【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.436 木下順二さん逝く

(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

ご冥福をお祈りします.ありがとうございました.

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/30 PM 06:12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | [ウェブサイト・ブログ・写真]

No.435 蒸機壁紙(48)19604

(画像をクリックすると拡大されます)

1966年6月5日 大宮機関区



前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/29 AM 12:32:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | [壁紙]

No.434 日本一速い「おおとり」

(画像をクリックすると拡大されます)

1964(昭和39)年10月1日、東海道新幹線が開通する前の東海道在来線には、151系電車による「つばめ」「はと」「富士」「こだま」などが各1-2往復ずつ東京-大阪以遠を結んでいました.もう1往復東京-名古屋間に「おおとり」が走っていたのを覚えているでしょうか?(↑1964年9月、田町電車区)
この列車の下りは東京駅を最後に出る特急で、上りは最初に到着するもので所要時間は4時間15分でした.当時は大阪-宇野間の「うずしお」に次ぐ短区間特急でしたが、何よりも誇るのが表定速度86.118km/hという数字です.東京-大阪までの「こだま」などは所要6時間30分で表定速度は85.584km/hと少し落ちるので「おおとり」が東海道新幹線開通以前の国内では最速列車だったわけです.まあ距離が短いから、という数字のトリックなんですが.(実際他の特急よりも速かった?未確認です)

1964年9月30日22時15分に最終「おおとり」が名古屋駅に到着した数時間後、遠く離れた北海道函館-網走・釧路間に同名の特急「おおとり」がキハ82系で運転を開始しています.(↓1970年3月、石北本線美幌)


(画像をクリックすると拡大されます)

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/28 AM 12:56:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | [電車・気動車]

No.433 銚子電鉄終点は「とがわ」?

(画像をクリックすると拡大されます)

今なにかと話題の銚子電鉄ですが、初めてその存在を知ったのは40数年前、創刊されたばかりの鉄道ファン誌でした.その記事は「消えゆく路線」と題するシリーズものの1つであったと記憶します.以後10年サイクルくらいで存廃の危機、というニュースを繰り返し目にしてきたと思います.
「しぶとく」と言っては失礼になりますが、その度に新しい経営者と社員の方々が一丸となって乗り越えて来たのですから、その御苦労がうかがい知れるものです.
今回のネットでの「ぬれ煎餅購入のお願い 」は殺到した注文と、タイミング良く出された国交省の安全勧告が逆に同情され、マスコミが各車こぞって採りあげたことにより、電鉄の大きなPRになったのではないでしょうか.

私は1967(昭和42)年春に初訪問していますが、その時の写真を見ていたら終点駅外川の駅名が「とがわ」になっていることに気が付きました.電車のサボも「TOGAWA」になっています.現在の写真が無くて恐縮なのですが現在は違います.「とかわ」と読むんだ〜.なんて濁らない読み方に印象を持った人も多いと思いますので、あれっ?と思いました.

そこで銚子電鉄さんにメールで質問すると
『昭和48年に千葉国体(わかしお国体)が開催された際に地名、読み方が変更統一されたので、それ以来「とがわ」→「とかわ」と統一されたようです.』
とのお返事を頂きました.

普段は駅名板やサボなどを意識して撮影することはあまり無いのですが、6年後の改称を虫が知らせたのでしょうか?

本編からの転載ですが、当時のデハ101↑、↓デハ201、デハ301をご覧下さい.当時は京成傘下にあったようで京成電車青電に似た(101は新京成?)塗装です.

(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

実は密かに銚子電鉄訪問を企てて、ギャラリーを作ろうと思っていたのですが、これだけ話題になってしまっては「遅かりし澪つくし」ですか.同じ千葉県ですが柏からだと東京から行くよりも時間がかかります.

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/27 AM 12:19:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | [銚子電鉄応援]

No.432 倶知安の除雪車
今月末廃止の神岡鉄道にお名残乗車の人が殺到したそうな.ついに未乗、未見でした.

