【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.1057 踊り子車のホームライナーと上野駅改札内の給食情況のひどさ

(画像をクリックすると拡大されます)

昨晩は都内某所の大人の隠れ家でノンビリしてきました.こちらとのおつき合いも20年近くになります.以前は頻繁に通っていたんですが,最近は上京の機会も少なく予算も仕分縮小の折,なかなか行けません.必ず一人で行きますし,誰にも教えたことがありません.

いい気分で上野駅まで戻って来ると8番線に「ホームライナー鴻巣7号」が停車していました.185系ですが,東海道の踊り子車でした.湘南色リバイバルカラーが話題の185系ですが,こちらは伝統の湘南色の発展系,こちらの方が正統なものです.
この塗色,3本斜線から変更時はとても地味に見え,曲がりなりにも?特急なんですから「野暮ったい湘南色はもういいんじゃあないの?」と思っていました,しかし夜の上野駅であらためて眺めてみると「おやっ!」っと思うくらい落ち着いた重厚な昭和の香りを醸し出していますね.今日はデジ一を持っていないので,携帯で撮影してみました.あと少し待てば臨時「能登」の撮影もできたはずだと,約24時間経った今,時刻表を確認して気が付きました.

常磐線にも以前土浦行のホームライナーがあり,柏に停車するのでよく利用しました.今はすべて「フレッシュひたち」化されていますが8本もあり,柏までの特急料金500円もホームライナー当時とは変わりません.

※それにしても上野駅の橋上駅ナカの現在は最悪です.レストラン,蕎麦や,回転寿し,カレー屋,パン屋,お土産や,大型書店,CD屋,小物屋,コンビニ.さらに通路の物産品販売の屋台などすべて休店ならぬ閉店しまっていて,食料事情は最悪です.また駅ナカのリニューアルは東京駅,品川駅などもほぼ同時に行われています.あれだけエキナカエキナカと盛り上げておきながら,この仕打ちは酷すぎます.
列車乗車前に食事を,とか土産をと云うような人には大迷惑ですね.改札ラッチを出ればいくらでも店はありますが,スイカで出ればそこで分割されてしまうし,条件で途中下車できない乗車券も多数ありますし,あてにして改札入っちゃった人もいるでしょう.「特別に下車させて」とお願いすれば出してくれるのでしょうか? 青森駅などでは快く出してくれましたが.(先日まであった北海道フリー切符は青森駅下車は建前は禁止でした)
さらに心配気がかりなのは,多くがアルバイトであったろう従業員の皆さんの処遇です.プンプン.

撮影は2010.11.19

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/11/20 AM 12:24:55 | [電車・気動車]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.