【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [すくすくBLOG]

No.729 いろいろ見えます

   (画像をクリックすると拡大されます)

サンシャイン60ほどではありませんが、千葉ポートタワーからも思わぬ遠方に鉄軌道が見えるところがあります.初めての訪問時にはなかなか判らないのですが、慣れて来ると地形と線路の関係が理解できて来て、たまたま電車が通過するシーンを目撃することになります.
冬の空気が澄んだ日や台風一過の晴天時などだと非常にクリアな視界が得られるはずですが、今の季節だと晴天でも何となく空気が淀んでいて写真にはきれいに写りません.さらにトリミングもしていますので画像はかなり粗いのは一応説明画像ということで、ご理解ください.言い訳ではありませんが実際600mmや1000mmの単体レンズを使っても、この空気では多少はましかもしれませんが、似たような画質になってしまうと思います.しかも重いし嵩張るし、三脚も必要ですしね.
↑は京成千原線千葉寺駅付近です.高層住宅が城郭のようにそびえ立ちます.


   (画像をクリックすると拡大されます)

↑ポートタワーのすぐ前(と言っても1km以上ありますが)モノレールの千葉みなと-市役所前のシーンは何回もお目にかけていますが、さらに千葉駅を越えた先、2号線が千葉公園の緑地に沿って走る区間が遠望できます.300mmを手持ちで構えて電車が来るのをひたすら待つのもつらいものです.待った甲斐があって黄色いラッピング編成が来てくれました.
さらに遠方にも都賀付近のモノレール線と車両が写っているような気がするんですが、画像を拡大しても地図と照らし合わせても可能性は否定できませんが、確証は持てませんでした.


   (画像をクリックすると拡大されます)

↑蘇我駅から京成千原線の高架を潜り、並行するように同じレベルまで登って来た外房線か内房線の113系です.カメラを向けていない時には京成線と、または113系同士の離合などを目撃しましたが、それからファインダーを覘いてカメラを向けたのではまず遅すぎます.

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/05/20 PM 10:01:07 | [千葉市[ポートタワー/モノレール]]

No.728 千葉港出船入船

   (画像をクリックすると拡大されます)

千葉ポートタワーは埋立て埠頭の先端近くに立っていますので、もちろん海側の眺めも抜群です.晴れている日には東京から対岸の川崎横浜方面から富士山まで見えるそうですが、今の時期は晴天でも薄く靄がかかっていて遠方の視界は良くありません.


   (画像をクリックすると拡大されます)

千葉港には貨物船、特に小型タンカーの出入りが頻繁です.↑はちょうど眼下の埠頭に着岸するシーンが見られました.


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

↑自動車航送船が停泊していましたが暫くすると後退して岸壁を離れ、方向転換してから出航して行きました.窓が無いノッペラボーの船体が面白いですね.
バックはJFEスチールもと川鉄の製鉄工場です.構内軌道はないかいな?と望遠レンズで偵察しましたが見当たりません.

↓他の船に較べると異常に巨大なタンカーが、何隻ものタグボートを従えてゆっくり入港して来てJFEスチールの埠頭に着岸しました.長さは300m近くあるでしょうか.写真では伝わりづらいですが、かなりの迫力です.

 
   (画像をクリックすると拡大されます)

撮影主目的の貨物列車の通過は次が来るまで1時間以上のインターバルがありますが、全く退屈しません.しかしあまり船に見とれていると、列車の通過を見逃してしまいそうなので時計に気を付けねば.

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/05/19 PM 03:31:34 | [千葉市[ポートタワー/モノレール]]

No.727 リベンジ205 VS モノレール

   (画像をクリックすると拡大されます)

No.719で京葉線205系とモノレールの2ショットカット撮影の願望を書きましたが、何とゲットしました.例によって一応晴天ながら靄のせいと、ガラスに対して斜めに撮影しているためにあまり鮮明ではありませんが、先頭車同士(205系は最後尾ですが)が重なってくれました.
しかし理想を言えばモノレールはもう少し右ですね.さらに贅沢を言えば201系か特急、貨物の電関との組み合わせも見てみたいものです.

この日はこんな2ショットも見られました.ちょっと苦しいですが、左上に外房線か内房線の113系が走っています.


   (画像をクリックすると拡大されます)

また行ったのかって? Ans. さあ〜.

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/05/17 AM 11:04:28 | [千葉市[ポートタワー/モノレール]]

No.723 千葉公園にて

   (画像をクリックすると拡大されます)

久しぶりの青空に誘われて薫風馨る千葉市内をカメラ散策していると、たまたま?新緑のきれいな千葉公園の横を通りかかりましたので暫し東屋で休憩です.ボートの浮かぶ池にはおそらく今日が最終日であろう鯉のぼりが、いささかくたびれた姿ですが最後の空中遊泳を楽しんでいました.

