【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.715 千葉ポートタワーへ

   (画像をクリックすると拡大されます)

GWとは無関係の仕事をしていますが今日は久しぶりにオフ日と晴天が重なり、かねてから念願の千葉ポートタワーへ行って来ました.同じ千葉県とはいえ、柏と千葉をストレートに結ぶ公共交通機関は皆無です.国道は16号が両市を通っていて、クルマでは4-50分もあれば行けてしまうのですからバス便くらいあっても良さそうですが.
以前は運転免許の更新は千葉市の幕張で、旅券の申請は千葉県庁近くまで行く必要がありましたが、今はいずれも近くで済むようになりました.その他にも千葉市へ行く必要はほとんど無いようなので、交通機関も不要とも言えます.

実際行くとなると東武野田線船橋経由か、新松戸から武蔵野線西船橋経由で総武線または京成線利用ですね.東京都心に出るよりも時間がかかってしまいます.
まあ愚痴はそれぐらいにして、最近の展望台俯瞰というマイブームの一環として目をつけていた千葉ポートタワーに初登楼です.

↓4F! 113mの展望台からはこんな俯瞰が出来ます.

   (画像をクリックすると拡大されます)

↓展望台は一辺約15mの菱形で総ガラス張り(タワー全部、実はすべてハーフミラー.一面が1375mmX875mm、全部で5571枚) 、ビルのように框かまち部分がありませんのでガラスに直接レンズを接することが出来ます.
ただし、今日は地上では晴れていて青空も見えるのですが、上からだと春霞でもやっていて視界は良好ではありませんでした.
ここでの成果はまた少しずつ小出しでご覧頂こうと思います.どうぞお楽しみに.


   (画像をクリックすると拡大されます)

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/04/30 PM 11:56:09 | [千葉市[ポートタワー/モノレール]]

No.714 大堀川の春うらら

   (画像をクリックすると拡大されます)

手賀沼の畔を散策しつつ1時間30分ほど歩いて、前にも出した常磐線北柏駅近くの大堀川鉄橋まで来てしまいました.堤には菜の花が咲いています.
時計を見ると12時15分過ぎ、ちょうど上下の「スーパーひたち」が相次いでやって来る頃です.ちなみに「スーパーひたち」は柏駅付近と石岡駅付近ですれ違うことが多いようです.


   (画像をクリックすると拡大されます)

駅で待っているとなかなか来ない日中の常磐線快速や緩行電車ですが、こういう場所でのんびり待っていると次々と来る感じです.もう少し待てばEF81の貨物も来るんですが、この日はこの後に用事があったので待ちきれませんでした.


   (画像をクリックすると拡大されます)

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/04/27 PM 10:08:20 | [春から夏へ・サクラやバラ咲く2008]

No.713 手賀沼のカワウ

   (画像をクリックすると拡大されます)

たまにはお口直しに我が家の近く、散歩コースにある手賀沼のカワウなどご覧ください.先日4月22日に撮影しました.
鳥の写真は大層奥が深そうですので、深入りはしないつもりです.


   (画像をクリックすると拡大されます)

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/04/26 PM 11:13:11 | [動物特集]

No.712 復活色7022健在

   (画像をクリックすると拡大されます)

しばらく見かけなかった復活色の7022号にも今回は何回も出会えました.ひょっとしたら塗り替えられてしまったのかも?とも思っていましたが、単に相性が悪かっただけのようです.


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

↑最後のカットはサンシャイン60屋上から撮影したものでガラス越しではありません.その分若干解像力は良いはずなのですが、この天気では全く変わりません.なおかつ今までの展望台からのカット↓より4mほど高いポジションですがその違いは判りませんね.

この前の記事はこちらから


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/04/25 AM 02:13:06 | [春から夏へ・サクラやバラ咲く2008]

No.711 学習院下のサクラ

   (画像をクリックすると拡大されます)

都内でサクラを撮影してから20日以上経ってしまい、桜前線はすでに北海道に渡っています.例年は角館や弘前ではゴールデンウィークが見頃ですが、今年はもう満開!撮影の予定がくるってしまった方も多いと思います.私自身、やながわ希望の森や船岡など毎年行きたいと思うのですが、どうも日程が合わず今年も駄目でした.


   (画像をクリックすると拡大されます)

今日は4月3日に撮影した都電荒川線学習院下電停付近です.花の満開と休みと天気のシンクロが上手くいかず、どうも今年は残念賞です.

