【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [すくすくBLOG]

No.1196 バラと都電と夜のスカイツリー
5月28日


(画像をクリックすると拡大されます)

昨日は東京スカイツリーの夜景を見に行ってきましたが、日没までの僅かな時間、久しぶりに都電を撮影してみました.
季節はちょうどバラ満開の時.沿線はカラフルなバラの花の帯が続いていました.
都電のバラは3年前まで毎年のように撮影して,コンテンツも公開してきましたが,毎年同じような写真ばかりで飽きてしまい,真面目に作品作りに取り組めなくなっていました.

今年は軽い気持でのスナップに毛が生えたような成果ばかりですが、コンテンツにまとめてみようと思います.と云うことで今日はこれ1点のみです.(↑荒川車庫前-荒川遊園前)


(画像をクリックすると拡大されます)

スカイツリーは浅草に行きました.撮影したいポイントはいくつもありますが,とりあえず定番の隅田公園から.開業後初の日曜日の夜とあってかなりの人出でしたが、神々しいスカイツリーの姿にみな押し黙って静かでした.
こちらも現在スカイツリーのコンテンツを制作中なので,1点のみです.
しかし、夜景は難しいですね.単に静物としてのスカイツリーを撮るなら感度を落として,三脚でバルブ撮影をすれば良いのですが、動く電車を入れるとなると厄介です.今後いろいろ工夫して撮ってみたいと思いますが,最終的には夜景に強いカメラを手に入れなければならないかもしれません.

撮影は作日(2012.5.27)



↑この記事が面白い,役に立ったと思われる方はクリックお願いします.
コメントも送れます.


next


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

               

2012/05/28 PM 07:22:44 | [東京スカイツリー]

No.1158 青いスペーシア

  (画像をクリックすると拡大されます)

今朝も気分よい目覚めでしたので,カメラを持って朝から出かけました.行先は都内方面なので電車利用です.クルマで脚立を持って行きたい気持もあるのですが,あちこち駐める度にパーキング代が嵩んでしまいます.特に秋葉原の駐車料金の高さには驚きます.
一昨日に続いて「カシオペア」も撮影しましたが,今日の話題はリニューアルされた東武「スペーシア」です.
東京スカイツリーの開業に合わせて,スペーシア編成の車内外をリニューアル.窓周りのラインの色のバラエティが楽しそうです.
第一弾として年末より運転を始めたのが,日本の伝統色である江戸紫のラインをまとった「雅みやび」編成です.
関東の西の方の某鉄道と違い,東武鉄道のサイトではこの編成の運用が公開されているので楽に撮影できます.

↑ は業平橋-曳舟間の例の踏切.浅草を11:00発の「きぬ111号」.浅草側の運河沿いの橋には大勢のカメラマンがいたのに、ここはいつもながら誰も居ませんでした.特設されたお立ち台はすぐ前に工事の足場が組まれてしまい,まともには撮れませんので禁断の踏切から撮影しました.
実はある事情で踏切には10人近い職員の方が居られましたが,歩道に群がったり,三脚で通行を妨げていない限り、遮断機が閉まってから列車の通過をを待つ人間がカメラを構えても注意はできないでしょう.要領要領.
この踏切からでは近すぎて,普通のコンデジではおそらく電車とツリーの天辺まで一画面には収まらないと思います.デジ一眼使っても16(24)mm以下のレンズが必要ですが,その場合は不自然な倒れ込み現象がおきてしまいますのでご注意ください.その対処法はは以前このブログで披露したことがありますが、あまり手のうちは証しません.


↓ 日中は別の場所で用事を済ませ,15:15浅草到着の「きぬ124号」を浅草の隅田川の堤防の上から撮影しました.青空が濃かったので,思いっきり露出を落としてみました.
折返しの16:00発の「きぬ125号」も撮りたかったのですが,下り8009レ「カシオペア」を撮影するためこれで浅草を後にしました.下り列車の場合は逆光になりますし,午前中に撮影した踏切以外あまり良いポイントがありません.

(画像をクリックすると拡大されます)

本当は午前中の上りも源森橋で撮影したのですが,何と珍しくもシャッタータイミングを逸し,失敗してしまいました.16mmくらいの広角になると、ファインダー画像上の列車は超高速で動いてきますので気を付けねばならないのですが、油断してました.

カシオペアの成果は明日にでも.



 ↑この記事が面白い,役に立ったと思われる方はクリックお願いします.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、12月分全部はこちらからでも
11月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

               

2012/01/07 PM 01:03:41 | [東京スカイツリー]

No.1093 リハビリ撮影

自粛とか謹慎というのは他の人の心を思いやって,または世間体を保つために,自分の本来の意思欲望を抑える.ことを云うのかと思いますが,本当に何もする気にならない人も大勢居ることを忘れてはならないでしょう.
そんな意味で、ようやくカメラを持ったり,人と酒を呑もうかと云う気になり出しました.(家で1人では呑んでました)


     (画像をクリックすると拡大されます)

業平橋-曳舟間のお立ち台は、昨日から運転再開をした「スペーシア」目当てに大勢のファンで賑わっているのでは?と思いきや、定員5-6名と思われる木製の台上に居たのは1人.その方も下に居た彼女の向けるカメラにピースサイン中,記念撮影が終わるとそのまま立ち去ってしまいました.
駅付近はそれなりにツリーの見物人で賑わっていたのですが,こちらにはほとんど回ってきません.

