【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.969 鉄道版画展「懐かしい風景」のご案内


藤倉菊太郎と村樫四郎の鉄道版画展「懐かしい風景」

来る2010年3月10日から4月4日まで相鉄ギャラリーで版画展が開かれます.これまで鉄道が好きで見・乗り・撮って来た素人二名が木版画をその印象を残す手段として制作し、大袈裟に言えば世に問う試みです.
版画は写真ではなく絵です.ですから省略、描き込み、強調、デフォルメ、果ては、言い訳めきますが版画特有のかすれなどの偶然が合わさり、油絵でも、水彩画でも、勿論写真でもない表現が期待できます.
モニター上で、写真は原画同等の情報が得られますが、絵は特に版画は和紙の質感と原画の大きさのバランスなど受ける印象が変わりますので会場でご覧頂けたらと思います.

尚、藤倉氏はご存じの方も大勢居られるかと思います.これまで「鉄道ファン」「TMS」「旅と鉄道」誌上で作品を発表、昨年は日鐵羽鶴1080号機移動に併せ梅小路で展示、現在も自身のホームページ「版画文集 鉄道懐顧」上で大半の作品を公開中ですがこの機会に原画の持つ魅力を是非会場でご覧下さい.(村樫四郎)


私が鉄道写真の師匠(特に夜景)と崇める村樫四郎さんが、お仲間の藤倉菊太郎さんと鉄道版画展を開かれます.
轍楽之路サイトでは「myC51・私のC51アルバム」を公開中ですが、そのセンスと鉄道に対する愛情を彫刻刀で表現された作品はかねてから拝見させて頂いていました.
藤倉さんの作品も雑誌で拝見していましたが、その軽妙なタッチはホンワカ暖かいムードを醸し出していて、思わず心が和んでしまいます.
両氏のご了解を得てこのブログで紹介させて頂くと共に、数日中に展示される全作品を轍楽之路サイト上でご紹介させて頂きます.(3.2に展示しました)
ぜひご高覧の上、会場に足を運ばれて生の作品に接して頂ければ幸いです.

相鉄ギャラリー
〒245-0002 横浜市泉区緑園4-3-28「相鉄文化会館」4F
  相模鉄道いずみ野線緑園都市駅下車・徒歩3分
  Tel: 045-813-1515 Fax.045-813-1459
 開館時間 10:00〜16:00
 入場無料
 休館日 毎週月曜日 3.22(祝日・月曜)は開館、翌3.23(火)が休館

以下に藤倉さん、村樫さんそれぞれ4点の作品を展示させて頂きます.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↑以上藤倉菊太郎さんの作品


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)

↑以上村樫四郎さんの作品

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/02/27 PM 07:16:12 | [出版物・写真展他イベントのご紹介]

No.968 新金線で撮影

(画像をクリックすると拡大されます)

昨日、両国へ行く前に新金貨物線を散歩しました.この貨物線、国道6号水戸街道を走る度にこの線の踏切を越えてましたからお馴染みなんですが、実際カメラを向けるのは初めてです.
ちょうど10時台に金町から新小岩へ向かう貨物が2本ありますので、これを途中で撮影しました.

まずやって来たのは件の水戸街道の踏切.金町駅から歩いて15分ほどです.相変わらず国道6号は通行量が多く、金町から環七までの間は慢性渋滞区間です.こんな幹線国道、しかも右折車線もある交差点近くに単線の踏切があるなんて信じられません.今は信号踏切ですので信号が青ならばどのクルマも無停車で通過できますが、昔は普通の踏切で一時停止が必要でした.しかし大半のクルマがその踏切の存在さえ気付かず通過していましたので、コンプライアンス運転をしていると大型トラックに追突されそうで、死にそうになりました.

