場には約10分ほどアドバンテージを持って到着。すでに線路際には10人以上のカメラマンが構えています。その中に入れてもらうこともできそうでしたが、目の前には白い蕎麦の花が奇麗に咲いています。これを入れない手はないと考え、前景に取り入れたアングルを決定しました。少々苦手な中腰の位置がちょうどよさそうです。ここから構えている方は他には居ません。線路側の人たちは「何であんなところから?」と不思議そうに見ていますが、この成果をご覧になれば納得すると思います。
しかし、直前に来たのでまず列車の大きさが判らない。さらに煙がどれだけ吹きあがるか判らないので、天地方向には余裕のあるフレーミングをしていました。




もう一度くらいは撮れそうですが、この先は煙もさほど期待できないので、烏山に向かうことにしました。

撮影は(2013.6.16)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

  

2013/06/17 AM 11:04:28 | [復活蒸機の走る線]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.