【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [すくすくBLOG]

No.1009 潮来の娘船頭さん2010

6.30追記:「湖面2号橋,歩道はあるのかな?」こんなこと書くと狙っている人に怒られてしまう.判る人にだけ判る話.高さ86mだそうです.



(画像をクリックすると拡大されます)

昨年の「No.896潮来の娘船頭さん」,今年も別のお嬢さんが櫓を操っていました.今年は何とか鹿島線列車とのコラボレーションを狙ったのですが,チャンスが何度かありました.
1度は鹿島神宮行113系列車,出発時刻の12時22分の30秒後,ドンピシャリ,合わせたように彼女の舟がやって来ました.しかも河岸に咲く花菖蒲を見学するために櫓を漕ぐ手を休めて説明をしています.これは絶対貰った!と思い,前川に架かる橋の上からさあ来い,さあ来い!と正面からファインダーを覗いていました.が,来ません.無情にも再び漕ぎ出し足下に消えたその時に約2分遅れで113系がガッタンゴットンとノンビリと現れました.ガックシ.このグズ、ノロマ〜!(失礼)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

    ↓ アヒル3羽がお出迎え

     (画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ このカットの後方に113系が入るはずでした.本当はタテ位置なんですが,後方の鉄橋は悔しい(虚しい?)のでトリミングでカットしました.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ 午後からは晴れて前川あやめ園の花菖蒲も美しく輝きます.この撮影している園内の橋の下に櫓漕ぎ舟の乗り場があるのですが,娘船頭さんの舟が乗船中です.しかしその前にもう一艘居るのですぐには出られないようです.
鹿島神宮方面から113系列車が接近して来てファインダーに集中します.ちょうど入ると思われた先行の櫓漕ぎ舟は,思いのほか速くて木の陰に入ってしまいました.残念,と思いきや急に娘船頭さんの舟の舳先がファインダーの左下に飛び込んで来ました.一生懸命漕いでいます.もう少しで画面に収まります.ガンバレガンバレと応援です.そして何とか間に合いました.
順光下の113系と花菖蒲と娘船頭さん.これ以上は無いと思われるシチュエーションなのですが,このサイズだと何故か消化不良です.全紙サイズくらいにプリントしてみたい1枚ですね.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/06/22 PM 03:29:04 | [花と小父さん鉄]

No.1008 鹿島線潮来の花菖蒲と最後の113系

(画像をクリックすると拡大されます)

昨年に続いて今年も潮来へ行ってきました.潮来は電車利用だと通常は柏から我孫子,成田,香取と3回の乗換えで,接続が悪ければ3時間近くかかってしまいます.しかも乗車する電車は撮影できません.しかしクルマで秘密の裏道をぶっ飛ばすとその半分もかかりませんので,選択の余地はなくなります.せっかくクルマで行くのならカメラを2台持ってくれば良かったのに,と気が付いたのは現地へ着いてからでした.そういえば昨年も同じように反省をしたはずですが・・・・.おばかさんでしたね.
三脚も積んであれば使いたい場面もありました,三段の脚立は常にクルマに標準装備してますが,本日出番はなしでした.



(画像をクリックすると拡大されます)

↑ 昨年撮影した鉄橋東側のポイント,今年は花菖蒲の本数が少ないです.ちょうど作業中の方に話を聞くと,最近まで咲いていたのですが,先日西側の本園の方に移してしまったんだそうです.去年は見事だった紫陽花も切ってしまったとのこと.ちょっと宛が外れました.
そのオジさんと話し込んでいると,上りの貨物がやって来てしまい,中途半端な場所からの撮影になりました.なんとEF65PF国鉄色でした.(原色はこの日はこの1本のみ)


    (画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ 今日は貨物の時間が調べてきたのと違います.この列車も予定より大分早く来ましたし,その前には10時頃の下りが遅れていたのか,クルマの中で休憩中にドドドっとやって来て撮り損なってしまいました.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ もう少し東側の花菖蒲は少しまとまって咲いていますが橋が邪魔になります.無理な格好の中腰で橋越しに撮ってみました.これより低いと遠くの花が入らず,これより高いと電車が橋の下に納まりません.
直前に可愛い小さな女の子が自転車で渡って行きましたが,そのまま居てくれたら絵になりましたのに..