再び道路に戻り次の目的地に向かおうとすると、この場所には似つかしくないトンネルポータルが生け垣越しに見えました.しかも上部中央には何処かで見たことのあるマークが.どう考えてもこの場所にトンネルがある必然性は考えられず、どこかから移設して来たものかな?と考えましたが、こんな重いもの持って来るのは大変ですよね.


   (画像をクリックすると拡大されます)



帰宅後調べてみますと、この千葉公園はかつての鉄連の演習地跡で、トンネルポータルは当時の演習用のものなんだそうです.園内には橋脚なども残っているとのことですが、そういえば見たような気もします.
普段は、こういった遺構などにあまり目を向けたことはありませんが、良いものを見ることができました.トンネルの中に鉄連Eタンク機を保存すれば最高ですが、どっかにある奴ここに預けませんかね.

この前の記事はこちらから


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/05/10 AM 12:39:29 | [千葉市[ポートタワー/モノレール]]

No.722 千葉ポートタワーから電関電関電関

   (画像をクリックすると拡大されます)

「電関でんかん」という言葉は若いファンの人たちは聞きなれないかもしれませんが、僕らが子供の頃は電気機関車を略して「電関」と言うのが普通でした.このブログでは時々懐かしがって使ってしまいますが、どうかお気になされぬようにお願いします.でも「蒸関」とは言わなかったですね.蒸気機関車は何と言ったかって?もちろん単に「機関車」ですよ.機関車と言えば蒸気機関車が当たり前で、それに対する電関だったわけです.ディーゼル機関車は何と言ったんでしょうね?10歳までを過ごした浦和付近ではほとんど見かけなかったもんですから.

千葉ポートタワーのシリーズもとりあえず最終回です.でもまた再訪して新ネタがあればご報告します.
京葉線は以前は電車しか走っていなかったんですが、何年か前から武蔵野線から貨物列車が乗入れて来るようになっています.つい3月までは国鉄特急色のEF65Pなども来ていたようですが、今回私が見たEF65は貨物色のPFばかりでした.


   (画像をクリックすると拡大されます)

EF65の他には東海道を上って来たEF210も間合い運用で顔を見せます.4月30日は単機でした.


   (画像をクリックすると拡大されます)

そして3月から新顔登場!中央線から直接乗入れて来るEH200型牽引のタンカートレインが、夕方15時40分頃に姿を見せます.このポイントでのハイライトですね.EH型ですからさすがの迫力です.


   (画像をクリックすると拡大されます)

4月30日訪問の時は貨物列車の時間や機関車を調べないで行ったので、この列車は撮れませんでした.5月6日は情報を得て時間に合わせて行ったのですが、土日運休となっているこの列車が振替休日である6日に運転されるかどうか不安でした.通過予定時間には201系の普通電車が来たので休日ダイヤではやはり運休か〜、とほぼあきらめた瞬間に続行してえらい勢いでぶっ飛んで来ました.まさに「やったー!」の心境でした.
今まで貨物列車のシーンをアップしなかったのはこの肝心なEH200のカットが無かったからで、6日に撮れなければどうなっていたことやら.

ちなみに返しの実車編成の列車は19時15分頃の通過なので、夏至の頃でも日没後です.

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/05/09 PM 04:18:33 | [千葉市[ポートタワー/モノレール]]

No.721 千葉ポートタワーからJR・京成の銀箱競演

   (画像をクリックすると拡大されます)

蘇我駅方面に向かう205系電車をファインダーで追っていると、遠方に見える京成千原線に3000形がやって来ました.ここで京成の電車を認識するのは初めてです.このままファインダーの中では上下で離合する絶好のシャッターチャンスなんですが、両車の先頭部(205系は最後部)が架線ポールにかからないタイミングが難しいこと難しいこと.そちらに気を取られて205系の10両目が切れてしまいました.
京葉線が15分ヘッド、京成千原線が20分ヘッドの運転ですから、両者がこのように出会う確率は相当低いと思います.

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/05/07 PM 01:03:41 | [千葉市[ポートタワー/モノレール]]

No.720 千葉ポートタワーから結婚式と凧

   (画像をクリックすると拡大されます)

曇天や雨で欲求不満に陥っていましたが、今日は予報も実際も晴れ!本来ならば混雑する土日祭日は出かけるのを嫌うところですが、しばらく平日の休みは無いので贅沢は言ってられません.朝から千葉市方面へ出かけてしまいました.
本来の目的は内緒ですが、午後から少しの時間ポートタワーにも行くことが出来ました.4月30日の時は春霞でもやっていましたが、今日はまずまずの見晴らしで写欲も湧いてきます.

