【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.1024 山スカ?
もう普通に使いすぎているからしょうがないけど,中央線の115系のことを「山スカ」と云うのはどうかと思います.
本来の山スカは,通称スカ形,70系電車の中央線用低屋根バージョンのモハ71形を組み込んだ編成のことを云います.スカ形の山用バージョンだから「山スカ」形で文句ないでしょう.
ところが115系は通称「スカ形」とは云われません.平地用の113系というより基本型の111系電車こそ登場当時は「新スカ形」と云われたことはありましたが,湘南電車,横須賀線電車として親しまれてしまったため,いつの間にか云わなくなり,正式に2代目「スカ形」は継いではいないと思います.

中央線の115系は71系の後継車両であり,確かにスカ色をまとってはいますが.横須賀線用であった本家スカ色の111・113系のことを「スカ形」と云わないのに中央線の115系に「山スカ形」の愛称命名は,おかしいのでは?と思う次第であります.

云いたい気持は多少は判るので,百歩譲ったとした場合(譲りませんけどね),スカ色の115系は「山スカ形」で容認したとしてもです,あの水色に塗られた長野色115系電車にはその名は全く相応しくない,というか資格は無しだと思います・

しかし115系は大量数が製作され全国的に活躍している形式なのに,◯◯形と云う通称が浸透しなかったのは残念でしたね.70系は他線に異動して色が変わっても「スカ形」で通せましたのに.

ただし,この↓クモニだけは「山スカ」の仲間に入れてもよいかと思います.吊り掛けモーターに旧型台車.当初は本当に「山スカ形」71系に連結する運用もありましたし.


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.




2010/07/31 PM 11:34:45 | [雑記・雑感・ぼやき・ほざき]

No.1023 貧乏パンタ
先日撮影してきた某ローカル私鉄電車の現役PS13です.本来平行であるべき2本の擦り板(集電舟)が,とんでもなく歪んでいます.
ひょっとしたら何かの技なのかもしれませんが.そんなことないか.






next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.



2010/07/29 PM 08:35:01 | [私鉄・専用線・トラム]

No.1022 貧乏踏切
先日撮影してきた某ローカル私鉄の現役踏切警報機です.潮風のためもあるでしょうが,錆びてボロボロです.

友人のブログに新しい警報機の話題が出ていましたので Answer です.






next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/07/28 PM 08:23:07 | [私鉄・専用線・トラム]

No.1021 D51498後藤デフの動輪マーク
かつてのD51499の国鉄動輪のレリーフに模して,大きな後藤デフの中央に小さなシールが貼られています.バランスウエイト部分の黄緑色が気になりましたので,拡大してみました,
JRと書いてあったんですね.なんとも奥ゆかしい,というか小さすぎて意味が無いと云うか.
こんな漫画チックなイラストではなく,見た目がレリーフのように立体的に見える3DCGのステッカーにできなかったのかな〜?

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/07/27 AM 06:31:37 | [復活蒸機の走る線]

No.1020 SLみなかみ号初撮影

(画像をクリックすると拡大されます)

7月25日は友人のクルマに乗せてもらい,上越線の「SLみなかみ号」と沼田市の「根利森林鉄道まつり」の撮影に行ってきました.

とは云っても,2人とも上越線の蒸機撮影は初めて.右も左も判らない,と云うお恥ずかしさ.予習もあまりできなかったのですが,ここは昔取(撮)った杵柄.感だけのぶっつけ本番で挙行してきました.しかし,もう言い飽きた「暑い暑い熱い〜!」

まずはD51498の勇姿をご覧ください.晴天下の蒸気機関車は露出補正が勝負.常にお天道様のご機嫌をうかがいつつ,プラスにマイナスにと補正値を変えてゆきます.しかし暑さのため脳が上手く働かず,全く逆に補正してしまうこともしばしば.リアルに露出チェックのできるデジタルカメラのありがたさを身にしみて感じました.

上りも下りも渋川駅で長時間停車しますので,その前後の区間で2度ずつ撮影の予定でした.
群馬総社-八木原間.115系電車が通過後,陽炎の彼方からD51が黒煙を噴き上げて登ってきました.こういう見通しの良い区間で,D51の奮闘ぶりを眺めるのもなかなか良いものです.