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ 14時を回る頃から別の日のように急激に晴れて,真夏のようなかんかん照りになりました.東側だと逆光になりますので前川あやめ園の本園の方に回ります.平日とは云っても大勢の観光客が訪れ,潮来花嫁さんや潮来笠などの歌謡曲が大音響で流れています.
陽の当たった花菖蒲は初めて見ましたが,これだけ大量に咲いていると感動するほど美しいものです.この微妙な青や紫は写真で再現するのは難しそうですが.

14時47分に上り下りの113系が同時にやって来て潮来駅で交換しますので,園内の橋の上から花菖蒲畑と前川を俯瞰して前景とします.花菖蒲の中の遊歩道に人が入らず,鉄橋手前の道路に大型車が来ず,川に櫓漕ぎ舟が居れば最高です.待つ間,時々オジさんオバさん達の集団が,花の中の歩道に立ち止まったり記念写真を撮っていたりするので「ドケドケ〜ィ」と念じるばかりです.と云う中で撮れた奇跡的な一枚,ちょうど入った櫓漕ぎ舟は娘船頭さんが操っています.右には大型トラックの頭が見えています.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ あやめ園の橋の上からは目の前の潮来駅高架ホームがよく見えます.113系が2本停車中です.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ 交換の下りを後追いです.今度は花菖蒲畑を少し大きく入れます.娘船頭さんの舟はまだ橋の下に居るんですけど.

↓ 花菖蒲を撮り飽きたわけではないのですが,潮来駅のすぐ西側にある常陸利根川鉄橋が気になって見に行って見ると,対岸(千葉県側)からだとまともに順光になることが判りました.
113系を撮影する機会ももうあまりないでしょうから,次の15時25分の下りはそちらで撮ることに決定して,1kmほど上流の潮来大橋を渡って対岸へ回ります.こういう時にクルマは便利ですね.距離にしたら3km近くありますから,とても往復歩く気にはなりません.
常陸利根川の堤の上に座って列車を待ちます.直射日光は暑いのですが,川風が爽やかで心地よいです.「利根の川風袂に入れて 月に棹さす高瀬舟♪」古いな〜.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ 後追いの緑の田圃の中を行く姿も良いですね.本来上下50:50の構図はタブーなんですが,どちらも勿体なくて踏ん切りが付きませんでした.こういう時にはスクエアな6X6判を使いたくなります.

↓ 16時5-8分に上りの貨物と下りの113系が潮来駅で交換です.
再び前川あやめ園で花菖蒲の中の遊歩道からローアングルの構図を狙ってみます.画面の中にどれだけを取り込めるかが勝負(シャレではない)ですが,あまりワイドにすると車両が小さくなってメリハリが無くなってしまいます.

今度も手前の遊歩道にオジさんオバさんが,道路にクルマが来ないことを願うばかりです.ここは国道に抜ける幹線道で,潮来駅前の信号が青になり,大型トレーラー,パネルトラックやら観光バスやらがドドッとやって来るとお手上げです.道路の電柱と鉄道の架線柱に車両の頭がかからないように注意です.

PFの次は空コキでしたので単機回送のようになってしまいました.後の木の向こうに白い冷蔵コンテナが連なっています.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓ 交換の113系の後追いもクルマやオジさんオバさん達に被られることなく,バッチリ撮影出来ました.停車中の上り貨物最後尾の青いタンクコンテナはご愛嬌ですね.


(画像をクリックすると拡大されます)

これをもって本日の撮影を終了.
午前中の不運を覆すような午後の晴天.花菖蒲や紫陽花は雨の方が情緒がある,などとも云いますが,梅雨の時期の花ですから雨に遭う確率も高いです.でも私としてはやはり写真は晴れに限ります.自称晴れ男としては,まあ満足の撮影行でした.
ちなみに,昨年に続いて本日も,鉄道を撮影している同業者さんとは出会いませんでした.


潮来付近の地図ですが,赤矢印が撮影地点と方向です.

またまた裏道を快適にぶっ飛ばして,18時前には柏の自宅に帰り着いてしまいました.来年は113系はすでに無く,209系になっているはずですので,また行くかどうかは判りません.でも近いですからね.何とも云えません.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/06/21 PM 03:27:26 | [花と小父さん鉄]

No.931 花の名前は何ですか?

