【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.899 京成青電復活

(画像をクリックすると拡大されます)

本日、京成の青電復活塗装車がデビューしました.3年前の赤電の続編かと思いきや京成電鉄開業100周年のイベントで、今後再び赤電色とその後のファイヤーオレンジ(そんな色名だったんですね)色車も登場するんだそうです.
赤電色は今も小湊鐵道で見ることができますが、青電色は懐かしいですね.なんかシックで大人向けといった印象ですが、今にも降り出しそうな梅雨空の下ではメリハリの無い絵になってしまいました.

青電が現役の頃の印象はいつも汚れてくすんでいた感じで、塗り立てピカピカというのを見た記憶が無いのですが、今日見た感じは少し派手過ぎない?といったところです.
写真見てると国鉄気動車の旧色(赤電色は国鉄気動車色似ですが)やお京阪や富士急風でもあります.そういえば富士急でももと京王5000車が旧色2トーンに塗られましたね.
ヨーロッパではフランスの客車にも似たような色合いのものがありました.

↑↓まずは高砂13:39発の京成上野行き回送を中川鉄橋で撮影しました.
しかしこの複々線区間は次から次へと各社の車両がやってきて退屈しません.
真横から全4両押えてみましたが、少し斜めですね.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

京成上野14:19発の記念列車は何と通常はありえない「特急!金町行き」.先ほどの中川鉄橋は数人しか居ませんでしたが、金町線の沿線はかなりの数のファンが平日にも関わらずお出ましです.結構年輩の方の姿が目立ちました.
このお2人は後追い専門でしょうか?私には絶対に出来ない割り切り方です.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

折り返しは回送です.[回]の種別表示が面白い.♪回る〜回る〜よ時代は回る♪


(画像をクリックすると拡大されます)

ところでこのブログ、最近はニュースみたいになってますね.実は今日でちょうど開設以来まる4年なんですが、最初の頃とは大分内容の傾向が変わってきてしまいました.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/06/30 AM 12:54:43 | [京成リバイバル車ほか]

No.898 横濱レトロ回送を撮る

(画像をクリックすると拡大されます)

今日は撮影の予定は無かったんですが、夜は高校時代の友人達との会合が新宿でありますので行きがけの駄賃ということで回送を東十条で撮影しました.
生憎かなり強い雨が降っていましたが、この場所は屋根付きガラス無し網無し脚立不要の特等席です.ご同業者様1名と濡れずにたった2人でgood shot!
EF65501が前の方が良かったのですがに.

石川遼クンおめでとう.


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/06/28 AM 12:43:00 | [花と小父さん鉄]

No.897 新々「流馬」流鉄5000系 arrival

(画像をクリックすると拡大されます)

西武から流鉄に譲渡される新編成5000系クモハ5001+クモハ5101(もと西武N101系273F)が、数日前に西武線内を回送される姿がネットで見られましたので、そろそろ着いている頃かと本日午後に流山の庫を覗いてみましたところ、居ました、居ました.
一番撮影しにくい庫の中でしたが、すでにパンタを上げて調整中でした.ブレーキ音や発電機の音も元気に庫内に響いています.

予告のポスタークリックでは今冬の登場ということでしたが、もう明日にでも営業に就けそうな雰囲気でした.(後述のようにまだまだのようですが)
先日引退した「明星」編成もまだ構内にありますね.(↑左下の車両)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

帰宅後他サイトのブログで昨日、武蔵野線経由で回送され流鉄線内は「なの花」が牽引したとのことを知りました.

よく見ると前面の無線アンテナ、標識灯、排障機、電連などが未装着です.これではまだまだ走れませんね.今後ストック部品が付けられるものと思います.

新編成の愛称が「流馬」になるとはまだ正式にコメントされていません.巷間の噂とその塗装から間違いはないと思うんですが.違ったらゴメン.
流鉄線内でこの5000系がパンタを上げた姿はネット一番乗りかもです.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/06/23 PM 06:48:17 | [総武流山電鉄改メ流鉄]

No.896 潮来の娘船頭さん

(画像をクリックすると拡大されます)

潮来には約6時間ほど滞在しました.鹿島線の列車は1時間半に上下1本ほどの113系旅客と、1日3往復の貨物列車のうち昼間にまとまって5本も来ます.この間に撮影対象になった列車は15本もありました.これくらいだとゆっくりロケハンやモニタチェックも出来て、食事時間も取れるのでちょうど良いくらいです.

その他にも良い被写体を見つけましたのでまったく退屈はしませんでした.しかし本場の観光地だけあって「潮来笠」「潮来花嫁さん」などの歌謡曲が常に大音量で流れています.