(画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

渋川駅では良い条件でD51498の重装備?ぶりを見物撮影できました.私はこの装備のモデルになった,関西のD51499には現役時代にお目にかかっていませんので,それほどの思い入れはありません.しかしマンネリ化しがちな復活蒸機機関車の運転に,このような特殊装備を施すのはグッドアイデアだと思います.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

渋川-敷島間の利根川第1鉄橋で撮影します.バックに榛名山が入る名所なんですが,晴天では完全逆光です.しかし機関車は黒く潰したくありません.ここは露出補正と事後のレタッチに期待します.昔だったら覆い焼きの腕の勝負どころでした.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

沼田市街からかなり山奥に入った根利での「森林鉄道まつり」を見学した後,一部関越道を経由して水上へ出て上りを撮影します.水上-上牧間の諏訪峡の名所を偶然探し当てました.一時小雨が降ってきましたが,すぐにまた晴れ上がります.バックの谷川岳は雲がかかり,頂上が見えそうで見えません.
期待はしていませんでしたが,下り勾配をゴロゴロと転がりおりてくるようにD51498は通過して行きました.


(画像をクリックすると拡大されます)

沼田で追い越しました.岩本-津久田間の鉄橋は昔「とき」を撮影したことがありますが.国道からでは上り列車は上手く撮れなかった記憶があり,道路も渋滞が始まっていましたので沼田-岩本間の踏切からSカーブを撮影しました.

この後のカットもあるのですが,客車が短すぎて後部がSカーブの向こう側に出て来ず,面白くないので割愛します.


   (画像をクリックすると拡大されます)

渋川停車中に先行してもう一度撮影するつもりでしたが,空が大分暗くなってしまったのと2人とも疲れてしまったので取り止め.渋川伊香保インターから関越道に乗り帰途に就きました.

今回で沿線の様子がおおまかに判ったので,今度はもう少し上手く立ち回れると思います.次はC61かな?

「根利森林鉄道まつり」の様子はまた後日の記事とします.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/07/26 PM 11:42:01 | [復活蒸機の走る線]

No.1019 新京成800形さよなら運転
鉄道コメンテーターを自称するKさん,スイス氷河特急の事故について,「あれは明らかに乗り上げ脱線ですね」「氷河特急の車両はハイデッキなので重心が高く,脱線しやすい」なんて断定口調でテレビ番組でコメントされていました.それはそんな車両を使っていた鉄道側が悪い.と云っているようなものです.詳細が何も発表されていない現在,この発言は何が根拠なんでしょうか?この方は尼崎の事故の時もボルスタレス台車の欠点のための事故とおっしゃっていました.でも現在でもボルスタレス台車は主流で採用されています.危なけりゃ使ってませんよね.こんないい加減なコメントで謝礼金をもらうのは納得いきませんぞ.よく「◯◯と云われています」というコメントを耳にしますが,これは何処で,どの世界でどのように云われているのか説明しなければ,全く意味をなさない言葉です.



(画像をクリックすると拡大されます)

今日は14時前にフリーになりました.遅い昼飯を喰いながらネットを見ていると,今日と明日は新京成800形お別れ運転の日であることを思い出しました.もう遅いだろうな,と時刻を調べてみると午後便が折り返し駅の八柱に着くのが15時.おっ、間に合いそうです.

すぐにカメラバッグを掴んでクルマに飛び乗り,心当たりの常盤平-八柱間にかけつけて撮影しました.自宅から20分しかかからず,充分におつりが来ました.


(画像をクリックすると拡大されます)

数分遅れてきましたが,すぐに八柱駅で折り返してきて両側のマークを撮影できました.「さようなら」マークを付けた列車を見るのはかなり久しぶりです.
これで新京成電鉄も,親会社の京成の匂いのする電車は居なくなっちゃいますね.

こんなのもやって来ました.


(画像をクリックすると拡大されます)

滞在20分と少し.すぐ前の松戸21世紀ホールの駐車場に入れたら500円も取られてしまいました.
新松戸に急げばEF64の重連に間に合うかもしれません.しかし途中混雑のためタッチの差で無理でした.

明日は朝からまた出かけます.先日行った銚子電鉄の写真がなかなか出せませんね.銚子電鉄も今日から2000形が運転開始です.旧型電車のさよなら運転のアナウンスはまだありませんね.