↑ 4月3日12時3分「きぬ115号」が福島県目指して行く姿を見送ったのは私1人.私としては願ってもない、第一回目のリハビリ撮影となりました.


    (画像をクリックすると拡大されます)

↑ こちらは踏切からです.この場所には撮影禁止の掲示があり、警備員の方も居られますので予め構えていると注意されますが、遮断機が下がって列車通過を待つ間の撮影までは禁じられないでしょう.
実はツリーが高くなりすぎて,この付近のポイントで電車から一番天辺まで一画面に入れるのは,普通のカメラではかなり難しいかと思います.

↓ 踏切横の留置線には「スペーシア」100系,「りょうもう」200系が各2編成並んで停車していました.フル運転時の日中にはこのような光景は見られません.カメラを頭上に掲げて塀越しにノンファインダーで撮影しました.脚立など置いたらすぐ警備員がとんで来そうです.


    (画像をクリックすると拡大されます)


    (画像をクリックすると拡大されます)

↓ 業平橋駅ホーム、駅名版には来春からの駅名改称が注記されていました.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓ ホームにも警備の方が居られましたが「ホームの真ん中からならツリーの写真を撮ってもいいですか?」と聞くと,「いいですよ」とのこと.膝を付いて振り仰ぎましたが,16mm(=24mm)ではやはり電車までは入り切れませんでした.10mmくらいならなんとかなるかもしれません.


    (画像をクリックすると拡大されます)

↓ 次のスペーシアは13時30分発の「きぬ119号」なので、その間に昼食と昨日の観音様詣でをしたのですが、時間を取りすぎてあわてて隅田川鉄橋のところまで戻ってきました.
業平橋からの回送が到着するのが13時20分(浅草駅のインフォメーションのお姉さんに聞いておきました).
鉄橋途中にあるシーサスクロッシングで下り線側へ転線してしまうので,先頭部が見えにくいです.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓ 10分後の出発は少し離れて,2分咲きのサクラを入れてみました.公園内ではブルーシートを敷いてお花見の方々も大勢いらっしゃいますが、屋台も出ておらずとても静かでした.


(画像をクリックすると拡大されます)

このポジション,前が通路状態になっていてなかなか人の流れが途絶えないのですが,この時は運良く誰も通らず、スペーシアを見て急にフェンスに飛び乗るような方も居られなかったのでラッキーでした.
一応第2,第3のポジションは考えてあったんですが.

↓ 次のスペーシア、15時30分到着の「きぬ124号」を業平橋-浅草の屋形船の処で撮るつもりでしたが,ちょっと他所で時間を使い過ぎ,急遽常磐線南千住駅ホームからのEF64重連89レ撮影に変更しました.
愛知機関区EF64重連の89レは隅田川貨物駅発,常磐線-武蔵野線-中央本線-篠ノ井線経由で長野方面へ行きます.


(画像をクリックすると拡大されます)

現在常磐線を走る数少ない貨物列車です.昨年の今頃は日曜日には走らないことが多かったのですが、今日は走ってました.しかしコキ12両,前の方こそコンテナが見えますが,後半はフラットカー状態という寂しい編成でした.

早くEF510-510牽引の列車を見たいですね.4月中には東北本線が開通しそうですが"カシオペア""北斗星"が運転再開するかどうか.



 ↑この記事が面白い,役に立ったと思われる方はクリックお願いします.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2011/04/04 PM 06:08:25 | [東京スカイツリー]

No.1092 浅草寺にお参り

簡単には心身の疲弊状態は治まりませんが,このままでは鬱になってしまいそうなので、外に出てみることにしました.3.11以降市内から出ていませんでしたので、電車に乗るのも久しぶりです.

取材ネタができましたので、この安楽鉄道趣味ブログも平常運転に戻れるのかな?


(画像をクリックすると拡大されます)

JR東北新幹線・東北本線とも開通していないため,首都圏と福島県を結ぶ鉄路は東武鉄道-野岩鉄道-会津鉄道のラインが最短距離になります.東武の特急もしばらく全面運休していましたが、復旧支援列車として1日6往復が昨日(2011.4.2)から運転再開しています.
特に行き先は決めていなかったのですが,634mになったスカイツリーと運転再開のスペーシアの記録でも撮ろうか,と足は自然に浅草へ向いていました.天気予報は晴だったのですが,実際は肌寒いどん曇り,一時は小雨まで降ってきました.

最初のスペーシアを見た後,浅草寺へお参りに立ち寄りました.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)

浅草界隈,いつもの日曜日と同じくらいの人出がありましたが、異様に静かでした.いつもは賑やかな会話を響かせている、異邦人の方々の姿が奇麗さっぱり見えなくなっていたのです.
何か昔の昭和時代の日本に戻ったような,寂しくもあり,懐かしくも思える空気でした.その後訪れた新宿の街や,山手線の車内もまた然りでした.



 ↑この記事が面白い,役に立ったと思われる方はクリックお願いします.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2011/04/03 AM 01:12:08 | [東京スカイツリー]

No.1085 上中里から新幹線を撮影
上中里-王子間のスカイツリーポイントの陸橋から東北・上越新幹線も撮影できます.スカイツリーは日没直前に美しく輝きます.



