【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [すくすくBLOG]

No.841 新作「門デフC57千葉を駆ける」をアップ

(画像をクリックすると拡大されます)

先日撮影して来た京葉線・内房線の門デフC57180をまとめてみました.
他の方の傑作のように鉄橋やカーブの爆煙シーンはありませんが、私なりの切り口をご笑覧ください.
なんと本編としては半年ぶりの更新です.

そこで大サービス!この場で全てのサムネイルをご覧頂いちゃいましょう.もちろんこの絵をクリックしても拡大はいたしません.ぜひ大きい絵を見てみたいと思われる方は、お手数でも本編トップページからご覧ください.




なお轍楽之路のURLは
http://tadayusaku.3.pro.tok2.com/
です.
一部検索サイトでは最後にindexf3.htmlが付いている場合がありますが、これはトップページの一部のフレームであって完全なファイルではありません.BGMも鳴りませんし、カウンターも回りませんので閲覧およびブックマークはぜひ本来の
http://tadayusaku.3.pro.tok2.com/
からお願いいたします.

弊轍楽之路サイトのトップページは正しいURLならこのように見えています.↓



next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/02/18 PM 03:39:14 | [内房線C57門デフ春先撮り関連]

No.840 蘇我駅にて、C57門デフ他バラエティ

(画像をクリックすると拡大されます)

14日は千葉みなと駅で撮影後、蘇我駅の出発を撮るべく南側の陸橋にやって来ました.当然のように凄い人で、階段には鈴なり状態なんですが、上の道路の歩道にはほとんど居ません.でも線路にマンションの影が落ちていました.気温も高くて煙もスカスカです.

ここには出発の10分ほど前ギリギリに到着したのですが、その間には頭パンタの付いた211系や京葉臨海のKD55やスカ色113系などがバンバンやって来て、目を楽しませてくれます.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↓ 485系の快速「春さきどり号」もC57よりも先に出発して行きます.晴天下の白い車体は大変撮りにくく、レタッチにも難儀しました.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓ 一瞬目を疑いました.蘇我駅ホームから出発してくる113系電車がダブって見えました.思わず強く瞬きしましたが見違えではありませんでした.内房線と外房線の113系がほとんど頭を揃えての同時出発です.架線柱が煩いのですが、最後のビームを潜ったところで一瞬のシャッターチャンスがありました.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓ C57を撮影後駅に戻る途中、原色のEF65PFが出区してきました.京葉線の貨物列車の先頭に付くようです.天気が良いのでポートタワーからは良い絵が期待できます.何しろ私が登楼した時に原色機が来たことは1回もありません.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓ 蘇我駅ホームからはC57列車の後部から解放されたDE101655が、後部にマークを付けたままC57を追って木更津に向けて出発して行きました.


(画像をクリックすると拡大されます)

このあと前日と同じく袖ヶ浦に向かいました.激パの小櫃川のカーブで撮る気は無いのですが、気温が異常に高いので他の場所だと煙が期待できません.袖ヶ浦ならおそらくサービス煙があります

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/02/16 AM 03:48:46 | [内房線C57門デフ春先撮り関連]

No.839 今日は門デフと「富士はやぶさ」1レ撮影

(画像をクリックすると拡大されます)

昨日は天気予報が外れ朝から良い天気になりました.前日に撮影に出かけましたので、家でのんびりしているつもりでしたが、この天気を見て急遽また門デフC57の撮影に行くことにしました.

↑ 木更津到着後のパレードラップ?(入庫前に順光の構内を往復)を久留里線のホームから撮影できました.その他の成果は前2回のものと併せて近々まとめたいと思っています.
いよいよ本日が最終日ということで曇天ですが沿線は賑わっていることでしょう.

昼の部終了後、まだ体力気力に余裕がありそうだったので「富士・はやぶさ」1レもねらうことにしました.木更津から新橋まではグリーン車をおごり、ビールを飲みながら快適な1時間半です.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ 夜の部はまず田町で回送を.今日のテーマは編成、列車というよりもEF66の迫力をアップで表現できたらと、グリーン車中で決めていましたので、ギリギリまで引きつけてレリーズします.先日浜松町で撮影した時はまだ暗かったのですが、今日は好天ということもありますがかなり明るくなっていました.