↓その踏切を見下ろす歩道橋の上で構えていると、列車が来る数分前に可愛いお友達一行がやって来てみんなで踏切の方を見ています.これはわざわざ貨物列車の通過を見学に来たのかと思いきや、そのまま行ってしまいました.単に国道を横断しただけだったようです.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓その直後警報機が鳴り出し、遮断機が下ります.当然クルマはおとなしく待っています.待たされるドライバーの心中は「チェッ、ついてないな〜」と思っていることでしょう.もし私だったら「おっ、ついてるな〜」ですが.
貨物線の踏切と云うことで、大昔にEB10がのんびり走っていた王子の須賀貨物線を思い出しました.ここも「どうせチンタラ走って来るんだろう」となめてカメラを構えていたら、EF65はかなりのスピードでぶっ飛んで来てビックリ! ブルトレ並の90km/h近く出ていたのではないでしょうか.1/500SEC.でも完全に止まりませんでした.秒間5コマの連写でもたった4カットのみです.まさに新金高速!シンキンコウソク.胸が苦しい〜!


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

45分後にやって来る次の列車は、京成高砂駅近くのお寺(大光明寺)をバックに撮ろうと思っていましたので、線路沿いの道をテクテク歩きます.途中で感じの良いガーター橋があり光線状態も良かったのですが、初志貫徹で次回と云うことにしました.

撮影ポイントは、何回も撮影に来ている京成線の中川鉄橋の真横です.待っている間にも京成の複々線を色々な鉄道の雑多な形式が間断なくやって来ます.このポジションからだと間にフェンスが入ってしまいますので今日はカメラを向けません.

↓ふと見るとファイアーオレンジの復活色が現れましたので思わずパチり.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓目の前でスカイライナーとすれ違いました.もうそろそろこの下に新金線の貨物が現れる頃なのですが.そろい踏みなんて、そううまくはいきませんね.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓大光明寺をバックにEF65がやって来ました.こちらも速い速い!誰かさんが喜びそうな平凡な画になってしまいました.私の好みではないですがね.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓京成高砂駅に行ってみると金町線運用はリバイバル赤電でした.先ほど金町でチェックしたのは銀箱電車だったのですが.残念ながら今日は忙しいので構ってられません.時々金町線はのぞいて見ていましたが、いつもステンレスばかり.こんな時に限って赤電だもんな〜.


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/02/25 AM 11:53:28 | [電気・ディーゼル機関車]

No.967 続総武線113系新聞輸送電車廃止

(画像をクリックすると拡大されます)

本日は仕事でしたが、メインは夕方からだったので日中は中抜けして113系を撮影に行ってきました.
回送の両国駅到着は12時50分.到着時、300mを超えたスカイツリーとの2ショット狙いで緩行線ホームのピンポイントを確保しました.スカイツリーが見えるのはホーム上でほんの2-3メートルの間だけです.下り電車との被りが心配ですが、48分、53分発と定時であれば問題無さそうです.

まだ国鉄だった時代、国電区間の運転時刻は標準時間と称して結構いい加減で、時刻表表示の1-2分の前後は当たり前.酷い時は4分も早発して飯田橋の駅員さんに文句云ったことがあります.時々「時間調整」と云って途中駅で長時間停車していたのを覚えている人も多いでしょう.あれはダイヤより早着していたからなんです.何しろ運転手さんの持つ時刻表には各駅の発着時間が表示されていませんでしたから.
今は本当に正確で、被る列車は毎日ほぼ同じ場所で被ります.

両国駅ホームには平日にも関わらず、10名ほどのファンが来ていました.ホームにお相撲さんが居らしたので、お願いして113系の前に立ってもらおうかと逡巡しているうちに、到着した電車に乗っていってしまいました.


(画像をクリックすると拡大されます)

その後市川へ先回りして俯瞰.市川駅ホームには5-6名いらっしゃいましたが空中には1名のみ.今日は少し春霞でもやってました.花粉のせいか、目はウルウル、鼻はシュンシュン、クシャミがやたらと出ます.


(画像をクリックすると拡大されます)

何方かの数日前のブログとほとんど同じ内容になってしまいました.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/02/24 PM 11:01:19 | [電車・気動車]

No.966 成田スカイアクセス(2)

(画像をクリックすると拡大されます)

昨日2月19日、京成成田空港線「成田スカイアクセス」が7月17日開業とアナウンスがありました.この期に新しい被写体が現れるとは、しかも自宅近くですから今からワクワクします.来月あたりからテストランもはじまることでしょう.

