【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.901 明日7月4日より久留里線にキハ35国鉄色が走ります

(画像をクリックすると拡大されます)

昔々、八高線に蒸機の撮影に行くと、東飯能駅の引上げ線によくこの列車が停車していました.ハイキングシーズンに大宮-東飯能間(川越線から直通)に運転される快速「名栗なぐり」.キハ30単行にヘッドマーク付き、という当時としてはマニアックな形態の列車でした.貴重なフィルムは蒸機専用っていうことで、気動車などにカメラを向けるのはまれでしたが、この日は何故か遠くから一枚撮っていました.1967年6月4日の撮影です.これ以上寄れなかったのかもしれませんが、左側の西武線ホームや腕木信号機、給水タンクなど当時の東飯能駅の様子がよく判ります.
ちなみに名栗とは秩父武甲山より流れ出て飯能市内を通り、入間川に流れ込む名栗川の名称です.埼玉県内の人には遠足やハイキングなどで市内の天覧山に登ってから、名栗川の河原で遊ぶのが定番コースということで有名でした.

明日はこんな列車が久留里線を走ります.
行くべきかどうか逡巡してますが、たかだかキハ30の単行をわざわざ撮影に行くと云うのも、かなり抵抗を感じます.天気も悪いようだし、久留里までだとあまり良いポイントも無いし.

調べれば判りますが、明日7月4日の運転行路時間をご参考までにどうぞ.↓



next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/07/03 PM 08:12:06 | [電車・気動車]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.