(画像をクリックすると拡大されます)

関東鉄道常総線各駅には前述の通り、コスモスがささやかに咲いていますが、それ以上に沿線で目立つ黄色い花が咲いています.まず取手駅を出て常磐線と離れるカーブ周辺に群生していました.さらに水海道までの各駅間いたる処に咲いている姿が見られます.濃い黄色、いわゆる山吹色とでも云うような色で、見た目は黄色いマーガレットといった感じです.まあいわゆる野菊の一種と云っても間違いはないかと思います.
先日撮影した大宝駅付近のカットでも1点、前景に入れているものがあります.
これだけ沿線で目立って咲いているのですから関鉄の方ならこの花の名前はご存知かと思い、まず水海道駅の駅員さんにうかがって見ました.最初に聞いた若い駅員さんは判らず、年輩の方を呼んで来てくれましたが何と知らないとのこと.さらにホームに居た運転手さんも同様のお返事でした.
次に駅のすぐ傍で見事に群生している南守谷駅↑↓の駅員さんも「判りません」.その咲いている場所近くに住んでいる方や、通りすがりの方に聞いてもまさかの「知りません」「判りません」の結果でした.

この花は栽培されているものではなく、勝手に生えて咲いてしまっている雑草、よく云えば野花なんですね.実は私の身近に花に詳しい人間が居り、いつもは写真を見せて聞いているんですが、今回は「これ今頃よく咲いているよね.でも名前は知らない」とのこと.そうそう自宅の近所でもあちこちで咲いているのが散見されます.こう云われてしまうともうお手上げです.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

でも実は私、この花を知っているんですよ.ただし100%の確信はなかったので確認してみたわけです.初めて見たのは40年近く前.北海道の日高線絵笛の牧場に咲いていました.関東でも筑波山をバックに畑の畦道に咲いているのを撮影したことがあります.
これはキクイモの類(キクイモ、キクイモモドキ、ヒメキクイモの何れか)だと思います.名前の通りキク科の花で根には芋がなります.環境に適応性が高く、かなり繁殖力が強いとのこと.常総線沿線のものは、以前は栽培されていたものが野生化したのではないでしょうか?
最近は薬草(天然のインシュリンと云われているそうです)として注目されているようです.

↓は1970(昭和45)年8月、日高本線絵笛-浦河間のC11210牽引貨物ですが、手前に黄色いキクイモの花が大量に咲いています.これはカラーで撮っておくべきでしたね.


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、9月分全部はこちらからでも
8月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/09/21 PM 03:27:26 | [花と小父さん鉄]

No.928 コスモス・レイルロード

       (画像をクリックすると拡大されます)

現在、関東鉄道常総線、竜ヶ崎線の各駅付近では「コスモス・レイルロード」として駅ホームや構内線路際に可憐なコスモスが咲いています.まだまだ小規模すぎて、なかなか列車とは絡めにくいですが、将来は箱根登山鉄道の紫陽花や都電の薔薇のように、線路に沿って咲き誇るようになれば魅力的な鉄道になると思います.
↑↓最初の3点は南守谷駅です.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↓守谷駅です.


(画像をクリックすると拡大されます)

ところで常総線でのキハ101型(もとJRキハ30オレンジ色、常総色)は毎日1往復の限定運用となっていましたが、昨日9月17日〜11月19日の間はコンクリート枕木交換(これもショックですが)のため、9月26日(土曜日)と毎週日曜日以外の日は運転されないそうです.明日からの5連休中に撮影を予定されている方はご注意ください.連休中の運転は20日の日曜日だけですよ.
せっかくコスモス・レイルロードをやっている連休なのに、気が利きませんよね.全く.

9月26日と日曜日の運転時刻は水海道11:23-下館12:14/12:38-水海道13:28です.これがすぐご近所を走る「SL真岡号」の時刻と完全に被っているという残念さです.

↓は9月16日、水海道駅に限定運用から帰着したキハ102です.私の乗車して来た取手からのキハ316と並びました.翌日から運休だなんてこの時点では全く知りませんでした.
キハ316も102もこの後続けて入庫.日中の常総線は全て新型による運行となります.


