【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.457 千葉県に白鳥の湖!

(画像をクリックすると拡大されます)

昨日は嵐の後の異状天気、青い空と20°Cのポカポカ陽気に誘われて、午後の千葉県本埜村の白鳥飛来地に行って来ました.前回も書きましたがこの場所は柏の自宅からクルマで30分ほど.お気軽にシベリアからの使者と対面できます.
ところが昨日はいつもと周囲の様相が違いました.通常は稲刈りの終わった田圃の一画に水が張ってあるだけなのですが、前日の大雨で周囲の田圃も満水!巨大な池というか、沼というか、湖が出現していました.そしていつもはハクチョウやカモが大量に休んでいる辺りには一羽も居らず焦りましたが、少し離れた場所にまとまって避難?しているのを発見、一安心です.

(画像をクリックすると拡大されます)

いつものように時折数羽の集団が空を舞います.太陽をバックにしたシルエットが撮りたかったのですが、なかなか思うような方向に飛んでくれません.
強風でしっかり足を安定させていないと飛ばされそうになるのですが、上を向いてファインダーで追っているとつい足元がおろそかになりヒヤっとすること度々、カメラを持ったまま田圃に転げ落ちては洒落になりません.特に普通の人より表面積が大きい私は気を付けなければ.

ハクチョウたちは高速で(本当に速いです)飛び交うほか、強風を利用してグライダーよろしくフラフラと滑空するシーンも見られ、それを楽しんでいるようでした.大きく広げた水かきはフラップ代わりでしょうか.

(画像をクリックすると拡大されます)

こんな凄いカットが撮れました.何百羽という飛翔ですが、残念ながらこれはカモです.ハクチョウなら大感激なのですが.(閑人が数えてみたらこの写真の中のカモは約1300羽もいました!)

(画像をクリックすると拡大されます)

本埜村は成田空港にほど近く、いつもはランディングして行く機影が横切りますが、風向きの関係か昨日は逆に離陸して来る姿が見られました.ハクチョウさんとの同一フレーム・インも期待されますが、こればっかりは狙っても無理で偶然を待つしかありません.ピンが来てませんが、かろうじて.

(画像をクリックすると拡大されます)

また行ければ報告します.
飛翔シーンばかりをお正月にアップするべく、現在まとめています.

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、12月分全部はこちらからでも
11月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/12/28 AM 10:03:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | [動物特集]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.