そう云えば流鉄の3000形「流馬」のさよなら運転が8月29日にあるそうです.3両編成が走らなくなって半年経ちましたが,まだ残っていたんですね.

全部千葉県の私鉄ですね.JRも113系が最後の夏でしょうし,界隈何やら騒がしいです.

next


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/07/24 PM 05:57:32 | [私鉄・専用線・トラム]

No.1018 スカイアクセス線に初乗車

7.23追記:本日下り「カシオペア」は専用色のEF510-509が牽引して行ったそうです.と云うことは日曜日に帰って来る上りが楽しみですね.夏休み.日曜日のヒガハス.ファンの興奮の声が聞こえます.

ちなみに私は電気機関車のことをカマ(=罐=蒸気機関車のこと)と呼ぶのは好きでないので,あえて「カシガマ・ホシガマ」と云う言葉は使っておりません.カマガエというのも機関車交換のことではなくて,蒸気機関車の火室内にたまった石炭の燃えカスを,灰箱から線路ピットに落として火室内の掃除をして,新しい石炭が燃えやすい
ように火室をよいコンデションに持って行くと云う作業です.

通常の「カシオペア」は上野駅発日基準が(日・火・金)ですが,7月23日-9月7日の間は曜日は関係なしに1編成を隔日運転します.手稲でも田端でも,到着後僅か数時間での折り返し運転を毎日繰り返す,タイガース並の!「死のロード」運用になります.撮影日はお間違いのないように.


以下が7.22の記事です.



(画像をクリックすると拡大されます)

↑ アクセス特急に使われる京成3050形の座席モケットの絵柄です.

ヒガハスの後は,ホリデーパスを買ってしまっていたので何処に行くか迷いました.20日は平日だったろう!とのお声もあると思います.意外と知られていないかもしれませんが,ホリデーパスは7月20日-8月31日までは毎日発売されてるんです.

まずは大宮から京浜東北線の運転室かぶりつきで,スカイツリーが正面に見えるポイントがないかロケハンです.方向的には見えても良さそうなのですが,残念ながらビルやマンション,そして跨線橋などに隠れて赤羽駅を出るところまで全く見えませんでした.

そのまま秋葉原へ行き少々買い物をしてから,17日に開通したばかりのスカイアクセス線(京成成田空港線)に初乗車することにして日暮里へ.もちろんスカイアクセス線ではホリデーパスは使えません.
日暮里で,何と5分後にスカイライナーがあります.乗車しても良かったのですが,心の準備ができていません(途中で撮影したかったので)でしたので今日の乗車はパスして,北総線の印旛日本医大駅まで行き,後続の成田空港行きアクセス特急を待ちました.
印旛日本医大から先の列車はこのアクセス特急だけで,日中は40分間隔のローカル線です.
途中成田湯川駅で一本遅らせて通過するスカイライナーを撮影するつもりでしたが,乗車したアクセス特急が成田湯川駅でスカイライナーを待避するとのこと.車掌さんに断ってホーム端から撮影させて頂きました.
160km/hのトンネル飛び出しはまるで新幹線!轟音と共に通過して行きました.シャッター速度は1/1000sec.で.↓


(画像をクリックすると拡大されます)

この駅は現在はアクセス特急だけの停車ですが,位置的には大きな成田ニュータウンの端にあります.真下にはJR成田線(我孫子線)が通りますが,今のところそちらに駅を設置の予定はないそうです.成田ニュータウンには多くの人が住んでいますが,京成・JRの成田駅からは少し距離があり,1km以上の徒歩や奥の方はバス利用になりますので交通アクセスはあまり便利ではありません.
上の写真を見ると,下り待避線なのに上りの出発信号機がありますので,折り返し運転ができるようです.現在印旛日本医大止まりの北総線の電車をここまで延長すれば結構な利用者があると思うのですが.