↑ところで近くのビルの屋上にあるチャペルを発見.ちょうど結婚式が終わったのでしょうか新郎新婦ご一行様が出て来ました.「これは京葉線の電車と絡められるぞ」と思ったのですが、こんな時に限って全然来ません.早く来ないとみんな引っ込んでしまうかもしれませんので気が気じゃあありませんでした.やっと来たのが205系、続いて257系もお祝いに駆けつけてくれました.↓やれやれ.
どこのどなたかは存じ上げませんが、末永くお幸せに.本日の青空はお二人の祝宴のお裾分けかもしれませんね.


   (画像をクリックすると拡大されます)

ポートタワー周辺は千葉ポートパークとして緑がいっぱいです.その芝生広場から凧揚げというかカイトを上げている人がいました.最初はあまり高く上がらず、私がカメラを向けている京葉線の線路と重なりそうになりハラハラです.肝心な?が来た時に被ったら降りて行って◯°ン◯の一つでも食らわそうかいな、と思ったほどです.
その後風を受けて上がる上がる!なんと113mのこちらより上までいってしまいました.
↓カイトが気持ちよく泳ぐ政令指定都市の千葉市ですが、市街地の外側は地平線まで一面の緑野ですね.


   (画像をクリックすると拡大されます)

↓257系の特急が来た時は少し高度を下げましたが、線路よりはるか上で問題はありませんでした.左側に写っていますが判ります?
なぜか「冬のリビエラ」を思わず口ずさんでしまいました.


   (画像をクリックすると拡大されます)

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/05/06 AM 12:23:36 | [千葉市[ポートタワー/モノレール]]

No.719 千葉ポートタワーからモノレール

   (画像をクリックすると拡大されます)

展望台からはJR京葉線の他に千葉都市モノレールの軌道が俯瞰できます.しかしこれが懸垂式なんで普通であれば上から電車は見えづらいところですが、うまい具合に直角カーブを外側から狙えます.
ここはNo.716 toppicture080501で下から撮影したカーブです.


   (画像をクリックすると拡大されます)

手前は京葉線の高架橋なのでJR電車vs.モノレールとの2ショットに遭遇したいところで、双方の電車が来るたびにファインダーを覗きます.しかしこれがなかなかタイミングが合いません.それも惜しいタッチアウトが何回も続くので、また次を期待することになってしまいます.
その中で一番ニアミスしたのが↓このカット.205系(お懐かしや、山手線で最後まで活躍した二段窓の先行車ですね)は上り電車ですから、最後部がやっとモノレール車両と同じフレームに入りました.中途半端にこんな写真を撮ってしまうと再チャレンジしたくなります.


   (画像をクリックすると拡大されます)

↓撮影していると113m展望台の窓の外側!に大きなカメムシが飛んできて貼り付きました.こんな高いところにまで飛んでくるんですね.驚きました.


   (画像をクリックすると拡大されます)

この前の記事はこちらから


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/05/04 PM 06:08:25 | [千葉市[ポートタワー/モノレール]]

No.718 千葉ポートタワーから特急電車

   (画像をクリックすると拡大されます)

京葉線を走る特急列車「わかしお」「さざなみ」にはE255系9両編成と、E257500系5両編成が使われています.どちらもご面相が私の好みではなくアップで撮ろうなどという気はさらさら起きませんが、これぐらいの俯瞰なら鮮やかな塗装が映えて好被写体といえます.

↓255系が後方から来る直前にクルーザーが動き出しました.最初はゆっくりだったので楽勝で並ぶと思い、もう少し左側でフレーミングしていましたが、途中から猛然と加速!クルーザーに合わせてどんどん右にカメラを振らざるを得ず、もうこれ以上ダメ、というところでやっと電車が追いつきました.結果オーライです.


   (画像をクリックすると拡大されます)

↓最初のカットに似てますが2番目のさらに右側になります.蘇我駅までもうすぐです.バックの高架は京成千原線.


   (画像をクリックすると拡大されます)

特急電車はおおよそ30分間隔で上下がやって来ますが、5両編成では貫禄がありません.
数年前までは定期で183系が走っていたのですから、展望台俯瞰に目覚めるのが少し遅かったかもしれません.まだ臨時などで武蔵野線経由で乗入れて来る可能性も無きにしもあらずのようですが.


