【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.894 6086号のコントローラーのシルエット

(画像をクリックすると拡大されます)

こんな写真を、現場でノートリミングで撮れるような機転閃きと腕が欲しいです.
忘れていなければ次回再トライですね.

じっくり撮影済みのカットを検証しながら、PCモニタ上での2回目のフレーミング(トリミングとも云う)をするのは、今後の撮影時のよい練習になります.頭の抽き出しの片隅にでも保管しておけば、違う新たな別のシチュエーションの時にも応用が効くことでしょう.

誰が前後のコントローラーが並んでシルエットで浮かぶ、などとと気付くでしょうか.(それが咄嗟に出来るのがプロなんでしょうね)素人の私は簡単なコンテを描いておくことにしましょうか.やはりさらなる研鑽を積むことが必要ですね.まだまだ修行が足りません.


     (画像をクリックすると拡大されます)

↑実はこちらが元絵です.これはこれで庫内の6086号をシルエットで狙う意図を持っています.この時間はまだ正門から中へは入れませんので300mm(450mm)で撮影しています.ということは最初のようなアップを撮影するのには実質1000mm以上のレンズが必要ですね.それは私の器材では不可能ですだ.
しかし、おそらく200mくらいは遠方にあると思われるクロネコヤマトのトラックに邪魔されていたとは!シルエットはバックにも気を回さないといけませんな.やはり修行が・・・.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/06/16 AM 01:44:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | [私鉄・専用線・トラム]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.