「娘船頭さん」は美空ひばりの唄ですが、本物も頑張っていました.3コマ目の笑顔のカットがお気に入りです.
実はEF65の貨物と、帰って来た娘さんの舟がドンピシャで上下になる瞬間があったのですが、残念ながら花菖蒲を手前に入れたアングルでしたので撮れませんでした.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


      (画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/06/19 PM 03:46:30 | [花と小父さん鉄]

No.895 潮来のアヤメは花菖蒲

(画像をクリックすると拡大されます)

今日は何かムシャクシャするので?クルマを飛ばして潮来まで行って「花と小父さん鉄」をしてきました.柏の自宅から60km少々の距離なんですが、利根川の堤防沿いの細い道路をほぼノンストップ.70分ほどで潮来まで行けます.電車で行けば2時間はかかりますし、本数も少ないのでクルマしか考えられませんでした.

潮来は現在アヤメのシーズン.前から一度この時期に行きたいと思っていましたが、なかなか機会が持てませんでした.
しかし、千葉の113系も何と京浜東北線のお古の寿命半分のはずの209系ゾンビに置換えられるとのこと.来年まで走っている保証は無いですし、食パン銀箱電車では写欲も湧きませんので今年が最後のチャンスだったかも知れません.

まあ例によってコメント無しでご覧ください.結構インパクトあるかと思います.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

ところで潮来では「アヤメ・あやめ祭り、特急あやめ」など「アヤメ」を売り物にしていますが、実は現在咲いているのは全部花菖蒲です.アヤメも少しは植えられているそうですが、5月中に花は終わってしまうとのこと.今の時期水辺に咲いているのは、ほとんど花菖蒲なんですって.ちなみにカキツバタは水辺には咲きません.
川の畔には花菖蒲だけではなく紫陽花も見事でしたが、なぜか赤っぽいのがありません.白と青のみです.電車、機関車、花菖蒲、紫陽花とすべて同じトーンでお揃い、鹿島線の鉄橋ガーターも洒落た薄緑色で景観の中で突出せず、梅雨の小雨の中でシックなムードでした.濃い青色のガーターに「JR鹿島線前川橋りょう」なんて大きく書かれたら台無しですからね.

小ブログ拙作をご覧になってお出かけになる方も居られると思いますが、私の写真だけ見て現地に行かれると、おそらくいろいろな意味で想像を裏切られます(良い方にも悪い方にもです).まあ、それは行ってのお楽しみとしておきましょう.
特にガイドもアドバイスもありません.不親切なようですが、ご自分でお調べになり、実際自分の足でポイントを探すところから作品作りは始まるんだと思います.

佐倉のチューリップに続き、今日も観光客はゴマンと来てましたが、電車絡みの撮影をしている方は何方も居ませんでした.やはり花は人気がない?

next


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/06/18 PM 10:38:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | [花と小父さん鉄]

No.894 6086号のコントローラーのシルエット

(画像をクリックすると拡大されます)

こんな写真を、現場でノートリミングで撮れるような機転閃きと腕が欲しいです.
忘れていなければ次回再トライですね.

じっくり撮影済みのカットを検証しながら、PCモニタ上での2回目のフレーミング(トリミングとも云う)をするのは、今後の撮影時のよい練習になります.頭の抽き出しの片隅にでも保管しておけば、違う新たな別のシチュエーションの時にも応用が効くことでしょう.

誰が前後のコントローラーが並んでシルエットで浮かぶ、などとと気付くでしょうか.(それが咄嗟に出来るのがプロなんでしょうね)素人の私は簡単なコンテを描いておくことにしましょうか.やはりさらなる研鑽を積むことが必要ですね.まだまだ修行が足りません.


     (画像をクリックすると拡大されます)

↑実はこちらが元絵です.これはこれで庫内の6086号をシルエットで狙う意図を持っています.この時間はまだ正門から中へは入れませんので300mm(450mm)で撮影しています.ということは最初のようなアップを撮影するのには実質1000mm以上のレンズが必要ですね.それは私の器材では不可能ですだ.
しかし、おそらく200mくらいは遠方にあると思われるクロネコヤマトのトラックに邪魔されていたとは!シルエットはバックにも気を回さないといけませんな.やはり修行が・・・.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/06/16 AM 01:44:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | [私鉄・専用線・トラム]

No.893 ズームインしてみたら

(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

カメラを手に持ってない人も大勢居たとは!(許せよ、27k氏)

next


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/06/15 PM 11:25:37 | Comment(3) | TrackBack(0) | [私鉄・専用線・トラム]

No.892 都電荒川車庫6086号公開

(画像をクリックすると拡大されます)

今日は先週に続いて路面電車の日(6月10日)イベントの第2弾.昨年荒川車庫に取り込まれた6086号の公開です.それまでは個人の方が保存されていたそうです.
昨年の公開時には行けなかったので楽しみにしていました.

