【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.666 またも王子 暮情
2/4追記
先日来頭痛が続き、長い間PCの前に座っていられません.出張り仕事(こっちもPCですが)には行っていますが帰宅すればバタンキューの有様.熱や喉の痛みは無いけれど、風邪なのか?
更新作業はどうしてしまったんでしょうね.

そんな中、久しぶりの雪中ドライブ、皆さんビビっていらっしゃったようですが、ノーマルタイヤでも普通に走れるようでは大したことありませんね.しかし、雪道でも相も変わらず車間距離を詰めて来る輩には参ります.私は巧く止まれても確実にぶつけられちゃうよ.




   (画像をクリックすると拡大されます)

夕靄の中に200系のテールランプが去って行きます.ロングで引っ張ったビル群が幻想的ですね.
他の形式でも狙ってみましが、大きいヘッドライトをそのままテールサインに流用している200系以外では、赤点が目立たなくて絵になりませんでした.

王子以外ネタが無いのかよ?と言われそうですが、まさにその通りです.古いネガを手に取っては見るんですが、なかなかスキャンする気力が湧いてきません.
というのも現在鋭意、王子ネタの新コンテンツを制作しているので、なかなか道草が食えない、いや食いだしてしまったら本ちゃんの方がストップしてしまうのが目に見えているので・・・、というわけです.(言い訳かも)

その新コンテンツは現在各画像にコメントを付けているところです.例によって50点もあるので、これがなかなか.乞うご期待!
そんなこと言いながら延び延びに引っ張っちゃいましたが、1月睦月ももう晦日ですね.新年まであと335日.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/01/31 PM 02:19:07 | [ビルから俯瞰]

No.665 top-picture080127


混んでいたせいか、次の電車を待つ2人の女性をホームに残して9001号は闇の中へ去ってゆきました.

虎の子9001は運転しない日もあり、なかなか遭遇するのは大変です.荒川車庫に問い合わせれば教えてくれるそうですが、それも面白くありません.面倒くさい?こともありますが、いつ現れるか判らない状態で待つのも楽しいものです.

撮影は2007年1月8日、王子駅前駅

↓はトリミング前の元絵です

   (画像をクリックすると拡大されます)

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/01/27 AM 09:27:11 | [轍楽之路トップ写真(2008のみ)]

No.664 今日もまたまた王子界隈暮色

   (画像をクリックすると拡大されます)

首都圏は強風、北国は大雪と大荒れの一日でしたが、あまりの天気の良さに性懲りも無く王子へ出かけてしまいました.
北とぴあ17F展望室からの眺めもいつになくクッキリしていて、東京の街が手に取るように明瞭に望めました.


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

展望室は南・北・東が望める部屋がそれぞれありますが、西側はレストランが占めていて見られません.ところが一ヶ所だけエレベーター・ホールの横に小さい窓があり、日没後の富士山が素晴らしいシルエットで眺められるんです.強風で山頂付近の雪が麓方向に吹き流されているブリザードが良く判ります.
ISO1600のままで撮ってしまったので画像が粗れてしまいました.


   (画像をクリックすると拡大されます)

今日は各路線のダイヤも相当乱れていて、時間通りに列車は来ません.「北斗星」も運休でした.いつもはお昼前にやって来るEH500牽引のコンテナ列車も陽も暮れた17時過ぎに上ってきました.


   (画像をクリックすると拡大されます)

今日の撮影で新作コンテンツ用のネタが揃ったと思いますので、近々ご披露できる予定です.お楽しみに.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/01/24 PM 11:38:20 | [ビルから俯瞰]

No.663 今日も王子界隈暮色

   (画像をクリックすると拡大されます)

今日も夕方に王子へ行ってきました.前回運転日を間違えて撮影できなかった「カシオペア」にチャレンジしましたが、うまい具合に都電がやって来てくれませんね.機会があればまた狙ってみます.(実はガード向こうのカーブに来てるんですよね)

その後は北とぴあ17階へ.日没後の都電王子駅前駅付近のロングカットを撮影できれば良かったのですが、ピンポイントへのピント合わせが難しくてなかなかです.
新幹線200系が来ましたが、その前にも来てましたのでパスするつもりでした.しかしよく見れば復活色じゃあないですか.あわてて構えました.私の中では200系といえば当たり前にこの塗色なんですから、あやうく見過ごすところでした.