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/05/03 AM 01:12:08 | [千葉市[ポートタワー/モノレール]]

No.717 千葉ポートタワーから201系

   (画像をクリックすると拡大されます)

中央線ではほとんど引退してしまった201系ですが、ここ京葉線では205系とともに主力としてバンバン走っています.
首都圏のJR通勤電車では貴重品の銀箱ではない国鉄型車両の生き残りです.首都圏ではスカイブルーの塗装は国鉄時代に無かったものですが、関西では東海道線山陽線緩行に存在しましたからまあいいでしょう、というか別に気にしません.というか201系にカメラを向けることになるとは昔は考えもしませんでしたけど.


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


↓日本じゃないみたいです.輸出された103系の走るインドネシアの港町、という設定はどうでしょう?

   (画像をクリックすると拡大されます)

↓銀箱の205系だとこんな感じです.周囲に溶け込んでしまって存在感がありません.


   (画像をクリックすると拡大されます)

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/05/02 PM 09:38:42 | [千葉市[ポートタワー/モノレール]]

No.715 千葉ポートタワーへ

   (画像をクリックすると拡大されます)

GWとは無関係の仕事をしていますが今日は久しぶりにオフ日と晴天が重なり、かねてから念願の千葉ポートタワーへ行って来ました.同じ千葉県とはいえ、柏と千葉をストレートに結ぶ公共交通機関は皆無です.国道は16号が両市を通っていて、クルマでは4-50分もあれば行けてしまうのですからバス便くらいあっても良さそうですが.
以前は運転免許の更新は千葉市の幕張で、旅券の申請は千葉県庁近くまで行く必要がありましたが、今はいずれも近くで済むようになりました.その他にも千葉市へ行く必要はほとんど無いようなので、交通機関も不要とも言えます.

実際行くとなると東武野田線船橋経由か、新松戸から武蔵野線西船橋経由で総武線または京成線利用ですね.東京都心に出るよりも時間がかかってしまいます.
まあ愚痴はそれぐらいにして、最近の展望台俯瞰というマイブームの一環として目をつけていた千葉ポートタワーに初登楼です.

↓4F! 113mの展望台からはこんな俯瞰が出来ます.

   (画像をクリックすると拡大されます)

↓展望台は一辺約15mの菱形で総ガラス張り(タワー全部、実はすべてハーフミラー.一面が1375mmX875mm、全部で5571枚) 、ビルのように框かまち部分がありませんのでガラスに直接レンズを接することが出来ます.
ただし、今日は地上では晴れていて青空も見えるのですが、上からだと春霞でもやっていて視界は良好ではありませんでした.
ここでの成果はまた少しずつ小出しでご覧頂こうと思います.どうぞお楽しみに.


   (画像をクリックすると拡大されます)

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/05/01 PM 04:12:07 | [千葉市[ポートタワー/モノレール]]

No.715 千葉ポートタワーへ

   (画像をクリックすると拡大されます)

GWとは無関係の仕事をしていますが今日は久しぶりにオフ日と晴天が重なり、かねてから念願の千葉ポートタワーへ行って来ました.同じ千葉県とはいえ、柏と千葉をストレートに結ぶ公共交通機関は皆無です.国道は16号が両市を通っていて、クルマでは4-50分もあれば行けてしまうのですからバス便くらいあっても良さそうですが.
以前は運転免許の更新は千葉市の幕張で、旅券の申請は千葉県庁近くまで行く必要がありましたが、今はいずれも近くで済むようになりました.その他にも千葉市へ行く必要はほとんど無いようなので、交通機関も不要とも言えます.

実際行くとなると東武野田線船橋経由か、新松戸から武蔵野線西船橋経由で総武線または京成線利用ですね.東京都心に出るよりも時間がかかってしまいます.
まあ愚痴はそれぐらいにして、最近の展望台俯瞰というマイブームの一環として目をつけていた千葉ポートタワーに初登楼です.

↓4F! 113mの展望台からはこんな俯瞰が出来ます.

   (画像をクリックすると拡大されます)

↓展望台は一辺約15mの菱形で総ガラス張り(タワー全部、実はすべてハーフミラー.一面が1375mmX875mm、全部で5571枚) 、ビルのように框かまち部分がありませんのでガラスに直接レンズを接することが出来ます.
ただし、今日は地上では晴れていて青空も見えるのですが、上からだと春霞でもやっていて視界は良好ではありませんでした.
ここでの成果はまた少しずつ小出しでご覧頂こうと思います.どうぞお楽しみに.


   (画像をクリックすると拡大されます)

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/04/30 PM 07:46:28 | [千葉市[ポートタワー/モノレール]]

≪ 前の30件| 次の30件 ≫









(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.