     (画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)

来月からこの場所をE5系「はやぶさ」も走りますが,発表されているダイヤでは撮影には厳しそうです.




 ↑この記事が面白い,役に立ったと思われる方はクリックお願いします.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

(コメントはコメント掲示板へお願いいたします)



2011/02/23 PM 03:08:58 | [東京スカイツリー]

No.1063 夜の都電とスカイツリー
12月4日は王子北とぴあで撮影の後,都電荒川線に荒川区役所前まで乗車.スカイツリーとの組み合わせを撮影しました.夕景のつもりでしたが,到着して間もなく真っ暗になってしまい図らずも夜景撮影となりました.
当然ライトアップしていないスカイツリーはほとんど見えないはずでしたが,上下の展望台や先端部では室内灯や照明を点けて作業しているようで,闇夜に浮かぶUFOのような不思議な姿が目立っていました.

当然ですが,滅茶苦茶に暗いので三脚無しの手持ちでは最悪の撮影条件です.いや三脚を持っていたとしても踏切遮断棒ギリギリの横や,通過直後の踏切内からでは,クルマも歩行者も通りますので使用は困難でしょうね.

↓ 荒川区役所前-荒川2丁目の踏切から.バラの撮影ではお馴染みのポイントです.


     (画像をクリックすると拡大されます)

↓ 踏切を渡る地元の女の子の「電気が点いてる」との言葉に展望台の点灯に気付きました.
見た瞬間,脳裏にダースベイダーの姿が過りました.もはや21世紀ですね.

     (画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)

↓ 両脇を固めて息を止めて,スローシャッターを切りたいところですが,私の身長でのカメラアイでは,展望台上端にならぶ一列のライトが電線に重なってしまいます.しかたなく膝を曲げて少しポジションを下げますが,全く安定しません.


     (画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↓ 12月ですがまだピンクのバラが咲いていました.谷村新司の「群青」の歌詞の中に冬薔薇ふゆそうび♪という一節がありますね.一応歌えます.スカイツリーも写っていますよ.


     (画像をクリックすると拡大されます)

↓ 荒川区役所前駅です.駅付近では建物が近くにあり,展望台より上しか見えません.


(画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)

↓ 終点の三ノ輪橋へ移動しました.ここもスカイツリーが見えるのはピンポイントです.


(画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↓ 王子駅前駅では初めて新色の8807号に出会えました.この紫は非常に難しい色で,撮影後モニターで確認すると普通の青にしか写っていません.そこで実車を目でよく見て記憶に残し,画像補正で再現してみました.
今月25日にはオレンジと黄色の2色が登場するようです.


(画像をクリックすると拡大されます)

夜景はスカイツリー完成後,ライトアップされた姿を何とか三脚を使用して絵に仕上げてみたいものです.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


(コメントはコメント掲示板へお願いいたします)



2010/12/05 PM 11:54:18 | [東京スカイツリー]

No.1055 スカイツリー写真の歪曲を補正
No.1053記事のお立ち台からのスカイツリーとスペーシアの写真ですが,16mm(=24mm相当)での撮影です.この距離から500m近い高さのツリーの全体を写し込むには仕方がない選択肢なんですが,やはり左の建築中のビルや右の架線柱が大きく歪曲してしまい不自然です.またツリー自体も遠近感が付きすぎて,向こう側へ倒れ込んでいるようにも見えてしまいます.

そこで自然に見えるように補正してみました.よいしょっ!とばかりに架線柱を真っ直ぐに持ち上げます.ツリーもそれに従い,手前側に起き上がって展望台付近が太くなりました.


左側がノートリミングの原画.右側が補正後です.
原画の方も見方によっては悪くもないのですが,やはり補正後の絵の方がツリーの迫力が増しています.似たような技法は建築写真の分野ではかつてのアオリに換わって,よく行われているものです.
結果,左右の絵柄が足りなくなってしまって3:2の画像はできませんでした.


      (画像をクリックすると拡大されます)


    (画像をクリックすると拡大されます)

撮影は2010.11.5

何度も書きますが,補正(レタッチ)とかシャープネスの話題になると,無口になってしまったり,不愉快になられる方々がまだ一部にいらっしゃるようですが,補正は決してボロ隠しの手段ではありません.シャープネスはピンボケ写真の救済策ではないのです.

撮影した生の画像を作品として仕上げるには,必ず必要なプロセスです.
そんなことしなくても私の写真はプリントすればきっちりピントは合っているよ.印刷したってバッチリだよ.なんて云っているプロの方が居られました.プリント時や印刷時にはちゃんとシャープネスがかかっているんですよ.

なんだかぼけっとして眠たい絵や,真っ黒に潰れた蒸気機関車の写真をネット上で見るにつけ,レタッチの重要さを感じます.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、10月分全部はこちらからでも
9月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/11/11 PM 11:43:47 | [東京スカイツリー]

No.1053 スカイツリー撮影お立ち台
本日は千葉デーでした.ロッテマリーンズは下剋上で日本一になっちゃったし,柏レイソルはJ1復帰決定です.よかった.よかった.

