【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [すくすくBLOG]

No.1204 丸ノ内線後楽園駅俯瞰
7月29日
長い夏休み中ですが,今日は登校日というところですね.


(画像をクリックすると拡大されます)

先日アップした東京スカイツリーのコンテンツのまとめのカットを押さえるために,6月30日に初めて文京シビックセンターの25F展望ラウンジに登りました.
この場所は以前は文京区役所と文京公会堂があったところです.文京公会堂と云えば「ドリフターズ全員集合」がほぼ毎週,公開生放送が行われていたところです.最初に勤務した出版社が近所にあり、毎週金曜日の朝は搬入口にトラックが横付けされて,セットを運び込む様子を見ていました.

閑話休題,スカイツリーの写真は後回しにして,反対側からは小石川後楽園と礫川公園の間に丸ノ内線が通り「緑の中を走り抜けてく真っ赤な(ラインの)電車」を俯瞰することができます.ちょうど夕陽を浴びて銀の車体がギラリと光ります.こちら側は茗荷谷駅方向、池袋方面です.
左の小石川後楽園は水戸黄門こと徳川光圀ゆかりの庭園で,江戸時代は水戸徳川家の中屋敷であったそうです.
右の礫川公園は陸軍砲兵工廠の跡地で東京都戦没者慰霊園があります.
まさに都会のオアシスですね.


(画像をクリックすると拡大されます)

反対側,本郷三丁目駅方向大手町方面です.本郷三丁目からの地下区間の坂を下って,地上区間に現れます.
こちらだと左のスカイツリーから、すぐ右側にある東京ドームシティ(我々の間隔では後楽園遊園地ですが)の観覧車まで、16mm(換算24mm)レンズでちょっと苦しいですがなんとか収まりました.遠くに中央線水道橋駅のガード辺りも見えます.しかし小さすぎてスカイツリーとの絡みは無理でした.


(画像をクリックすると拡大されます)

下界に戻り,後楽園駅ホームへ.この駅はカーブしているので本郷三丁目駅方向を真っ正面に捉えることが可能です.すでに18時を回っていて電車の正面に陽が当たるのは瞬間的なピンポイントになりますのでシャッターチャンスが難しいです.久しぶりに来ましたが,丸ノ内線はホームドアになっているのでギリギリまでホーム端に寄れますし,肘を置く台にもなり撮影は逆に楽です.
丸ノ内線02系電車には懐かしのサインカーブが一部復活しているんですが,遠景や正面のアップではご覧頂けませんね.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

撮影は(2012.6.30)



↑この記事が面白い,役に立ったと思われる方はクリックお願いします.
コメントも送れます.


next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

 

2012/07/29 AM 11:09:55 | [ビルから俯瞰]

No.1075 2011年撮り初め-その2
1.21追記:ここ数日トップページのカウンターが死んでいます.クレームをつけたのですがなかなか復旧しませんね.一応予備のカウンターも仕掛けてあるんですが,そちらを呼び出そうとしたらそっちも死んでました.仕方ないのでしばらくほっとくことにしますが、トップページが重くなって困るんですよね.CGIで自前のカウンターを試したことがあるんですが、何度やり直しても動きませんでした.

ところで最近部屋の照明を明るいものに換えたら,モニタ画面の色が全く判らなくなってしまいました.部屋は少し暗めにしないと微妙な色調整ができません.特に18日に多く撮影したような逆光の写真は暗部の色出しが命なのですが、この加減がさっぱりです.見にくかったらごめんなさい.


↓ 以下が1.19の記事です.前日からの続きです.


(画像をクリックすると拡大されます)

柏駅から東武野田線経由でTX守谷駅へ.先頭部にかぶりついてスカイツリーが見えないか検証してみます.守谷から利根川鉄橋の手前で建物越しに1カット.かろうじて茨城県内での初カットになりました.↑

各駅停車に乗車して,ホームからスカイツリー絡みで撮影できそうな駅があれば下車しようと思ったのですが,残念ながら該当する駅はありませんでした.三郷中央駅が良さそうでしたが,目の前にある東京外環自動車道が邪魔してダメですね.
↓ 北千住駅では前にも撮影したことがあります.しかし強烈な逆光線に負けました.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓ 浅草の定番地で559m.世界第2位になったスカイツリーを間近から.ここまででかいと大きさの感覚がつかめません.あまり長い時間居られないのでスペーシアは撮影できませんでした.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓ こちらも定番になった尾久駅ホームから車両センターを見ます.今日は「あけぼの」編成が居ません.ちょうど「北斗星」編成が整備を終えて入線してきました.定位置に収まってしまうと電柱が邪魔になりますので動いているうちに1カット.
15:25分の「カシオペア」の推回発車を撮ろうと待っていたら,下り電車が尾久駅停車中に行ってしまいました.こんな被り方も珍しいです.