かつてはC62重連、現在はC11207ニセコなどでお馴染みの函館本線(長万部-小樽の山線区間).冬の寒さや積雪量も半端ではありません.その山線のほぼ中間に位置し、函館本線のほか岩内線胆振線も控え、厳しい路線保守の中枢基地となる倶知安機関区には冬季ともなると何台もの除雪車両が満を持して待機してました.

1967年12 月も末、夜半の倶知安機関区.このタコ・ロボット怪獣のようなものは何でしょう?

(画像をクリックすると拡大されます)

正解はジョルダン車キ706です.ウイングを完全に拡げると3〜4線分一度に除雪できてしまうという幅広除雪車なんですが、残念ながらこの時は全くウイングを開いてくれませんでした.1970年2月 倶知安駅構内にて.

(画像をクリックすると拡大されます)

こちらはおなじみの単線型ラッセル車キ100型なんですが、このキ273は1965年頃に苗穂工場で改造された1両しかない試作型です.前頭部が通常のくさび形からパラボラ(放物線)形に改造されています.装甲車か鉄仮面かというご面相ですね.後方のキ274がオリジナルのスタイルですから違いが判ります.これは除雪中の姿を見たかったですね.1971年3月.

(画像をクリックすると拡大されます)

※当サイト「気まぐれpicture」から転載しました.blogだけご覧になっている方も多いようなので面白いネタを時々アレンジして転載します.(いよいよネタ切れか!)

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/26 AM 01:35:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | [客車・貨車]

No.431 Macトラブル
夕方このMacを立ち上げようとしたら、いきなり[?] のアイコンが出てそれ以上進まなくなりました.数年前にクラッシュを経験したときは完全にブラックアウトでしたので、これは初めての経験.「やっちゃったかな〜?」としまいこんであった攻略本を探し出して見ると、再インストールか初期化しかない、という恐ろしい、というか冷たい記述.2週間ほど前にホームページやブログのバックアップはしていましたが、システムフォルダはしばらくというか、1年以上コピーしてませんでしたのでマッツァオになりました.やりかけの作業もあるし、メールでしか連絡できない相手との打ち合わせも差し迫っています.

とりあえずはCDで起動できましたので、ハードディスクは壊れていないようで一安心.しかし修復ツールを試みるも上手く作動しません.仕方なくOSを再インストールしてオリジナル項目からハードディスク内容を移しました.ところが起動用のCDを抜くと、やはり立ち上がりません.
初期化を覚悟してもう一度違うCDから立ち上げると、おっ!今度は修復ツールが働いてくれました.ドキドキの数分後「修復が完了しました」の表示が出て再起動すると無事立ち上がりました.デスクトップ・フォルダーからフォルダー・アイコンをコピペして、これで元通り.やれやれ一件落着です.

この間約2時間、久しぶりに緊張の時間を過ごせました.もうすぐ6年になるMacも今や旧型、OS9は最新のデジカメは対応してないものもあります.サイトの動画もほとんど見られませんし、換え時とは思いますが、ソフトやアプリケーションまで含めての(含めなくても)予算成立は望むべくもありません.もうしばらく頑張ってね.

しかしヘルプが見られないときのトラブル対策くらいは、判りやすい冊子にしておいてほしいです.もう旧型の攻略本もほとんど売ってませんからね.

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/25 PM 09:02:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | [コンピューター]

No.430 蒸機壁紙(47)D51163
国交省が銚子電鉄に安全確保命令!
40年前に訪問したのは近々廃止になりそう、との雑誌の記事を目にしたからです.



(画像をクリックすると拡大されます)

1972年3月23日 函館本線大沼公園




前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/24 PM 09:40:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | [壁紙]

No.429 三菱大夕張鉄道NO.5

(画像をクリックすると拡大されます)

もと国鉄9600型39695号機(1920年=大正9年川崎造船所製造、池田機関区1949年廃車)を譲り受けたもので、大夕張鉄道には1950年6月に入線しています.
この機関車の特徴はテンダが9600オリジナルではなく、9600の原型となった9500/9580タイプのものを連結していることで、外観上では2-3軸箱を結ぶイコライザーが無く、軸箱間の切り欠きが三日月状になっています.経緯は不明ですが国鉄時代に振り替えられたようです.走行中、他の機関車に較べて非常にテンダが揺れているのが外から見ても明確に感じられました.

