【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.895 潮来のアヤメは花菖蒲

(画像をクリックすると拡大されます)

今日は何かムシャクシャするので?クルマを飛ばして潮来まで行って「花と小父さん鉄」をしてきました.柏の自宅から60km少々の距離なんですが、利根川の堤防沿いの細い道路をほぼノンストップ.70分ほどで潮来まで行けます.電車で行けば2時間はかかりますし、本数も少ないのでクルマしか考えられませんでした.

潮来は現在アヤメのシーズン.前から一度この時期に行きたいと思っていましたが、なかなか機会が持てませんでした.
しかし、千葉の113系も何と京浜東北線のお古の寿命半分のはずの209系ゾンビに置換えられるとのこと.来年まで走っている保証は無いですし、食パン銀箱電車では写欲も湧きませんので今年が最後のチャンスだったかも知れません.

まあ例によってコメント無しでご覧ください.結構インパクトあるかと思います.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

ところで潮来では「アヤメ・あやめ祭り、特急あやめ」など「アヤメ」を売り物にしていますが、実は現在咲いているのは全部花菖蒲です.アヤメも少しは植えられているそうですが、5月中に花は終わってしまうとのこと.今の時期水辺に咲いているのは、ほとんど花菖蒲なんですって.ちなみにカキツバタは水辺には咲きません.
川の畔には花菖蒲だけではなく紫陽花も見事でしたが、なぜか赤っぽいのがありません.白と青のみです.電車、機関車、花菖蒲、紫陽花とすべて同じトーンでお揃い、鹿島線の鉄橋ガーターも洒落た薄緑色で景観の中で突出せず、梅雨の小雨の中でシックなムードでした.濃い青色のガーターに「JR鹿島線前川橋りょう」なんて大きく書かれたら台無しですからね.

小ブログ拙作をご覧になってお出かけになる方も居られると思いますが、私の写真だけ見て現地に行かれると、おそらくいろいろな意味で想像を裏切られます(良い方にも悪い方にもです).まあ、それは行ってのお楽しみとしておきましょう.
特にガイドもアドバイスもありません.不親切なようですが、ご自分でお調べになり、実際自分の足でポイントを探すところから作品作りは始まるんだと思います.

佐倉のチューリップに続き、今日も観光客はゴマンと来てましたが、電車絡みの撮影をしている方は何方も居ませんでした.やはり花は人気がない?

next


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/06/18 PM 10:38:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | [花と小父さん鉄]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.