【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.993 壁紙(98)D52400

(画像をクリックすると壁紙サイズに拡大されます)

久しぶりに壁紙を.
D52400 1966.7 五稜郭機関区です.

この画像,なんと驚くべきことに小さな手札判プリントからのスキャンです.それも焼き付け時の露出がオーバーで,プリント上ではほとんど黒く潰れています.スキャンしてこんなにまともな画になるとは思いもしませんでした.銀塩プリントは銀の濃度で諧調表現をしているため,黒く潰れた中にしっかり画像情報が埋め込まれていました.プリントを蛍光灯などで透かして見た時に,しっかり画が見えているようなら可能性があります.同じことがモノクロのネガ,カラーポジにも云えます.昔から撮影時には「露出オーバーより露出不足の方が良い」と教えられました.ただしカラーネガでの撮影には当てはまりません.

デジタルの場合は?コントラストが強いので白飛びが怖いです.適正露出が理想ですが,RAWで撮影をするなら,オーバーよりアンダーの方が救われると思います.しかし,適正露出と云っても,画面の中の部分部分によって違うので,難しいですね.晴天下の(そうでなくても)蒸気機関車を真っ黒に潰している人多いですもんね.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/05/26 PM 11:08:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | [壁紙]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.