(画像をクリックすると拡大されます)

この3点の写真は1969(昭和44)年3月に大夕張炭山機関庫と同駅で撮影したものですが、当時は非公式側、第4動輪横にある給水ポンプとテンダの給水加熱器(上写真で台車横に見えるボックス)が装備されていました.両者は一体となって通常はインジェクターのみの給水系を改善したものでしたが、予熱効率が悪くて不具合が生じたため、この後に撤去されています.

(画像をクリックすると拡大されます)

1973(昭和48)年12月16日の大夕張炭山-南大夕張間の区間廃止に伴いDLに置き換えられましたが、しばらくは車籍が残り、翌1974年3月30日付で廃車になっています.残念ながら保存はされていません.
SキャブのNO.7とNO.8は紹介済みですが、大夕張鉄道、夕張鉄道の9600は特徴あるカマばかりでした.今後順次紹介していきますのでお楽しみに.
普通の人が見ればみな同じに見えるかもしれません、少々オタク的内容になることをお許し下さい.

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/23 PM 11:51:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | [大夕張鉄道・夕張鉄道]

No.428 TX新ポイント?

本日、柏市北部に一大商業施設「ららぽーと柏の葉」がオープンしました.自宅からはクルマで20分ほどの距離なので早速行ってみました.といってもショッピングするわけでもなし、グルメを楽しむという趣味も持ち合わせておりません.(旅先で、地元の美味いものを味わうのは大好きですので誤解の無きよう)

興味があったのは、この施設がTX(= つくばエクスプレス)「柏の葉キャンバス」駅に隣接している、ということです.TXは昨年開通した高速鉄道ですが、全線高架で車体下半分以上を隠すような防音壁でガードされているため、撮影ポイントがほとんどありません.期待できるのは今後沿線に建設されるであろう商業施設だろう、とかねてから考えていましたので早速見学に出かけてみた次第です.
「ららぽーと」というと船橋のあのでっかい施設を想像していましたが、近づいてみると意外と小規模なので拍子抜けです.(1/3の規模だそうです) 初日なので混雑しているか、と思いきや3600台収容という大駐車場は2-3割ほどしか埋まっておらず、立体の2階に誘導しようとする係員を振りきって、数台しか駐車していない最上階6階まで上がってみました.真下に駅が見えますが、天井の低い駐車場は6階でも実際は4階の高さで高架のTXを見下ろす、というほどの高さではありません.しかも予想はしていましたが約40x100mmメッシュのフェンスがあります.これならこの隙間からレンズの出るコンパクトデジを持ってくればよかった、と後悔です.
施設内一番高いところ(5階相当)に屋上庭園というものがあります.コピーでは大展望を謳っていましたが、全然大したことはなく、庭園自体も狭くて貧弱.しかもアクセスが定員10人ほどのエレベーター一基のみ(これで狭い場所への入場制限をしているのかも.非常階段はあるもよう)というお粗末さで、さほど混雑していない状態でも2回待ちでした.
TXの線路はズーム最大の450mm相当で見ると隣駅の「柏田中」駅から利根川鉄橋、守谷駅近くまでの高架橋が見通しできますが、線路から少し離れている上、如何せん高さ不足で足回りまで見えず残念でした.もちろんフェンスがあります.教会風の尖塔は結婚式場です.

(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

再び屋上駐車場からアングルを探すと、駅と建物の間からも「柏田中」方面が見えます.が、靄っている上に架線柱の間隔が狭く見えて、さらにフェンスに対して斜めになるため上手く撮れませんでした.苦しい1カットを説明代わりにご覧下さい.

(画像をクリックすると拡大されます)

駅は「柏おおたかの森」方面の先端が見下ろせます.この駅で上下列車がよく行き違うようです.

