【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.679 9001号をサンシャイン60から追跡(2)

   (画像をクリックすると拡大されます)

早稲田電停で折り返して来た9001号.本当は学習院下から引っ張って来たかったんですが、既に17時を回って暗くなっているのに加え、他の7000や7500形に較べて暗い塗装と一灯ライトのためか、目の前に出て来るまでまったく気がつきませんでした.不覚なり!
↑そのあわててカメラを向けた雑司ヶ谷電停に到着するシーンです.

ここから、大塚駅前までまた追っかけてみましょう.もう既に薄暮状態で露出が厳しいのと、ビルやマンションの間に見え隠れするだけなのであまり良い絵ではありません.

↓雑司ヶ谷を出て踏切を渡ります.古い交番がありますね.

   (画像をクリックすると拡大されます)

↓左端のマンションの後に東池袋4丁目の電停があります.このサンシャイン60への最寄り駅で、メトロ有楽町線東池袋駅に乗換えできます.

   (画像をクリックすると拡大されます)

↓東池袋4丁目を出て、首都高速とグリーン大通りを越えると早稲田方面のホームがあります.ホームと吉牛が直結です.

   (画像をクリックすると拡大されます)

↓踏切で一瞬見えます.東池袋4丁目-向原間は都電としては駅間距離があるので結構なスピードが出ます.でも被写体ブレだけじゃあないですね.

   (画像をクリックすると拡大されます)

↓向原電停に停車中.こちらも道路(春日通り=国道254号)を挟んで、対向ホームがはす向かいにあります.少し歩けばメトロ丸ノ内線新大塚駅に乗換え可能です.

   (画像をクリックすると拡大されます)

↓向原を発車.ビルの隙間に瞬間見えます.

   (画像をクリックすると拡大されます)

↓大塚台公園横を通ります.公園には北海道で走っていたC58407が保存されています.左下の天蓋の下に前半分見えていますが判りますでしょうか?

   (画像をクリックすると拡大されます)

↓駅前でクネクネと急カーブを描く大塚駅前付近は残念ながら見えません.大塚駅前を出た瞬間に少し見えますが、無粋なJR山手線の架線柱に邪魔されています.この先飛鳥山公園辺りまで見える場所もあるかと思いますが、小さすぎて確認できませんでした.

   (画像をクリックすると拡大されます)

時間によって光線状態が変わり、いろいろな表情を見られると思います.実は7000・7500形でもいろいろ撮っていますが、それはまた後日.再撮影の後にご披露したいと思います.

※今回に限り拡大画像をクリックすると次の画像にリンクします.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/02/29 AM 01:32:53 | [ビルから俯瞰]

No.678 9001号をサンシャイン60から追跡(1)

   (画像をクリックすると拡大されます)

日も沈みかけた17時少し前、漸く早稲田行9001号がやって来ました.日中は走っていなくても夕方のラッシュ時には運用に就くことが多いようです.
弱い斜光線の中、足下の雑司ヶ谷電停からレンズで追えるだけ追ってみましょう.この付近はここ数年メトロ副都心線の工事で雑然としていましたが、開通を目前に控えて大分整理整頓されてきたようです.線路手前には大きな建物が無いので電車をずっと追っかけられます.


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

↓鬼子母神前電停に停車中です.

   (画像をクリックすると拡大されます)

↓目白通りと交差する千歳橋を潜って明治通り沿いに姿を現します.

   (画像をクリックすると拡大されます)

↓レンズを引いてみると、代々木のドコモビルの尖塔やJR東のビルなどをバックに東京の景色が広がります.もちろん9001号も居ますよ.ぜひ拡大してみてください.

   (画像をクリックすると拡大されます)

↓お馴染みの学習院下電停付近です.レンズは300mm(換算450mm)で撮影してますが、もちろんトリミングしています.

   (画像をクリックすると拡大されます)

反対側、大塚駅前方面は明日ご覧頂きます.
9001号の存在は賛否両論ですが、被写体としてのキャラクターはダントツで、他の車両ではなかなかインパクトのある絵は作れません.

※今回に限り拡大画像をクリックすると次の画像にリンクします.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/02/28 PM 08:28:07 | [ビルから俯瞰]

No.677 深夜の余録

   (画像をクリックすると拡大されます)

都内某所での酒宴も終わり、柏の自宅へ向かう道すがら、上野駅で「能登号まもなく発車いたしま〜す.」のアナウンスを聞きました.これはグッドタイミング!とばかり、少々怪しい足取りで地平ホームへの長い階段を駆け下ります.
撮影したことは覚えているんですが、露出補正をどうしたのかなんて全く記憶の外.でも10カット以上すべてちゃんと写ってましたよ.

でもなんかちょっと面白くない写真ですな〜.すんません.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/02/26 PM 07:46:42 | [電車・気動車]

No.676 本当は、上から見たらこんなんでした.