(画像をクリックすると拡大されます)

その後,安中貨物を上中里駅付近で撮影しようと歩きましたが,タッチの差で間に合いませんでした.今日はEF510-508でした.この付近をロケハンしながら王子駅まで歩き,飛鳥山公園に渡る陸橋上から金網越しにスカイツリーを入れて「カシオペア」を撮影しました.金網越しでは望遠にせねばならず、さらに位置合わせを手持ちで維持するのがきついです.↓


(画像をクリックすると拡大されます)

これで本日の撮影予定は終了.この後はドリンクタイム!です.→結局久々の午前様でした.



 ↑この記事が面白い,役に立ったと思われる方はクリックお願いします.

next


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

(コメントはコメント掲示板へお願いいたします)



2011/01/19 PM 03:31:34 | [ビルから俯瞰]

No.1062 安中貨物牽引機交替

(画像をクリックすると拡大されます)

今日は東北新幹線の全通.という大目玉のある歴史的なダイヤ改正日でしたが、これに伴う大物列車や路線の廃止などはなかった(と云っては北部が失われてしまった東北本線や,それに伴う特急の廃止などの関係やファンの方には怒られてしまいそうですが.)ので,それほどの大騒ぎにはなっていないようです.
新幹線も初日や初列車だからと云って特別な装飾など無く,あえて記録するほどの価値も感じられません.もちろんわざわざ撮影に行くつもりもなかったのですが,

ところで15両も新製しておきながら,「北斗星」1往復(17日から「カシオペア」に復帰)にしか定期列車に使われていないEF510の運用を調べていると,2-3日前より常磐線関連の貨物列車の運用に就き出していることを発見!人気の安中貨物も昨日からEF510-500が牽引していました.
これは面白そうだと思い,天気も良いので午後から最近また重くなってきたお尻を無理矢理持ち上げて出かけてきました.
安中貨物は地元柏も通過しますが,常磐線にはなかなか良い撮影地が見当たりません.どうせなら500mを超えたスカイツリー撮影もかねて,王子の北とぴあへ6月以来,久しぶりに出かけてみました.

誰のせいなのか?北とぴあは最近人気が高く,山形新幹線400系引退時には100名以上が押し掛けた.との話も聞いていたので撮影できるか心配でした.ダイヤ改正日だし,土曜日だし,晴れなので多くのファンが来ていても不思議ではありません.

ところがぎっちょん!家族連れ数組が居るだけで本格的にカメラを構えているファンは皆無.と云う拍子抜けでした.
強風のために新幹線在来線とも遅れているようで,京浜東北線以外は通常よりも運転間隔が空いているようです.

↑ 安中貨物は改正前の時刻では15時40分前の通過予定でしたが,遅れているのか変更になったのか,
遠景では背後の飛鳥山の森に完全に沈んでしまっているEF510-506+タキ15600+トキ25000形牽引でやって来たのは48分頃でした.暗くて特に暗い塗装の貨車は全く目立たず.一瞬なにか変な青い電車が単行でやって来たとしか思えませんでした
空は晴れているのですが冬の太陽はかなり低くて,線路は飛鳥山の影でかなり暗くなっています.スカイツリーとの2ショットは距離も遠いいし,晴れている空部とは露出が違いすぎました.↓ 何とか無理矢理だましてこさえた絵です.

前述したように横で撮影しているファンは皆無.一般の見物人の方も暗い線路をやって来た青い機関車の貨物列車の存在に誰も気が付かなかったようです.安中貨物を見ているのは私だけ.ぜいたくだ〜.
EF510牽引初日の昨日も撮影した人が居なければ,私が第一号なんですけどね.さて?


