【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [すくすくBLOG]

No.472 オホーツク海沿岸夕景

知床半島ウトロ付近 (画像をクリックすると拡大されます.壁紙サイズはこちら)

1978(昭和53)年1月に撮影したオホーツク海沿岸の紋別渚滑付近、知床半島での夕景3点をご覧下さい.壁紙サイズもどうぞ.


紋別付近 (画像をクリックすると拡大されます.壁紙サイズはこちら)


渚滑付近 (画像をクリックすると拡大されます.壁紙サイズはこちら)

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2007/01/14 PM 07:18:22 | [北海道は素晴らしい]

No.341 森の小さな教会で♪

(画像をクリックすると拡大されます)

1989(平成元)年4月30日に廃止になった、標津線上武佐駅からほど近い森の中に「上武佐ハリストス正教会」(中標津町)があります.正教会というのはカトリックやプロテスタントなど、ローマから発展した西方教会に対して、コンスタンチノーブル(今のトルコ・イスタンブール)から広まった東方教会のことで、ロシア正教会、ギリシャ正教会などで知られています.日本国内での本山が東京お茶の水のニコライ堂(東京復活大聖堂)です.ハリストスとはキリストのギリシャ語読みになります.
千島列島に住んでいたクリル人(北千島アイヌと呼ばれた民族で、多くがロシア正教を信仰していたという)の方々が、歴史的な経緯により数度の強制移住を余儀なくされた中で、心の拠り所になっていた場所の一つがこの教会だったといわれています.設置されているキリスト像は信者と共に色丹島から移住してきたものです.


この教会、結婚式で歌われる歌としては定番曲のカラオケ画面のロケ地として使われたことがあります.
訪問したのは1995年7月ですが、ぜひ雪景色の中で見てみたいですね.

北海道はもちろん鉄道の撮影や、乗車目的の旅も魅力的ですが、レンタカーなどを利用して鉄道とは無縁の地や自然を巡るのも、なかなか感動的で楽しいものです.

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、8月分全部はこちらからでも
7月分全部はこちらからでも

2006/08/18 PM 03:39:14 | [北海道は素晴らしい]

≪ 前の30件| 次の30件 ≫









(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.