   (画像をクリックすると拡大されます)

ごめんなさい.いきなり謝罪です.昨日の写真を見ると荒川線学習院下電停付近が眼下にドッカーンと見えるように思われるかもしれませんが、実はそんなことありません.期待して行かれるとガッカリするかも.
今日のカットが40mm=換算60mmなのでほぼ標準レンズの画角です.実際に見た場合はこんな感じなのです.もちろん昨日の写真の部分も含まれてはいますが、線路の位置関係をしっかり把握していないと望遠レンズを向けるポイントも判らない、ということになります.

左下電車の居る少し手前が雑司ヶ谷電停、中央に鬼子母神前、そして学習院下電停の場所は判りますか?直線距離で約2kmというところです.昨日までの写真と較べてみてください.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/02/23 PM 02:56:11 | [ビルから俯瞰]

No.675 上から見たらこんなんです.

   (画像をクリックすると拡大されます)

昨日は9001号でご覧いただきましたが、今日のは7500形です.もうお判りのとおり、荒川線の学習院下-面影橋間(中央の歩道橋付近が学習院下電停です)を池袋サンシャイン60展望台から大俯瞰しました.この区間でサンシャイン60バックの電車の絵はよく見かけますが、逆は私は見たことがありません.ちょっと刺激的な絵面でしょう?
実はこの光景、時間帯や光線のせいもあるかもしれませんが、肉眼はおろか300mmレンズを装着したカメラのファインダーでも視認するのは容易じゃないんです.特に面影橋からカーブを曲がって出て来る電車を確認するのは至難の業です.
大塚に事務所を構えていたとき、新宿に遊びに出るのには巣鴨新田から都電でこの学習院下まで乗車、ここで都バスに乗り換えるとバリアフリーで楽チンで歌舞伎町や新宿三丁目方面に行けました.

いきなりハイライト・シーンを出しちゃいましたが、この展望台からはいろいろ面白い絵が撮れそうです.王子と併せて暇を見て時間帯を変えて通ってみたいと思います.ただし、夜景はちょっと暗すぎるのと、この場所自体が若者達の人気デートスポットになっていて、極端に言えばアベックだらけで脚の踏み場も無いような状態になってしまいますので遠慮しときます.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/02/22 PM 02:56:32 | [ビルから俯瞰]

No.674 何処の国かな?

   (画像をクリックすると拡大されます)

何処か外国のような情景ですね.例えばパリやロンドンの裏町とか.
でもよく見ると、なんだあそこじゃない!あの歩道橋や先のカーブ見覚えあるでしょう?


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

しかし9001号のキャラクターって・・・・.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/02/21 PM 10:53:58 | [ビルから俯瞰]

No.673 top-picture080221


かつて保谷に住んでいました.社会人になったばかりの時は西武池袋線で毎日通ってたんですが、往きはこのカーブに差し掛かると「さあ、今日もやるぞ!」とコンセントレーションを整え.帰路はこのカーブを曲がることで大都会の緊張感から開放され、ほっとする瞬間でもありました.
記憶では、かつてこのカーブのイン側レールに添えられた脱線防止用のガードレールは、レールを横倒しにして底面で車輪のフランジを押えるような特殊なもので、いつもグリースでギトギトに光っていました.

山手線の駅をターミナルとする私鉄やJR線でも、ほとんどホームは山手線と並行に設置され、駅を出るとレールは90°近い急カーブを描いて放射状に郊外に向けて走り去る、という構図が各所で見られますね.

例に寄って夕方の絵で恐縮ですが、サンシャイン60展望台から300(換算450)mmで狙ってみました.ちょっと残念なのは10両だと編成全部が奇麗に収まらないことですし、架線やビームが電車正面にかからないようにするのは至難の業です.(ファインダーではよく見えません)

↓こちらがノーカットの元絵です.

   (画像をクリックすると拡大されます)

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2008/02/21 AM 09:55:10 | [轍楽之路トップ写真(2008のみ)]

No.672 サンシャイン60


昨日は所用ついでに午後から池袋のサンシャイン60の展望台に行ってきました.ここは観光やその他諸々のおつき合いで何回か訪れていますが、カメラを持っての撮影は初めてです.いつも行っている王子の北とぴあに較べて3倍以上の高さで、さすがに良い眺めです.
しかし北とぴあや浜松町の貿易センタービルのように線路沿いに建っていないので、鉄ちゃんの満足度はあまり高くないかもしれません.

ここの特徴は、各方向に向けて4ヶ所の窓の框部分まで登れるように階段が設置されています.ここでは窓ガラスに直接レンズを付けられるので、写り込みや汚れを気にしないで撮影できます.しかしある意味特等席なので、長時間占拠するのも考えもんですが.
東京タワー展望台のガラスの床と共に、高所恐怖症の方には気絶もんでしょうね.




   (画像をクリックすると拡大されます)

線路は山手線・湘南新宿ラインの大塚-巣鴨間、東武東上線・埼京線の北池袋付近と西武池袋線の山手線を越えるカーブが俯瞰できます.以下作例です.