東京スカイツリーも497mとなり,500mまであと一歩です.
ところで東武伊勢崎線電車の真後ろにスカイツリーがそびえ立つ,超絶景撮影ポイントの業平橋‐曳舟間の踏切ですが,休日には人が殺到して危険と云うことで撮影禁止の掲示がされています.
踏切横は以前コンビニがあったと思いますが,現在は更地になりおそらく東武鉄道所有の土地です.フェンスに囲まれてはいるもののいまのところ特に工事は行われてはいないので,ここに(安全のためにも)撮影台を作ってくれるくらいの計らいがあってもいいのではないか,とあちこちで書いてきました.


    (画像をクリックすると拡大されます)

↑ それが実現していました.「撮影広場」と称して舗装されて簡易トイレも置かれています.
その一角,線路沿いにはささやかながら木組みで作られた,定員数名のお立ち台が設けられています.
「お立ち台」とは本来天皇陛下(広義では偉い人)が,挨拶をしたり景色をご覧になるために立たれる場所のことで,「鉄道写真のお立ち台」なる言葉は好きではなかったのですが,ここのは正に「お立ち台」と称してもおかしくないそのものズバリです.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ そのお立ち台から撮影したスペーシアです.この場所は午前中しか順光になりません.斜めのワイヤーが気になりますが,下り列車はまともに撮影できます.もう少し手前まで引っ張れそうですが正面に影が入ってしまいます.
現在の高さで16mm(換算24mm)レンズでギリギリです.この先634mになったら,超広角レンズでビローンと広がった絵しか撮れなくなってしまうのでしょうか.
左側に建設中のビルはローソク岩みたいな形をしていますね.


    (画像をクリックすると拡大されます)

   ↑ 踏切のところにはこのような掲示がいまでも出ています.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ 広場の看板です,もう少しやさしく書けないものでしょうか.


    (画像をクリックすると拡大されます)

↑ 踏切の曳舟側には撮影禁止の掲示がないので,後追いですがこのように迫力のスペーシアが撮影できます.

スカイツリーの地上から組み上げて行く本体部分はここまでで,現在内部で作られているアンテナゲイン部が12月頃からリフトアップされ,来年春にまでには一挙に600m以上に建ち上がる,と云われています.
ここ数ヶ月間が建設中の姿を捉える山になりますね.

撮影は2010.11.5

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、10月分全部はこちらからでも
9月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/11/07 PM 01:03:41 | [東京スカイツリー]

No.1007 スカイツリーと201系そしてまた「北斗星」

    (画像をクリックすると拡大されます)

昨15日に梅雨入りしたということで16日も当初は雨の予報.それが朝の予報では曇りに変わり,実際には晴れてしまいました.10時頃の予報ではちゃっかり晴れに訂正されていたんですから,いい加減なもんです.
14時頃仕事から戻りましたが,このまま1日を終わらすのは勿体ない,と中央線201系の運用をチェックすると,東京着16時25分.折り返し27分発中央特快高尾行になるようです.すぐ家を出れば,上りは無理でも下り特快は東中野-中野のスカイツリーポイントで捉えられると思います.
夜はちょっと四谷方面に呑みに行きたい処もありましたし,即決断で出かけました.

山手線で新宿へ到着した時に,ちょうど下り東京行の201系を見かけました.情報通りでした.荻窪にもスカイツリーが見えるポイントがあると聞いたので,そちらへ行こうかと思い高円寺まで行ったところで,時間的にキツいことが判明.初志貫徹,あわてて東中野へ戻ります.こちらもギリギリで駅から早足で明大中野高校前の陸橋へ.サクラの時期には大勢のファンが集いますが,今日は小学生と中学生の兄弟?の少年ファン2人のみ.「こんにちわ」と挨拶をして,ほんの1-2mしかないスカイツリーポイントに入れて頂きました.ビルとビルの少しの隙間に,イトミミズのようなスカイツリーが建ち上がっています.ここは以前にネット仲間のTADAさんに教えて頂いたのですが,知っていなければ現場に来ても見過ごしてしまいそうです.業平橋からはかなり距離がありますので,晴れていても私の肉眼ではボヤッと見えるだけです.カメラの方が確実に良い眼をしていますね.

ギリギリの到着で,下り快速電車での事前テストショットはできず,結局ぶっつけ本番でした.
↑↓ それでも何とか押さえました.(本当はヨコ位置で撮影) 目的を果たしましたので,わずか数分の滞在でご兄弟に別れを告げて引き上げます.


    (画像をクリックすると拡大されます)

201系はH4編成が20日のラストラン・ツアーで長野へ行きそのまま廃車.最後のH7編成が10月17日にやはりラストランで長野へ送られます.7月からは各方面行きのイベントが再び始まりますので,定期運用に入る機会も少なくなるはずです.

この後はまた尾久へ行こうと思いましたが,1レ「北斗星」出庫までまだ2時間あるので,1レ撮影の候補地である日暮里駅へ行ってみました.
ここもスカイツリーがよく見えます.目の前に昔からある鉄製の歩道橋がありますが,なんとかかわせそうです.しかし上野駅地平ホームから上がって来る1レは,構えている11番線ホームから数えて5本目を通ります.時刻表の1分単位の数字の上では1レ通過の19時5分30秒頃はギリギリクリアのようですが,実際は秒単位で走っている山手線・京浜東北線ですから,かなり危険な賭けと云えましょう.

↓ この「スーパーひたち」も上りと被ってしまいました.


