【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [すくすくBLOG]

No.621 安楽GALLERY (2)関鉄竜ヶ崎線のキハ04
12日から38-9°の熱が下がりません.仕事もお休みしています.明日のお出かけも行けなくなりました.頭はぼーっとしているし、喉は強烈な痛みで参りました.(14日追記)

風邪をひいてしまいました.15日はお出かけ予定なのでそれまでに治さねば.明日は朝から仕事です.(12日追記)



(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

安楽GALLERY第2回目は筑波鉄道の少し南側、常磐線佐貫駅から僅か4kmほどの区間を往復する関東鉄道竜ヶ崎線です.ここでは1982年までもと国鉄の機械式気動車キハ04型が使われていました.最終的にはトルクコンバーター式に換装されてましたが、気動車としては初のワンマンカーとして活躍していたようです.
撮影日はやはり1980年の8月某日、撮影場所はゆいいつの中間駅である入地駅周辺です.なんか暑そうな夏の雲ですね.
帰宅の学生さんなど乗客の増える夕方からは、もと滋賀県の江若鉄道から来たキハ07系などの気動車の車体を載せ変えたキハ531+キハ522の2両編成に車両交換されてしまいました.当時はさほど面白くもない被写体だったでしょうが、今見るとなかなかオツなシーンと言えます.

(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、10月分全部はこちらからでも
9月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2007/10/08 PM 04:15:49 | [安楽GALLERY]

No.620 安楽GALLERY (1)想い出の筑波鉄道

新シリーズ安楽GALLERYを時々公開します.これは本編の「気まぐれPICTURE」に代わるもので、いずれ本編からも閲覧できるようにするつもりです.


第1回目は1987年に廃止になった茨城県の筑波鉄道です.この写真たち、困ったことに正確な撮影日/撮影場所が特定できません.この頃は休日に天気が良いとクルマに撮影道具一式を積み込んで茨城県、栃木県、福島県などへと出かけていました.ドライブが主たる目的でしたが、線路があればやはり疼いてくるものがあり、できるだけカメラでのスケッチを心がけていたようです.
撮影日は1980年の9月某日、撮影場所は筑波鉄道紫尾-常陸桃山-真壁-樺穂辺りです.抜けるような青空ですね.

もと北海道雄別鉄道(キハ105)のキハ812.この後事故で大破して廃車になりました.

(画像をクリックすると拡大されます)

もと北海道雄別鉄道(キハ49200Y3)のキハ763+もと北陸鉄道能登線(キハ5301)のキハ541です.キハ541は前後に荷物用のバスケットを備えていますが、筑波鉄道で活用される場面はあったでしょうか.

(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

常総筑波鉄道→関東鉄道→筑波鉄道と会社名は変われど筑波線を走り続けた生え抜きのキハ504です.かつては国鉄水戸線に乗り入れて小山まで顔を出したこともあります.エアサスの足回りが自慢でした.

(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

これももと雄別鉄道(キハ49200Y2)のキハ762です.雄別鉄道で乗ったことがあるかもしれません.

(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

今考えればもう少しじっくり撮影しておくべきでした.特に筑波山中腹からの俯瞰はその場に立ちながら列車が来るのを待ちきれなくて、あきらめて立ち去ったことをたいへん後悔しています.まあこんなのばっかりですが.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、10月分全部はこちらからでも
9月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2007/10/07 PM 01:03:41 | [安楽GALLERY]

≪ 前の30件| 次の30件 ≫









(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.