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

も一つ何か見えるだろう?って.それは次回ということで.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/02/20 PM 07:15:16 | [ビルから俯瞰]

No.671 富勢富士見坂

   (画像をクリックすると拡大されます)

関東地方には「富士見坂」なる場所が数多くありますが、最近はビルやマンション建設などで、なかなかストレートに見える処は少ないかと思います.
このカットは柏市根戸、富勢中学校前の「富勢富士見坂」です.時々この道を通るんですが、あまり秀嶺の姿にはお目にかかれませんし、見えていてもカメラを持っていなかったりと、なかなかタイミングが合いません.
ねらい目は晴天で風の強い日の朝と夕方ですが、それでも見えない日もあれば曇天のようでもはっきり見える日もあります.ということで最近はこの付近に出かける時には、常にカメラを持ち歩くことにしました.

その成果が↑です.昨日2月14日の朝です.富士を隠すビルはありませんが送電線や鉄塔が目立ちますね.学校前だけあって、歩きや自転車の中学生がひっきりなしに道路を横断しますし、クルマの通行量も多いのでなかなかシャッターが切れませんでした.
運が良ければ夕陽のシルエットも見られます.クジに当たったらまたご報告することにします.
各地の「富士見坂」巡り、なんて興味はありますが、これほど運まかせでリスクの大きい撮影行もありませんね.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/02/15 AM 12:52:51 | [旅の1頁]

No.670 本編新作「王子界隈宵の口」をアップ

   (画像をクリックすると拡大されます)

やっとこさっとこ新コンテンツをアップにこぎ着けましたので、ご案内させてください.
テーマは昨年末から何回か撮影に通った、王子駅界隈併用軌道部での都電荒川線の様子です.
夕方から宵にかけて、空そして街が暗転してゆく黄昏時の都電の姿を私なりに捉えるべく、多少力を入れて撮影に臨みました.明治通りをクルマに伍して走る元気な電車達、僅か400mほどの区間を様々なアングルから狙ってみました.
古趣でも新顔の9001号(王子の狸と命名)や復活色の7022号(王子の狐と命名)ももちろん登場します.
例によって点数が多い(50点)ので、お時間あります時にご笑覧頂ければ幸いです.

↑のカットは本編未使用です.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/02/11 PM 07:12:51 | [轍楽之路本編新作紹介]

No.669 top-picture080210


またも都電9001号です.王子駅前から明治通りの路面区間を登って行く後ろ姿をガード抜きで撮影してみました.JR線の古めかしいガードの鉄骨が写ってくれるかどうか心配でしたが、手前の青信号の効果もあって予想以上の出来だったかな?

↓こちらがノーカットの元絵です.

   (画像をクリックすると拡大されます)

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/02/10 PM 07:10:32 | [轍楽之路トップ写真(2008のみ)]

No.668 「あさま」で呑もう


焼酎のパッケージを見ていたらE2系を思い出しました.

昔四谷荒木町に「浅間」という深夜営業の居酒屋があり、よく「浅間」で(朝まで)呑もう!なんて言ってました.日本酒の品揃えが豊富な店だったような印象があります.まあ、そこの暖簾をくぐるときは他のスナックなんかで酔っぱらった後が多かったので、あまり印象は無いのですが.

当時一緒に歌舞伎町や荒木町、そして六本木(たまに銀座)などで、クラブやスナックを呑み歩いていた同い年の親友が昨年旅立ってしまいました.

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/02/09 AM 01:49:31 | [雑記・雑感・ぼやき・ほざき]

No.667 Across the Universe
ビートルズというか、ジョン・レノンの名曲「アクロース・ザ・ユニバース」がNASA設立50周年と同曲レコーディング40周年を記念して本日5日、北極星に向けて発信されたそうです.
北極星までの距離は431光年、北極星人?が耳にするのは25世紀なんですね.もっとも途中で飛行中のUFOがその電波を捉えるかもしれませんが.

1970年代に打ち上げられた惑星探査機パイオニアにも宇宙人に対するメッセージが記されたプレートが取り付けられ、その後打ち上げられたボイジャーにも、確かCDに記録されたメッセージが搭載されていたと思います.でもこれらが遠い銀河系外の世界に到達するには何億年もかかるそうですから、その頃は人類どころか今の形での地球の存在すら怪しいものです.

それに較べれば今回の話は少しは現実的です.「Across the Universe」まさに「宇宙(そら)を超えて、ラララ星の彼方〜♪」ではありませんか.

子供の頃から宇宙の話は大好きで楽しいのですが、あまり深く考えすぎると自分の存在に疑問を持ち始めて、危ない世界に旅立ちそうになります.必ず現実的な、すぐ戻れる事実を予め用意しておき、スイッチを切り替えなければなりません.


これにちなんで轍楽之路トップのBGM最初の曲を密かに替えています.

話違いますが、「マー君に換えてマー君」のCM面白いですね.でも何回も投げて疲れているマー君をダビングしても駄目なんじゃない?ダビングするなら登板する前にしておかなければね.

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/02/05 AM 12:36:11 | [音楽・映画・テレビなどエンターティンメント]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.