(画像をクリックすると拡大されます)

晴れていたはずが,いつの間にか曇りとなりすぐに降ってきてしまいました.11番線ホームの端は屋根が無いので避難です.

上野経由で尾久駅へ着くと,1レ「北斗星」編成にはすでにEF8199が連結されていました.カシオペア色です.先日は27分頃に連結されましたが,この日は10分以上早かったようです.
ネット情報によると,EF81は近々置き換わるため日頃から走行距離の少ないカシオペア機が「北斗星」にも使われることが多くなっているんだそうです.

↓ 先日と同じ場所,正面から撮影しましたが,アララ!スカイツリーが霞んでいます.こちらの方は雨も止み,晴れかかっていますが浅草方面はまだ回復していないようです.


   (画像をクリックすると拡大されます)

↓ ところが何枚か撮影しているうちにファインダーの中の色が突然濃くなりました.急激に晴れ上がって真っ青な空になり,スカイツリーも見る間にクッキリハッキリ浮き上がりました.EF8199の正面にも茜色の夕陽がスポットライトのように当たり,黄色いお顔が美しく輝きます.う〜ん!カシオペア色も悪くないんですが,ここはやはり赤い北斗星色でもこのライティングを見てみたかったですね.


   (画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↓ 推進回送の出発は先日と同じ18時40分でした.↑と同じコントラストだと機関車のサイドが真っ黒になってしまうので.このカットだけコントラストを弱めにして,全体に色の彩度を上げています.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓ 以前はボンネットのJR西の489系使用だった「ホームライナー鴻巣3号」.18時44分に強烈な正面ギラリで尾久駅ホームを通過します.凄い色でしょう! やはりこれ電気釜ではなくボンネットでやりたかった!


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↓ 19時を過ぎるとさすがに陽も落ちて薄暗くなります.1レの露払い役,185系特急「あかぎ5号」.
露出をオートにしていたのでライトを拾って暗くなってしまいました.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓ 3分後,結局4日前とほぼ同じ場所で1レ「北斗星」撮影しました.晴れていたこともありますが,先日より大分明るくなったような気がします.
この白っぽいオデコは迫力ありませんね.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

日暮里通過シーンもチャレンジしてみたいですが,残り少ない時間,天気と自分の時間と被られない運が掴めるかどうか.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/06/17 AM 11:04:28 | [東京スカイツリー]

No.1004 1レ「北斗星」EF81を撮る
6月6日シリーズの途中ですが,昨日の取材分が割り込みます.


    (画像をクリックすると拡大されます)

最近ネットでEF510500が運用に就く.とのまことしやかなウワサが流れています.それは今週末(昨日か今日!)からであったり,今月末からであったり,来週の「カシオペア」からだとか,いずれも正式アナウンスの無いまま情報だけが一人歩きしているようです.
しかし,すでにEF510は507号機まで登場していますし,連日のように試運転訓練運転が数ヶ月前から行われていますので,いつ置き換えられても不思議ではありません.

今は一番陽が長い時期ですので,上野発19時3分の下り1レ「北斗星」もなんとか撮影出来るかもしれませんし,建設中の東京スカイツリーとの組み合わせもぜひ押さえておきたいところです.

と云うことで,昨日午後から行ってきました.場所と云えば考えられるのは尾久駅しかありません.先日ロケハンをしたところ,尾久駅ホームからスカイツリーがよく見えました.また目の前の尾久車両センターの出発線には「北斗星」に使用される編成が留置され,出庫前には牽引機関車が連結されます.そのバックにはスカイツリーがドーンとそびえる↑と云う絶好のアングルが得られます.なぜもっと早く来なかったのでしょうか?


    (画像をクリックすると拡大されます)

↑ 本年1月に京浜東北線を引退した209系電車.半年が経ちましたが数編成が尾久車両センターに留置されていました.廃止前には撮影出来なかったスカイツリーとの組み合わせが撮影出来ました.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ 時刻は15時.まだ出発まで3時間以上ありますが,DE10に牽かれて1レの編成が入線.「あけぼの」編成と並びます.土曜日ですので「カシオペア」編成は北海道に行っています.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ テクテクと田端機関区の方へ行ってみます.留置線にはEF8195をはじめ10両以上の機関車が停車していますが,完全な逆光でまったく写欲が湧きません.さらに歩いて尾久駅の王子寄り踏切から客車整備工場を撮影しました.バックはもちろんスカイツリー.


   (画像をクリックすると拡大されます)

↑ 踏切に併設されている完全密封形(エレベーターで上下します)の跨線橋から211系を後追いします.網線入りガラス窓が施錠されていて開けられませんので上手く写せません.もちろんスカイツリーも居ますよ.小さいですけれど.

