【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.1060 晩秋の秩父路(3) デキ505・1012F

(画像をクリックすると拡大されます)

当日は柏駅から東武野田線・伊勢崎線経由で羽生へ.秩父鉄道に乗換えてまずは樋口駅へやって来ました.「のぞみ」だったら大阪まで着いてしまうような時間を,ロングシートに連続乗車というのも辛いものです.
C58の5001レ通過時刻までまだ1時間近くありますので,駅周辺をぶらぶらしていると今年茶色に塗り替えられたデキ505号牽引の下り鉱石列車が入線↑して来ました.

樋口駅はホームを挟んだ上下旅客線に加えて,20両編成(1000t)の貨物列車が構内踏切に掛からないように停車できるほど長い貨物列車用の待避線(600mくらい?)を持ちます.

↓ 踏切の手前で停車しましたので,思う存分撮影させて頂きました.図らずもしてこんな被写体が目の前に現れるなんて!これはこれで嬉しいのですが,もっともっと良いところでツキを使いたいんですよね.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↓ このカットは壁紙サイズ(1024x768)です.

(画像をクリックすると拡大されます)

↓ 10分ほど停車して,上り電車出発後にモーター音を響かせながら出発して行きます.ガチャガチャガチャガチャと云う引き出し音を聞いたのも久しぶりです.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↓ その上り電車でやって来た友人と合流.野上方面へ少し歩き,畑の中で5001レを待っていると上りの鉱石列車が現れました.携帯電話用のタワーは,さながら現代の火の見櫓のようです.昨年も同じ11月21日に来ていますが,当日は貨物は全部運休でした.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓ 12月で引退するカナリアイエローの1012Fがやって来ました.この色の山手線101系を初めて池袋駅で見たのは今からちょうど半世紀前のことです.多分小学校5年生.事前情報が無かったのでえらく驚いたのが昨日のことのようです.


(画像をクリックすると拡大されます)

撮影は2010.11.21

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/11/24 PM 11:18:52 | [復活蒸機の走る線]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.