この場所は、諸先輩や若手ファンが毎年秀逸な作品を発表されていますので気合いが入りますが、サクラの木が思ったほど無くてフレーム内で花のボリュームを持たせるのが難しい処です.


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

枝越し、花越しに撮る場合は何処にピンを合わせるか迷うところですが、奥の電車にピンを持って行くのは一旦カメラを振るか、横に移動して置きピンをしなければなりません.連写をするとピントが外れてしまう可能性がありますので一発勝負が安全です.


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

来シーズンは新車も入線するでしょうし、晴れ男の修行とカメラの腕も磨いて備えることにしましょう.しかし来月はもうバラの季節です.

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/04/24 PM 11:55:03 | [春から夏へ・サクラやバラ咲く2008]

No.710 続深夜の余録

   (画像をクリックすると拡大されます)

No.677で酒宴帰りに上野駅で489系「能登」を撮影した話を書きましたが、昨夜も同じような時間に上野駅を通りかかりました.前回は反対ホームから面白くもおかしくもないカットを得ただけでしたが、今回は酔いも多少浅かったせいかボンネット正面のアップを狙ってみました.後部は前に「フレッシュひたち」で撮ったことのあるポジションからです.車止めのところで談笑する男性2人にはお願いして移動してもらいました.
なんか鉄道博物館みたいな絵になりました.



   (画像をクリックすると拡大されます)

最初は後部だけのつもりでしたが、ふと前方を見ると線路を跨ぐ両大師橋のシルエットに気付きました.あそこから撮れる!と閃いたのは出発10分前.公園口へ急いで道路をエッチラオッチラと早足で、橋の上に立ったのは2分前です.屋根のステーや架線ビームが正面にかかってしまいますが真っ正面からの構図で面白い絵が出来そうです.
欄干に肘を載せて構え、何枚もシャッターを切らないうちに「能登」は金沢へ向かって走り出してしまいました.
またチャンスがあればもっとしっかり撮ってみたいと思います.


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

出発シーンは1/15sec.で流れてしまいましたが、次回は素面で工夫してこの正面を止めてみたいですね.酔っているとタテ位置で水平が取れません.(修正してます)

2008年サクラシリーズはまだ残っていますので明日からでも再開します

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/04/23 PM 04:18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | [電車・気動車]

No.709 江ノ電と銚子電鉄のパン

   (画像をクリックすると拡大されます)

近所のローソンでこんなパンを発見しました.山崎パンですがどのような形のタイアップなんでしょうね.沿線の地元パン屋さんのオリジナルとか?
甘そうなので買うのは遠慮しました.コンビニで写真を撮ったのは初めてです.

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/04/22 PM 03:43:25 | [雑記・雑感・ぼやき・ほざき]

No.708 続JRE新幹線サクラ祭り

   (画像をクリックすると拡大されます)

↑新幹線のルートを追って田端方面を狙ったカットに運転所も写っていました.次回の訪問からはここに基地があるんだなあ、ということが判ると思いますが、ここまで遠くなるとその場ではファインダーを見ていてもなかなか見分けが付きません.
日中ですので在所の編成は10編成くらいのようです.大きなヘッドライトを点灯した200系が目立ちますね.

↓少しこちらに寄った上中里駅付近でしょうか.E2系8両編成の「あさま」編成を収めるにはちょうど良い直線です.

   (画像をクリックすると拡大されます)

↓国立印刷局滝野川工場のサクラをバックに私の好きなE1系Maxがやって来ました.前にも書きましたがこの新塗装がお気に入りです.このボリュームがたまりません.


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

↓400系+E4系の「つばさ・やまびこ」です.噂によると400系も引退だとか.日頃から撮っていれば終焉時に焦る必要もありません.


   (画像をクリックすると拡大されます)

↓同じMaxでもこのE4系の方は、なんとか見栄えのするアングルは無いのかな〜?と考えてしまいます.フォルムは変えなくても、ヘッドライトの位置の工夫や塗り分けでイメージは大幅に変わると思うのですが.
実物を見た印象はそれほどでもないですが、望遠レンズでの見栄えがいけません.車両のデザインもフォトジェニックな面からも考慮する必要がありそうです.N700系もね.


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

↑こちらは日本製紙物流倉庫=北王子貨物駅付近を池袋のサンシャイン60展望台から遠望したものです.ちょうどE4系が通過中でした.↓この建物の回りはサクラに囲まれているのですが、サンシャインからでは天気も悪かったこともあり、それほど目立ちませんでした.


