【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.747 急行「ぶらり鎌倉」号

   (画像をクリックすると拡大されます)

常磐線いわき駅から横須賀線鎌倉まで、5時間もかけて走る座席指定の急行列車です.臨時とはいえ今時急行は珍しいですが、この列車は常磐線から武蔵野線をグルリと回り、府中からは普段はなかなか乗れない武蔵野貨物線経由で東海道線に入り、やっと横浜.そして東戸塚から横須賀線に転線して(武蔵野貨物線から直接横須賀線へは入れないそうです)大船、鎌倉に至ります.常磐線の最終停車駅我孫子から横浜まではなんと2時間の所要時間.
ちなみに我孫子-上野は快速で34分.上野-横浜は京浜東北線で45分です.乗換え時間を入れても1時間30分あればおつりが来ますね.東京駅からうまく東海道線電車を捕まえればもっと早くなります.それが30分以上の遠回り.そうですよね、遠く西国分寺や府中まで行くのですから、はるばる2倍近い距離を辿って行きます.
なるほどそれで列車名は「ぶらり鎌倉号」でしたか.でも列車自体がぶらりぶらり走るのも変ですね.「のらり鎌倉号」か「ぶらり武蔵野線の旅、鎌倉号」がいいかも.

以前は三河島から田端操を抜けて、王子駅ホーム前の折り返し線で30分以上停車後、スイッチバックして山手貨物線に乗入れて横浜方面へ向かう「ホリデー快速」がありましたが、これも所要時間がかかりすぎて不評でした.

車両は勝田区の485系K60「いるか」編成.先頭はもと北海道特急「いしかり」の1500番台です.
先日鎌倉への行きがけに横浜駅で撮影.実は柏駅でも私が常磐線快速に乗る前に通過して行ったはずです.

上野-東京短絡線(東北縦貫線という凄い名称です)が出来ればこんな問題も解決します.でも485系に5時間も乗れて貨物線を通れるんだから好いか?と思うファンもいることでしょう.

[7.3追記]
今日たまたま「いつもこの列車を使って鎌倉へ行ってる」という女性から話を聞きました.我孫子からの団体ツアーで鎌倉往復2000円なんだそうです.普通運賃よりも、ホリデーパス、18切符などよりも安いです.多少時間はかかっても特急車でみなでわいわい行くのならこれはお得ですね.へえ〜っ!

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2008/06/30 PM 03:07:27 | [電車・気動車]

No.746 top-picture080629


2回連続で Top photo のご紹介になってしまいました.
昨夜は高校時代の鉄研OB会が渋谷でありました.なかなか会えない昔の鉄仲間ですので、日中は「江ノ電撮影ツアーでもやらん?」と声をかけると「いいね」ということで昼前に藤沢駅集合して沿線を撮り歩きました.この季節で江ノ電、鎌倉といえばやはり誰でもアジサイが思い浮かびます.しかも土曜日なんですから予想通り電車や沿線はもんの凄〜い混雑!いまさらですが世界遺産を目指す古都鎌倉、大観光地の実力を思い知らされました.

しかしですね、沿線で線路沿いにアジサイが咲くのは長谷-極楽寺間の御霊神社付近のみです.鉄ファン以外にも一般観光客まで加わって大撮影会状態で、「どけ〜!じゃま〜!」なんて言える雰囲気でもありませんでした.私自身も後の人達に確実に迷惑をかけています.


   (画像をクリックすると拡大されます)

アジサイも思ったより迫力がなく、とても絵にするような状態では無かったのですが、友人のアイデアでもう一つ長谷駅寄りの踏切から後追いを望遠で狙ってみると、これがとてもとても大正解.誰も人が入らない状態で、アジサイともう一編成しか残っていない300形のコラボレーションを絵にすることができました.もちろんこれが列車正面であれば文句はありませんが、残念ながらこのポジションは踏切の線路上なので正面からは撮れるわけありません.
何か物足りない、と思ったらテールランプが点いてないんですね.

↓ノーカットの元絵です.

   (画像をクリックすると拡大されます)

当日の成果は近日中にコンテンツとしてまとめる予定です.
最後に的確なアドバイスいただき、ベストポジションを譲ってくれた友人達に感謝感謝です.ありがとうございます.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2008/06/29 AM 12:13:31 | [轍楽之路トップ写真(2008のみ)]

No.745 top-picture080620


blog744の中の1点、1998年1月8日の大塚駅前です.はやあの日から10年が経過しています.駅前はあまり変化が無いようですが、背後の空き地にはビルが建っています.もちろん山手線の205系は無く、この左側DJの編集部があった弘済出版社はすでに名称も無く、その編集部もこの地には存在しません.当然私の事務所もありません.

今年は梅雨とはいえ、まだ暑くもなく、湿度はほどほどで例年に無い過ごし良さですので、暑気払いの一枚ともなりませんね.長期予報では真夏は暑くなるそうですが、予報が外れてくれることを祈るばかりです.

↓ノーカットの元絵です.

