【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.884 新作アップ バラ・サクラ・チューリップ

(画像をクリックすると拡大されます)

お待たせしました.本日轍楽之路サイト本編に「2009春咲き-サクラ・ナノハナ・チューリップ」と「Arakawa Rose Line 2009」の2点をアップしました.何と2009年ももう半ばと云うのに、2回目の更新です.
しかし、いずれも撮り下ろし(こちらのブログでは小出ししていますが)の新作コンテンツです.
前者は4月に撮影した近隣のサクラのシーン、アラカルト.と当ブログで公表後、センセーションを巻き起こした(?)佐倉ふるさと広場のチューリップと京成スカイライナーのコラボをまとめてみました.この場所ではスカイライナーAE100以外の京成車、京急車、都営車も多数撮影しているのですが、どうも見栄えがしないのでAE100形1本に絞りました.

バラの都電荒川線は今年で5年目.毎年代わり映えしない凡作を並べても面白くないので、今年は手を尽くして撮影場所に拘ってみました.そんな訳で、無理を言ってご厚意を頂いた方々にご迷惑をおかけしないように場所等のコメントは省いています.ご了承ください.
もちろん本年登場した9002号、8801号、8802号の姿もたっぷりとご堪能頂けます.

相変わらず点数が多いですが、ぜひご笑覧くだされるようお願いいたします.画像クリックで次々に表示されます.

なお、現在のBGMはヘンリー・マンシーニの「酒とバラの日々です」

トップページ からどうぞ.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/05/29 PM 11:47:07 | [轍楽之路本編新作紹介]

No.883 都電荒川線9003?

(画像をクリックすると拡大されます)

荒川線に3両目のレトロ風車両はもう作られないでしょうけど、こんな色も見てみたいですね.第一印象は名古屋市電みたいですが、都電もこんな色の時代もあったはず.↑↓


(画像をクリックすると拡大されます)

next


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/05/24 PM 03:22:29 | [私鉄・専用線・トラム]

No.882 CFカードのデータが消えた!
先日追記で少し触れましたが、5月17日に撮影してきた荒川線の写真データをコンパクトフラッシュ(シリコンパワー4GB、圧縮RAW+JPEGで撮影)からPC経由でDVD-Rに落としている最中に、突如書き込みがストップ!再開できません.
DVD-Rは再書き込み不可なので、新しいディスクを出して再度はじめからやり直して開始しようとすると、あれれ〜!CFカード内にデータが全くありません.なんでー?
カメラで表示させようとすると、やはり「画像がありません」との冷たいコメント.残数0だったカウンターが205(最大数です)と表示されています.試しにシャッターを切るとちゃんと撮影できます.再生してもその画像のみしか再生できません.

書き込み最中だったDVDを開いてみると、一応全カット分のファイルは作成されています.一瞬喜んだのも束の間、後半の2/3の約150カット分のファイルはカラッポと云う状態でした.

これは一大事です.頭から血の気がスーッと引いて、マッツァオになってしまいました.消えてしまった画像には8802、9001、9002、7022をはじめ、曇天ならではの影の無い、良いかどうかは別として、気にいったバラと電車のカットが多数含まれていたのに.

いろいろ調べてみましたが、データが完全に消えてなくなってしまった訳ではなく、何らかの理由で呼び出せなくなっている可能性が高いようです.リカバリーソフトもあるようですが自分でいじるのはちょっと、と思います.ちょうど数日前に、広田プロのブログでやはりCFの画像データ消失のトラブルの記事を拝見したばかりでした.こんなことになったら怖いな、と思っていたその矢先に我が身にその災難が降りかかってくるとは!なんたることぞ.
広田さんは幸い業者さんの手でデータ復旧ができたそうです.商売のかかったプロなら多少の費用がかかっても復活させねばなりませんが、私のような素人の場合はどうでしょう?諦めるのも一つの選択肢になります.
しかし一度見てしまった絵ですからね.このまま幻の画像となると、当分夢でうなされそうな予感です.

まず如何ほどのデータ復旧費用がかかるのかネットで検索してみます.これは相場があって無いようなもの.上は10万円以上のものもありますが、大体15000〜20000円くらいが多いようです.う〜ん、私の写真に果たしてこれだけの価値があるや無しや?
さらに検索してみると福井県の業者で8400円(カード分解なら28000円)の会社が見つかりました.見積りと復旧不可の場合は無料なのだそうです.それでも安い金額ではありません.費用と時間のかかった海外や遠方でのロケ分であれば迷うことも無いのですが.たかが!?曇天下の都電の写真、迷うところです.