   (画像をクリックすると拡大されます)

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/04/21 PM 11:16:30 | [春から夏へ・サクラやバラ咲く2008]

No.707 JRE新幹線サクラ祭り200系編

   (画像をクリックすると拡大されます)

王子北とぴあからはもちろん新幹線もよく見えます.西の方では0系がいよいよ終焉ということで復活色が話題になっていますが、東の200系も少数になり青森開通時までには姿を消しそうです.
しかし時間帯のせいでしょうか、私が見ていると結構よくやって来ます.ありきたりのE2やE4の全列車にカメラを向ける気になりませんが、やさしいお顔の200系が来るとついファインダーを覘いてしまいます.


   (画像をクリックすると拡大されます)

眼下には見事な飛鳥山公園のサクラが満開ですが、望遠ズームで線路を追ってみると沿線のあちこちでも咲き誇っていますね.
中でもこの国立印刷局滝野川工場に沿って咲くサクラは見事なものでした.↓


   (画像をクリックすると拡大されます)

この復活色は1編成しかありませんが、距離の短い上越新幹線で使われているためかよく出合います.上りで来たので数十分後には折り返して来ると思いきや、田端に入庫してしまったり、逆に田端の基地に停車していたのであきらめていると、すぐに出庫したらしく程なくやって来て驚いたこともあります.↓


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/04/19 PM 10:15:48 | [春から夏へ・サクラやバラ咲く2008]

No.706 top-picture080418


4月2日、王子北とぴあから赤羽方面を見ていると、200系が接近して来ました.ファインダーで先頭部を捉えながら手前まで引っ張るトレーニングをしたのですが、先頭車正面がカーブ上で架線ビームを除けてシャッターを切ろうと思った瞬間、背後の上野方面からやはり200系の下り列車が突然現れました.気を取られて一瞬シャッタータイミングがずれてしまった絵です.↓

   (画像をクリックすると拡大されます)

しかしカメラはそのまま正面を追い続け、両列車の頭が揃ったところで冷静にビームを避けつつ再びシャッターを押しました.
この付近で新幹線列車はよく交差しているのですが、200系同士というのは記憶にありません.狙って撮れるものではない瞬間の絵が得られると思わず誰かに見せたくなりません?

↓ノーカットの元絵です.

   (画像をクリックすると拡大されます)

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/04/18 AM 12:29:17 | [轍楽之路トップ写真(2008のみ)]

No.705 飛鳥山都電サクラ祭り

   (画像をクリックすると拡大されます)

王子飛鳥山公園は平日の午前中なのに、満開のサクラ見物のお客さんで賑わっていました.王子駅南方で1時間遅れの「北斗星」撮影後は公園内の保存機D51853にご挨拶して、明治通り-本郷通りの分岐点の荒川線が併用軌道、さらに専用軌道になった飛鳥山電停辺りから、ともかく背景がサクラの花で一杯になるポイントを探しました.
「北斗星」遅れでせっかく晴れていた空も、もう雲いっぱい.しかも9001号は来ないことが判っているので、いつもだったら乗り気にならないところですが、満開のサクラがその気にさせました.かえって9001号はこの雰囲気にはそぐわないような気がします.と負け惜しみかな?


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

↓はNo.701で使用したカットですが.どかんと居座ったワイドなおばさんが目立ちすぎますので、少しダイエットさせて、センスの無い洋服も地味なものに着替えてもらいました.ヘアーカラーも黒っぽい色に.これで全体の印象が変わりましたかね.


   (画像をクリックすると拡大されます)

サクラの花びらはいつも風でさやさや揺れていることが多く、あまりシャープにクッキリは写りません.コントラストやシャープネスが強いと、なんとなく汚く見えますのでいつもよりホンワカムード、ソフトモードに仕上げてみました.
でも肝心な車両までホンワカさせちゃあ、メリハリの無い単なるボケ写真になってしまいます.ソフトとボケは似て非なるものですから難しいです.

[サクラ咲く2008]のカテゴリーはまだまだ続きます.

