【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [すくすくBLOG]

No.1056 ユリカモメ飛来

(画像をクリックすると拡大されます)

カモメが渡り鳥だと云うことをご存じない人も多いと思います.白鳥などと同じ冬鳥で暑い夏は遠くロシアのハバロフスクあたり,いわゆる沿海州付近で繁殖して,11月頃に日本に飛来して来ます.
いやまてよ,夏にカモメはいませんか〜?江ノ島あたりでも見たことあるし,近所の流山でも見たことあるような.カモメは夏の海の鳥のような気もしますよね.だってカモメールは暑中見舞いのハガキだし・・・・.

実は夏のカモメ,と見られてしまう鳥はカモメではなく,ほとんどがアジサシの仲間なんだそうです.こちらは南方系の夏鳥(又は旅鳥)です.一部ウミネコなどのカモメの仲間も留鳥として夏にも見られる可能性はありますが,その数は少ないようです.
昔,青函連絡船のデッキから餌をやっていたカモメはウミネコでした.ギャーギャー鳴いて賑やかなのがウミネコです.

先日浅草にスカイツリーを撮影に行くと,川面に浮かんでいたり,手すりにとまっていたり何十羽ものカモメさん達が日向ぼっこをしていました.見れば今年生まれたばかりの幼鳥が多いようです.この華奢な体で,はるばる日本海を越えて北海道から陸伝いにやって来たとは!お疲れさまです.

東京都の鳥はユリカモメ,神奈川県の鳥は都鳥みやこどりですが,これもユリカモメのことです.足と嘴くちばしが赤く.目の後の黒い斑点が特徴ですが,黄色っぽい足のもいます.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


    (画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

撮影は2010.11.5

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/11/12 PM 11:31:05 | [動物特集]

No.1025 大蜘蛛食事中

     (画像をクリックすると拡大されます)

房総丘陵の山間の地.滅茶苦茶に暑い田圃っぺりで列車が来るまでの間,体長5センチくらいの大蜘蛛が罠にかかった餌(蛾?)をむしゃむしゃ食らう様を観察していました.
腹側から撮影しています.やっぱりかなえという漢字に似てますね.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/08/01 PM 10:57:41 | [動物特集]

No.713 手賀沼のカワウ

   (画像をクリックすると拡大されます)

たまにはお口直しに我が家の近く、散歩コースにある手賀沼のカワウなどご覧ください.先日4月22日に撮影しました.
鳥の写真は大層奥が深そうですので、深入りはしないつもりです.


   (画像をクリックすると拡大されます)

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、4月分全部はこちらからでも
3月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/04/26 PM 05:43:43 | [動物特集]

No.457 千葉県に白鳥の湖!

(画像をクリックすると拡大されます)

昨日は嵐の後の異状天気、青い空と20°Cのポカポカ陽気に誘われて、午後の千葉県本埜村の白鳥飛来地に行って来ました.前回も書きましたがこの場所は柏の自宅からクルマで30分ほど.お気軽にシベリアからの使者と対面できます.
ところが昨日はいつもと周囲の様相が違いました.通常は稲刈りの終わった田圃の一画に水が張ってあるだけなのですが、前日の大雨で周囲の田圃も満水!巨大な池というか、沼というか、湖が出現していました.そしていつもはハクチョウやカモが大量に休んでいる辺りには一羽も居らず焦りましたが、少し離れた場所にまとまって避難?しているのを発見、一安心です.

(画像をクリックすると拡大されます)

いつものように時折数羽の集団が空を舞います.太陽をバックにしたシルエットが撮りたかったのですが、なかなか思うような方向に飛んでくれません.
強風でしっかり足を安定させていないと飛ばされそうになるのですが、上を向いてファインダーで追っているとつい足元がおろそかになりヒヤっとすること度々、カメラを持ったまま田圃に転げ落ちては洒落になりません.特に普通の人より表面積が大きい私は気を付けなければ.

ハクチョウたちは高速で(本当に速いです)飛び交うほか、強風を利用してグライダーよろしくフラフラと滑空するシーンも見られ、それを楽しんでいるようでした.大きく広げた水かきはフラップ代わりでしょうか.