しかしやはり諦めきれず、一日逡巡の末に19日にCFカードを福井へ送り出しました.かならずしも復旧が成功するとは限らないので、翌20日は天気も良かったのでもう一度荒川線に撮影に行きました.それはそれで、それなりの成果が上がったのですが、撮影から戻ると福井から復旧可能とのメールが来ていて、その画像一覧がPDFファイルで添付されていました.僅か2日ぶりですが、そこには懐かしい我が作品群が並んでいます.よかった〜!また会えました.

そして昨日、DVDとなって戻ってきました.約2回分の飲み代に相当する代引き手数料込み9000円は痛いですが、それには換えられない、かけがえの無い作品達です.諦めなくて良かったです.本当に.盗難に遭った自分の写真を9000円で買い戻したようなものですから複雑な心境になります.

原因については不明ですので、この先いつ何時、同じトラブルが起きるか判りません.戻って来たCFカードは秋葉原でシリコンパワー(台湾製)の新品を安価(1480円也)に購入したものですが、こいつの所為かも知れないので、今後使うのは止めときましょう.記録メディアはやはり信頼性の高いメーカーのものを選んだ方が良いかも知れませんが、広田さんのはサンディスクだったと云いますから、どうでしょう.そういえばサンディスクには粗悪な偽物もあるとか.クワバラクワバラ!

9000円は授業料として定額給付金を活用させて頂きました.こういったトラブルはもう懲り懲りですが、目に見えない電子の世界のデジタルではいつでも起こりうることです.バックアップが大事だとは云っても、そのバックアップの最中のことですから恐ろしいです.
どうです恐ろしいでしょう?(他人事じゃあありませんぞ)

       ↓このカットも復活しました.


      (画像をクリックすると拡大されます)

ご参考までに
MDSデータリカバリーセンター

パワーリカバリーフォト

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/05/23 AM 12:15:05 | [コンピューター]

No.881 荒川線8800形に初乗車
20日は8800形が日中運行していましたので、撮影だけではなく乗車することもできました.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑町屋駅前京成ガード下で8801号と白バラを組み合わせて撮影後、駆け足でホームへ行き乗車.まだ新車のペイントの香りがプーンとします.↓


(画像をクリックすると拡大されます)

↓珍しく車内が空いていたので、最前部から逆バラ撮影をします.荒川遊園地前駅進入時、カーブミラーに8801号が写った瞬間です.サンバイザー越しですが、乗車しながら自らの電車の走行シーンが撮影できました.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓荒川遊園地前-荒川車庫前間.いつもはこの辺りで撮影しています.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓帰路は荒川遊園地前駅でバラ越しに8802号の進入を撮影後、そのまま乗車.


     (画像をクリックすると拡大されます)

     ↓少々逡巡しましたが、立ち客が減ったので思い切って撮影.


      (画像をクリックすると拡大されます)

↓終点の三ノ輪橋駅には夕陽の逆光線で霞んだ空気に、甘いバラの香りが満ちていました.


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/05/22 PM 12:46:23 | [私鉄・専用線・トラム]

No.880 荒川線バラの手入れ

       (画像をクリックすると拡大されます)

実際の作業は、さらにその下請け(孫請け?)の造園業者さんがやっているようです.


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/05/21 PM 02:42:02 | [私鉄・専用線・トラム]

No.879 8801号の2カット.違いが判りますか?

(画像をクリックすると拡大されます)

↑↓の2点は本日撮影の都電荒川車庫です.8504号と8801号の並び.一見アングルを変えて撮っただけのように見えますが.決定的な違いがあります.下は上のカットの約10分後です..


(画像をクリックすると拡大されます)

実はこの2点の間にこのカットが入ります.


(画像をクリックすると拡大されます)

どこかの取材が来ていて、そのデモで8801号を一旦三ノ輪橋方面の本線に出した後、転線して王子方向へ進行(↑がその時のものです).バックしてそのまま再び入庫.トラバーサーで転線して元の位置へ戻って来たのが2番目のカットです.
出庫線と入庫線と本線でデルタ線を形成している関係で、方向転換してしまいました.そう結果的にパンタの位置が前から後へと変わってしまった.というのが正解です.
8800形運転開始のヘッドマークはすでに外されていましたが、この転向シーンの時だけ取材のために取り付けられました.
珍しいシーンに立ち会えましたが、この直後に三ノ輪橋方向から8802号早稲田行が来たので、少し時間をずらせば2両が並ぶシーンが見られたはずです.そこまでは考えていなかったようですね.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/05/20 AM 01:18:35 | [私鉄・専用線・トラム]

No.878 今年もバラの荒川線を撮影2
5.19追加
数日前にHプロのブログで読んだばかりの災難が、まさかの我が身にも降りかかりました.
なんたることぞ!立ち直れません.