   (画像をクリックすると拡大されます)

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/01/22 AM 12:43:40 | [ビルから俯瞰]

No.662 王子界隈暮色

   (画像をクリックすると拡大されます)

最近は京浜東北線王子駅付近で都電を主体によく撮影しています.特に夕方から夜にかけての黄昏時の雰囲気が好きで、あちこちアングルを求めてあーでもない、こーでもないと彷徨います.
しかし路面電車撮影が難しいのは周囲のクルマの存在です.特にこの辺りは明治通と北本通、その他の幹線道路が輻輳する地点で、一日中クルマの流れが途切れることがありません.せっかく良いポジションで待っていても、電車と並行して来ちゃうと残念賞が受賞できます.両者が同じ赤信号で待っていれば、まず飛び出して来るのは当然クルマが先になる確率大ですから残念賞の確率は高いです.さらにこの場所では歩行者や、歩道をぶっ飛んで坂を下って来る自転車も(本当に)危険です.
電車は約5分間隔で来ますので、車両を選ばなければ再トライできますが、新型9001や復活色の7022ねらいであれば同じ方向から次ぎに来るのは2時間後です.

最近は9001の運用をまず掴んでから撮影を始めるようにしています.
王子駅は荒川線のほぼ中心にありますので途中入庫しなければ約1時間ごとに現れるはずです.
直前を先行する電車の車番やラッピング広告を覚えておくと、「次に9001が来るな」とあらかじめ判りますので心の準備ができますね.

昨年暮れまでに撮影した分で、コンテンツとしてまとめられるくらいの写真の量は揃っていて、この8日にも撮りに行ってるんですが、いまひとつ納得がゆきません.もう1度近いうちに再撮影したいと思っています.

今年の撮影は夕景、夜景が多くなりそうです.

京浜東北線にはE233系の姿も見られます.こんな瞬間に9001が来るほど運の持ち合わせはありません.

   (画像をクリックすると拡大されます)

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/01/19 AM 11:11:46 | [私鉄・専用線・トラム]

No.661 冬の上越国境を往く

   (画像をクリックすると拡大されます)

1988(昭和63)年3月、呑み仲間達と大勢で苗場の民宿を借り切って遊びに行きました.皆はもちろんスキーが目的なんですが、私はやりませんので昼間は一人で上越線の撮影をするつもりでした.確か3泊したはずですが、実際に撮影できたのは1日だけ.あとは酒を呑んだり麻雀に明け暮れていました.

そのゆいいつ撮影できた2日目ですが、苗場から越後湯沢まで降りて、越後中里-土樽間で列車を待ちます.しかしまったく下調べもせず、時刻表さえ持っていなかったので、なかなかシャッターチャンスが得られませんでした.

185系電車は通常は水上まででこの区間には来ないのですが、スキーシーズン中のみ延長運転やシュプール号などで何本も撮影できました.


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

↑の写真を撮るにはメインの道路から細い脇道へ入るのですが、一旦この場を離れて数時間後に戻ろうとしたら、なんとその脇道が途中で法面からの雪崩で完全に埋っていて、通行不能になってました.もし一旦離れず、そのまま留まっていれば閉じ込められてしまうところでした.人里からも遠く離れていますし、携帯電話など誰も持っていない時代ですから、とんでもないことになるところでした.
そんなこともあって翌日から天候のせいもありましたが、雪の中のクルマでの単独行は仲間に迷惑をかける可能性があるので、止めました.
実際スキー組も多くは丸一日中滑っているわけではなく、半日は麻雀兼酒飲み状態でした.