結局撮影はこれで満足してしまい,そのまま乗車してゆきます.成田湯川駅を出るとすぐに単線になってしまいます.両側には防音壁がつい立てのように建っていて,沿線からの撮影は厳しそうです.複線区間でも新線部分はまさに「コンクリート箱もの」と云った印象で,周囲の工事もまだ終了していません.これが終了し,白いコンクリートが少し汚れて景観に同化するまでは,あと数年はかかるのではないでしょうか.身近なTXでも実感しています.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ すぐにJR成田線(空港線)と並走しますが,途中に新根古屋信号場があります.ここで少し停車して上りのアクセス特急を待ちます.右のJR線の方の信号も青ですので,何か来そうな匂いがします.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ と思う間もなくNEXがズバンと通過して行きました.真上の道路は東関東自動車道ですが,先に見える陸橋の上から撮影したことがあります.前はクルマで登れましたが今はどうでしょうか?

成田空港駅では京成本線経由の列車と,アクセス線経由のホームが改札で分けられています.これはスカイアクセス線経由の方が日暮里からの運賃が200円高いからで,スイカでもしっかり1200円也が引き去られました.
そのままJR線快速で帰ろうとしましたが,それでも一旦空港入場のためのセキュリティチェックを受けなければなりません.ゴールドの運転免許証を提示しただけで即OKでしたが.


(画像をクリックすると拡大されます)

折り返しJR快速のE217系に乗車中,後方から来たスカイライナーに抜かれました.当方推定120km/h.あちらは160km/h.あわてて窓を開けて後追いを撮影しました.ロングシート車でしたが,こちらの車内はガラガラで誰も乗車していませんので気兼ねなく,恥ずかしくもなく堂々と体を乗り出して撮影できました.

本当は成田乗換えで,我孫子経由でそのまま帰宅しようと思っていたのですが,これではホリデーパスが勿体ない!貧乏人根性丸出しでそのまま錦糸町まで乗車.尾久で下りの「カシオペア」も撮影↓後,そのまま呑みに行ってしまいました.なじみの店を2軒はしご.結局帰宅は午前様.ホリデーパスのもとは充分すぎるほど取りましたが,その分を遥か〜に越える出費となってしまいました.とさ.お酒を呑まない人が羨ましい〜.と一瞬思ったりもします.


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/07/22 AM 12:39:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | [雑記・雑感・ぼやき・ほざき]

No.1017 EF81復活のカシオペアをヒガハスで

(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ 一昨日,迂回で上越羽越線経由で青森へ向かった「カシオペア」は赤い北斗星色のEF8198が牽引しました.そしてその返しの20日朝上野着の上り「カシオペア」も同機が率いて帰ってきました.カシオペア色のEF81が「北斗星」を牽く姿は珍しくありませんでしたが,その逆赤いEF81がカシオペアの先頭に立ったことは,皆無ではないでしょうが大変珍しいことです.しかも新型EF510-500にバトンタッチした後のことだけに,驚きました.
しかし,実際全国各地で大豪雨のための災害が起き,亡くなった方も居られる中で,あまり大はしゃぎして喜ぶのも不謹慎です.

ここはこんなこともあった,と後世に伝える思いで冷静に記録を残す.というスタンスで行きたいと思います.

後続の「北斗星」は本来ならば,一昨日のやはり上越羽越線迂回運転の下りを牽いて行ったEF8192(カシオペア色)が来そうなものでしたが,実際はEF510-504号機が牽いてきました.こちらは迂回運転で編成の向きが変わってしまったため,青森駅でスイッチバックして転向したので,ヘッドマークが後部側になってしまったとのこと.マーク無しというこれまたレアな姿で現れました.
「カシオペア」と同じ場所で撮るのも能がない,と思い.真横に近い構図で田圃の緑を強調してみました.右に人が居たので編成全部入れられませんでしたが,私はあまりこだわりません.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

残念なのはせっかく定時運転で上ってきた2本の寝台特急,直前に大宮-土呂間で線路に侵入者があり,上下全列車が抑止されて「カシオペア」が20分,北斗星が30分遅れてしまいました.これがどうやら同業者(傍から見ればですが)の仕業らしい,ということで悲しいお話でした.連休明けのサラリーマンの皆さんに迷惑をかけてしまいましたね.

本来両列車は10分間隔で雁行していて,上野駅では2本並びの姿が見られるはずでしたが20分も開いてしまっては,並ばなかったかもしれません.こちら狙いでがっかりされた方も大勢いらっしゃるでしょう.どなたかは知りませんが,君の罪は大きいですぞ.