その主役AE1(正式には2代目AE形)です.当日は4編成を確認しましたが、1編成は北総線の検車区にデリバリ中とのことです.合計8編成が開業までに登場します.
なお現行のAE100形も在来線経由の特急用として、何編成かは残存するようです.

詳細は雑誌などに譲り、宗吾基地で撮影した成果をご覧ください.案内付きの工場基地見学コースのため、自由に好きな場所で撮影できたわけではありませんが、最大限融通を利かせて頂けました.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)



キョロちゃんはスカイアクセスのマスコットではありません.
ちょっと遊んでみただけです.
でも「ブルキョロ」なんていうニックネームを提案したいです.


山本寛斎さんデザインと云うことですが、何処まで氏が関わっているかは判りませんけれどもなかなかのセンスだと思います.限界の関係で車体側面の絞り込みが無いのはAE100形を踏襲していますが、AE100と違いこれがスタイル上のハンディになっていないところが凄いです.

白いボディに正面が黒と濃藍色というのは晴天下だと、撮影が難しそうです.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/02/20 PM 03:41:56 | [私鉄・専用線・トラム]

No.965 成田スカイアクセス(1)
俺がこんなに強いのも、当たり前田のクラッカー.雲と一緒にあの山越え〜て〜♪ 嗚呼!昭和が去りゆく.藤田さんご冥福をお祈り申し上げます.


(画像をクリックすると拡大されます)

本年7月から開業予定の成田スカイアクセス線の試運転が間もなく始まるようです.すでに北総線線内で夜間ですが新型スカイライナーAE1形の走行試験も行われているとのこと.
AE1形は最高160km/h、3050形の一般特急は120km/hでぶっ飛ぶようです.現在開通している北総線線内は両側に国道が並走しているため目立った撮影地はありませんが、新線部分は丘陵地を通り成田ニュータウンをかすめています.周辺からはどのように撮影できるか楽しみです.

先日京成の宗吾基地を訪ねて AE1形、3050形を撮影してきました.自由なアングルでの撮影は難しかったのですが、AE1形はあらためて成果をご覧頂きます.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2010/02/18 AM 01:00:58 | [私鉄・専用線・トラム]

No.964 久しぶりにブロッケン

(画像をクリックすると拡大されます)

久しぶりにHSBのライブカメラ
をのぞくと大当たり!


(画像をクリックすると拡大されます)

↑10分後には機回ししてました.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑2.23追加:今日は機回し中をゲット!

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/02/17 PM 07:24:25 | [ヨーロッパ]

No.963 総武線113系新聞輸送電車廃止

(画像をクリックすると拡大されます)

総武線で113系なんて珍しくも何ともない、なんていまだに思っている私でしたが、総武快速線から113系が撤退してからちょうど丸10年も経つんだそうです.
しかし両国発の新聞輸送電車だけは内房線・外房線へ直通する関係上、113系で残されてきました.
房総地区の113系も、京浜東北線のゾンビ209系に置き換えられると云うことでその存続が危ぶまれていたのですが、いよいよ3月の改正で廃止とのこと.
しかも209系への置き換えではなくて、契約打ち切りの「廃止」ということらしいです.自動車輸送にシフトするのでしょうが、このエコの時代に逆行するような措置ですね.まあ僅かな量の新聞を実車2両の旧型113系8両で輸送(しかも片道は回送)する、というのもコスト的にもCO2排出量からみてもどうかとも思いますが.

先日2月10日、ネット仲間の方々と千葉方面に出かけたついでに、西千葉駅ホームで件の113系を撮影しました.幕張-千葉間は今でも入出庫する113系が走っていますので場所選択を誤ったきらいもありますが、列車番号2331Mが写っていますので良しとしましょう.方向幕は通常も「回送」だそうです.