(画像をクリックすると拡大されます)

年が明けて陽が長くなってからの撮影が楽しみですね.今月は17日まで運休中ですが,30分ほど後には「カシオペア」もやって来る時間なのでEF510-500が続けて撮影できます.

撮影は2010.12.4

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


(コメントはコメント掲示板へお願いいたします)


2010/12/04 PM 06:08:25 | [ビルから俯瞰]

No.958 最後かな?貿易センタービルからの500系
昨日に続いて、本日も晴天に誘われて撮影行です.昨日は被写体がハクチョウさんでしたので、今日が初鉄というわけです.
本当は20日に予定している轍楽之路サイトリニューアル・オープンへの作業をしなければいけないのですが、2月10日までの金(10日は水)曜日は500系2往復の日.それも10数分間隔で続行してくるという、撮影には大変効率の良いものです.そんな日と仕事がオフの日と晴天が重なるチャンスを捨てるわけにはいきません.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑↓まずは上りです.貿易センタービル展望室からは完全逆光で、目の前に太陽があります.ここであえて広角16mmでワ〜〜イドに東京港からレインボウブリッジまでをバックにして撮影です.
ただし、逆光だと展望室内の壁や椅子などがガラスに反射し放題!フードをガラスに密着させても斜めですし、花形フードは左右が空いているので16mmではバンバン写ります.背後の壁の下部にある白い帯の部分が一番邪魔なので自分のバッグやジャンパーコート、ジャケットなどを壁沿いに横に並べ、さらに青い椅子を持ってきて置いて白い部分を隠しました.(厚着してきて正解でした)
ところが一本目の「のぞみ6号」を撮影後にモニタチェックすると、ど真ん中にタテの白いスジが!これはなんじゃとキョロキョロすると、なんと自分が足を載せていた白い椅子の背もたれ部分が写り込んでいたのでした.
いつもだと失敗に落ち込んでしまうところですが、今日は17分後にもう一本来るのですから即リベンジ可能です.今のはリハーサルかカメラテスト.
そして撮影した本番の「臨時のぞみ152号」です.まだ若干写り込みがありますが、これはどうしようもありません.レタッチでごまかしましょう.(内緒)


(画像をクリックすると拡大されます)

しかし、のんびりしてはいられません.その「臨時のぞみ152号」が12時30分に東京駅に到着すると同時に.先ほどの「のぞみ6号」折り返しの「のぞみ29号が」発車してきます.↓
今日来た目的はこの東京スカイツリーとの2ショットです.500系もスカイツリーももう少し大きく取り込みたいところですが、今の高さではなかなか上手くいきません.遠方でかすみがちのスカイツリーを飛ばさないように露出も慎重に決定して、マニュアル露出で固定.ピントもマニュアルモードにして無限で固定です.


     (画像をクリックすると拡大されます)

2本目の「臨時のぞみ152号」はすぐ折り返さず、一旦大井の基地に取り込みます.その回送が20分後にやって来ました.↓
少し位置を変えて、今度は500系の顔とスカイツリーをなるべく大きく画面に入れようと思っていたのですが、結果は何とほとんど同じ画ができてしまいました.シャッターポイントもまるで同じです.
まあわざわざ2点並べなくても良かったのですが.まあまあ.自分のブログですから2本撮ったと云う証拠ということで.


     (画像をクリックすると拡大されます)

今日はやはり500系狙いの同業者さんが5名ほど来られていましたが、次の↓のカットは誰も狙っていません.先ほどの回送列車は田町の先で本線から分岐して大井埠頭への引き込み線に入ります.
何とこの引き込み線が京浜運河を渡る鉄橋が展望室から見えるのです.下の浜松町付近を通過してから約5分後、鉄橋にソロソロと500系が現れました.逆光ですからモノクロ調のシルエットになっていますし、うっかりWBが晴天のままでしたので青っぽくなってしまいました.でも500系の先頭部は遠景のシルエットでは全く迫力がありません.私の嫌いな何だかよく判らん写真(芸術ぶってもいませんし)になってしまいました.


(画像をクリックすると拡大されます)

しかし、最後尾の流線型部分には太陽光が反射して光ってくれました.まだ何だか判らん写真の範疇かもしれませんが、500系ファンには喜んで頂けるかもしれません.こちらは色温度を補正してみました.↓
右側には京浜運河に沿ってモノレールの軌道が続いています.上手く光を捉えられれば面白い画ができるかもしれません.