その後、京浜東北線で新子安まで移動です.ここはホームの照明を利用して撮影できます.架線柱やホチキスのような柵も無くて良い場所なのですが、平日は1レ通過の18時24分にちょうど京浜東北線の北行電車があり、ダイヤ通りだとまず撮影できません.ところが土日はこの京浜東北線電車の発車が1分早くなるので撮影できます.これでも30秒でも遅れればアウト!というリスクもありますので微妙なところです.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ ホーム照明があるとはいってもやはり暗くて、流し撮りが必須ですが今回は1/500secで止めることにしました.感度を上げるので画質が悪くなるのは承知の上です.ヘッドライトのハレーションが怖いのでクロススクリーン・フィルターを使います.6本のスノウクロスを常用してるんですが、前回ヘッドマークにかかってしまいましたので、30年前にデカペン6X7に使っていた4本のものを持ち出しました.フィルター径が違っていますがアタッチメントを2つ使用(49→55→67mm)すれば装着できます.
定時の23分に無事京浜東北が発車して行くと、もうEF66のヘッドライトが見えていました.置きピンした位置から5コマほど連写.これが最後のカットです.ホームの端に近いところにポジションを取りましたが、もう少しホームの中頃で撮影した方が正面に灯りが回るかと思うのですが、カーブと京浜東北線が遅れた場合のリスクを考えてしまいました.
さてもう一度行けるかどうか.

↓ このホームからはすぐ横を走る京浜急行の電車も撮影できます.全然光源が無いので真っ暗ですが.クロスを使うと1灯ライトが良い味ですね.


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/02/15 PM 05:48:13 | [内房線C57門デフ春先撮り関連]

No.838 ポートタワーは靄(もや)の中
最近カウンターのサーバーが調子悪く、非表示になることが多くなっています.みっともないだけでは無く、トップページが重くなってしまうのですから困りもんです.
何度か自前でCGIのカウンターの組み込みを試みたのですが、うまく動いてくれません.あまりひどいようでしたら乗換えも考えましょう.
そんな中で、小サイト轍楽之路は間もなく70万アクセスを向かえます.今どきキリ番企画は流行りませんが、3月3日で7周年にもなりますので併せて70万ヒット記念のキリ番をやります.
700000を踏んだ方はキャプチャー画像付きでメールか.掲示板に貼ってください.
メールでご住所を教えて頂ければ、何か記念品を用意いたします.




(画像をクリックすると拡大されます)

千葉みなと駅で撮影後、またポートタワーまで早足で移動です.天気が悪いですが、靄の中の都市バックは幻想的かな?との目論見がありました.
出発15分前に着きましたが、展望室は各窓に一人がへばり着いている位で6日の方が多かったと思います.空いている下側の窓からしゃがんで撮影です.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ これが撮りたかったんです.都市のビル群をバックにした臨港線に蒸機が走る.なんていうシチュエーションは日本ではあまりお目にかかれません.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ 勝田区485系K60編成使用の「快速春さきどり2号」と行き違いました.C57は上手く架線柱から外れてくれました.門デフも上手い具合に白バック.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ そういえば千葉みなと駅でDE10のヘッドマークを撮り忘れました.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ 袖ヶ浦まで行きましたが、人人人人!足下の不安定なこの場所で、春一番の強風に耐えながら何とか撮ったのですがバックが煩い絵になってしまいました.そのままでは少々絵面が汚いので、背景を全部薄くしてしまいました.まあ記念写真ということで.
ところでこの写真を見ていて、というよりも撮った瞬間に、はるか昔に同じようなカットを撮った記憶があるな〜と思い出しました.
↓ なんと1970年8月に鹿児島本線小川で、やはり門デフのC5760をうっとおしい架線柱を背景に撮影しています.複線区間で客車も同じ7両!背筋が寒くなるような偶然の一致でした.


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/02/14 PM 07:18:22 | [内房線C57門デフ春先撮り関連]

No.837 大激パ! 千葉みなと駅

(画像をクリックすると拡大されます)

いよいよ本運転が始まりました.上りホーム先端はもの凄い混雑、押し合いへし合いのお祭り大会です.揉まれているうちに最前列に押し出されてしまいました.


(画像をクリックすると拡大されます)

それほど欲しくもなかったんですが、130円の記念入場券も買えました.


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/02/13 PM 05:55:39 | [内房線C57門デフ春先撮り関連]

No.836 門デフ+スノプロ付きC57といえば

(画像をクリックすると拡大されます)

ミスマッチかと思いましたが、これがありましたね.鷹取式集煙装置と重油タンクはまさか付けるわけないですが.
1972.2 播但線生野-新井

千葉の門デフも明日から本ちゃん運転ですね.陽気も良さそうで、お尻の重い首都圏のオジさん鉄のみなさんも多数駆けつけるんだとか.
明日明後日、天気予報は今ひとつのようですが、機嫌が良ければどこか?出かけてみようかとは思っていますが・・・・・.花粉や黄砂が舞うそうなので、その機嫌がどうなりますか.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/02/12 PM 11:31:05 | [内房線C57門デフ春先撮り関連]

No.833 C57180+α 2ショット

(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↓おまけ.3ショット!


(画像をクリックすると拡大されます)

撮影は2月6日.千葉ポートタワーから.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/02/07 PM 01:03:41 | [内房線C57門デフ春先撮り関連]

No.832 門デフC57180が千葉みなとに!

(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/02/06 AM 12:23:36 | [内房線C57門デフ春先撮り関連]

≪ 前の30件| 次の30件 ≫









(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.