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、9月分全部はこちらからでも
8月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/09/18 PM 03:39:14 | [花と小父さん鉄]

No.921 大宝の蕎麦畑発見

(画像をクリックすると拡大されます)

8月29日は午後からフリーになったので、今まで自宅から近いのにまともに撮影したことのなかった関東鉄道常総線のロケハンにクルマで出かけました.
常総線は全国でも有数の未電化私鉄線ですが、南側の取手-水海道間は複線化されています.こちらは本数は稼げますが、単調な直線区間が多くて写欲の湧くポイントが見つけられません.
この日は程よいカーブや筑波山がバックに出来るポイントなどを求めて北部の下妻付近の線路沿いの細道にクルマを乗入れてみました.
全くの思いつきで出かけてしまったため、地図や運転時刻の下調べもしていませんでしたので、まず下妻駅に寄ります.なんと常総線全線全駅全列車の時刻表がゲットできました.
日中はほぼ30分間隔なので、上下線併せれば移動しながら撮影するにはちょうど良いインターバルです.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

予定通り筑波山ポイントなどを探しながら、大宝駅付近までやってきました.大宝駅は大宝八幡宮の門前駅で駅舎も神殿風の洒落たものです.駅近くで神社の森をバックに早咲きのコスモスや黄色い花など絡めながら撮影していましたが、駅の西側に薄緑色の畑か田圃が広がっているのに気が付きました.稲かと思いきや、よく見ると白い小さな花が咲いています.こんなところに蕎麦の花が、と思いクルマを駐めて畦道を歩いて探索してみると、ずっとずっと奥の方までも蕎麦の畑が続き、一面のカスミ草のような淡い花の絨毯に感激しました.
大宝駅付近では線路と少し間隔がありますが、一応沿って咲いているので作例のように筑波山とも絡めて撮影できるポイントがあります.しかし北側では線路は小山に隠れてしまい見えなくなってしまいます.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↑この写真はもう少し左右がありますが、一番奥から蕎麦畑のほぼ全貌を対角線で狙っています.遠方にオレンジのキハ101型が見えると思いますが、撮影地点からは1km以上あります.


(画像をクリックすると拡大されます)

29日は全部新型(さらに新型が登場しましたが)で運行されていて、もとJRキハ30の旧型キハ101にはお目にかかれませんでした.帰宅後調べてみるとキハ101は水海道-下館間を1日1往復の限定運用で、当日はすでに運転は終了していたことが判明.翌30日にも出かけました.
往復ともロングで撮影したため、↑のカットは大幅なトリミングしています.
両日の成果は9月1日「白い絨毯」として本編にアップしましたので、ご笑覧頂ければ幸いです.

※超ロング画像は実寸にサイズ縮小してしまうと、遠くの車両が鮮明に表示できません.いろいろ工夫してみた結果、画像ファイルのサイズは左右2000dpiにしてHTMLタグのサイズ指定で縮小表示をしています.結構重いので表示には時間がかかる場合もあるかもしれません.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/09/05 PM 11:54:18 | [花と小父さん鉄]

No.919 花と小父さん鉄は絶好調、新撮影地発見!

(画像をクリックすると拡大されます)

昨日偶然この撮影地と出会い、本日も撮影しました.岳麓に広がる白い絨毯は蕎麦の花です.
本当に素晴らしいポイントです.

山は名山ですが、山容に心当たりがあっても信じられないでしょう.
トップページの写真で何処か判ってしまいますね.

近々コンテンツでご覧頂きます.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、8月分全部はこちらからでも
7月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.




2009/08/30 PM 07:46:28 | [花と小父さん鉄]

No.898 横濱レトロ回送を撮る

(画像をクリックすると拡大されます)

今日は撮影の予定は無かったんですが、夜は高校時代の友人達との会合が新宿でありますので行きがけの駄賃ということで回送を東十条で撮影しました.
生憎かなり強い雨が降っていましたが、この場所は屋根付きガラス無し網無し脚立不要の特等席です.ご同業者様1名と濡れずにたった2人でgood shot!
EF65501が前の方が良かったのですがに.

石川遼クンおめでとう.


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/06/28 PM 07:22:44 | [花と小父さん鉄]

No.896 潮来の娘船頭さん

(画像をクリックすると拡大されます)

潮来には約6時間ほど滞在しました.鹿島線の列車は1時間半に上下1本ほどの113系旅客と、1日3往復の貨物列車のうち昼間にまとまって5本も来ます.この間に撮影対象になった列車は15本もありました.これくらいだとゆっくりロケハンやモニタチェックも出来て、食事時間も取れるのでちょうど良いくらいです.