蓮田駅近くでカメラを構えていたお二方が,三脚の一本の脚をガードレールを跨いで線路側に伸ばしていました.これ厳密に云えばアウトかもしれません.

ところでEF8192号機が今朝(21日)の2レでも帰ってきていません.巷間明日の「北斗星」は重連だとか,このまま秋田送りで廃車だとか騒がれていますが,明日の上り「カシオペア」牽引という目もあるのでは?と密かに思っています.

22日10時38分に追記:先ほど上野に到着した2レ「北斗星」でEF8182が帰ってきました.「カシオペア」は一昨日私が尾久で撮影したEF510502がそのまま牽引してきました.夏休みが始まりましたので,小中学生のみなさんには良いプレゼントになりましたね.ただし今日も遅れたので上野駅での並びはなし,だったもようです.以上ネット情報からでした.

next


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/07/21 PM 03:40:04 | [常磐線東北線のEF510/EF81・その他常磐線TXなどの話題]

No.1016 初ヒガハス

(画像をクリックすると拡大されます)

今日は5時半起きで,通称ヒガハス=宇都宮線東大宮-蓮田間の超有名定番撮影地に行ってきました.
「カシオペア」「北斗星」は今まで都内でしか撮影したことがありせんでしたが,今日のチャンスはぜひ郊外で,と思い激パ承知でやってきました.
3連休後の平日とあって,思いのほか少なかったですが,それでも100人くらいでしょうか.


    (画像をクリックすると拡大されます)

↑ 隣に居た高校生は三脚をセットした後,なんと単語帳を開いて試験勉強をしていました.凄い!頼もしい!私も高校3年まで撮影していましたが,カメラを持っている時に勉強のことなんて考えたことも無かったです.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/07/20 PM 12:58:32 | [常磐線東北線のEF510/EF81・その他常磐線TXなどの話題]

No.1015 銚子電鉄撮影終了後

(画像をクリックすると拡大されます)

EF8187「北斗星」の推回を上野駅で見送った後,錦糸町,千葉,成田経由ではるばる銚子まで行ってきました.24日からもと伊予鉄,もともとは京王の新型?が運行開始と云うことで,旧型電車もこれまでです.
銚子到着は午後になりましたので,撮影とお名残り乗車が終了したのがもう19時近く.最終新宿行「しおさい」にも乗り遅れました.次の電車まで1時間以上もあります.なんだかんだで昼飯は銚電1日乗車券のサービスの濡れ煎餅1枚だけで腹ぺこだったので,銚子駅構内にあるチェーン店の居酒屋で1人打ち上げの宴会です.
この地魚鮮魚9点盛りの刺身1380円也の旨さと安さに感激しました.特にイワシと滅多に食えないホウボウが絶品でしたね.

銚子電鉄の成果はまた後日にまとめますが,1点だけ先行公開します.ルピナスの美しい紫色は地味なので車窓からは確認できないと思います.


(画像をクリックすると拡大されます)

銚子20時3分発の成田線経由千葉行で成田,我孫子乗換えで柏の自宅に着いたのは23時を大きく回っていました.同じ千葉県内でも銚子は遠いですね.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/07/16 PM 11:50:35 | [私鉄・専用線・トラム]

No.1014 巨星墜つ
7.18追記:本日の下り1レ「北斗星」に再びEF8192(カシオペア色)が就行したそうです.EF510への置き換えは趣味誌系サイトでも大々的に報じていただけに,一体どうなっちゃってるんでしょうね.↓のカット3点,意味ないじゃん!
さらに追記:本日はいわて銀河線不通で,上越羽越線経由に迂回運転のため,「カシオペア」「北斗星」ともどもEF81牽引になったそうです.



(画像をクリックすると拡大されます)

本日2010年7月15日,上野駅到着の2レ「北斗星」をもってEF81形電気機関車の牽引が終了しました.公式アナウンスもセレモニーも無く,眈々と最後の冠付きEF8187はルーティンワークをこなし,上野駅を去って行きました.
↑ 尾久駅
↓ 上野駅


(画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/07/15 AM 03:33:11 | [電気・ディーゼル機関車]

No.1013 ロコモティブ・シンドローム

諸説ガセネタが飛び交いましたが,本日7月14日下り1レ「北斗星」がEF510-501牽引だったそうです.と云うことは明日の上り2レが最後のEF81=EF8187号機の牽引になります.今日は奇しくもフランス革命記念日(日本ではパリ祭)ですね.