それにしてもこんなボロ電車見によう集まるわ!というのが偽らざる感想です.本当にみんな都電が好きなんでしょうか?


(画像をクリックすると拡大されます)

↑公開20分ほど前に到着.トラバーサーでの登場シーンが見られるかと思っていたら、すでに正面車庫内に7022号と並んで待機していました.今日はこの旧色2両の並びが叶うようです.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↑自力では動けないどころか、連結器も無いので前後に10人ほど取り付いて人力で表まで押し出して来ました.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ピューゲルが上げられ、現役時代の6000形ぽくなりました.ただし電気系はすべて死んでいて、ヘッドライトも点灯できないそうです.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↑8800形がちょうど入庫.ロープ規制中なら停車してもらえる可能性もありましたが、構内開放中だったのでさっさとトラバーサーに乗って庫内に消えてしまいました.8800形が初めて脇役になった瞬間です.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑構内開放中は前側のドアが開けられ、車内をうかがうことができました.ただし「床が抜けるおそれがあるので」乗車はできません.

↓あっちゃからこっちゃから撮ってみました.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↑形式写真撮影タイムの様子.右前側(この写真では左側)が超人気でなかなか前へ行けません.



(画像をクリックすると拡大されます)

↑用意された系統板.一応6086号の運転経歴順に並べてある、と云ってました.



(画像をクリックすると拡大されます)

↑11時少し前にやっと7022号が出て来て並んでくれました.



(画像をクリックすると拡大されます)

↑保存車も含めて黄電の4ショット.5500→6000→7000→7500と揃いました.もう少しハイポジションが取れれば理想ですが、これでも両手を一杯に伸ばしてカメラを掲げています.

私は午後から所用があったので1時間で帰りましたが、この後系統板を付け替えての撮影タイムや8800、9001との並びがあったそうです.
願わくば廃車になる7500形の機器を流用しての本線走行など実現すれば最高です.(費用ウン千万円誰が出す?)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/06/14 PM 03:37:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | [私鉄・専用線・トラム]

No.891 次は地下鉄浅草線と大江戸線
いつもお世話になっています三菱大夕張鉄道保存会の奥山道紀会長が
ブログ「ooyubari9201のblog」を始められました.
←のLinks欄、下から2番目に追加しましたので、ぜひご訪問ください.



(画像をクリックすると拡大されます)

新宿線の馬喰横山駅から浅草線の東日本橋駅へ乗換えです.同じ都営地下鉄同士で地下通路ですぐの連絡なのに駅名が違います.ちょっと判りにくいですね.

浅草線でまずやって来たのがエアポート快速佐倉行.京成の車両です.新宿線でもそうでしたが地下鉄で停車駅を気にしなければいけない.というのにどうも慣れません.来た電車に気軽に乗れるのが地下鉄のイメージですよね.駅や車内のアナウンスでも取り立てて通過駅があることを強調していませんでした.京浜東北線の快速なども誤乗する人は少なくないと思います.
それに佐倉までしか行かないのにエアポート快速ではおかしいでしょう.いくら羽田空港発であっても途中から乗車する人には関係ありませんし.途中で京成上野発の成田空港行特急に接続するならそういう表示が必要かと.(プンプン!)


(画像をクリックすると拡大されます)

次に来た各駅停車の青砥行に乗車します.こちらは京浜急行の電車でした.ステンレス車や都営車の白色に対応してマイナス補正をかけていたら、ヘッドライトが上にある赤い電車では露出不足になってしまいました.
なぜか浅草線内では都営車の姿はあまり見かけません.逆に北総線、京成線、京急線内では都営車がかなり目立つような気がします.


(画像をクリックすると拡大されます)

浅草線は僅か2駅の乗車.蔵前駅で大江戸線にチェンジ!こちらも同じ都営地下鉄同士.しかも同一駅名なのに乗換えは地上の道路(国道6号江戸通り)を300mも歩かされます.今日(6月7日のことです)は蔵前鳥越神社のお祭りで半纏と褌のお兄さん達を大勢見かけました.


(画像をクリックすると拡大されます)

大江戸線では真っ暗なトンネル内に300mmを向けて、カーブを曲がって来る電車を狙ってみます.何本か露出を変えて撮影しましたが、あまり良い結果は得られませんでした.

