【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.1077 異国情緒
2.2追記:先月末に寒い屋外で無理な作業をしていて、久しぶりに腰を痛めてしまいました.動いていなければ痛みは無いのですが,起ち上がる瞬間が怖くてPCの前になかなか座れません.
預かりもののコンテンツの作業が終盤に差し掛かっていましたが,現在中断中です.
9周年の3.3までは1ヶ月ありますので、無理はしないようにします.

1.31追記:「アジア」というのは英語のAsia(=発音はエイシァと聞こえる)の日本語読みだと思います.したがってAsianというのは、日本語ではアジアの,であったりアジア人という云い方が正解でしょう.それを「アジアン」とか「アジアンテイスト」などと云うのはちょっと違う、変な日本語なのでは?と思ったりします.昔はそんな云い方はしませんでしたが、何年か前でしょうか,いきなりテレビのCMでその言葉を聞いた時は「なんだ〜?」と思ったものです.まあ、イギリスとかオランダとか,全く通用しない言葉を現在でも平気でおおっぴらに使っている日本ですから、そんなもんでしょうかね?新語,造語に流されやすい日本人です.少なくとも英語での会話の中ではちゃんと発音して、恥をかかないようにしてほしいものです.


↓以下が1.29の記事「異国情緒」です.
(画像をクリックすると拡大されます)

先日俯瞰した常磐線柏-北柏間ですが、このアングルからだと面白い画ができます.一見スペインの街と見まがえそうな?感も若干あります.(スペインの田舎町を旅したことがあるものが云うことですから,それほど?ではないです)

本日昼の2097レをここで撮影しました.ここ一週間ほどはEF81牽引が続いています.これで明日の安中貨物はこのEF8198号機が牽引することになります.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

(コメントはコメント掲示板へお願いいたします)




2011/01/29 PM 11:02:32 | [常磐線東北線のEF510/EF81・その他常磐線TXなどの話題]

No.1076 夕張・SL館 雪おろしツァー
『夕鉄バスで行く 夕張・SL館 雪おろしツァー』

 昼弁当・温泉付き(レースイの湯) 参加費 3000円

 催行日 2月13日 日曜日


※乗車場所
・札幌大通西3(8:00発)(夕鉄バス バス停)
・地下鉄白石駅(8:20頃)(環状通 ロイヤルホスト前)
・本通8丁目(8:25頃)(夕鉄バス 江別方面バス停)
・新さっぽろ駅(8:35頃)(地下鉄9番出口)
・大麻駅南口(8:42頃)(夕鉄バス 江別方面バス停)
・野幌駅南口(8:55頃)(夕鉄バス 江別方面バス停)
・野幌バスターミナル(9:00)(江別・栗山方面のりば)

作業 10時半〜15時頃
  途中1時間の昼食・SL館内見学があります。
温泉 レースイの湯
15時半〜16時半

※できるだけ プラスティック製かアルミのスコップ持参をお願いしてください(無い場合は夕張市が準備しますが、ボランテァに壊されて少なくなっています)

※バス車内で段取り等の説明を行います。
 高所作業が無理な方も地上作業があります。

※雪おろしの性格上、同伴を含め中学生以下の参加はご遠慮願います。

※本日、夕張市よりSL館の臨時使用許可書を受書しました。
 当日の昼食時にSL館内を見学できます。

企     画  三菱大夕張鉄道保存会

主催・参加申込  夕張鉄道株式会社
         夕鉄旅行センター江別営業所
        (旅行業 北海道知事登録第2-167号)

電     話  011-382-1101
F  A  X  011-382-0105



 ↑この記事が面白い,役に立ったと思われる方はクリックお願いします.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

(コメントはコメント掲示板へお願いいたします)


2011/01/26 PM 10:36:22 | [保存車両]

No.1075 2011年撮り初め-その2
1.21追記:ここ数日トップページのカウンターが死んでいます.クレームをつけたのですがなかなか復旧しませんね.一応予備のカウンターも仕掛けてあるんですが,そちらを呼び出そうとしたらそっちも死んでました.仕方ないのでしばらくほっとくことにしますが、トップページが重くなって困るんですよね.CGIで自前のカウンターを試したことがあるんですが、何度やり直しても動きませんでした.

ところで最近部屋の照明を明るいものに換えたら,モニタ画面の色が全く判らなくなってしまいました.部屋は少し暗めにしないと微妙な色調整ができません.特に18日に多く撮影したような逆光の写真は暗部の色出しが命なのですが、この加減がさっぱりです.見にくかったらごめんなさい.


↓ 以下が1.19の記事です.前日からの続きです.