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、3月分全部はこちらからでも
2月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/04/16 AM 03:12:22 | [春から夏へ・サクラやバラ咲く2008]

No.704 王子電関サクラ祭りだ

   (画像をクリックすると拡大されます)

またまたまたもまだ王子北とぴあで恐縮なんですが、旧山手貨物線、現湘南新宿ライン(この場所でこの名称にはいささか違和感がありますが)には現在でも意外と貨物列車が見られます.特に狙ったわけでもないのに、次々とこんな列車達が姿を現して楽しませてくれます.
E231系や211系電車にもたまにはカメラを向けますが、ほとんどカメリハ同然です.


   (画像をクリックすると拡大されます)

EH500の下り貨物は後追いでは絵になりませんが、運の良いことに先頭のコキが一個積で、後側のお顔を拝見できました.


   (画像をクリックすると拡大されます)

一番上のEF81貨物のカットを見ていて気がついたのですが、飛鳥山公園内に保存されているD51853の上屋根が見えるんですね.この写真では機関車自体は逆光で潰れていますが、順光の時間に撮ればサクラの上にD51という面白い絵ができそうです.来年の課題ですね.覚えていればですが.

今までの写真は4月1日午後の撮影ですが、翌日4月2日も朝から王子へやって来ました.
No.699で謎をかけておいた本命列車を撮影するために、上中里駅寄りの歩道橋での撮影.上のEH500貨物のカットに写っている曲弦ワーレントラス橋です.朝は上り列車の正面が順光になるので、ここで本命の「北斗星」号を飛鳥山のサクラをバックに撮影しようという算段でした.
しかし橋のサイドは金網があるうえに、架線柱が煩くて階段の上からしか撮れません.しかも上り線のすぐ右側は一段高い京浜東北線の線路とホームで、架線柱が目の前にドンと建っています.機関車全体がこの柱をクリアするのは先頭部が歩道橋階段のフェンスギリギリ、カメラを下に向けると階段を頻繁に通る人達の頭が入ってしまいますので、これを手持ちで決めるのはかなり危険な賭けになります.しかもバックのサクラは上から見るとあんなに迫力があるのに、この角度では少々ボリューム不足でした.

定時ならば9時5分頃の通過ですが、王子駅向こうのカーブに機関車が見えたのは10時10分!しかもカシオペア色でした.待ちくたびれましたが、深呼吸してから気合いを入れて撮ったカットです.ほんとギリギリでスノプロが切れてしまいましたが、前述のように想定通り、これ以外のシャッターチャンスは考えられません.久しぶりに走行中の機関車をアップで撮影しました.
翌日ならば「北斗星」「カシオペア」と雁行して上って来るのですが、仕事が入っていた上に天気予報も芳しくありませんでした.
ここで使うのは惜しい1枚ですが、王子電関サクラ祭りのトリをつとめてもらいましょう.


   (画像をクリックすると拡大されます)

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/04/14 AM 01:12:19 | [春から夏へ・サクラやバラ咲く2008]

No.703 続カシオペア、桜花俯瞰

   (画像をクリックすると拡大されます)

No.702の遠望だけではご不満かと思いますので、その次の眼下俯瞰のカットもご披露します.16時30分近いこの時間では線路は飛鳥山の影になってしまうので、露出はiso800でも1/320sec、F5.6と苦しいですし、正面だけ夕陽を浴びたカシオペア色のEF81のお顔を白飛びさせないようにするのも大変です.サクラの色も出さなければならず、この辺はレタッチの力を借りなければ表現は不可能でした.(すべてのカットにレタッチを施していますが)


   (画像をクリックすると拡大されます)

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、3月分全部はこちらからでも
2月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/04/13 PM 04:05:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | [春から夏へ・サクラやバラ咲く2008]

No.702 カシオペア遠望

   (画像をクリックすると拡大されます)

高層ビルからの俯瞰では真下ばかりではなくて、思わぬところに線路が見えて新アングルを発見するのが楽しみの一つです.
ここ王子北とぴあからは尾久車両センターが遠望されますが、架線柱やビームが一面のバラ線の檻越しのようでうっとおしくてカメラを向ける気がしませんでした.しかしよく考えてみればその横を宇都宮線の本線が走っているわけで、特急などを狙ってみる価値はあるかな、と思いました.
↑4月1日夕方、「カシオペア」がやって来るのを300mmで見ていると、先頭部が夕陽を浴びて割と良く見えるじゃあないですか.檻の中でも少なくともヘッドマークくらいは柱にかけないようにしたいですが、これは至難の業であります.レンズより解像力の悪い眼ではファインダー内では全く確認できません.エイヨッ!と当てずっぽうにシャッターを切るばかりです.
車両センターでは今夜のブルトレ「あけぼの」「北陸」、489系ボンネット「能登」編成が北へ向かう仲間を見送っていますね.