ロコモティブ・シンドローム
最近この言葉をよく聞きます.名称からオッと反応するかもしれませんが,もちろん機関車中毒症のことではありません.

ロコモティブシンドローム=運動器症候群】
加齢により骨や筋肉、関節など運動器の働きが衰え、生活の自立度が低くなり、要介護の状態や要介護となる危険の高い状態のことをいう.

ということで,我々も何時かはなってしまうかもしれない深刻な病気の症状で,苦しんで居られる方や介護に苦労されているご家族も大勢いらっしゃいます.

心ないファンの方が機関車マニアの方を指して(または自称して),面白可笑しく言い始めている兆しがあるので,ぜひそのような言葉遊びでの使い方をなさらないよう,呼びかけたいと思います.よろしくお願いいたします.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/07/11 PM 12:33:03 | [雑記・雑感・ぼやき・ほざき]

No.1012 デジブック2点を作る
7.13追記:面白いか面白くないかは見てから決めるものだと思います.ブログへのアクセス数に較べて,スライドショーをご覧頂いた方の数が少なすぎです.デジブックへの有料契約は断念しますのでじきに消えます.


(画像クリックでデジブックのスライドショーへリンク)


(画像クリックでデジブックのスライドショーへリンク)

通常のコンテンツアップをゆっくりやっている根気がありませんので,最近作を初めてデジブックにアップしてみました.

6.21撮影の潮来の花菖蒲と7.1撮影の箱根登山鉄道です.
BGM付きスライドショーがご覧になれます.上記タイトル写真クリックでリンクしますので,ぜひフルサイズ画面でご覧頂ければと思います.

ただし現在のところ正式契約をまだしていないので,一応一ヶ月間の暫定公開としておきます.
トップページからのリンクは正式契約終了後にします.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/07/04 PM 11:44:05 | [轍楽之路本編新作紹介]

No.1011 201系H7編成と出会う

(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

昨日の続きです.上野駅から山手線外回りに乗車中,神田駅で東京方面へ向かう201系を見かけました.
数分後には折り返し戻って来ますからこれは撮るしかないと思い,即山手線を降りて,上野方面行きの山手線・京浜東北線ホームに駆けつけます.
驚く程早く201系が折り返して来るのが見えましたが,なんとE257系「かいじ104号」が横を東京方面へ通過して行くではないですか.危うく被るところでしたが何とか201系が顔を出してくれました.
E257系と201系の出会いなんて珍しくもないでしょうが,ここは神田です.E257系の乗り入れは1日数本のみ.ここでの2ショットはラスト1編成になった今,大変貴重なワンシーンと云えましょう.

ここ数日間H7編成は走っておらず,昨日は久しぶりの定期列車への運用だったようです.ちなみに本日(6.2)は75T運用で終日走っているそうです.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/07/02 PM 03:43:14 | [電車・気動車]

No.1010 EF510-500「カシオペア」を初撮影

(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

6月25日より「カシオペア」の牽引機が待望のEF510500にチェンジしました.このフレッシュさは,今から50年近く前の九州ブルトレ用EF60500登場に匹敵すると思います.
早く見たかったのですが,なかなか運転日に時間の都合が付かず7月1日に鴬谷の陸橋上から初めて撮影しました.EF510-505号機でした.

すぐに山手線で上野駅へ行き,10分後を雁行して来る「北斗星」との並びを撮影しました.こちらは逆に旧カシオペア色のEF8179の牽引でした.
EF81に較べてEF510のこの迫力は何でしょう.馬子にも衣装とは云いますが,今までのJR貨物のEF510の間延びした大味の姿とは大違い,とても同型とは思えませんね.


     (画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

EF510500は今後,わが地元常磐線の貨物列車牽引にもEF81に変わって活躍することになります.コンテナ編成や安中貨物の先頭に立つ姿も早く見てみたいものです.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/07/01 PM 02:36:18 | [常磐線東北線のEF510/EF81・その他常磐線TXなどの話題]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.