↓以下が5.17のブログ記事です.このカットも(嗚呼)・・・・・.



(画像をクリックすると拡大されます)

本日は空模様も芳しくなかったのですが、都電荒川線の8800形の運用がはっきりしていましたのでバラとのアンサンブルを求めて出かけて参りました.

今日は色もの車両総出演で、一緒にご案内した友人にも大変喜んで頂けました.
こんな日もあるんです

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/05/17 AM 12:43:05 | [私鉄・専用線・トラム]

No.877 今年もバラの荒川線を撮影

     (画像をクリックすると拡大されます)

のんびり構えていたらもう満開の報です.サクラと違って一斉に咲くわけではないのですが、今週末から来週にかけて天気が悪そうなので晴れていた一昨日と昨日、僅かの時間でしたが様子を見に行ってきました.

この撮影ももう4年目なので、同じような写真ばかり撮ってマンネリ化しないようにと思うんですが、これがなかなか難しいんです.
荒川区内の沿線を見て歩きましたが、今年は花のボリュームというか迫力が去年までに較べて今ひとつ、全体的に若干欠けるような気がします.また荒川車庫駅の前後できれいに咲いている線路脇には交換用の枕木やレールが積置きしてあり、なかなか良い絵になりません.電車の車窓からは華やかに見えるんですが、線路脇から電車に絡めて撮影しようとすると架線柱やワイヤーなどにも邪魔されて、満足行く成果が出せません.とても難しいです.このブログを見てお出かけになる向きは充分ご覚悟の程を.

3点ほど、色もの車両の分を見繕ってご覧頂きましょう.できればもう何回か行きたいと思っていますが、天気と車両運用に恵まれないと良い成果は期待薄ですので、実現するかどうかです.
いずれ本編のコンテンツとしてまとめたいと思います.その前にサクラの分もあるんですよね.


    (画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/05/16 AM 02:16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | [私鉄・専用線・トラム]

No.876 1965(昭和40)年3月の日暮里なんですが

     (画像をクリックすると拡大されます)

1965年3月、水戸からキハ28系「ときわ」で上野へ戻って来た時のスナップです.日暮里駅で隣接する京成線を撮影しています.
現在は高架化工事でだいぶ様子が変わっていますが、数年前まではこんな感じのままでした.

ところで、この写真をよく見ると京成線のさらに左側に架線が見えます.これはなんでしょうね?
こんなところに都電は無かったと思いますし、京成線からの引き込み線があった、なんて記憶もありません.
それほど昔の話ではないので、まだ判る方はいらっしゃると思います.ぜひご教示ください.
と云うか、ここ日暮里で間違いないですよね?

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.



2009/05/15 PM 08:58:37 | [車窓から?!]

No.875 80万アクセス.西武鉄道のインフレパンタ
おかげさまで昨日、無事に轍楽之路サイト80万アクセスに到達いたしました.日頃小サイトをご来訪頂きありがとうございます.

最近はコンテンツの更新も無く、不定期更新のブログのみに頼る当サイトですが、日に日にアクセス数が増加しているのが恐ろしい限りです.
まあ、ネタ作りも兼ねて撮影に出かける回数も多くなっているのは精神面、健康面から考えても悪いことではありませんが.

折角ですからキリ番企画などもやりたいのですが、最近は告知をすると大量に連続アクセスをされ、1日で驚くなかれ、数万ヒットがカウントがされる芸能人ブログ並みの事態になります.これでは企画も何もあったもんでは無いですね.
これはキリ番の賞品狙い、と云うわけではなくて単に混乱させて企画を滅茶苦茶にするだけの悪戯なんですから、根性の曲がった閑人もいるもんです.
アクセスランキングなどを見ていても、まるで更新もされていないような、面白く無さそうなサイトが常に上位にランキングされているなど、怪しいのが見受けられます.

ちなみに当サイトのように1訪問1カウント.しかも再アクセスしても一定時間以内はカウントされないものが正式なアクセス数だと思います.(プロキシを使われるとアウトですが) 
一方アクセスしてページを繰る度に1カウント.また拡大画像にアクセスして1カウント、もとの画面に戻してまた1カウントされるのはページビューと云います.携帯電話からのアクセスの多い、芸能人や有名人のウェブログサイトのアクセス数が多いのは、このページビュー数を採用しているからでしょう.画像やページ数の多い携帯サイトなら、1度の訪問で10〜20回以上のページビューになってしまう場合もあります.