車両センターの外縁をなぞるように近づいてきます.↓ただ今尾久駅ホームを通過中です.サクラが咲いています.2分ほどで真下にやって来ますのでゆっくりレンズ交換しましょう.


   (画像をクリックすると拡大されます)

今までは、京浜東北線を潜って眼下に現れるまで接近が判りませんでしたが、遠方から見ていればコンセントレーションも整えられます.でも肉眼ではよほど眼の良い人でなければ難しいでしょう.

ところでカメラを右に振ってみると、架線の無い車庫付近には先日1往復に減便された「北斗星」の余剰車や、3月に引退した「ゆとり」編成、そして「カシオペア」の予備車が並んでいました.客車のことはあまり詳しくないですが、動向を調べている人は高倍率の双眼鏡などを持って北とぴあに登る価値はあるかもしれません.


   (画像をクリックすると拡大されます)

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、3月分全部はこちらからでも
2月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/04/12 AM 01:16:05 | [春から夏へ・サクラやバラ咲く2008]

No.701 top-picture080403


少し遅れましたが、4月3日からご覧頂いている、轍楽之路サイトのトップ写真です.
都電荒川線飛鳥山駅、バックは本郷通りを隔てた飛鳥山公園です.平日でしたが、サクラ見物の人たちで王子の山は大にぎわいで都電も増発で次から次へとやって来ます.もっとも9001号は車庫でお休みとのことで、当日はお目にかかれませんでした.

道路沿いでもサクラをバックに撮影しましたが、正面から後方にサクラが一杯なるシーンを探してこの場所にしました.踏切の上からなので遮断機が閉まっている時は撮影できません.この時も続行の電車が後に迫っていて、シャッターを切った直後に警報機が鳴り出しました.

↓こちらがノーカットの元絵です.サクラはさらに右側にも広がっていて見事でした.その右側をカットするのは勿体ないですが、カットしたくなる理由もあります!?少し待ちましたが全然どかんもんね!


   (画像をクリックすると拡大されます)

↓反対に飛鳥山公園の中からサクラを前景に飛鳥山電停を狙いました.信号待ちのクルマがうっとおしいですが、ちょうど赤と黄色のトラックでしたのでカラフルです.このクルマ達が居なくなる瞬間を待ち構えていると、ファインダーの中一杯に大きな観光バスが入り込み、そのまま目の前でお客さんを降ろし始めました.降りたら退くだろうと思っていると、ハザードを点滅してサクラ見物が終わるまで待っている様子.とてもつき合いきれません.
上記の!?といい、バスといい、この日の飛鳥山はついてません.


   (画像をクリックすると拡大されます)



この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/04/09 AM 01:43:54 | [轍楽之路トップ写真(2008のみ)]

No.700 サクラ咲く(6)

   (画像をクリックすると拡大されます)

今朝撮影してきた常磐線柏-北柏間の大堀川です.この場所ほとんど毎日通過しているんですが、実はカメラを向けたのは初めてです.そろそろサクラも終わりのようですし、今朝は天気もよかったのでカメラをクルマに積み込み15分ほど早出しました.
朝8時頃だと電車に対してはド順光ですが、サクラは影になってしまいます.まあそれも趣があってなかなかです.
E231系やE531系の銀箱電車もよく光りますが、何と言ってもこの「スーパーひたち」の純白ボディが映えますね.快速電車のすぐ後を雁行するので速度も遅くてタイミングが取りやすいこと.

花曇りのサクラは美しいと言いますが、やはり空が青いのが良いですね.

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/04/06 PM 11:21:08 | [春から夏へ・サクラやバラ咲く2008]

No.699 サクラ咲く(5)

   (画像をクリックすると拡大されます)

王子駅南側の歩道橋に朝からやって来ました.サクラ咲く飛鳥山公園をこちら側から撮影してみたくて場所を探しましたが、フェンスに架線柱やビームが煩わしくて、あっちへ行ったり、こっちへ行ったりとうろうろしてしまいました.(当日ではなくて、前回のロケハン時ですが)

午前中だと順光で正面に陽が当たってくれます.しかし来るのはE231系や211系ばかりで面白くなくて、いつもはあまり興味が無い185系ですが喜んでシャッターを押してしまいす.