(画像をクリックすると拡大されます)

こんな凄いカットが撮れました.何百羽という飛翔ですが、残念ながらこれはカモです.ハクチョウなら大感激なのですが.(閑人が数えてみたらこの写真の中のカモは約1300羽もいました!)

(画像をクリックすると拡大されます)

本埜村は成田空港にほど近く、いつもはランディングして行く機影が横切りますが、風向きの関係か昨日は逆に離陸して来る姿が見られました.ハクチョウさんとの同一フレーム・インも期待されますが、こればっかりは狙っても無理で偶然を待つしかありません.ピンが来てませんが、かろうじて.

(画像をクリックすると拡大されます)

また行ければ報告します.
飛翔シーンばかりをお正月にアップするべく、現在まとめています.

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、12月分全部はこちらからでも
11月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/12/28 PM 07:22:44 | [動物特集]

No.438 ハクチョウ飛来

(画像をクリックすると拡大されます)

昨日は天気も良かったので、自宅からクルマで40分ほどの(こんな書き出しが多いなあ)ところにあるハクチョウ飛来地に行って来ました.残念ながら鉄道絡みじゃあないので期待されている方には、あらかじめご承知置きください.
現在は約300羽ですが、昨年は最大1300羽来たそうなので、これからも日ごとに増えて行くものと思います.休日は見物客も多くて、数百メートル離れた駐車場から歩かねばなりませんが、平日の昨日は空いていてすぐ横の道路に駐車可でした.
田圃の一画に溜められた水部周辺に居るのは殆どがコハクチョウですが、中にはオオハクチョウも見られます.またその数倍もの数のカモ類がウヨウヨと同居していて壮観です.
時折2-3羽のグループが周辺を低空飛行で旋回して楽しませてくれますが、これをカメラで追うのは至難の技です.一度フレームアウトしてしまうとピントが無限遠にすっ飛んでしまうので再度捉えるのは不可能になります.

(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

15時過ぎに東の空に10羽ほどの群れが夕陽に輝きました.飛来です!
群れは迷うことなく狭い水面を目がけ見る間に降下してきて、最後は水かきを大きく広げ、ブレーキをかけて着水.遠路はるばるシベリアからの旅も感動の終着です.どうもお疲れ様でした.

(画像をクリックすると拡大されます)

7-10羽ほどの群れがその後3組ほど次々に飛来して来ました.同時に何十羽も着水できないので小グループに分かれたのでしょうか.他のハクチョウやカモたちでいっぱいの水面ですが、彼らを迎えるために着水用のスペースをちゃんと開けているのも不思議でした.

(画像をクリックすると拡大されます)

近いので機会があれば再訪して、また報告できるかもしれません.久しぶりに「とりっぱー」を更新しようかな.

行って見たいと思われる方はこちらをご参照下さい.

前回の記事


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/12/02 PM 09:38:42 | [動物特集]

No.340 黒豚の昼寝

(画像をクリックすると拡大されます)

1988年9月17日、中国山西省大同郊外で石炭列車を撮影していましたが、道端で美味しそうな、いえ、福々しい黒豚が昼寝中でした.「こんな凄いのは中国でも珍しいからぜひ写真を撮りなさい」と同行の中国の人が言うくらいでしたから、相当なものなのでしょう.残念なのは大きさを比較するモノサシ代わりになるものを一緒に写さなかったことです.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、8月分全部はこちらからでも
7月分全部はこちらからでも

2006/08/17 AM 11:04:28 | [動物特集]

No.339 こぎつねコンコン

(画像をクリックすると拡大されます)

2001年7月29日、積丹半島神威岬で出会った愛らしいキタキツネの子供達です.観光地なのに妙に人なつっこくもなく、急に寄っていけば逃げてしまいます.しかし何もしなければ、また近寄ってきて子供同士で遊び出します.ここは彼らのテリトリーなんですから、静かに静かに近づいていってカメラを向けてみました.

(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、8月分全部はこちらからでも
7月分全部はこちらからでも

2006/08/16 AM 03:48:46 | [動物特集]

≪ 前の30件| 次の30件 ≫









(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.