【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

No.194 80年代中国DL[3]
今日は昼からという予報が外れ、朝から雪!14時20分現在ここ柏市は20cmくらいの積雪です.撮影に出かけたいですがクルマの滑り止めが無いのでダメ!まあ、有っても寒いので行かないと思いますが・・・.お出かけの方、風邪を引かないよう防寒と足許にご注意下さい.雪の中蒸機だったら+0.5〜1補正、明るい電車だったら補正なしで良いかと思いますが、測光はあまり雪を入れないようにAEロックを.大粒の雪が降っていたらAFは解除した方が良いですよ.動態予測モードは危険です.


(画像をクリックすると大きい画像がご覧になれます)

第3回はND4です.
「中国のディーゼルなんてくそグリーンの、屋根の深い野暮ったい形で
豆腐屋(さん)のラッパみたいの鳴らす奴だろう!」
なんてけなす人もいます.あながち間違ってると否定も出来ませんが、そんな人にはこの機関車の写真を見せてあげましょう.屋根は深いですが.
中国DLではおそらくベストスタイリスト賞のND4です.
NDは輸入電気式ディーゼル機の記号です.液体式はNYですが、これが何の略なのかは私には判りません.

スタイルから判るように、この機関車はフランス、アルストーム社製です.フランス国鉄CC72000型をベースに設計され、1973年に50両が輸入されています.アルストーム社と中国国鉄の縁は深く、1950年代には交流電気機関車のプロトタイプを輸入、量産型の韶山1(写真左)にもアルストーム社の技術が使われています.

(画像をクリックすると大きい画像がご覧になれます)

軸配置C-C、エンジンAGO240 V16 ESHR (4000ps/1350r.p.m.) 電気式、全長21.6m、重量138t、最高速度100km/h.
最高速度が低いのは、この機関車が貨物用として使われたためだと思います.全機が北京豊台機関区に所属して北京周辺の貨物輸送に活躍しました.このスタイルですから旅客列車の先頭に立たせてやりたかったですが、晩年はやはり北京周辺のローカル列車牽引にも使われたようです.
最近は目撃例も無いようなので1990年代にはリタイアしたものと思われます.

(画像をクリックすると大きい画像がご覧になれます)


(画像をクリックすると大きい画像がご覧になれます)

1984年10月に北京北京豊台西操車場を訪問した際は、前進型蒸機、韶山型電機や他のDL達と共に数台のND4型が待機していました.また、直ぐ横の本線をND4型牽引の貨物列車が何本も通過して行く姿を見ることができました.

(画像をクリックすると大きい画像がご覧になれます)

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
80年代の中国国鉄DLシリーズ全記事を表示します
1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

2006/01/21 PM 02:14:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | [80年代の中国DL]










(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.