【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.892 都電荒川車庫6086号公開

(画像をクリックすると拡大されます)

今日は先週に続いて路面電車の日(6月10日)イベントの第2弾.昨年荒川車庫に取り込まれた6086号の公開です.それまでは個人の方が保存されていたそうです.
昨年の公開時には行けなかったので楽しみにしていました.

それにしてもこんなボロ電車見によう集まるわ!というのが偽らざる感想です.本当にみんな都電が好きなんでしょうか?


(画像をクリックすると拡大されます)

↑公開20分ほど前に到着.トラバーサーでの登場シーンが見られるかと思っていたら、すでに正面車庫内に7022号と並んで待機していました.今日はこの旧色2両の並びが叶うようです.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↑自力では動けないどころか、連結器も無いので前後に10人ほど取り付いて人力で表まで押し出して来ました.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ピューゲルが上げられ、現役時代の6000形ぽくなりました.ただし電気系はすべて死んでいて、ヘッドライトも点灯できないそうです.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↑8800形がちょうど入庫.ロープ規制中なら停車してもらえる可能性もありましたが、構内開放中だったのでさっさとトラバーサーに乗って庫内に消えてしまいました.8800形が初めて脇役になった瞬間です.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑構内開放中は前側のドアが開けられ、車内をうかがうことができました.ただし「床が抜けるおそれがあるので」乗車はできません.

↓あっちゃからこっちゃから撮ってみました.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↑形式写真撮影タイムの様子.右前側(この写真では左側)が超人気でなかなか前へ行けません.



(画像をクリックすると拡大されます)

↑用意された系統板.一応6086号の運転経歴順に並べてある、と云ってました.



(画像をクリックすると拡大されます)

↑11時少し前にやっと7022号が出て来て並んでくれました.



(画像をクリックすると拡大されます)

↑保存車も含めて黄電の4ショット.5500→6000→7000→7500と揃いました.もう少しハイポジションが取れれば理想ですが、これでも両手を一杯に伸ばしてカメラを掲げています.

私は午後から所用があったので1時間で帰りましたが、この後系統板を付け替えての撮影タイムや8800、9001との並びがあったそうです.
願わくば廃車になる7500形の機器を流用しての本線走行など実現すれば最高です.(費用ウン千万円誰が出す?)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/06/14 PM 03:37:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | [私鉄・専用線・トラム]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.