その他にも良い被写体を見つけましたのでまったく退屈はしませんでした.しかし本場の観光地だけあって「潮来笠」「潮来花嫁さん」などの歌謡曲が常に大音量で流れています.

「娘船頭さん」は美空ひばりの唄ですが、本物も頑張っていました.3コマ目の笑顔のカットがお気に入りです.
実はEF65の貨物と、帰って来た娘さんの舟がドンピシャで上下になる瞬間があったのですが、残念ながら花菖蒲を手前に入れたアングルでしたので撮れませんでした.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


      (画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/06/19 PM 03:31:34 | [花と小父さん鉄]

No.895 潮来のアヤメは花菖蒲

(画像をクリックすると拡大されます)

今日は何かムシャクシャするので?クルマを飛ばして潮来まで行って「花と小父さん鉄」をしてきました.柏の自宅から60km少々の距離なんですが、利根川の堤防沿いの細い道路をほぼノンストップ.70分ほどで潮来まで行けます.電車で行けば2時間はかかりますし、本数も少ないのでクルマしか考えられませんでした.

潮来は現在アヤメのシーズン.前から一度この時期に行きたいと思っていましたが、なかなか機会が持てませんでした.
しかし、千葉の113系も何と京浜東北線のお古の寿命半分のはずの209系ゾンビに置換えられるとのこと.来年まで走っている保証は無いですし、食パン銀箱電車では写欲も湧きませんので今年が最後のチャンスだったかも知れません.

まあ例によってコメント無しでご覧ください.結構インパクトあるかと思います.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

ところで潮来では「アヤメ・あやめ祭り、特急あやめ」など「アヤメ」を売り物にしていますが、実は現在咲いているのは全部花菖蒲です.アヤメも少しは植えられているそうですが、5月中に花は終わってしまうとのこと.今の時期水辺に咲いているのは、ほとんど花菖蒲なんですって.ちなみにカキツバタは水辺には咲きません.
川の畔には花菖蒲だけではなく紫陽花も見事でしたが、なぜか赤っぽいのがありません.白と青のみです.電車、機関車、花菖蒲、紫陽花とすべて同じトーンでお揃い、鹿島線の鉄橋ガーターも洒落た薄緑色で景観の中で突出せず、梅雨の小雨の中でシックなムードでした.濃い青色のガーターに「JR鹿島線前川橋りょう」なんて大きく書かれたら台無しですからね.

小ブログ拙作をご覧になってお出かけになる方も居られると思いますが、私の写真だけ見て現地に行かれると、おそらくいろいろな意味で想像を裏切られます(良い方にも悪い方にもです).まあ、それは行ってのお楽しみとしておきましょう.
特にガイドもアドバイスもありません.不親切なようですが、ご自分でお調べになり、実際自分の足でポイントを探すところから作品作りは始まるんだと思います.

佐倉のチューリップに続き、今日も観光客はゴマンと来てましたが、電車絡みの撮影をしている方は何方も居ませんでした.やはり花は人気がない?

next


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/06/18 PM 03:39:14 | [花と小父さん鉄]

No.870 スカイライナーとチューリップ

(画像をクリックすると拡大されます)

昨日と同様、驚異のチューリップ畑とスカイライナーAE100形とのコラボレーションをご覧ください.こんなシチュエーションで見ると、AE100もヨーロッパの特急列車のように見えて来るから不思議です.

スカイライナーは2010年度に成田新高速鉄道(現北総線)経由となる予定で、同時にAE100形も山本寛斎デザインの新型に置換えられる模様なので、この場所での姿は来年までかもしれません.


(画像をクリックすると拡大されます)

好天になれば当然人出も見込まれます.チューリップの花は陽が当たらないと元気に開きませんので撮影は矛盾の中、結構厳しいですね.


(画像をクリックすると拡大されます)

昨日は朝9時頃から12時過ぎまでの滞在でした.なるべく人の居ない場所を選んで撮影していましたが、最後の頃には観光バスまで到着してもう満足に撮影できませんでした.しかし信じられない事に電車絡みの同業者は1人も居ない、というこの不思議.意外と知られていないようですよ.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↑昨日のカットとは異なります.この広い範囲に人が居なかったのは奇跡です.

