【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.610 珊瑠・奥名寄森林鉄道

(画像をクリックすると少し拡大されます)

1970年頃は北海道の森林鉄道が全廃されてからまだ日も浅かったので、その遺構というか名残りの施設も数多く見られました.
1970年11月末に撮影で渡道した際に若干の現地調査を試みました.大雪6号を遠軽で降り、今はもう廃止になってしまった名寄本線の一番列車で下川駅近くの貯木場を訪れました.残念ながら車庫の建物や線路跡が少し残っていただけで、期待していたような廃車体などは見ることはできませんでした.
しかし営林署では何枚かの現役時代の写真を見せて頂き、その場で複写させて頂きました.取材時にいろいろ伺ったのですが、その時のメモなどは提供してしまったのか手許にありませんが、複写のネガがあるのでここに公開させて頂きます.

(名寄本線一の橋起点の奥名寄森林鉄道と記憶します)

(画像をクリックすると少し拡大されます)


(画像をクリックすると少し拡大されます)


(下川を起点とする珊瑠さんる森林鉄道.↑TOP写真も)

(画像をクリックすると少し拡大されます)


(画像をクリックすると少し拡大されます)


(画像をクリックすると少し拡大されます)

こちらも珊瑠森林鉄道.昭和24年11月、冬ごもりを前に全部の機関車を前に撮られた記念写真で壮観かつ記録として貴重なものです.
書き添えられたコメント
「愛機 若葉春迄左様なら」
S24.11.1 勢揃いです


(画像をクリックすると少し拡大されます)

蒸機はコッペルかコピーの立山重工製、ディーゼル(ガソリン?)機関車は酒井製と思われます.
同じ日に訪れた丸瀬布営林署では保管されていた雨宮21号を発見しました.

(当サイト 気まぐれpicture よりの再掲です)

この前の記事[18切符で仙台へ]の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、9月分全部はこちらからでも
8月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2007/09/17 PM 05:54:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | [森林鉄道]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.