実はこの列車が来る直前に千葉行緩行電車が到着しており、ひやひやもんの撮影でした.この時点で私の背後にはE231系がまだ停車しています.
この撮影の前に「運がよければ湘南色が来ますよ」なんて冗談を云っていましたが、それが本当になってしまいました.運良く被らず、運良く湘南色!引きのよい幸運の持ち主は何方だったのでしょうか.
しかし、いろいろな意味で「濃い」キャラクターの4人のメンバーが、この列車を記録してしまったのは凄いな〜.という思いです.おそらく4人全ての方の成果を今後目にすることになるかもしれません.すでにお一方は出しておられます.



(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

もう1度くらい撮影してから(できればノーマルのスカ色8両編成を)記事にしたかったのですが、時間が空いている日はいずれも悪天候で出かける気になりませんでした.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/02/16 AM 01:04:40 | [電車・気動車]

No.962 流鉄5000系3代目「流馬」登場

(画像をクリックすると拡大されます)

先月1月20日より流鉄(旧総武流山鉄道)に、もと西武N101系の5000系2両編成がデビューしました.久々の新車です.
流山到着直後のレポートをしたのが6月23日でしたから、整備に半年間を要したことになります.
近所なのでいち早く見に行きたかったのですが、少々体調が悪くて今日になってしまいました.よりによって雪の朝ではありますが、他へ行く用事がありましたので馬橋駅へ寄り道です.2両編成は3本ありますので、必ずしもすぐに5000系が現れるとは限りませんでしたが、到着後すぐにやって来たのははたして「流馬」でした.西武N101系の顔は少々大げさなボリューム感があり、2両編成では頭でっかちで役不足のようでもあります.あざやかなスカイブルーが残雪の中で蛍光色のように輝いていました.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

もう少し3代目「流馬」を撮りたくなり、午後に再びやって来ました.


(画像をクリックすると拡大されます)

小金城趾駅で運転士さんがホームに降りましたので、ガラス越しに1枚.「乗務員室」の文字を避けて無理な体勢で撮影しましたので、ちょっと車内が写り込んでしまいました.キャブ内は西武時代と大差ないと思いますが、2つしか無い方向幕表示スイッチとワンマンのドアスイッチがブレーキ弁右横に見られます.開扉操作はこちらで行い、閉扉は従来通りドア横のスイッチで後方確認をして行っていました.
車内側から見ると太いセンターピラーは、かつての西武501系、国鉄80系、いやEF58かな?などを彷彿とさせます.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

流山駅で正面を撮影しました.「流馬」のヘッドマークは従来のよりも高級感がある5角形のものになっていますが、黒字に濃い赤文字では間近で見ないと読めません.「青空」「なの花」には無かったワンマンの表示があります.


(画像をクリックすると拡大されます)

以前は3両編成が4本、2両編成が2本所属していてにぎやかだった流山駅構内も寂しくなりました.側線にはお役御免になった3両編成の「流星」「若葉」がまとめて留置されています.流鉄線上ではもと西武101系とN101系は共存しなかったとは意外でした.
えっ「聞いてないよう〜」って?初耳でしょうか?そうなんです.流鉄は1月20日の3代目「流馬」デビューと共にすべての列車が2両編成に統一されてしまいました.同時に全列車ワンマン化されたのでワンマン設備を持たない3両編成車はもう使われません.今後引退のイベントがあるかどうかは不明ですが、かつて16両もいた車両がわずか6両の小世帯になってしまうのは本当に寂しいですね.


      (画像をクリックすると拡大されます)

残った「青空」(もと西武801系)、「なの花」(もと西武701系)も経年が進んでいますので、近いうちにN101系(タネ車がまだあるかな?)に置き換えらてゆくものと思います.予想されていたとはいえ、TX開通による影響は大きいですね.そのTXの方は年々利用者が増加して増結も検討中とのことです.流山市もTX効果で人口急増中というのですから何とも皮肉なものです.

帰路は流山駅から小金城趾駅まで歩きながら撮影しました.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/02/02 AM 12:23:40 | [総武流山電鉄改メ流鉄]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.