場所は京成電鉄京成佐倉-京成うすい間、佐倉ふるさと広場です.入場無料というか特にゲートはありませんので自由に入れます.昨日は平日でしたのでクルマも楽々駐車できました.
日中は風車の建物内にも入れますが、残念ながら2階窓からの俯瞰撮影は視界が狭くて無理でした.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/04/23 PM 03:08:58 | [花と小父さん鉄]

No.869 ふるさと広場のチューリップ

(画像をクリックすると拡大されます)

先週からうずうずしていました.土日はチューリップ祭りで人が凄くて写真どころではないでしょうし、昨日一昨日は天気が悪く、歯痛で機嫌も悪し.
本日は朝から晴れそうでしたので出かけました.

いやいやこれはこれは嘘のような情景ですね.


(画像をクリックすると拡大されます)

なんか国(県?)籍不明の電車も来ました.


(画像をクリックすると拡大されます)

え?ここは何処か、って?・・・・・・・.一応地元です.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/04/22 PM 03:29:04 | [花と小父さん鉄]

No.868 大塚駅前雑然とした春

(画像をクリックすると拡大されます)

大塚駅前にもカラフルな春の花が植えられていましたが、光線状態やバックの乱雑さなどで良いアングルのポジションが取れず、さんざんな結果です.それでも7022が来るのでカメラを構えました.
可憐な花達に罪はありませんが、その美しさを活かせない自分の腕が残念です.


     (画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/04/16 AM 03:48:46 | [花と小父さん鉄]

No.867 フェリックスちゃん♪

(画像をクリックすると拡大されます)

我々の世代にはNHKで放映されていた当時のフェリックスちゃんがおなじみです.
フェリックスちゃん お利口利口 ネコちゃん ♪
原曲は
Felix the Cat the Wonderful Wonderful Cat ♪

何年か後民放に移り『とびだせフィリックス」となりました.

その後毎日午後7時ちょっと前の数分間のシリーズでも放送されてました.この時間にはオ〜リンピア〜!のマイティ・ハーキュリーもありましたね.

この都電フィリックスのスポンサー、東日本銀行ですが、改名前はときわ相互銀行といいました.もともと茨城県の銀行だっただけに、荒川線の沿線、東京でも東寄りの地区に強そうです.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/04/15 PM 05:48:13 | [花と小父さん鉄]

No.866 くぬぎ山の梨の花

(画像をクリックすると拡大されます)

こちらも先日サクラ撮影に行った新京成くぬぎ山駅付近では、ご当地名産の梨畑にも白い花が一面に咲いていました.
ちなみに二十世紀梨は千葉県松戸市が原産地です.


(画像をクリックすると拡大されます)

濃いピンクの花はスモモ(=李)だそうです.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/04/14 PM 07:18:22 | [花と小父さん鉄]

No.865 逆井運動場4色の春

(画像をクリックすると拡大されます)

先日サクラ撮影に行った地元柏の逆井運動場付近の畑では、黄色も鮮やかな菜の花と白と薄紫色のハーブでしょうか、公園のサクラと共にカラフルな春を彩っていました.


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/04/13 PM 05:55:39 | [花と小父さん鉄]

No.864 某市某所のサクラ

(画像をクリックすると拡大されます)

高層ビルなどから大俯瞰することがありますが、このように3階程度の高さの真上から直近に満開のサクラを見る機会と云うのはあまりないような気がします.
時刻は夕刻17時を回った頃、路地では中学生の女の子達が地べたで車座になってお花見でしょうか.かれこれ1時間以上談笑中です.

残念ながら何処を探しても鉄の要素はありません.あしからず.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/04/11 PM 11:43:47 | [花と小父さん鉄]

No.863 都電7022 at 終まいザクラの飛鳥山&学習院下

(画像をクリックすると拡大されます)

飛鳥山のサクラは逆8分咲きで、晴天に恵まれて何とか花見気分にはなれそうです.サクラのシーズンは相変わらず色もの車両には恵まれず、9001・9002そして8801・8802の試運転も現れません.ゆいいつ7022のみが孤軍奮闘と云ったところです.

その後は学習院下へ行きましたが、こちらのサクラはもう終しまい.葉桜寸前の状態でした.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

今年は開花から満開までの期間が約10日間と長くて、ピークの時期が読めなかったため中途半端な撮影になってしまいましたね.