(画像をクリックすると拡大されます)

柏駅から東武野田線経由でTX守谷駅へ.先頭部にかぶりついてスカイツリーが見えないか検証してみます.守谷から利根川鉄橋の手前で建物越しに1カット.かろうじて茨城県内での初カットになりました.↑

各駅停車に乗車して,ホームからスカイツリー絡みで撮影できそうな駅があれば下車しようと思ったのですが,残念ながら該当する駅はありませんでした.三郷中央駅が良さそうでしたが,目の前にある東京外環自動車道が邪魔してダメですね.
↓ 北千住駅では前にも撮影したことがあります.しかし強烈な逆光線に負けました.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓ 浅草の定番地で559m.世界第2位になったスカイツリーを間近から.ここまででかいと大きさの感覚がつかめません.あまり長い時間居られないのでスペーシアは撮影できませんでした.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓ こちらも定番になった尾久駅ホームから車両センターを見ます.今日は「あけぼの」編成が居ません.ちょうど「北斗星」編成が整備を終えて入線してきました.定位置に収まってしまうと電柱が邪魔になりますので動いているうちに1カット.
15:25分の「カシオペア」の推回発車を撮ろうと待っていたら,下り電車が尾久駅停車中に行ってしまいました.こんな被り方も珍しいです.


(画像をクリックすると拡大されます)

その後,安中貨物を上中里駅付近で撮影しようと歩きましたが,タッチの差で間に合いませんでした.今日はEF510-508でした.この付近をロケハンしながら王子駅まで歩き,飛鳥山公園に渡る陸橋上から金網越しにスカイツリーを入れて「カシオペア」を撮影しました.金網越しでは望遠にせねばならず、さらに位置合わせを手持ちで維持するのがきついです.↓


(画像をクリックすると拡大されます)

これで本日の撮影予定は終了.この後はドリンクタイム!です.→結局久々の午前様でした.



 ↑この記事が面白い,役に立ったと思われる方はクリックお願いします.

next


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

(コメントはコメント掲示板へお願いいたします)



2011/01/19 PM 03:36:39 | [ビルから俯瞰]

No.1074 2011年撮り初めは柏俯瞰から

(画像をクリックすると拡大されます)

1月18日はまず身近な場所で撮影をはじめました.毎日晴天が続きますが,元日に妹の家族が遊びに来た時に記念写真は撮りましたが,正式な撮影は今年初めてです.
以前から一度行ってみようかとは思っていたのですが,初めての登楼になります.もちろん誰でも行ける場所ですが,特殊事情があって撮影にはかなりの制約があります.かならずしも撮りたい列車が来た時に撮影できるかどうかは判りません.(興味ある方は柏駅に行って見れば判ります)

常磐線の線形から,東京方面は早朝以外は逆光になってしまうのも難点です.この場所に立ち入れるのは午前11時以降なので、順光線での撮影は不可能.と云う残念さです.
今回の撮影は11:15頃から12:30頃まで.これより遅くなると正面にもろに太陽が入ってしまい,撮影は難しそうです.

地元柏市から初めて東京スカイツリーが見えました.地上でも一部の場所からは見えるようですが,鉄道絡みで撮影できる場所は今のところ発見できていません.

↑↓ 毎時:19分前後に上下の「スーパーひたち」が柏駅を通過します.柏-南柏間ですれ違います.
651系も引退が近づいています.1年後には注目の的になっていることでしょう.


(画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)

↓ 北柏側はこんな感じです.架線ビームを電車の前面にかけないように撮影するのは不可能です.
千代田線直通のJR203系も急激に数を減らしています.お城や教会のように見える建物は結婚式場です.この先右にカーブして我孫子方面に向かう線路も見えますが,ちょっと絵になりません.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↓ 柏駅は東武野田線が船橋方面・大宮方面とも同じ方向からやって来て行き止まりになります.
以前は柏駅でスイッチバックして行く直通運転もありましたが、現在はほとんどの電車が柏止まりです.
船橋方面の線路は一旦右へ振ってから、左側へカーブして常磐線をオーバークロスしています.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)

↓ 1時間経って再び「スーパーひたち」の時間です.約1.5km先のジャスコ前ですれ違いました.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↓ 12:30 2097レが来ました.この機関車は折り返し翌日の安中貨物を牽引する運用です.昨年12月の改正でEF510-500に置き換えられたはずですが,このようにEF81が代走牽引する日もよくあります.


     (画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)

そろそろ限界ですので,この場所を後にします.

-続く-



 ↑この記事が面白い,役に立ったと思われる方はクリックお願いします.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

(コメントはコメント掲示板へお願いいたします)



2011/01/18 PM 02:36:48 | [常磐線東北線のEF510/EF81・その他常磐線TXなどの話題]

No.1073 釧路冬のSLと石炭ツアー
1.16追記:明日の安中貨物ははEF8180のようです.

今年も釧路石炭ツアーのご案内を頂きましたので,ここに転載させて頂きます.