(画像をクリックすると拡大されます)

ゆいいつ足回りまで撮影できるのが、上り列車の後追いです.手前の高架下や駐車しているクルマが残念ですが、緑の森が広がる様がよく判ります.この森には本当にオオタカが生息しているそうです.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

家を出るときには晴れていたのですが、すっかり曇ってしまいました.この場所撮影ポイントと言えるほどの場所ではありませんが、連れの方がショッピングしている間の時間つぶしには良いのではないでしょうか.
駐車場は買い物しなくても2時間まで無料です.
フェンス越しの撮影のため解像度が悪いですね.コンデジ持ってもう一度行く、というほどの元気もありませんがムービーなら面白いかもしれません.
隣駅、東武野田線接続駅である「柏おおたかの森」駅そばにも同規模の施設が建設中なので、そちらからの展望にも期待しましょう.

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/22 PM 11:54:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | [常磐線東北線のEF510/EF81・その他常磐線TXなどの話題]

No.427 深名線廃止から11年

(画像をクリックすると拡大されます)

1995年9月4日に廃止になった深名線には1972年夏の初訪問以来何回か行っています.晩年には早朝の列車以外全線を明るい時間に直通する列車が無く、わざわざ網走から夜行「オホーツク」で深川に下車して乗車したものです.
最後の夏はレンタカーで道内旅行のついでに立ち寄りました.沿線には多くのファン、1両の列車は超満員、かつての深名線の印象からは考えもつかなかった情景に驚きでした.
あれからもう11年経っちゃいましたね.
↑写真は1974年8月北母子里-天塩弥生.
↓写真は1995年7月北母子里-湖畔(もと白樺駅跡)


(画像をクリックすると拡大されます)

前回の記事


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/21 PM 04:59:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | [現役蒸機の時代]

No.426 蒸機壁紙(46)CNR建設(JS)型

(画像をクリックすると拡大されます)

手前(左)から JS8370、JS8368、JS8371、JS8384、JS8356、JS8372 1988年9月 中国山西省大同機関車工場


(画像をクリックすると拡大されます)




前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/20 PM 05:15:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | [壁紙]

No.425 山を越える赤電

(画像をクリックすると拡大されます)

西武秩父線は1969(昭和44)年に吾野-西武秩父間が開通.当時私鉄では日本一長い正丸トンネルをサミットに、峠越えの山岳路線のため150kwモーター、抑速ブレーキ付きの101系と5000系が用意されました.
ところが実際には自動ブレーキのみの701系や 、非力な吊り掛けモーター のいわゆる赤電も使われていました.128kwモーター付きの501系や100kwモーターの551系、増結車としては半鋼製車17mの351系や85kwモーターの311系の姿も見たことがあります.まだ難燃基準など緩かった(無かった?)頃なので、何でもありの状態だったようです.
4両固定だけの101系だと4・8連しか組めず、当時6-10両編成の走っていた飯能以東に直通する列車に対処できなかったためだと思います.
長大トンネルや山間の峠路に響く吊り掛けモーターの音、旧電好きの方には考えただけでもたまりませんね.
撮影は横瀬駅↑.横瀬-芦ヶ久保↓.1971年11月頃


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/19 AM 12:52:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | [西武鉄道]

No.424 秩父鉄道デハ100形

(画像をクリックすると拡大されます)

1971(昭和46)年に自動車免許を取得しました.自分のクルマを乗り回すようになると鉄道の撮影だけでなくて走りそのものにも興味が湧き、そのため正丸峠を越えて秩父へ、さらに中津川林道三国峠を越えて小海線沿線方面にもよく出かけました.当時小海線にはまだC56も走っていましたから、撮ろうと思えばいくらでも撮れたはずです.しかし、ちょうど函館本線山線のC62重連も消え、またクルマの方にかかる経費も増えてましたので熱意も少々失せていた頃だと思います.
しかし撮影道具一式はクルマに積みっぱなしでしたから、秩父では山中のお寺や、たまには秩父鉄道にもカメラを向けていました.貨物列車なども撮った記憶があるのですが、この時代のネガがどうもまとめて所在不明で残念です.

デハ100形を今は有名になった浦山口の鉄橋で撮影した2カットが見つかりました.同じネガに西武山口線のコッペル2号機が写っていますので、1972年の夏頃だと思います.もう夕方なのかどん曇りなのか、かなり暗い写真です.初めて見る(撮影した本人が言うのもおかしいですが)絵柄なので、撮影後一度もプリントされなかった不遇のカットでした.