そろそろEF65501撮影のため、王子を目指そうと思いますが今日は都営交通だけを使うため、また例の「貴方の春日」駅まで大江戸線に乗車して三田線西巣鴨駅経由とします.
これで都電と都営地下鉄すべての路線に僅かでも乗車したことになります.でも都営の軌道はあと1線あります.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/06/13 AM 12:22:42 | Comment(3) | TrackBack(0) | [09-6-7都営まるごときっぷ]

No.890 次は都営地下鉄新宿線曙橋と東大島

(画像をクリックすると拡大されます)

神保町で新宿線に乗換えてまず曙橋駅へ.駅付近に所用があったのですが、尋ね人は不在でした.この駅は線路間に支柱が無かったような気がしていたのですが、どうも勘違い.さて何処の駅と間違えたんでしょう?


(画像をクリックすると拡大されます)

京王線から乗入れて来る急行は曙橋は通過です.最近嫌いだった流し撮りをしてしまいました.
そういえば京王車は6000系から9000系に替わっているんですね.


(画像をクリックすると拡大されます)

新宿線では数少ない明かり区間の東大島駅へ.完全に順光で狙えるのは後追いだけです.
川の上で気温が高いので300mmだと絵が揺らいでしまい、ピンがバッチリ来ません.手前の標識がうるさいので短いレンズでは厳しいです.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

京王の車両ばかりでは何処の線か判りませんので都営の車両も.先頭車だけ新型に振り返られた編成でした.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/06/12 AM 12:22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | [09-6-7都営まるごときっぷ]

No.889 なにっ?C6120復活じゃと〜???

     (画像をクリックすると拡大されます)

この記事は実現したら嬉しいですね.

↑は1970.8.30 クレイジー・サンデーの奥羽本線矢立峠旧線です.

ホームグラウンドはやはり東北の盛岡か青森.東北新幹線全通時の目玉で青森-秋田間の定期運行なんて構想はどうでしょうか.この写真のようにD51の後補機とか奥中山でD51との重連もいつか実現して欲しいです.
関東地区では東北本線・常磐線に走行実績があります.小学生の時浦和駅や大宮駅で見ています.
軸重がC57より僅かに軽いのでほとんどのローカル線に入線が可能とは思いますが、短編成の客車牽引やバック運転など、「はつかり・はくつる・はやぶさ・さくら」かつての特急牽引機であるC61の格を落とすような運転はNo thanksでお願いしたいです.

現役時代を知っている50歳代以上限定の撮影会なんかやってほしいです.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/06/11 AM 12:05:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | [復活蒸機の走る線]

No.888 次は都営地下鉄三田線

(画像をクリックすると拡大されます)

都営丸ごときっぷ、2路線目は西巣鴨から地下鉄三田線に乗車です.一旦西高島平終点まで地上区間のロケハンをしながら行き、折り返して島式ホームの蓮根駅へやってきました.この駅はホームの両側ともカーブしています.
都営地下鉄は大江戸線以外は他の私鉄と乗り入れがあり、車両にもバラエティがあります.東急の新型が撮れれば良かったのですが、往路ロケハン中にすれ違ってしまいました.
しかし三田線と云えば、私の中ではいまだに6000系が走っているイメージです.
三田線に乗車した証拠写真として撮影しましたが、基本的にこういう列車主体の写真撮影は本意ではありません.


(画像をクリックすると拡大されます)

撮影後神保町まで乗車して、新宿線に乗換えです.
↓途中のこの駅、昔からよく利用してきましたが最近何故かニヤリとしてしまいそうになります.「お待たせしました、貴方のカスガです」


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/06/10 PM 12:16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | [09-6-7都営まるごときっぷ]

No.887 先ずは都電荒川線「路面電車の日」イベントへ

都営丸ごときっぷは都営交通の地下鉄全線、日暮里舎人ライナー、都電荒川線そして都バスの全線までもが1日乗り放題で700円ですから、文句無しにお得な切符です.まして今回は8800形運転開始記念のご祝儀代わりの購入で、引き出物まで頂戴しているんですから本当にタダみたいなもんです.
しかしホテルのバイキングメニューのように、いろいろあっても全て乗り尽くすことは物理的、体力的に不可能です.若い人なら早朝から精力的に乗り潰しに回ることも出来るかも知れませんが.
普段あまり乗車のチャンスの無い、都営地下鉄の各線に少しづつでも乗ってみようと思います.