「冬のSLと石炭のマチ・釧路」今年も発売中

「冬のSLと石炭のマチ・釧路」〜SL冬の湿原号撮影・乗車と釧路の石炭産業・鉄道名所を体験する3日間〜が、今年もJR北海道釧路支社から発売されています.
 これは、釧路商工会議所、釧路市などでつくる「くしろ圏広域観光推進コンソーシアム」が、地場産業や地域資源を活用した観光活性化を進めている「くしろ海底力(そこぢから)プロジェクト」の事業として行なわれるものです.
「石炭」をキーワードに、釧路の石炭産業や鉄道産業について理解を深めることをテーマに企画された「海底力モニター見学会&体験会」となっており、普段立ち入れない鉄道名所(炭鉱の坑外軌道やSL機関庫など)や訪問しづらい場所を含め、釧路の鉄道名所を訪問できるツアーとして毎年好評を得ています.
モニターツアーとしては最終年度となる今回は、東京発と札幌発2つのコースが釧路で合流する2泊3日の日程で、今回も釧路コールマインでの視察研修会に参加、JR釧路運輸車両所での見学時間も大幅に延長し、最終日にはSL冬の湿原号の沿線撮影や乗車が楽しめます.太平洋石炭販売輸送の石炭列車が運行される場合は沿線撮影を優先して随時行程を変更します.
今年も釧路臨港鉄道の会が企画からガイドまで全面協力して、鉄道好きの気持ちになってご案内いたします.

2011(平成23)年2月18日(金)〜20日(日)2泊3日
募集人員: 東京羽田発着10名、札幌・南千歳発着10名(最少催行人員各コース5名)
旅行代金:(1名1室)
東京発着コース(往復航空機利用)64,000円
札幌発着コース(往復JR特急列車利用)37,500円
 ※2名1室利用は1名あたり1,000円
利用ホテル 釧路東急イン
現地移動・貸切バス利用
食事:朝2回(ホテル)、昼3回(車内弁当)付
添乗員:釧路空港または釧路駅より現地同行します
※札幌発コースのみ最大3日間まで復路の日程を延長できます(東京発コースでは復路延長はできません)

〈主な行程〉(石炭列車が運行される場合は沿線撮影を優先するほか、天候や道路状況に応じて行程を随時変更します)
1日目(2月18日)
東京コース 羽田空港発8:55(ANA741便)−10:30釧路空港着=専用バスで釧路駅へ
札幌コース 札幌駅発7:03(スーパーおおぞら1号/新札幌・南千歳からの乗車も可能)−10:51釧路駅着(11:40改札口横集合までフリータイム)
釧路駅で東京発と札幌発合流=太平洋石炭販売輸送(石炭列車の基地・春採駅での見学または沿線撮影、以下同じ)=JR釧路運輸車両所(SL機関庫や転車台でC11を見学・撮影など)=ホテル

2日目(2月19日)
ホテル8:30頃=太平洋石炭販売輸送=釧路製作所SL8722号=太平洋石炭販売輸送=釧路コールマイン視察研修会(座学やVTR上映などで石炭産業を学んでいただいた後に、特別に坑外軌道を見学)=炭鉱展示館見学(坑内電車・機械などを展示)など=ホテル

3日目(2月20日)
(出発までフリータイム)ホテル10:00頃=SL沿線撮影など=標茶駅発13:52−SL冬の湿原号乗車−釧路駅着15:10
東京コース 専用バスで釧路空港へ 釧路空港発20:15(JAL1148便)−22:00羽田空港着
札幌コース 釧路駅発16:17−(スーパーおおぞら12号)−札幌駅着20:13(南千歳・新札幌下車も可)※ご希望によりスーパーおおぞら14号への変更も可能です

※詳細はJR北海道釧路支社の特設ページをご覧ください.

問い合せ・申し込み:
JR北海道・旅行センター釧路支店 電話:0154-25-4890

ご案内:
JR北海道釧路支社ホームページ
JR北海道釧路支社「釧路冬のSLと石炭ツアー」特設ページ



 ↑この記事が面白い,役に立ったと思われる方はクリックお願いします.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、12月分全部はこちらからでも
11月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

(コメントはコメント掲示板へお願いいたします)



2011/01/15 AM 08:29:30 | [雑記・雑感・ぼやき・ほざき]

No.1072 吉村光夫さん
1986年12月発行の私が編集制作したムック本にご寄稿頂いた記事です.発行後12月末に銀座の中国料理店で打ち上げ,楽しく団らんしたのがつい昨日のようです.

(1クリックで読める大きさまで拡大されない場合は,もう1度クリックしてください)



(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)



(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

良き鉄道趣味の大先輩.ご冥福をお祈りいたします.



 ↑この記事が役に立ったと思われる方はクリックお願いします.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、12月分全部はこちらからでも
11月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

(コメントはコメント掲示板へお願いいたします)





2011/01/05 PM 09:27:36 | [雑記・雑感・ぼやき・ほざき]

No.1071 2011年もよろしくお願いいたします

    (画像をクリックすると拡大されます)

昨年は4種類の賀状を作りましたが,本年はスカイツリーが全国区になっていますので,鉄道ファン仲間やその他の友人,親戚筋等この一種類に統一しました.
大晦日の朝というかほぼ昼に郵便局でハガキを購入.それから画像作成,印刷,宛名書き(手書きです)
◯◯通を夕方5時30分には同じ柏郵便局に投函してきました.
私の人生,一生突貫工事の連続です.

本年もよろしくお願いいたします.



 ↑この記事が面白い,役に立ったと思われる方はクリックお願いします.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、12月分全部はこちらからでも
11月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

(コメントはコメント掲示板へお願いいたします)


2011/01/03 PM 11:47:37 | [雑記・雑感・ぼやき・ほざき]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.