(画像をクリックすると拡大されます)

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/18 AM 12:42:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | [私鉄・専用線・トラム]

No.423 蒸機壁紙(45)中国C2-027

(画像をクリックすると拡大されます)

1984年10月 中国黒竜江省朗郷森林鉄道朗郷機務段




前回の記事


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/17 PM 06:50:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | [壁紙]

No.422 流浪の生涯

(画像をクリックすると拡大されます)

1966(昭和41)年8月29日、盛岡機関区北上支区で横黒線(現在の北上線)用のD6071と、釜石線用のD51718が仲良く並んで休んでいました.実は横黒線も釜石線も近々DD51に置き換えが決まっていて、両者とも転属か廃車が余儀なくされている状態です.

「デムスケ爺さん、まだ次はありそうかな〜?」
「デコイチ君はまだ若いから引く手あまただろうけど、わしゃもう歳だからな〜.どこからかお呼びがかかればいいんじゃが」


そんな会話をしていたかどうか.
その後横黒線の同僚のD60がほとんど廃車になったなかで、71号機は無事に磐越東線に次の職を得ました.ところがここも2年でDD51に置き換えられ、なんと71号機を含む2両だけが生き残り、九州の久大本線に転属、さらに筑豊本線で1972年まで働いて廃車になりました.改造前D50時代の経歴は判りませんが、D60に改造後は北海道の根室本線から、東北、九州と運良く流れて行ったものです.全検のタイミングが良かったのか、よほど調子が良かったのでしょうか.

磐越東線時代のD6071.1967年8月

(画像をクリックすると拡大されます)

対するD51718は当初は山陽本線で活躍し戦後、東北に異動してきました.一関→釜石→尻内と釜石線や東北本線で旅客・貨物牽引に使われ、東北本線電化の43.10では関西本線亀山区に転属、加太越えでDL化まで走った後、山陰本線長門機関区に転属して1974年5月に廃車になりました.現在も愛知県一宮市大平島公園で保存されています.

東北本線奥中山を下るD51718.1967年12月

(画像をクリックすると拡大されます)

それぞれ流浪の生涯を送った2両の経歴を知ったのは後のこと、その2両のツーショットのカットを自分のネガの中に見つけたときは本当に驚きました.
どちらの機関車もファンに注目された路線を次々に渡り歩いていますので、多くの勇姿がカメラで記録されていることでしょうね.

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/16 PM 02:00:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | [現役蒸機の時代]

No.421 蒸機壁紙(44)C5550

(画像をクリックすると拡大されます)

1972年5月3日 宗谷本線蘭留-塩狩




前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/15 PM 11:25:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | [壁紙]

No.420 蒸機壁紙(43)コッペル1275

(画像をクリックすると拡大されます)

1975年7月20日 大井川鉄道千頭駅構内 NHKドラマ「新坊ちゃん」ロケ用に伊予鉄道のクラウス1号機に外装を似せて(つもり)改装.




前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/14 AM 01:21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | [壁紙]

No.419 蒸機壁紙(42)クラウス15

(画像をクリックすると拡大されます)

1975年7月20日 大井川鉄道千頭駅構内 




前回の記事


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/13 PM 10:28:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | [壁紙]

No.418 惜別小山のC50


1970年7月3日、小山機関区のC50がそろそろ危ない、というので前日購入したばかりのニコンFを持って友人と撮影に出かけました.乗車していた115系電車が小山駅へ着く直前、車窓から見えた小山機関区にはラウンドハウスに顔を揃えたC50達、しかも全員が「さよなら」のヘッドマーク付きで.嗚呼!

今のようにネットでリアルタイム情報も当然ありません.7月1日に惜別式が行われたことなど雑誌に予告もありませんでした.当時の雑誌はマスコミというよりも、ファンと同じ視線の後追い情報ばかり.ニュース記事や写真もファンの投稿頼み、という積極的な取材もしていなかった時代なのですから仕方ありませんが.
情報を知りたかった当の私の写真がRJ誌に2ページの記事で使われた、というのも皮肉なものです.