当サイトも最近はiPhoneなどの携帯からサクサク閲覧できるようなので、そのためにカウント数が増えているのかも知れませんが.その辺の仕組みはよく判りません.



(画像をクリックすると拡大されます)

↑80万とは何の関係もありませんが、某電機メーカーが喜んでしまいそうなインフレパンタ.10両編成で8基のパンタを持つ西武2000系です.そのパンタが目立つように保谷-ひばりケ丘間の保谷大カーブの外側から300mm(450mm相当)で撮影してみました.道路レベルからではこの構図は取れませんが、電柱に寄せた1mくらいの脚立に載っています.
後方に頭だけ見える高層マンションは、約2km先の大泉学園駅のそばにあります.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑こちらはパンタ半減の20000系です.しかもシングルアームなので目立ちません.先頭部にパンタが無いので1両目がカーブにかかったところまで引っぱれました.

撮影はちょっと前ですが、2006年10月28日です.時刻は夕方17時過ぎ、すでに日が暮れています.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/05/11 PM 04:49:23 | [西武鉄道]

No.874 踏切でお爺さんを保護
5/9追記
歯が痛くて何をする気も起きません.ゴメン・・・・・!
もうすぐ轍楽之路サイト、トップページは80万アクセスになりますが.キリ番企画をすると悪質なイタズラが必ず入りますので、できないのが残念です.




↓以下が5/1の記事です.

26日、荒川線8800形の出発式が終了.2両の電車が早稲田と三ノ輪橋に向かって走って行きました.私は三ノ輪橋からの返しの8802号を何処で撮影しようか、と荒川遊園地方面に歩を進めていました.
荒川車庫前-荒川遊園間、ほぼ中間の踏切をステッキを突いたかなり高齢のお爺さんがゆっくり渡り出しました.ところが足取りが危なく、踏切を渡る最中も足を引っかけ転倒しそうになったり、後方に反っくり返って倒れそうになっていましたので気にして見てました.
が、ほぼ渡り切ったところで警報機が鳴り出し、下がって来た遮断棒に阻まれ踏切内に閉じ込められてしまったのです.お爺さんはその場で硬直状態、棒を持ち上げるでもなし、下を潜ろうともしません.そばに自転車に乗ったおばさんが居たのですが、オロオロするばかり.接近している電車は荒川車庫方面行なので、一応お爺さんの側では危険はありません.私は線路反対側ですので、すぐには駆けつけられません.
通過後、続いて三ノ輪橋方面の矢印も点灯して遮断棒は上がりませんでした.しかし電車はまだ荒川車庫駅を出たばかり、かなりの距離がありましたので、私は自分側の遮断棒を持ち上げて線路を横断.お爺さんの行く手を塞ぐ遮断棒を持ち上げて、肩を貸して完全に外へ連れ出しました.パニックもあったでしょうが、このお爺さん、もうまともに歩けてませんでした.というか疲れきってしまっていて、人の肩に縋るか、柱や壁に掴まっていないと立っていることさえも覚束ない状態です.
「家は近いんですか?」と聞くと、しっかりした口ぶりで「この先の東北線の踏切を渡った田端新町1丁目」と云うではないですか.
家を出て散歩してたのは良いのですが、遠くまで来てしまい、帰る方向が判らなくなってしまったようです.その田端新町までは2km以上もあり、途中明治通りを横断せねばなりません.それもお爺さんが歩いて帰ろうとしていたのとは全く逆方向です.東北線の踏切とは尾久の回送線の踏切のことでしょうか.

もちろん、このまま放って置いて行くことなどできません.最初踏切に居たおばさんに、自転車で200mほど先の荒川遊園駅前の交番から警官を呼んで来てもらいました.その間中、私はお爺さんの体を支えながら、話を聞いていました.すぐにやってきた警官が無線でパトカーを呼び、自宅まで送り届けてくれるとのこと、やれやれでした.

この間15分くらい.8802号が三ノ輪橋を往復して来る時間待ちでしたから、余裕の時間でしたが、撮影で切羽詰まっている時にも同じような対応ができたでしょうか?もちろんせねばなりませんね.


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/05/01 AM 01:54:26 | [雑記・雑感・ぼやき・ほざき]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.