      (画像をクリックすると拡大されます)

まずは8800形に敬意を表して荒川車庫での「路面電車の日」記念イベントに顔を出しました.先日のお披露目の日もそうでしたが、昨日までの荒天が嘘のような好天です.

↑8801号が「路面電車の日」のヘッドマークを付けて正面に置かれています.↓その後の庫内には9001号がやはりヘッドマークを付けて停車しています.


(画像をクリックすると拡大されます)

8802号はこの左側の留置線で車内の公開をしていました.すでにたっぷり撮影もしていますし、乗車もしていますから今さら8800形に執着する必要も無いので、滅多に見られない車庫工場を見学させて頂きました.でも非公開の保存車両が入っているはずの車庫はしっかりシャッターが閉じられ、見ることができませんでした.来週も来れば6086号が公開されるのですが、どうしましょうね.

↓工場内では各種部品や標識板などの展示がありましたが、あまり興味を引くものはありません.
往年の[27]の系統板がありましたので、ある方のために撮影してきました.来週6086号に装着されれば活きてきますよね.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓いつもは柵越しにしか眺められないトラバーサーも、今日は間近から見ることができます.車体広告の無い7030号が時々思い出したように移動していました.このカットを撮影するために来たようなものです.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓それ以上は待っても人が増えるだけで、何も出てきませんので(多分)1時間弱の滞在で再び都電の車中の人となりました.


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/06/09 AM 12:03:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | [09-6-7都営まるごときっぷ]

No.886 トゥクトゥク・バストラム・斜行モノレール

(画像をクリックすると拡大されます)

↑昨日都営線を乗換えるために地上の道路を歩いていると、タイのミゼットタクシー、「トゥクトゥク」を発見.ちょうどオーナーさんが整備中でしたので、おことわりして撮影させて頂きました.
日本でも走っていたんですね〜.と思って調べたらこんなサイトがありました.

↓王子北とぴあから都電を300mmで狙っていると、7520号の後からトラムタイプ(というよりもサンフランシスコ.ケーブルカー型)のバスが道路を追いかけてきました.そしてカーブをまわって親水公園のメタセコイアの大木の影を出たところで見事並んでくれました.大したことではありませんが、こういった偶然に出会えるのは楽しいですね.
でもこんなオープンな客室で、木製のベンチ付きのバスが日本国内で走れるんですね.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓上の写真からカメラを左に振った、飛鳥山公園の法面にこんなものが出来ていました.この7月にオープンの斜行モノレールです.車両(ゴンドラ?)には青いシートがかかっていますが.今まで階段を登らなければ行けなかった山上の公園に楽に行けるバリアフリーのための施設だそうです.
しかし、この場所に近いJR王子駅の改札口はホームまでのエスカレーターもエレベーターもありません.エスカレーターのある北側の改札口からは大回りする横断歩道か、歩道橋を登らなければなりません.
北とぴあから見える乗り物がまた一つ増えます.


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/06/08 AM 09:17:11 | Comment(3) | TrackBack(0) | [クルマのはなし]

No.885 EF65501を王子で俯瞰
暫く間が空いてしまい失礼いたしました.毎月月初めはトップページのリンクを変えねばならず、つい面倒になってサボってしまいがちです.


(画像をクリックすると拡大されます)

先日8800形お披露目イベントの時にご祝儀として購入した、記念都営まるごときっぷクリックの使用期限が今日までなので、午前中から都営線限定の都内散歩です.
その成果は追々ご覧頂こうと思っていますが、先ず夕方に王子の北とぴあから撮影した「レトロ横濱号」の旧客と機関車の高崎への返却回送をご覧ください.平塚の鉄橋では200人以上の撮影者がいたそうですが、北とぴあ展望室は私を入れて僅か2名でした.最近はガラスの破損時の落下防止フィルムの色が濃くなって来たようで、解像力に若干難ありで不人気です.
池袋や田端操方向からの列車は突然現れるので、緊張します.EF65501+旧客はなんか自然に当たり前のように走ってきました.懐かしい、というよりもまだ現役の姿を見ているようです.
飛鳥山公園の線路側には紫陽花が「梅雨よ来い来い!」と咲きほこっていますね.明日からは梅雨前線の動きが活発になるそうです.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

今までは後追いを撮影するために反対側の展望室へ走り抜ける.なんて恥ずかしいことはしたことが無かったのですが、今日はスピードが遅かったのでつい?走ってしまいました.大勢のギャラリーの視線が気になります.
なんと列車よりも速く着いてしまい!カメラを構えた後に足下からEF65501がのんびり出てきました.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/06/07 AM 12:51:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | [09-6-7都営まるごときっぷ]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.