【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.567 車内貼り鉄道地図 [1]

(画像をクリックすると拡大されます)

懐かしい地図が出てきました.客車の室内前後の壁のアクセントの鉄道地図です.
もちろん黙って頂いてきちゃったものではなく、その後仕事の関係で手に入れた未使用のものです.四つ折りのまま放ぽってありましたので、変色や折り目の交点付近では少々破れも見えて残念ではあります.

日付は昭和39年7月現在と書いてありますので、新幹線開通前のそれこそ鉄道全盛時代ですね.
なんとか内容までご覧頂きたかったのですが、とてもスキャナーには一発で入らない大きさです.そこでカメラで複写してみたのですが、とても駅名まで読めません.業者に一発スキャンや大判カメラでの複写を依頼すればかなりの費用がかかってしまいます.
そこで一番面倒でやりたくなかったのですが、4分割でスキャンしてから合成しました.これだけで数時間を要してしまったのですからたまりません.
全国で4面ありますが、とりあえず[1]の北海道だけご覧下さい.1.5MBととても重いので通信環境によりご覧頂けないかも知れません.[PDF]ファイルも作ってみましたのでオフラインでどうぞ.


(画像をクリックするととても大きく拡大されます)

現在の寂しい鉄道地図と較べると、元気だった頃の北海道の鉄道網がよく判りますね.国鉄だけではなく、途中駅が省略されていますが、私鉄の士別軌道、旭川電軌、定山渓鉄道、寿都鉄道、北海道拓殖鉄道.炭砿鉄道の羽幌炭砿鉄道、天塩鉄道、留萠鉄道、三井鉱山鉄道、美唄鉄道、夕張鉄道、大夕張鉄道、雄別鉄道.さらには歌登町営軌道まで載ってます.
廃止になってしまった国鉄線も多いですが、そのうちの富内線の振内-日高町や白糠線、美幸線はまだ開通してません.
千歳線も旧線、石勝線は影も形も無いですね.

見っけ!「凡例の寺院記号がハーケンクロイツになってる」この頃は写植が普及する前で、文字や記号は製図屋さんの手書きです.

ヒマとやる気があれば残りの3面も順次ご覧頂けると思います.

9.21追記:一発スキャンデータと差し替えました.

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2007/06/11 AM 12:26:44 | Comment(3) | TrackBack(0) | [鉄道路線図などの地図]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.