まだ時間がありすぎるので,すぐ近くの都電荒川車庫まで6日に続いて歩いて行ってみました.今日も8800形は総出の大活躍.旧阪堺色の7511号は裏の留置線に6086号と並べて置いてありました.まあ先日たっぷり撮影していますので残念でも何ともないのですが.ちょうどやって来たファンの人が「いくら待っても来ないはずだ」と嘆いていました.センセーショナルにデヴューした次の土曜日なんですから見に来る人も多いと思います.走らすべきでしょう.8800形デヴュー時の運用もそうでしたが,その辺のデリカシーが無いようです.普段は結構アバウトな運用をしているようにも見えるのですが,融通を効かせて欲しいものです.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ 再び尾久駅まで歩いて戻り,機関車がやって来るのを待ちます.田端機関区の尾久側にはヘッドマークを付けたEF81が停車していましたから今日はまだEF510ではありません.
下り211系の進入です.これも中央線に転属予定ですから,スカイツリーとの組み合わせは見られなくなります.1レはこのポジションで撮影に決定です.ちょうど時計が吊り下がっているところです.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ 通過中の185系「あかぎ」,日中では数少ない優等列車です.上の211系のポジションより200mほど王子寄りです.ここからカメラを右に振ると出発線の「北斗星」編成の真正面になります.



     (画像をクリックすると拡大されます)

↑ 18時27分.待望のEF8188が連結されます.架線ビームがうるさいですが,東京スカイツリーと鉄道を絡めたシーンでのベスト3には入ると思います.300mmレンズで特急ブルトレヘッドマーク付きの赤いEF81.それも夕陽順光なんですから,私だったらナンバー1に推します.如何ですか?


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ ヨコ位置だと右に「あけぼの」編成.左に209系が入ります.さらに右には国鉄特急色の485系も居るのですが,1カットには入りませんでした.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ 100mほど上野寄り,ここでもEF81の顔が柱と柱の間に見えます.客車のサイドも少し入りますが,この位置だとスカイツリーの下部がビルと重なってしまいます.
なかなか上手くいかないものです.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ 18時40分にブロワーがうなり出して後退をはじめます.先ほど入換えをしている時には盛んに鳴らしていた汽笛は鳴らしません.少し動いて機関車が柱と柱の間に入った瞬間にシャッターを押します.ほんの一瞬です.焦点距離は50mmまで広げたのでスカイツリーは小さくなってしまいます.
実はこの出発時間が判らず(上野駅の入線時間は18時48分です),下り電車と被るのではないかと心配しました.この直前にも一本来てます.推進運転でも上野まで8分で行ってしまうんですね.


     (画像をクリックすると拡大されます)

↑ 構内を出る瞬間を300mmで抜けます.このシーンがスカイツリーを一番大きく入れることができました.ただしこの機関車部分をピンポイントで合焦させるのは難しいです.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ 1レ「北斗星」の尾久通過は19時7分頃.待っている間どんどん暗くなります.ホームには小学生を含む同業者が5-6名.しかしここ一番と云う決定的ポイントは無いため,パラパラと分散しているので問題はありません.私は前に決めたところでスカイツリーが入るように,時計の位置で構えます.そばには誰も居ません.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ とりあえずマニュアルフォーカス,マニュアル露出で置きピン一発勝負.まず本命の上のカットを切り,後は惰性で連写しました.3カット目までなんとか機関車正面にピントが合っていました.
これは2カット目です.上のカットは少し明るく写っていますが,実際はこちらのようにかなり暗い状態です.レタッチを変えてみました.右上の照明灯が連なる客車の肩の部分を照らしてくれています.

もう少し手前まで引っ張るとホームの照明が前面に当たりますが,少々不自然に見えるかもしれません.

EF510500もなかなかフォトジェニックでスタイリッシュですので、新しいシーンも楽しみです.さらに背丈を延ばすスカイツリーとの組み合わせも,尾久駅ホームからは良いポイントになりますね.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ 6月6日に撮影したEF510-506の試運転です.上野駅からの推進回送を鴬谷で後追いです.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/06/13 PM 05:55:39 | [東京スカイツリー]

No.992 今年は都電とバラとスカイツリー

     (画像をクリックすると拡大されます)

西武赤電オフ会の準備をしたり,実施後はその余韻に浸っているうちに気が付いたら今日はもう5月22日.そういえば都電のバラはいつも何日頃行っていたかな?とふと思い出して昨年行った日付を確かめてみると何ともう過ぎていました.今日は晴れれば何処かに行こうかと思っていたので,準備をして荒川線へ出かけました.

6年目の今年は何処で如何様にに撮るか?悩むところですが,今年はスカイツリー絡み限定ということでポイントを探してみました.
やはり電車のバックにドーンとスカイツリーが建ち上がるシーンが希望ですが,僅かな直線区間の延長線がスカイツリーと一致するのは荒川区役所前-荒川2丁目間と熊野前駅付近の2ヶ所のみです.しかもその方向に高いビルやマンションが無いことが条件になります.熊野前の方は例年バラはほとんど咲いていませんのでまず荒川区役所前付近で撮影しました.

しかし毎年思いますが,都電の撮影は何処でも撮れそうにみえて意外と撮影できるポイントは少なく,難易度が非常に高いです.しかしそれだけに撮りがいがあります.作例も電柱と飲み物自販機などの隙間に体やカメラを突っ込んで,膝をついたり背伸びしたりして(苦労して?)撮影しているものです.
ツリーをできるだけ大きく入れたいこと.周囲の景色,雑踏や電柱を整理しようとすると,ほとんどがタテ位置の構図になってしまうのは痛し痒しと云ったところです.(別にタテ位置が嫌いなわけではありませんが,Web画面では天地寸法を大きくとれないので苦手です)


     (画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)

↓ポイントを探しながら線路沿いを歩いていると,三ノ輪橋駅まで来てしまいました.ローズガーデンのような駅構内のバックにスカイツリーの頭が見えました.8804の出発を撮ろうと思ったら到着電車と被ってしまいました.