来月はもうバラですね.今年はどんな切り口で行きましょうか.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/04/10 AM 12:39:29 | [花と小父さん鉄]

No.862 サクラの見事な北王子貨物駅
今日はオフ日でしたが、昨日まで体調が悪かったのでお出かけはパスするつもりでした.ところが朝起きると素晴らしい晴天.体の方もすこぶる元気でしたので、急遽友人を誘って最後の花見鉄としゃれこみました.


    (画像をクリックすると拡大されます)

都内のサクラもピークを過ぎ、絵になるのは今日が最後のようです.行先ですが今まで北とぴあ17Fから見下ろしてばかりいた、サクラ並木の見事な北王子貨物駅(日本製紙物流東京事業部北王子倉庫)に初めて行ってみることにしました.ここには石巻から紙製品を積んだ貨物列車が1日4本やって来ます.田端操からの北王子支線は非電化のため、都内では珍しいDE10牽引の貨物列車が見られるわけです.
構内には立ち入れませんが、門前にある踏切から撮影することができます.隠れた有名撮影地だけに、列車が来る頃には平日ながら10名ほどのカメラマンが集合です.

↑王子方面からDE10牽引のコンテナ編成がやって来ます.バックの高架を新幹線が来るのを期待してタテ位置で構え、強く念じていると本当にE4MAXが駆け抜け2ショットカットが成功です!私には何かその種のパワーがあるのでしょうか.
この手前の東北本線と離合する地点からがすでに北王子貨物駅の一部であるため、デッキには前方注視のパイロットさんが乗車しています.

コキ10両を連ねた列車は一番右の荷下しホーム線に到着すると、↓すぐにDE10は切り離され機回し線を回って接近です.順光線を浴びた美しい赤い車体に向けられた、多くのカメラのシャッター音が響き渡ります.バックには満開を少々過ぎたサクラ並木がこちらも陽光を浴びて輝いています.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↓サクラ並木の下のコンテナ編成に連結され、出発までの間しばし憩いの時間です.時折サクラ吹雪が舞い、一服の名画のワンシーンを思い浮かべさせる様に、待機していたファンのカメラマンだけでなく、通りすがりの人たちもさかんに携帯電話のカメラを向ける姿が印象的でした.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓到着から10数分後、名残りの桜花に見送られて列車は田端へ向かって出発して行きました.


(画像をクリックすると拡大されます)

この後飛鳥山まで歩き都電を撮影しましたが、こちらのサクラも完全にピークを過ぎていて葉桜目前と云ったところでした.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/04/09 PM 04:18:33 | [花と小父さん鉄]

No.861 柏市地元サクラ鉄

(画像をクリックすると拡大されます)

今日は2時間程時間が空いたので、ご近所柏市内のサクラを訪ねてみました.
まず最初は昨日電車の中から確認しておいた逆井運動場付近です.ここは東武野田線の高柳-逆井間のほぼ中間辺りになります.昨日のくぬぎ山のように線路に並行して並木があると良いのですが、ここは直角で、しかも運動場の境のフェンスがあるので多くのサクラと電車が絡められません.
光線状態も悪く、電車も8000系6連オンリーと銀箱でないだけましですが、なかなか魅力的とは言いにくいところです.


(画像をクリックすると拡大されます)

次に向かったのは常磐線柏-北柏間の大堀川です.ここのサクラはまだ若くて花のボリュームは今ひとつです.あまり時間が無くて、続けてやって来る上下「スーパーひたち」狙いでしたが、運良く北斗星色EF81牽引の貨物がやって来ました.


(画像をクリックすると拡大されます)

昨日くぬぎ山の他のカットもお見せするように書きましたが、これは2009年春シリーズでコンテンツを公開までのお楽しみ.と言うことにしておいて下さい.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、3月分全部はこちらからでも
2月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/04/07 PM 01:03:41 | [花と小父さん鉄]

No.860 新京成電鉄くぬぎ山のサクラ

(画像をクリックすると拡大されます)

今日は先週からの予報が外れ、よいお天気になりました.仕事はオフなので家に居てはもったいないと思い、ご近所のくぬぎ山に行ってきました.リバイバルカラーの8501Fが千葉直通運用に就いていましたので、これをワンクール約2時間30分かけて2回撮影しました.

今夜は宴席がありますので今のうちに1枚だけアップしておきます.残りは明日にでもご覧頂きましょう.

next


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、3月分全部はこちらからでも
2月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/04/06 AM 12:23:36 | [花と小父さん鉄]

No.859 E231索子をポン!

