【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.478 酷い言葉やな〜
前にも書いたことがあったやも知れませんが、廃止直前の鉄道や車両に対して「○式鉄」という言葉が時折ネット上で見かけられます.最後の日まで一生懸命に安全運行を心がけておられる乗務員さんはじめ、社員の方々に大変失礼ではないでしょうか.好きな鉄道に対して愛情のひとかけらも感じられません.

こんな言葉を考えた人間、平気で使う人間は軽蔑してやりましょう.こういう人たちにとっての鉄道は趣味の対象ではなくて、単なる興味の対象なのでしょう.(○=葬)

また特定の車両に対してユーモアも無く、洒落にもならないような酷い渾名を付けて得意がっているような人も、どっかを疑ってしまいます.
こういうのは最近問題になっている「イジメ」をする側の心と通じるものがあるのではないでしょうか.

先日京成金町線にリバイバル色3200形を撮りに行ったときに多くのファンの姿を見かけましたが、みんな全然楽しそうじゃないのに驚きました.ギスギス、トゲトゲしていて、なんか義務感のようなものだけで撮っているような雰囲気です.話しかけても返事があればよい方で、知らん顔して行ってしまう人がほとんどなのは「がっかりだよ〜!」でした.(私が怖かったのかな?)

楽しくなければ趣味じゃないよね.


(画像をクリックすると拡大されます)

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2007/01/21 PM 11:52:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | [雑記・雑感・ぼやき・ほざき]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.