【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.907 伊豆箱根鉄道と富士山

(画像をクリックすると拡大されます)

一昨日7月13日はふらりと伊豆箱根鉄道を訪れました.本当はもと西武の701系、新101系の走りを見たかったのですが、残念ながら走っていませんでした.

撮影ポイントを探しながら、結局終点の修善寺駅まで乗車してしまいましたが、途中これと云った場所は見つかりません.想像以上に線路間近に住宅が建ち並んでいて、期待していた鉄橋もコンクリ製の下路式で問題外でした.
修善寺で駅舎から出ると、太陽がカンカンでもの凄い暑さ!朝早くに家を出て来たので、すでに梅雨が明けていた、というニュースはまだ知る由もありません.

しかしめげずに線路に沿って少し歩くと富士山が見えました.三島付近では頂上は雲に隠れていたので期待はしていなかったのですが.
それならぜひバックに入れて撮りたいと少し歩き回ったのですが、どうしても住宅や鉄塔が邪魔してこのような絵しか撮れませんでした.
その富士山も霞んでいて薄く、そちらに露出を合わせると電車に対しては-2以上不足してしまいます.でも取り敢えずそれで撮るしかない訳で、こりゃ後処理が大変です.ここに出している写真は一応その後処理をしています.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

JRから乗入れて来る185系「踊り子」は5両編成で編成全部が入りません.4両目のパンタグラフが半分欠けてしまいました.炎天下では頭がぼけっとして全てに気が回りません.

この後、もと西武の電車を見るために大場車庫へ向かいました.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/07/16 PM 02:56:14 | [私鉄・専用線・トラム]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.