   (画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2008/06/27 AM 09:42:07 | [轍楽之路トップ写真(2008のみ)]

No.744 大塚界隈、雪晴れの都電

   (画像をクリックすると拡大されます)

都内は午後からちらちらしはじめ、夕方からは深々と降り続く大雪の様相と化してきました.早く帰らねばと仕事をまとめていると「雪見酒」を誘う粋人?の来訪者です.結局遅くなり、無理して帰宅する理由もない私は大塚の事務所のソファーで一夜を明かすことになりました.
未明に雪は降り止んでいて、窓を開けると眩ゆい陽光が久しぶりの銀世界を清々しい空気の中で輝かせてくれていました.
この頃はあまり写真を撮影していなかったんですが、思わず「雪の都電!」と閃いてカメラを探します.事務所に一眼レフは見当たりませんが、 minolta TC-1が無造作に抽き出しに転がっているのを発見.(13万もするんだよ〜.大事に扱えよ)
フィルムのストックも無かったので、向かいのコンビニでネガカラーを調達、ブーツを履いて早朝のスナップ散歩をしてみました.
青空の好天気、フィルターも付けられないし、今見ればネガの感度は400! F16、1/350sec以上には設定できないカメラなので、当然ハイライト部は露光オーバーだし、紫外線は被り放題ということでこんな絵ができました.
さすが高級コンパクトカメラ、28mmの単焦点ですが、なかなかの描写力です.スキャンしたままほとんどいじらずアップしています.特筆はシャープネスをかけても輝点飛びがほとんど無かったことです.
1998年1月8日、場所は大塚駅前-巣鴨新田付近、朝7-8時頃です.


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2008/06/25 AM 09:07:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | [私鉄・専用線・トラム]

No.743 カメラを出せなかった
2週間ほど前の話ですが、日中に上りの常磐線快速電車に乗っておりました.金町駅を通過して新金線を乗り越える高架の手前で、ふと窓外を見ると緩行線を見慣れない車両が並走しています.白色に赤帯!Easti-Eという奴ですか、初めて見る試験車でした.一瞬迷いました.私の膝の上のバッグにはデジ一が収納されていたからです.こちらの車内は空席も見えるような状態で立ち客はほとんど居ません.すぐに立ち上がって誰も座っていない向かいの窓を開ければバッチり撮影できそうです.しかもこちらの電車は減速して右斜め下に白い先頭部が見えていますから条件は文句無し.
しかしここで中年の大男が立ち上がって行動を起こせば一気に注目を浴びてしまう!と思った瞬間に体は金縛り状態で何もできませんでした.そちら側の席に座っていれば撮ったかなあ?

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/06/22 PM 10:43:10 | [雑記・雑感・ぼやき・ほざき]

No.742 ランサー爆走

   (画像をクリックすると拡大されます)

北海道上士幌町の国道273号、砂ボコリを率き連れてぶっ飛ばす三菱ランサー.フロントが若干持ち上がっているように見えるのはアクセル全開の証拠です.
1973年の夏、友人のこのクルマで北海道を走りましたが、ところどころ好適地を見つけてはこのような Photo runby をやっていました.この場所は層雲峡方面から、前年に開通したばかりの三国トンネルを抜けて峠を降りて来たところ、士幌線の十勝三脵駅のすぐそばですが、幅員の広い未舗装のストレートが続いています.
ドライバーは私で、カメラマン役の友人を降ろすと2kmほど逆走してからフルスロットル! 7-80km/hでは若干お尻を振りますが、そこを超えるとピタッとハンドルは落ち着きます.さらにメーターは上がり続け、とてもとても書けないような速度でカメラの前を通過しました.バックミラーの中は巻き上げた砂ボコリで真っ白です.
ヒール&トウ+ダブルクラッチでシフトダウンしながら停止しますが、少し走路をずらさないと同じ速度で追いかけて来た砂ボコリに猛襲されます.この時は少し失敗、窓は慌てて閉めましたが数分間は視界が無くなってしまいました.
国道とはいえクルマの通行はほとんどありませんでしたので、他のクルマに迷惑はかけていません.が、今思えば無茶してたもんです.
この時の速度は、おそらく貴方が想像しているよりももっと上です.

当時はまだほとんどのクルマにエアコンは付いていない時代です.幹線道路でも未舗装区間が多かった北海道の道を窓全開で1日走ると、髪の毛は汗と埃でスーパーハードのムースで固めたようにバリバリになってしまいます.宿の風呂で洗髪すると、信じられないような真っ黒なお湯が流れて行きました.

next


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2008/06/18 AM 12:18:06 | [クルマのはなし]

No.741 札幌駅0番ホームに定鉄7501

   (画像をクリックすると拡大されます)

1969年8月、札幌駅の今は懐かしい0番ホームです.停車しているのは定山渓鉄道から乗り入れのキハ7501.茶色ボディに白線、湘南型のお面を持つ好ましいスタイルをしています.


   (画像をクリックすると拡大されます)

定山渓鉄道はこの2ヶ月後に廃止となり、キハ7501も廃車になってしまいました.同じ頃に廃止になったり、旅客輸送を止めたりした炭鉱鉄道の同年代の気動車は、ほとんどが本州の地方私鉄に再就職したのですが、定山渓鉄道の気動車は右側運転台が嫌われたのか、1両も残りませんでした.