実は手前の線をやって来るはずの本命列車を待っていたのですが、定時から10分経っても20分経っても30分経っても40分経っても全然来ないんですよね.次の撮影スケジュールも詰まっているので、いつ見切りをつけるか困ってしまいました.

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/04/05 PM 11:27:33 | [春から夏へ・サクラやバラ咲く2008]

No.698 日暮里・舎人ライナー(2)

   (画像をクリックすると拡大されます)

4月2日、朝から王子、池袋、学習院下と撮影した後に日暮里駅へやって来ました.
朝は晴れていましたが午後になると完全に花曇り、一雨来そうなくらいの空の様子です.
日暮里駅はJRの改札を出て、エスカレーターを上ったところが日暮里・舎人ライナーの乗車口です.乗換えは簡単そうですが、日暮里駅のJR線各ホームを結ぶ跨線橋はじつに4-5本もあります.日暮里・舎人ライナーへの乗換え案内表示が完備していないようで、間違えると乗れません.アナウンスも特に聞こえなかったような気がします.

↑路線は日暮里駅から橋の部分以外は尾久橋通りの中央の高架を走行します.この通りは次の西日暮里から先は定規で引いたようにほぼ一直線で真北に向かっているので、軌道も大きなカーブがほとんどありません.唯一の例外が日暮里駅に進入するところの直角カーブです.30Rだそうです.04編成が進入して来ました.
新交通システムの車両ってどうしてみな同じようなデザインなんでしょうね.


   (画像をクリックすると拡大されます)

↑日暮里・舎人ライナーの電車は、他の多くの新交通システムと同じように無人運転で、先頭部は特等シート.この電車は春休み中の子供達で大変なことになっていました.


   (画像をクリックすると拡大されます)

↑舎人駅に到着します.各駅はホームドアで塞がれていますし、普通は素通しのガラスで見通せる非常用ドアもご覧のように、上半分はカラーフィルムが貼られて駅名が表示されています.下半分は素通しですが、目の前には鉄製の柵がほとんどの駅にあります.
つまり、写真が撮れないんです!


   (画像をクリックすると拡大されます)

↑終点の見沼代親水公園駅に到着です.見沼代とは江戸時代初期に作られた見沼代用水みぬまだいようすい(もともとあった見沼溜井を干拓して作られた代わりの用水の意)のこと.その跡が親水公園として整備されています.

↓見沼代親水公園駅はホーム端のドア下部から発着する電車が撮影できました.膝をついて不自然な格好でカメラを構えるのは腰に負担がかかりますし、周囲の人の視線が気になります.


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

↓駅の両側が橋になる足立小台駅からの撮影です.上が北側荒川橋梁、下が南側隅田川橋梁です.昨日の遠景写真の二つの橋です.
この2枚、色が悪いです.前述の通り、ドアのガラスにはカラーフィルムが貼られていますが、この駅はうすいブルーでしたので絞りを開放にしてカラードット印刷されているフィルム越しに撮影して画像処理で修正してみました.
ドアの下半分は素通しガラスですが、ローアングルでは川が見えませんし、柵も邪魔です.


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

↑車内はご覧の通りの混雑、ゴムタイヤですのでよく揺れます.編成ごとに揺れの差があるのは、慣らし運転の走行距離の違いでスプリングが熟れていないせいかもしれません.


   (画像をクリックすると拡大されます)

↑日暮里のビル群の中に戻って来ました.前方に直角カーブが見えます.


   (画像をクリックすると拡大されます)

↑日暮里駅に到着です.


   (画像をクリックすると拡大されます)

↑このホームの正面からだけはガラス無しで撮影できます.しかも改札ラッチ外です.

沿線には二つの大きな橋や広大な舎人公園内を走り、なかなかロケーションが良いのですが、どこも下から見上げるようなポジションしか取れません.サイドには壁がありますから結局窓から上側くらいしか写りませんので、どうにも写欲が湧きませんでした.天気も悪かったし.
上を越える道路や歩道橋は1本もありませんが、沿線に建ち並ぶマンションの上層階からはかなりなアングルが期待できます.お知り合いが住んでいたらぜひ撮らせて貰いましょう.

関東の方なら日暮里、西日暮里は読めるでしょうが、他の駅も字は単純ですがどうにでも読める難読のものばかりです.
日本史の得意な人は舎人親王のことを知っているかも.
一応ご参考までに全駅名を紹介しましょう.