185系は現在も塗色を変えて健在ですが、スキー臨などで上越国境越えはほとんど無いようです.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、12月分全部はこちらからでも
11月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/01/13 AM 01:38:17 | [電車・気動車]

No.660 top-picture080109


今年から轍楽之路サイトのtop画像を、更新の度にご紹介しましょう.タイトルの数字は画像のファイル名で、08年01月09日更新を表しています.
上越新幹線maxとき(多分)のE1系を、こちらではお馴染みの王子北とぴあ17F展望室で暗くなってからの俯瞰流しにチャレンジ.300mm(換算450mm) 1/15secでしたが運良く止まってくれました.ちなみに絞りF5.6、ISO1600です.
この元祖maxは1994年の登場ですからもう14年選手.順番から行けばそろそろ、なんてことになるかもしれません.Wデッカーの量感は間近で見ると相当なもので、長いビルが走ってくるような迫力がありますね.増備車のE4系があのご面相ですが、E1系はなかなかの面長美人に見えます.
登場時はかつての上越線の主165系を意識したかどうか、このお顔をぶった切るような塗り分け線が印象を悪くしていましたが、近年は白一色になって見違えるように格好良くなっています.私としては新幹線車両の中では500系に次いでのNO.2だと思うのですが、如何でしょう.もちろん0系は別格です.そういえばE1系は当初は600系になる予定だったとか.

こちらがトリミング前のフル画像です.もう少し明るく写ってますが、ヘッドライトだけ強調して全体は少し暗めに落としてます.
ここまで感度を上げるとノイズは目立ちますが、レタッチソフトで赤の彩度を落としたり、気になる部分はぼかしツールなどでごまかしています.しかし基本的にはあまり気にしないようにしています.昔はトライXで散々粒子を粗らした増感現像で夜景を撮っていたんですからね.まず写ってなんぼの写真なんで、自分で撮りもしないでノイズがどうだ、あーだこうだと理屈を言う人の意見は気にしません.

   (画像をクリックすると拡大されます)

新年のクイズ番組で、東海道・山陽新幹線の新型車両は何系?なんて問題が出てました.もちろん「N700系」が正解なんですが、何と単に「700系」でも正解にしていました.思わず「違うよ〜」なんて叫びそうになった奴は何処のどいつだ〜?
「私だよ〜」!

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、12月分全部はこちらからでも
11月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/01/10 AM 02:37:44 | [轍楽之路トップ写真(2008のみ)]

No.659 大盛り麺




こんなお店を発見!
店名を決めるのは自由でしょうが、もうすこし店の面構えを考えたらと思います.
せっかくのキャッチフレーズの上にポスターを貼ったり、以前の掲示のテープ痕がそのまま、雨が降りそうもないのに傘立てを出してあったりと、まあ余計なお世話なんですけどね.

この前の道路上の軌道には本家の方の顔写真をラッピングした電車が走っています.道路の反対側からツーショットを撮ろうかしらと一瞬考えましたが、少し前に通過したばかりだったので戻って来るまで1時間も待つほどの価値は無い、と思い止めました.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、12月分全部はこちらからでも
11月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/01/09 PM 11:05:08 | [雑記・雑感・ぼやき・ほざき]

No.658 初夢は一富士
※新春早々すんませんが、1月9日頃から更新開始する予定です.


(画像をクリックすると拡大されます)

もうすでにおやすみになっている方も居られるかと思いますが、今晩見るのが初夢なんだそうです.(元日の夜という説もあります)

20年くらい前に飛行機の車窓から撮影した富士山をご覧ください.↑は5-6000mを飛行する大阪便、↓は9000mくらいを飛ぶ中国行きの時だったと思います.
新幹線やクルマでもそうですが、西に向かう時に富士山が鮮明に見えると、「旅の幸先が良い」と安心できますね.


    (画像をクリックすると拡大されます)

本当は特急「富士」、「はくたか」、「なすの」の昔の写真を並べたかったのですが「なすの」が見つかりませんでした.来年までに探してみましょう.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、12月分全部はこちらからでも
11月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/01/02 PM 11:49:10 | [雑記・雑感・ぼやき・ほざき]

No.657 謹賀新年2008
     明けましておめでとうございます


     (画像をクリックすると拡大されます)

本年もよろしくお願いいたします.
例年は新春に本編の新コンテンツでの更新をしていますが、今年は予定していたものが満足できず、再取材後に公開することにしました.

ブログも気まぐれマイペースで更新してゆくつもりです.

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、12月分全部はこちらからでも
11月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/01/01 AM 08:49:23 | [雑記・雑感・ぼやき・ほざき]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.