(画像をクリックすると拡大されます)

三ノ輪橋は買い物客や観光客で雑踏していましたので,また荒川区役所前まで逃げ戻ります.

↓区役所前-2丁目間の線路際に新しいショッピングセンターが出来ていて,屋上駐車場までのスロープ上から撮影できます.店の人に声をかけると「全然大丈夫です!」とのこと.(僕らの年代は全然+肯定形に抵抗がありますが,戦前までは全然普通に使われていて文学作品にもよく使われていたそうです.戦後の国語教育で『全然』は+否定形のみで使用と指導されたもので,ここに問題あったようです.青春を返せ!驚くことに中学の数学では僕らの習った数年間だけ,数字の区切りのカンマの位置を4桁毎に入れさせられたんですよ:余談でした)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)

↓そういえば来るのは7000形ばかりで7500形が来ないな,と思っていたらやっと「貸切車」で現れました.ちゃんと走っている定期運用は1両のみでした.8800形の増備で廃車が進んでいるようで,すでに7501も無く,残数は5両(うち1両は6月6日より阪堺色化)とのことです.
来年3月の全廃直前には,送り人のあいつらが大挙して押し寄せる予感がします.桑原,クワバラ!初夏のバラとの2ショットは今年限りなんですね.

今日は土曜日と云うのに,お会いしたカメラを持ったファンは両手に達しませんでした.荒川車庫のイベントの時に集まるあの多くの人たちは何なのでしょう.



     (画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)

↓8800形も3両が運用に入っていました.なぜか度々被られて,なかなか上手く撮影できませんでしたが,去年のように残念感はありませんね.これからどんどん増えますし.


     (画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↓荒川区役所前でお会いした方から,熊野前でも「ツリーをバックにバラを入れて撮れますよ」と伺っていたので行ってみました.でも全然ダ〜メ.狭いホーム上から何とかこんなカットしか撮れません.バラの基準が違ったようです.
でも昼間は動いていなかった9001・9002が来たので良しとしましょう.
しかし両側の「ニコニコ質店(七対子?)」の看板,学習院下の「白十字」以上に目立ち過ぎです.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)

天気には恵まれませんでしたが,今年はもういいかな?と思っています.本編のコンテンツも今年は作りません.
スカイツリー板にも別カットを展示しています.

6月6日から「阪堺色」の7500形が登場するそうですが、あんまり興味ないですね.阪堺の実物車両が来るならまだしも.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/05/22 PM 03:29:04 | [東京スカイツリー]

No.990 これはスカイツリー?


新松戸駅から東京スカイツリーが見えるとの情報があったので,出かけついでに寄ってみました.
ちょうど線路の左側にそれらしきものが見えるのですが,ちょっと違うような.
300mmで撮影後,モニタを最大限拡大してみるとやはり違うようです.
紛らわしいですね,肉眼で見た目,そうだと言われれば信じてしまいますよ.きっと.



帰宅後地図で確認すると,見えるとすれば線路の右の方になることが判明.後日また確認しに行ってみます.見えなかったような気がしますけど.

追記:5.22に再確認しましたが,本物のツリーは新松戸駅からはビルの影になり見えません.
情報は本記事の塔と間違えたようです.ではこの塔はなんなんでしょうね?
方角的には市川,葛西方面になります.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/05/16 AM 03:48:46 | [東京スカイツリー]

No.975 浅草ビューホテル27Fから俯瞰

     (画像をクリックすると拡大されます)

昨日の追記のお約束通り、秘蔵俯瞰ポイントへ行って参りました.
318mになった東京スカイツリーの、おそらくベストなビューポイントと思われます.ここは27Fにあるフレンチ・レストランで、ランチタイム終了後の14時30分〜16時30分はティータイムの営業です.空いていますので撮影も可能になります.

眼下に浅草寺境内や浅草花やしきを見下ろせます.浅草寺本堂は現在修理中ですっぽりと大きなカバーに覆われていますが、美しい五重塔とツリー、そして小さくスペーシアの3ショットは絶景と云えます.晴れていればこの時間は順光で最高のシチュエーションです.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ティータイムのメニューは、ドリンク(アイスティーをチョイス.アルコールはありません)+デザート(本日のケーキをチョイス)のみ.少々エクスペンシブな感もありますが、展望台入場料がプラスされている、と考えれば安いもんです.
通常はおっさん一人でこんなメニューを頼むことなんて、先ずありえませんが.


(画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)

電車が小さくなってしまうのはいたしかたありませんが、実際来てみるまでは東武線自体が見えるかどうかも判っていませんでしたので、ビルの隙間に見えた時は思わず「やった!」の心境でした.
光線状態も最高で、最初は奇麗に光が当たっていたのですが、2本目のスペーシアが来る直前に陰ってしまいました.この時間はスペーシアが1時間間隔になってしまいますので何度もチャンスはありません.
しかしツリーの高さがこの2倍になってしまったら、景色としては迫力もんでしょうが電車が芥子粒のように小さくなってしまい、鉄道写真としては無理かもしれません.おそらく16mm(=24mm相当)ではトップまで入らないと思います.そう云う意味では今のうち、と云うところです.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、3月分全部はこちらからでも
2月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/03/17 AM 11:04:28 | [東京スカイツリー]

No.941 好天に誘われ、またスカイツリー

       (画像をクリックすると拡大されます)

昨日は夜に友人達と新宿で呑む約束をしていました.出かけるのは夕方でも良いのですが、あまりにも天気が良いのでどこかで撮影をと考えた結果、先日に続いてまたも浅草で東京スカイツリーと東武電車にカメラを向けることにしました.

