【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.897 新々「流馬」流鉄5000系 arrival

(画像をクリックすると拡大されます)

西武から流鉄に譲渡される新編成5000系クモハ5001+クモハ5101(もと西武N101系273F)が、数日前に西武線内を回送される姿がネットで見られましたので、そろそろ着いている頃かと本日午後に流山の庫を覗いてみましたところ、居ました、居ました.
一番撮影しにくい庫の中でしたが、すでにパンタを上げて調整中でした.ブレーキ音や発電機の音も元気に庫内に響いています.

予告のポスタークリックでは今冬の登場ということでしたが、もう明日にでも営業に就けそうな雰囲気でした.(後述のようにまだまだのようですが)
先日引退した「明星」編成もまだ構内にありますね.(↑左下の車両)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

帰宅後他サイトのブログで昨日、武蔵野線経由で回送され流鉄線内は「なの花」が牽引したとのことを知りました.

よく見ると前面の無線アンテナ、標識灯、排障機、電連などが未装着です.これではまだまだ走れませんね.今後ストック部品が付けられるものと思います.

新編成の愛称が「流馬」になるとはまだ正式にコメントされていません.巷間の噂とその塗装から間違いはないと思うんですが.違ったらゴメン.
流鉄線内でこの5000系がパンタを上げた姿はネット一番乗りかもです.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/06/23 PM 06:48:17 | [総武流山電鉄改メ流鉄]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.