(画像をクリックすると拡大されます)

この500系は基地で一休みした後、東京駅発18時13分発の「臨時のぞみ193号」岡山行きになります.18時前には再び回送があり夜景シーンが狙えますが、今日はそこまで待たず帰宅します.寒いですし、都内の夜景ポイントはあらかたネット仲間のKさんとOさんが開発し尽くしてくれています.
500系は結構撮影していますので、もういいかな?とも思います.今後最終日に向かって出かけられる方も増えるでしょうね.
ちなみにこの500系使用の「臨時152→193号」は1月22・29・2月5日(いずれも金曜日)と2月10日(水)のあと4回走ります.大井回送線を走るのもこの日だけです.

いずれも平日ですが、丸の内、新橋、田町など沿線界隈にお勤めの方は、上手く立ち回ればお昼休みに4本の500系列車に出会えますね.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/01/15 PM 05:48:13 | [ビルから俯瞰]

No.846 浜松町貿易センター展望室・リニューアル

(画像をクリックすると拡大されます)

本年の正月明けからリニューアル改装で休業していた、浜松町の国際貿易センターの展望台が昨日よりオープンしました.ここからの俯瞰は残り1週間を切った「富士・はやぶさ」の重要なポイントです.
ところがいろいろ問題あり、上り2レに関しては10:00の開館時間にタッチの差で間に合いません.が、15分以上の遅延情報がある時は登る価値があるかもです.光線状態は晴天だと最悪かも.

下り1レに関してはまだまだ暗すぎます.高感度撮影の夜景に挑戦される方は、ぜひその腕を発揮して好作品をものにしてください.ただし線路を照らす光源が殆ど無く、機関車、客車を光らせるのが至難です.また都会らしく、周囲の派手な高層ビルや高速道路を生かしたいと思うのは誰も思うことですが、線路部とそれ以外の明るさやコントラストの差が大きすぎて、これらを1枚の作品に仕上げるのはなかなか大変かも知れません.ここまでロングの俯瞰にしてしまうと暗部の解像力の悪さやノイズがかなり目立ってしまいます.

作例の2点は、昨晩早速行って来ました、というのは大ウソで、2006年9月中頃に撮影したものです.まだ610万画素のカメラを使っていたころですが、線路はファインダーでは真っ暗で何も見えず、カメラを手すりに固定して、機関車のライトが架線柱を横切る瞬間を目安に、シャッターを押しました.やはり全体が粗いため、ぎこちない絵になってしまったようです.


(画像をクリックすると拡大されます)

今さらですが、ここで撮影したい方は明るいうちに行って、走って来る線路の位置、架線柱とのタイミングを予習しておいた方が良いです.窓際には高い足の椅子等も置いてあって座ったまま、肘を突いて構えることも可能です.もちろん数は数個なので早い者勝ちですが.

ちなみに回送列車は、どちらの時間帯も問題なく撮影できます.ただし、室内灯のガラスへの写り込みには注意して下さい.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/03/08 PM 04:15:49 | [ビルから俯瞰]

No.827 撮り初めはカシオペア俯瞰から
なんと1月も27日になって今年初めてカメラを持ちました(=見ました).夜に都内で所用があり、それなら少し早めに出て何か撮んべえ.と思った次第です.なんと上京自体も今年初めてでした.
火曜日なので下り「カシオペア」があります.となるとお手軽なのは王子の北とぴあ以外ありません.

16時20分上野駅初の5分前に北とぴあの17Fに到着してビックリ!窓ガラスが全体的にうす汚れています.酷い部分では縦に幾条もの筋が天地に.このご時世では公共施設(区営)の懐事情も理解できるんですが.