(画像をクリックすると拡大されます)

宇都宮線、高崎線と湘南新宿ラインには頻繁に湘南色の帯を巻いたE231系がやって来ます.カメラを向けるのは露出やシャッタータイミングの確認をする時くらいですが、この時は上りの2本が並んで通過して行ったところに、さらに下りの湘南新宿ラインの電車が飛び出してきました.これは珍しいことです.反射的にカメラを構えて3つのお顔が並んだところで思わず「ポン!」

写真を見れば湘南帯のE231系のお顔は何となく索子の牌(七索や九索)を連想させます.運が良いと云えばそうですが、こんなことに運を使いたくないですね.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、3月分全部はこちらからでも
2月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/04/05 PM 11:54:18 | [花と小父さん鉄]

No.858 今年も王子のサクラ咲く

(画像をクリックすると拡大されます)

昨日は平日のオフ日、自宅近所の開花状況はまだ満開と言うわけではないのですが、陽気が良いので王子まで出かけてみました.北とぴあ17Fより見る飛鳥山公園のサクラは八分咲き、といったところでしょうか.まだ茶色い枝も少し見える状態です.
しかし、実際に公園に入ってみるとほとんど満開なのですから不思議です.来週の週明け頃が良さそうですが天気予報が芳しくありません.
さらに飛鳥山公園の明治通り沿いのカーブ部分の法面を工事中です.何故か良い風景を撮影に行くと肝心な場所が工事中で写真が撮れない、と言うことがよくあります.もちろん改良のための工事は必要なんでしょうが、一年に一度の飛鳥山公園の晴れ舞台の期間に施工するとは・・・.

また駅横のバラック飲屋街の廃墟が雑然としていて、肝心のところで気になります.そして最近ニュースで知られてしまった例の垂れ流し事件関連の工事や、都市計画による工事などせっかくの景観も美しい絵に仕上げるのには、なかなかハードルが高くて厳しい状況です.
ユンボや重機の一部が写っているのが撮影中には気が付かず、モニターで見ていて気付きトリミングせねばならなかったり、せっかく他の条件は完璧にクリアしているのにボツにせねばならないカットも数多しです.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

以上はすべて北とぴあ17F展望室からです.
↓は上からの絵にも写っている音無川親水公園の内部からです.都電が見えるポイントが少ない上に、並行してトラックやバスがやって来るのでなかなか上手く撮影できません.手前の信号で止められて、ヨーイ・ドンでダッシュして来るのですから被る確率は大変高いです.


(画像をクリックすると拡大されます)

この日の都電の色物は上から撮影した9001のみ.それもこの後は入庫して姿を見せず、9002、7022、そして新車8800は車庫で昼寝だったようです.
平日なのにどの電車も満員で、各駅では乗り残し続出.全車総動員で増発して欲しかったところです.多分今日明日は人出も最高でしょうから各車出て来ると思いますが、半端な混雑ではないのでちょっと近寄るのは遠慮しときます.
来週は月曜の昼間と水曜の午後、木曜日が空いています.ピークを過ぎた桜吹雪も絵になりますから、天候と体調次第ではまた出かけるかもしれません.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、3月分全部はこちらからでも
2月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/04/04 PM 06:08:25 | [花と小父さん鉄]

No.857 ゆくものくるもの
王子駅付近の歩道橋で「カシオペア」を撮影しようと待ち構えていると、京浜東北線用の209系がやって来ました.この場所では別に珍しくもないんですが、走って来るのは湘南新宿ラインの電車が走る一番右側の線路でした.これは如何に!どうやら廃車回送のようですね.
金網越しですが、サクラ咲く飛鳥山と北とぴあをバックに心を込めて撮影させて頂きました.合掌・・・・.


     (画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)

その2分後、同じ湘南新宿ラインの上り線にEF641030牽引の列車がやって来ました.後に続くのはなんと京浜東北線用の新車E233系でした.この2本の列車は赤羽駅手前くらいで離合したはずですが、両者の間にはどんな会話があったのでしょうか.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

ゆくものとくるもの(漢字では書けません)、サクラ咲く季節の新旧交代を思わぬところで実感させられてしまいました.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、3月分全部はこちらからでも
2月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/04/03 AM 01:12:08 | [花と小父さん鉄]

≪ 前の30件| 次の30件 ≫









(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.