好天の日曜日とあって人出は多く、スカイツリーの撮影ポイントでもカメラを持った多くの人を見かけました.しかし、不思議なことにそのほとんどが私よりも年輩の方々です.2-30代の若い人や子供達は見かけません.どうもこういう光景は興味の対象外のようです.
今後東京スカイツリーが東京で当たり前の景色になった時、その建設中の姿は貴重なシーンになるに違いありません.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)



(画像をクリックすると拡大されます)



(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

隅田川を渡り、線路に沿った水路に係留された屋形船を前景に次々にやって来る電車を撮影します.


     (画像をクリックすると拡大されます)

水面に写るスカイツリーや電車が波でぐしゃぐしゃに歪んでいるのが面白い.


(画像をクリックすると拡大されます)



     (画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)

先日に続き業平橋駅ホームから見上げた構図の端に、この部分だけピンスポットで夕陽が当たる「りょうもう号」を添えてみました.

この後曳舟駅から亀戸に出て、総武線で新宿に向かいました.途中参加の2人を含め4人で約6時間呑み続けました.参加の皆さんお疲れさまでした.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/11/16 AM 03:48:46 | [東京スカイツリー]

No.940 東京スカイツリーを見に行ってきました

(画像をクリックすると拡大されます)

先月は王子の北とぴあから遠望した建設中の東京スカイツリーですが、今日は近くまで見に行ってきました.
場所はもちろん東武伊勢崎線の業平橋駅前というか駅の真横です.ここは東武鉄道の貨物ヤードの跡地.近年は京成押上駅に接続する地上ホームがあり、通勤時間には電車が乗入れていました.地下鉄半蔵門線が開通して東武と直通運転するようになり、その地上ホームも役目を終えていました.

当然のことながら東武電車との絡みが期待されるのですが、下町の住宅密集地でもありますので.どんなもんかいな?と云う気持での訪問でした.
先日の王子からは目立っていましたが、まだまだ現在の高さでは意外と遠方の地上からは目立ちません.北千住から電車の先頭で見ていましたが、一つ手前の曳舟駅まで確認できませんでした.

まず行ったのが東武浅草駅の上、松屋の屋上です.予想通りよく見えるのですが、金網越しの斜め撮りではお手上げです.次回はコンデジを持っていきましょう.
そこで少々厳しいのですが、隅田川のたもとからガーターの隙間を狙って撮影してみました.


      (画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)



(画像をクリックすると拡大されます)

業平橋駅ホームから見上げてみました.今日(2009.11.10)200mを超えたのだそうです.10月16日時点では176mでしたので、一ヶ月足らずで30m、1日約1m伸びてるんですね.636mになったらこの3倍!首が痛くなりそうですし、ホームから電車と絡めて撮るのは難しそうです.


(画像をクリックすると拡大されます)


      (画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

改札を出て曳舟方面へ歩きます.留置線の電車とスカイツリーを狙っていると、彼女達が偶然入ってしまいました.もちろん大歓迎です.


      (画像をクリックすると拡大されます)

おあつらえ向きの処に踏切があります.業平橋駅を出た下り電車は身を捩るようにSカーブしながら勾配を下り、ちょうどスカイツリーの真っ正面に出てきます.
ここに腰を据えて各列車にカメラを向けます.すでに同業の先客1名.また鉄ではないカメラマン(スカイツリー狙いのようです)や、通りすがりの通行人も足を止めて携帯のカメラで1列車撮影して行く人が多いです.やはり映画「3丁目の夕日」の影響でしょうか.
2年後にスカイツリーが完成して、夜間ライトアップされればこの踏切は素晴らしいポイントになりそうですが、その時点までこの踏切が存在しているかどうかは?です.


(画像をクリックすると拡大されます)


      (画像をクリックすると拡大されます)


      (画像をクリックすると拡大されます)


      (画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


      (画像をクリックすると拡大されます)

帰りに京成四ツ木駅付近から撮れないかと下車してみましたが、スカイツリーが何処に存在するかも判りませんでした.

帰宅すると夕刊にスカイツリーが200mを超えたと云う記事が載っていました.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/11/10 AM 12:39:29 | [東京スカイツリー]

No.938 東京スカイツリー

(画像をクリックすると拡大されます)

ここまで立ち上がってきました.現在174m(2009.10.16現在).2年後の2011年12月に完成すると634mになります.この約4倍の高さとは恐ろしい.

ここ王子の北とぴあは絶好のビューポイントになりそうです.まあ東京中何処からでも見えるでしょうが、真っ正面から列車のバックになるポイントが気になりますね.
この記事[ビルから俯瞰]のカテゴリーに入れましたが、俯瞰じゃあないですね.
2009.10.13撮影

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、10月分全部はこちらからでも
9月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/10/14 PM 07:18:22 | [東京スカイツリー]

≪ 前の30件| 次の30件 ≫









(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.