すぐに400系の「つばさ」が来たのでウォーミングアップに1枚.この形式も今年中にはアウトのようです.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓「カシオペア」、今回は遠く尾久駅の先、上野寄りのカーブから狙い始めます.上野駅からは4分弱でやって来ますのでファインダーから目が離せません.これだけ距離があると架線柱の間に正面を収めるのも至難の業です.しかも暗くてASAいやISO800で1/250sec.しか切れません.
ちなみに、数年後にはこの構図の中央には610mの「東京スカイツリー」がド〜ンと写り込むはず.どんな絵になるか、ちょっと楽しみではあります.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓尾久駅通過中です.架線柱を除けたつもりでしたが、電柱が1本入ってしまいました.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓2分後に王子駅付近に差し掛かりました.架線柱を除けて300mmで追い続けるのは緊張の連続です.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↑さすがにここまで近距離になると1/250sec.では被写体ブレしてしまいます.
↓ここからは100mmにして直下まで後2枚.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↑最後は窓の汚れの筋が写ってしまいました.EF8199でしたね.EF81もまもなく置換えられますが、後継機のEF510が如何なる塗色で登場するか楽しみです.

すぐに北とぴあを降りて、京浜東北線で浜松町駅へ.1レの回送と小僧を絡めて撮影.


(画像をクリックすると拡大されます)

肝心な1レ、本ちゃんは某駅付近で成功率の低い(5%か?)特殊な撮影方法にチャレンジしましたが、案の定見事に失敗してしまいました.やはり2ヶ月以上も撮影をしていないと感が鈍りますわ.しかも今日のカメラはいつもと違い初めて使うもので、操作もいろいろ勝手が違いました.
まあ「富士・はやぶさ」は大勢の方が各所で撮影されていますので、私はもういいかな、と思っています.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/01/29 AM 11:09:55 | [ビルから俯瞰]

No.762 18時台37分間に2本のJNRスタイル

     (画像をクリックすると拡大されます)

先日再度のチャレンジを宣言した、浜松町貿易センタービルからの1レ俯瞰撮影.日一刻と日没時間は早くなりますので、一昨日(25日金曜日)の夕方になってから最近少し軽くなって来た腰を上げました.相も変わらず暑い一日でしたが午後からは曇り気味で、ひょっとしたら雷雨になるかも、という空模様です.もう少し早く決心すれば回送も撮れたんですが、乗車した山手線と新橋ですれ違いました.
今回は宣言通り300mmレンズ、タテ位置で機関車のアップを狙います.と言っても私のチープなレンズは暗くてISO800に上げても1/125、暗くなれば1/60sec.しか切れません.この角度の流しは自信無いので少し弱気になります.奥の手ISO3200までありますが、まだ空が明るい状態ではいくらノイズは気にしない主義でもちょっと.
さらなる問題は架線柱の処理.この辺は柱が不規則に並んでいて通常よりも間隔が狭いところが多いのです.前に来るE231系電車で(と思ったらE217系、E211系、E233系、185系なども来ました)シミュレーションすると、機関車が前後の柱やビームにかからないポイントはわずか2ヶ所.連写をするにしてもこの2ヶ所では確実にシャッターを切りたいものです.
真下に近いところを撮るので、垂直なガラス面に対して大きな角度がついてしまい、その分解像度が落ちますがこればかりは致仕方ありませんね.
ちょうど長い脚の椅子が空いていたので、ベストポジションに持って来て座って撮影です.これだと手すりに肘を置けるので楽ちんです.

1レの東京駅発は18時3分.東京-浜松町間は4kmほどですが、客車特急と思って舐めていると18時6分30秒頃には来てしまいびっくりします.さすが俊足EF66!大阪までの所要時間は約7時間しかかかりません.

なんとか予定通り2カット↑↓を押えました.次回はもう少し暗くなってからISO3200を使いましょう.来春のダイヤ改定で廃止になるとすれば、もう陽のあるうちの1レ俯瞰はできなくなります.以前はこの時間に掛け持ちで撮影できた500系新幹線も置換えられてしまいました.


     (画像をクリックすると拡大されます)

と感傷に浸っている時間はありません.すぐに地上に降りて山手線へ乗車して鴬谷へ.489系使用の「ホームライナー鴻巣3号」の撮影です.本当は王子まで行って北とぴあ17Fから俯瞰撮影を目論んでいましたが、貿易センタービルの退去に手間取って時間的に厳しくなってしまいました.