↓その0番ホームから見た札幌駅各ホームです.おそらく真ん中のキハ56系「すずらん」に苫小牧まで乗車したようです.


   (画像をクリックすると拡大されます)

↓おまけです.まだ旧線だった千歳線西ノ里信号所で交換したDD51重連のコンテナ特急.道内でDD51はほとんど見かけなかった頃です.


   (画像をクリックすると拡大されます)

next


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2008/06/17 AM 01:39:10 | [電車・気動車]

No.740 まもなく555555ゾロ目キリ番

以前ちょっと書いたことがありますが、あるプロダクションから「TVで使いたいので写真貸してくだされ」というメールがありましたので、「当方の方針で商用の場合は有料になりまっせ」と返信したところ「無料でなんとか!」と来ました.「じゃあ、やだね」と再度返信してそのままになっていたそのプロダクションからまた「初めまして」と別の写真借用の依頼メールが来ました.もう忘れてるんでしょうね.返信はしません.

先日ある方からリンクの依頼が来ました.諸事情からお断りしたのですが、そのリンク集の最後に「お願いしたのにリンクして頂けなかったサイト」というリストに載せられてしまいました.
さすがにURLリンクはされていませんが、どうも悪者にされてしまったようです.どういう神経してるんでしょうか.バカらしくて抗議する気も起きません.
以上6.15追記


今日はメトロ副都心線の開通日です.土曜日なので多くの方が乗車されたと思いますが、私は今日は充分な時間が取れなかったことと、大災害が起きてしまい、とてもその気にはなれませんでした.
10数年前だったら歌舞伎町方面への絶好の脚になっていたことでしょうけど、森林公園や飯能発渋谷行なんて全然イメージが湧きません.

それにしても自然の力は恐ろしい、人ごとではありません.日本の最高責任者、もっとしゃきっとしてよ.
テレビの悲惨なニュースにわざとらしい効果音やBGM、大げさなナレーション、被害者や犯人のメールや手紙の内容、供述内容などの語り言葉へのへたくそな声優さん?の声あては大変不愉快です.関係者に失礼です.臨場感のあるアナウンサーの棒読みが一番ニュースには合っています.安っぽいラジオドラマのようなドキュメンタリー風な構成は聞くに見るに堪えません.

以上6.14追記


以下は6.11の記事です.
おかげ様で間もなく本編「轍楽之路サイト」のアクセスカウンターは、555555の数字を刻みます.

運良く?キリ番号をご覧になった方は、ぜひ画面のピクチャービューを保存して私宛にメールでお送りくださるか、掲示板に貼ってください(この場合はメールで住所氏名をお送りください).

maxess.terada1@dream.com

記念品に私撮影の「バラの荒川線」のポスターカード10(予定)枚組を用意する予定です.カウンターの関係で複数の方が該当した場合も、2-3名までならなるべく送れるようにいたします.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/06/11 AM 08:51:03 | [雑記・雑感・ぼやき・ほざき]

No.739 特急「ゆうづる」

   (画像をクリックすると拡大されます)

1969年3月、青森駅での「ゆうづる1号」です.北海道の帰り、私が乗った初めての特急列車、最初で最後の20系列車になりました.しかも乗車したのは最後尾に1両だけ連結されていたナハフ20なんですから、今思えば貴重な乗車経験でしたね.
食堂車にも行ってハムエッグを食べた記憶があります.
奥中山の連続勾配をED751015は単機牽引ですいすい登ってしまい、あのD51三重連は何だったんかいな?と思ったものです.


   (画像をクリックすると拡大されます)

上野駅到着シーンは前年の10月1日、いわゆる43.10大改正当日の撮影です.


   (画像をクリックすると拡大されます)

ナハフ20です.狭窓に座席の白いカバー印象的です.出入り口には「2等」の表示もあります.


   (画像をクリックすると拡大されます)

この日から常磐線列車は地平ホームに発着できるようになりましたが、「ゆうづる」は高架ホームで機回しを行っての回送です.
考えてみれば、結局「ゆうづる」には電車、客車含めてもこの時一回きりの乗車でした.583系の「はくつる」「はつかり」そして「北斗星」には何回も乗っているんですが.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2008/06/08 AM 04:36:56 | [客車・貨車]

No.738 深夜の上野駅にて

   (画像をクリックすると拡大されます)

「いやー、今日は遅くまでご馳走になりました」
「いやいや、金沢支社の皆さんによろしく」

本当はこの人、上越新幹線+最終接続のほくほく線「はくたか」で帰る予定だったんですよ.きっと.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2008/06/04 AM 08:11:38 | [雑記・雑感・ぼやき・ほざき]

No.737 湘南モノレール

   (画像をクリックすると拡大されます)

1975年頃撮影した湘南モノレールの写真が出て来ました.この車両は先代のものでもう走っていませんが、キハみたいな親しみ深い顔してます.少し見える下界の情景も昭和昭和ですね〜.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/06/03 AM 08:09:57 | [私鉄・専用線・トラム]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.