日暮里にっぽり
西日暮里にしにっぽり
赤土小学校前あかどしょうがっこうまえ
熊野前くまのまえ(都電荒川線乗換)
足立小台あだちおだい
扇大橋おうぎおおはし
高野こうや
江北こうほく
西新井大師西にしあらいだいしにし
谷在家やざいけ
舎人公園とねりこうえん
舎人とねり
見沼代親水公園みぬまだいしんすいこうえん

全線9.7km.片道320円ですが、700円の「都営まるごときっぷ」が都営地下鉄、都電荒川線、都バスに一日乗り放題で、絶対にお得です.都営線ですからスイカ、パスモも使えます.

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/04/04 AM 02:02:27 | Comment(0) | [日暮里・舎人ライナー]

No.697 日暮里・舎人ライナー(1)

   (画像をクリックすると拡大されます)

都営日暮里・舎人ライナーが3月30日に開通しました.お台場の「ゆりかもめ」などと同じようなゴムタイヤ式のいわゆる新交通システムです.首都圏での久しぶりの新線、それも今まで鉄道とは無縁だった地域への足誕生ということで大きな話題になっています.
4月1日、2日とサクラ取材とともに撮影と初乗りしてきました.
まず今日は、いつもの王子「北とぴあ」から見える雄大な遠景写真をご笑覧ください.
↑は日暮里から三つ目の「赤土小学校前」駅です.ステンレスのボディが夕陽でギラリどころか完全にハレーションを起こしてしまいました.


   (画像をクリックすると拡大されます)

↑熊野前-足立小台間の隅田川橋梁です.青い橋は西新井橋、軌道に沿った橋は尾久橋、緑の橋は小台橋です.その手前の観覧車は「あらかわ遊園」、ひょっとしたらこちら方向にも都電が見えるポイントがあるかも.


   (画像をクリックすると拡大されます)

↑足立小台-扇大橋間の荒川橋梁.足立小台駅は二つの橋の間にあります.手前の道路は尾久橋通りの扇大橋で、遠くに常磐線やTXの鉄橋も見えます.その後の大きい建物は小菅の別荘?です.
この橋は道路に較べてかなり高い位置にあり、扇大橋駅にかけて下って行くのは前で見ているとかなりスリリングです.

撮影した4月1日は晴れてはいたのですが、春霞でしょうかあまりスキッとは写っていません.

明日は初乗りの様子をアップします.

この前の記事はこちらから


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/04/03 AM 02:52:49 | [日暮里・舎人ライナー]

No.696 サクラ咲く(4)

   (画像をクリックすると拡大されます)

昨日と本日連チャンで都内に撮影に行ってきました.既にピークを過ぎてしまったサクラですが、天気予報はまあまあでしたので重い腰を上げてみました.実際は晴れのち曇り時々薄日みたいなもんで、真っ青な空をバックでの撮影は叶いませんでした.
成果は後日のブログかコンテンツでご覧頂くとして、今日はサンシャイン60のスカイデッキに初めて行って来ましたので、そちらのご紹介を.
ここはあまり知られていませんが、60階の展望台のさらに上、つまり屋上です.地上240mのオープンエア・デッキなんてそんじょそこらにはありませんね.
土日祝と夏休みそして今、春休みの間だけの公開なので、空いている平日しか行かなかった私は今まで登れなかったわけです.
ご覧のように格子のフェンスがありますが、レンズは間を通りますので直かに撮影できます.ビルの展望台はガラス越しがどうも、なんて言う人を連れて来てあげたいですね.
今日は暖かく、風も全く無かったので240mの高度は快適でした.
欠点は外壁ギリギリまでは寄れず、直下の景色が見えないので迫力に欠けること.また西側には回れませんので王子方面が望めないことです.
展望台には春休みの子供達が大勢居ましたが、なぜかスカイデッキは不人気で、ほとんど誰も居ませんでした.

線路は都電の学習院下方向と西武池袋線がよく見えます.都電の分は後日ご覧頂くとして、今日は西武線のカットをご紹介です.山手線を越えるカーブの先、椎名町までの区間が住宅の間に見え隠れしています.見事なサクラは何処かいな?と思ったら目白庭園でした.こんなに線路に近かったんですね.


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、3月分全部はこちらからでも
2月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/04/02 AM 01:07:16 | [春から夏へ・サクラやバラ咲く2008]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.