鴬谷のホームからの撮影だと、この時間は3分間隔で走る京浜東北線南行電車との被りが心配です.ホームライナーの上野発は18時40分.高架ホームからですから1分少々で来てしまいます.京浜東北線は40分、43分発ですから定時なら(秒単位は判りませんが)うまくすり抜けそうです.ところが41分に来たのはE231系電車!遅れてます.すぐに43分発の京浜東北が来て目の前に停まります.その間.いつ来るかと気が気じゃあありません.209系が出て行って、ホームが空いた直後に3ツのライトを輝かせてボンネットがやって来ました.やれやれ.
18時台、たった37分の間隔で、2本の懐かしい国鉄時代の生き証人の撮影ができました.

最初ズームで50mmのところがベストだったので、滅多に使わない標準レンズを装着.さすがF1.7の明るさです.F2でも余裕で1/500sec.が切れました.


   (画像をクリックすると拡大されます)

突然思い立って撮影に出かけることはよくありますが、躊躇無くサッと出かけられる時は大体満足行く結果に終わりますね.グズグズして「どうしようか」なんて迷った末に出かけると、ろくなことありません.迷ったら中止が一番です.結果が時を遡って教えてくれています.?

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2008/07/27 PM 11:20:20 | [ビルから俯瞰]

No.757 久しぶりに浜松町

   (画像をクリックすると拡大されます)

今日は梅雨が明けるということで予報は晴れマークでしたので、またも江ノ電に行ってしまいました.晴れといっても夏の晴れ、それも海辺では靄や暑さによる空気のゆらぎなど、スカッとしたものではありませんでしたが、まあまあの成果はありました.
それにしても暑いこと暑いこと!両腕と顔は日焼けで真っ赤です.

帰りがけに久しぶり、浜松町の国際貿易センタービルに寄りました.まだ陽が長いので2レ「富士・はやぶさ」狙いでした.しかし、東海道線に対しては撮影角度がきつくなるのと架線柱の建ち方が気に入りません.高度もありすぎて、機関車を大きく入れようとすると客車がほとんど入りませんので、焦点距離に迷うところです.
次があるか判りませんが、今回はオーソドックスに編成が入るように構図を決めました.でも出来上がりを見ると1両足りませんな.山手線の11両編成+1と思っていたら、機関車の分を忘れました.失敗!

次回があれば望遠で正面をアップで、と思います.早ければ月曜日かな.無理だと思いますが.(追記:無理でした)
しばらく来ないうちに新しいビルが何棟も建っていて、今まで見えていた線路が隠されてしまったポイントもあります.

1レ撮影後、黄昏どきの東京をボケーっと眺めていたらN700系がやって来ました.前回来た時はまだ登場前でしたから初めてカメラを向けるチャンスです.こちらは全くプレッシャー無しなので問題なく編成をカバー.こんな時は「ゆりかもめ」もタイミングよくやって来ます.


   (画像をクリックすると拡大されます)

この反対側には数人のカメラマンや一般の観光客が集まっていました.やはり東京タワーはいつまでも(昭和の)大スターです.新タワーをこのように捉えるのは航空機からしかありません.


   (画像をクリックすると拡大されます)

本当は朝も1レが遅れないか、と期待して浜松町までやって来ました.1Fで様子見、展望台営業開始の10時までに来てなければ登るつもりでしたが、今日は珍しく9時54分定時に浜松町駅を通過して行きました.15分以上遅れれば上から撮れます.
関西、名古屋、静岡や熱海付近で撮影した人からの1レ遅延情報の掲示板があればいいのですが.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2008/07/19 PM 03:31:34 | [ビルから俯瞰]

No.688 山手線大塚-巣鴨間を俯瞰

   (画像をクリックすると拡大されます)

サンシャイン60展望台からまともに見えるJR線はここだけ、山手線の大塚-巣鴨間のカーブです.山手線のE231系のほか湘南新宿ラインも並行していますから、宇都宮線、高崎線直通の電車、東武スペーシア、山手貨物線の列車などもやって来ます.
しかし架線柱の処理がとても難しくて柱の間に1両まるごと入りません.一番外側の線を走って来る列車は、どこでシャッターを切って良いのやら迷いますね.絶対に被られることは無いですけど、あまり魅力的なポイントではないような.

都電や遠く王子の東北新幹線などに目を凝らしているとよそ見できないので、ここを走る列車はあまり見ていません.お昼に来るEH500牽引の列車くらいはまともに撮ってみたいですが、ダイヤ改定後も走ってるんでしょうか.