当日の様子をアルバムにまとめてありました.1点ずつスキャンする元気もないので、そのアルバムのコピーを少々点数が多いですがご覧下さい.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

この中で一番右側にいるC50123がもと機関区からほど近い場所でボランティアにより手入れされ、大事に保存されています.昨日、今日と公開されて盛況だったようです.今年は体調が悪くて参加できませんでしたが、昨年の様子をこのブログでレポートしています.

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも


ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/12 PM 09:03:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | [現役蒸機の時代]

No.417 葡萄牙の9600

(画像をクリックすると拡大されます)

葡萄牙はポルトガルと読みます.意味から言えば湊鴎といったところなんでしょうが.
ポルトガル国鉄(=C.P.)の9600には1976年9月25日、ポルト市内のCONTUMILコンツミル機関区で出会いました.数日前にREGUAレグア駅で見たテンホイラーの291型があまりにも日本の8620型テイストだったものですから、この9600型テイストを見たときには驚きました.もちろん日本の9600とは直接の因果関係はありません.

この機関車はコードナンバーが 3 120710-1、701型710号機.ご覧のように日本の9600型と同じ2-8-0、コンソリデーション型軸配置です.テンダには大きなタンクが載っていて、石炭スペースは見当たらないので重油専燃式に改造されているようです.日本と大きく違うのはゲージが1674mmと超広軌で、この写真では判りませんが正面から見ると相当なガニ股でしょう.
いろいろ検索をかけてみたのですが残念ながらこの機関車に関するデータが見つかりません.銘板の類も見当たらなかったようで、ネガにもありませんので詳細は不明ですが、おそらく1900年前後のドイツかイギリス製と察せられます.日本の蒸気機関車もこの時代の影響を受けていますから、縁もゆかりもない、とは一概には言い切れないでしょう.

大きさがよく判りませんが、手前のタンク機が異様に巨大に見えます.こちらの方が標準サイズだと思いますのでポルトガル9600は案外日本9600と同じくらいかもしれませんね.
前述の291型の方は見事なS字キャブでしたが、残念ながらこちらは乙字キャブ、かと思いきやその後方のステップに続くラインはS字を描いていますね.
撮影の時点ではすでに休車状態で、惜しくも走行シーンはお目にかかれませんでした.


(画像をクリックすると拡大されます)

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/11 PM 05:32:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | [ヨーロッパ]

No.416 薬師寺裏

(画像をクリックすると拡大されます)

1967(昭和42)年10月、高校の修学旅行で奈良京都の古刹を中心に巡ったのですが、初日京都駅からバスで吉野に向かう途中、西ノ京で薬師寺を訪れました.当時テレビによく出ていた高田好胤住職のお説教を拝聴していたのですが、すぐ後方を近鉄橿原線(西ノ京-九条間)のアズキ色の電車が頻繁に行き交っているのが気になります.上手く最後列に回り込み、林を抜けてスナップ!スナップ!スナップ!

(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

この旅行では夜の奈良機関区や梅小路機関区に繰り出したり、最終日に抜け出して米原にD50を撮影に行くなど、とんでもない不良学生だったな〜と反省していまsu-en.

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/10 PM 11:43:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | [私鉄・専用線・トラム]

No.415 どう思います?
こちら消えちゃったょうなので解説を:この写真の撮影場所が立ち入り禁止だった、ということのようです.

一般公募だったんでしょうか? チクる人が居るんですね.
プレミア付いちゃいますよ.





前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/09 PM 10:13:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | [雑記・雑感・ぼやき・ほざき]

No.414 蒸機壁紙(41)C622

(画像をクリックすると拡大されます)

1967年12月26日 小樽築港機関区 三ツ目時代.庫内整備中のところお願いして出して貰う.




前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/08 AM 11:35:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | [壁紙]

No.413 蒸機壁紙(40)9633

(画像をクリックすると拡大されます)

1967年12月26日 小樽築港機関区 当時NHK朝ドラ「旅路」で起用されスターに.