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、3月分全部はこちらからでも
2月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/03/15 PM 05:48:13 | [ビルから俯瞰]

No.686 護国寺と雑司ヶ谷霊園、マリンスタジアム

   (画像をクリックすると拡大されます)

9001号が到着しようとしている東池袋4丁目電停(右端の三角形のビル前)の南東方向(上側)約500mのところ、緑青葺きの立派な屋根を持つ護国寺本堂が見えます.東側(左手)は皇族墓所の豊島岡御陵です.


   (画像をクリックすると拡大されます)

東池袋4丁目と雑司ヶ谷電停の間には、護国寺境内と道路を隔てて都営雑司ヶ谷霊園が広がっています.夏目漱石の「こゝろ」の舞台でも知られる大きな墓地で漱石をはじめ、小泉八雲、ジョン万次郎など著名人も多く眠っています.
中央に大きな建物が邪魔してるので全貌を見ることができませんが、上の護国寺のカットでも右の方に写っています.

このあたりからズームアウトすると東京ドーム(左端)、東京タワー(先端だけ)、六本木ヒルズなど東京都心が一望、さらに東京湾から房総半島の山まで見えています.9001号は律儀に東池袋4丁目に停車中です.


   (画像をクリックすると拡大されます)

上のカットのもう少し左側、「幕張方面」と案内のある方向に300mmを向けて適当に撮ってみたら、千葉市の幕張新都心のビル群とロッテ・千葉マリンスタジアムが結構大きく写っていました.手前には浅草のアサヒビール「金斗雲きんとうん」が見えます.位置関係が意外に思えますが、地図を見ると納得です.
京葉線や東西線の電車が写っていないか拡大してみましたが、残念ながら発見できませんでした.
このカットはトリミングしていません.正真正銘300mmでのフル画面です.


   (画像をクリックすると拡大されます)

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、3月分全部はこちらからでも
2月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/03/11 PM 11:43:47 | [ビルから俯瞰]

No.685 巣鴨新田-庚申塚も見えた

   (画像をクリックすると拡大されます)

6日のサンシャイン60訪問では更なるアングルを発見しました.それも夕方になってからのことです.
前回No.679では「大塚駅前から王子方面は確認できなかった」と書きましたが王子方面を見ていて、ふとあらためて眼下を見るとアララー、よく知っている景色が広がってるじゃあないですか!ここは大塚駅前の次の巣鴨新田電停を出て、都立文京高校のグラウンドに沿ってカーブを描く区間で、荒川線の撮影ガイドには時々取り上げられることもある(地上からです)ポイントです.前回は考えもしませんでしたし、今回も何時間も前から居たのですから陽が当たっているうちに撮影できたはずです.同じ場所で王子の東北新幹線を撮っていたのに全く気付きませんでした.残念!また宿題ができてしまいました.


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

カーブを曲がってしばらく直線が続き、その先で左へ曲がって建物の影に消えています.このすぐ先が庚申塚電停で巣鴨とげ抜き地蔵の最寄り駅です.

この場所、私が数年前まで事務所を構えていた付近なのでよく知っています.そのビルも写っていますし、下の方にある駐車場にクルマを置いていたので文京高校グラウンドのネット沿いに毎日歩いていました.懐かしい処です.

結局サンシャイン60展望台から荒川線は面影橋から庚申塚まで、途中何回か建物の影に消えますが、約15分間見えていることになります.カメラで追っかけるには、その間3回はエッチラオッチラと数10mを移動しなければなりませんので、展望台が混んでいる場合は難しいかもしれません.ビデオで連続撮影したら面白そうですね.
それにしてもここから荒川線を過去に撮影した人は居るはずなのに、ネット検索ではほとんど出て来ませんね.ここだけではなく、ビルからの俯瞰撮影は車両が大きく写らないので普通のファンは興味が無いのかもしれません.

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、3月分全部はこちらからでも
2月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/03/10 AM 12:39:29 | [ビルから俯瞰]

No.683 書き割りの大樹と新幹線
この木なんの木?気になる木

   (画像をクリックすると拡大されます)

王子の日本製紙物流倉庫の前では本物の新幹線が絵本の中を通り抜けます.もうすぐ新幹線のバックの枯れ木がピンクの帯に染まります.