前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/07 AM 11:35:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | [壁紙]

No.412 蒸機壁紙(39)三菱大夕張鉄道NO.7

(画像をクリックすると拡大されます)

1972年3月 もと国鉄9613 遠幌-南大夕張

この機関車を含むS字キャブ9600型のギャラリー「Sの残像」を本編にアップしました.併せてご覧頂けますと幸いです.左側に索引フレームがある場合はそちらのNewからお入り下さい.




前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/06 AM 10:18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | [壁紙]

No.411 会津川口のキハ24

(画像をクリックすると拡大されます)

1967年12月30日.暮れも押し詰まったこの日、東北・北海道撮影行の帰途に会津線(現只見線)に立ち寄りました.冷え込む大雪の中、会津川口駅を見下ろす只見川の対岸でC11牽引の混合列車の出発を待っていると、交換の気動車が会津若松方面から到着です.( ↑は後追い) 4両編成の先頭2両がキハ45、そしてキハ24、最後尾は急行色のキハ26と見応えのある編成.キハ45やキハ24の45系気動車は登場したての新車、もちろん初対面になります.
ところで3両目はキハ23でなくて北海道向けのキハ24でした.津軽線や男鹿線などでキハ21、キハ22などが走っていましたが、会津地区を走っていたのはどんな理由からでしょうか.
この車両はキハ248で、翌1968年7月にもやはり会津川口駅で出会っています.(↓写真) 後には本来の使用線区である北海道に転属していますが、こちらでの活躍シーンは珍しいのではないでしょうか?キハ24自体が10両しか存在しなかったので希少価値がありますね.

(画像をクリックすると拡大されます)

この連休に只見線で旧国鉄色4連のイベント気動車列車が走った、ということでこの列車のことを思い出しました.一部当サイトDC Galleryと内容が重複しますが別カットです.

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、10月分全部はこちらからでも
9月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/05 PM 10:18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | [電車・気動車]

No.410 蒸機壁紙(38)関東鉄道4号

(画像をクリックすると拡大されます)

1969年4月29日 龍ヶ崎線龍ヶ崎駅




前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、10月分全部はこちらからでも
9月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/04 AM 01:27:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | [壁紙]

No.409 蒸機壁紙(37)関東鉄道5号
メインのカメラが故障したので、修理をお願いしました.電話では「2-3週間かかりま〜す」と言うので暫く大人しくしてられるな、と思っていましたが火曜日の午後にピッキングされたのに、なんと木曜日午前中に修理されて配達されました.そりゃ文句はありませんが、複雑・・・・.


(画像をクリックすると拡大されます)

1969年4月29日 龍ヶ崎線佐貫駅




前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/03 PM 05:17:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | [壁紙]

No.408 蒸機壁紙(36)C576

(画像をクリックすると拡大されます)

1971年12月 和歌山機関区




前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/02 PM 05:14:31 | [壁紙]

No.407 C62VSD52同時発車!

(画像をクリックすると拡大されます)

1969年8月某日16時26分、下り「ニセコ3号」はC6232+C6244の牽引で函館本線山線へ向けて汽笛を唱和させて長万部駅5番線を旅立ちます.先程まで降り続いていた雨は小止みとなりましたが、空はどんよりと曇ったままです.夏休みということもあって10人近いファンが機関区側でカメラを構えて、その豪壮なスタートシーンを見守ります.
しかしその数秒前にもう1つの汽笛が短く鳴りました.海寄りの3番線に停車していた室蘭本線の貨物列車です.長い編成なので先頭のD52201はC62よりも100m以上前にあります.こちらの方は余裕のスタートで、安全弁から蒸気を盛大に吹き上げながら、ほとんど煙りも出さずにゆっくりゆっくり進んでゆきます.
対してC62重連は長万部駅構内の空を埋めてしまうのではないか、と思われるような煙を吐き出して猛然とダッシュ!D52に迫ります.両者並んで欲しいところですが、線路はすぐに左右に別れてしまいます.私の200mmレンズ付きのファインダーの中でだけ、国内随一の蒸機同時発車シーンはかろうじて捉えられました.


(画像をクリックすると拡大されます)

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、10月分全部はこちらからでも
9月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/01 AM 10:59:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | [現役蒸機の時代]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.