どこかで見たことがある建物かもしれませんね.実はここ、北王子貨物駅のあるもと王子製紙の倉庫でした.書き割りの大木も↓この角度では半分しか見えません.

上側ロングの写真の撮影ポイントは、最近のブログの流れで判りますよね.


   (画像をクリックすると拡大されます)

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/03/07 PM 01:03:41 | [ビルから俯瞰]

No.682 王子北とぴあと東北新幹線を遠望

   (画像をクリックすると拡大されます)

晴天の一日でしたが、オフ日でしたのでまた池袋へ行ってしまいました.実は先月訪問時に携帯を落としてしまい、幸い発見されたブツを受け取りに巣鴨警察署へ行くのが一番の目的だったんです.
今回もいろいろ新しいアングルを発見しました.順次アップして行こうと思いますのでお楽しみに.

いつも行っている王子の北とぴあは何処かいな?と探してみると意外と近くにありました.そして何と東北新幹線の高架が見えます.ちょうど列車が通過中でした.こんな写真見たこと無いですよね.まあメジャーな場所ですから誰かは撮っているとは思いますが.
後方には今月30日に開通する「日暮里・舎人ライナー」の高架と「東京外環自動車道」の防音壁が左右に伸び、さらに遠く筑波山までクッキリでした.しかし、このフレーミングで構えて、いつ来るか判らない新幹線を待つのは結構大変です.よそ見をしているとポイントを見失ってしまいます.
左の大きなビルが北とぴあです.サンシャインに較べたら赤ん坊みたいな高さですが.


   (画像をクリックすると拡大されます)

さらにカメラを左に振ると自衛隊の通信塔がど真ん中にありますが、E1の12両編成がバッチリ収まりました.


   (画像をクリックすると拡大されます)

このE1系の3カットは連続写真ではなく、それぞれ別の列車です.防音壁があるのでダブルデッカー車の方が見栄えがしますね.

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/03/06 AM 12:23:36 | [ビルから俯瞰]

No.679 9001号をサンシャイン60から追跡(2)

   (画像をクリックすると拡大されます)

早稲田電停で折り返して来た9001号.本当は学習院下から引っ張って来たかったんですが、既に17時を回って暗くなっているのに加え、他の7000や7500形に較べて暗い塗装と一灯ライトのためか、目の前に出て来るまでまったく気がつきませんでした.不覚なり!
↑そのあわててカメラを向けた雑司ヶ谷電停に到着するシーンです.

ここから、大塚駅前までまた追っかけてみましょう.もう既に薄暮状態で露出が厳しいのと、ビルやマンションの間に見え隠れするだけなのであまり良い絵ではありません.

↓雑司ヶ谷を出て踏切を渡ります.古い交番がありますね.

   (画像をクリックすると拡大されます)

↓左端のマンションの後に東池袋4丁目の電停があります.このサンシャイン60への最寄り駅で、メトロ有楽町線東池袋駅に乗換えできます.

   (画像をクリックすると拡大されます)

↓東池袋4丁目を出て、首都高速とグリーン大通りを越えると早稲田方面のホームがあります.ホームと吉牛が直結です.

   (画像をクリックすると拡大されます)

↓踏切で一瞬見えます.東池袋4丁目-向原間は都電としては駅間距離があるので結構なスピードが出ます.でも被写体ブレだけじゃあないですね.

   (画像をクリックすると拡大されます)

↓向原電停に停車中.こちらも道路(春日通り=国道254号)を挟んで、対向ホームがはす向かいにあります.少し歩けばメトロ丸ノ内線新大塚駅に乗換え可能です.

   (画像をクリックすると拡大されます)

↓向原を発車.ビルの隙間に瞬間見えます.

   (画像をクリックすると拡大されます)

↓大塚台公園横を通ります.公園には北海道で走っていたC58407が保存されています.左下の天蓋の下に前半分見えていますが判りますでしょうか?

   (画像をクリックすると拡大されます)

↓駅前でクネクネと急カーブを描く大塚駅前付近は残念ながら見えません.大塚駅前を出た瞬間に少し見えますが、無粋なJR山手線の架線柱に邪魔されています.この先飛鳥山公園辺りまで見える場所もあるかと思いますが、小さすぎて確認できませんでした.

   (画像をクリックすると拡大されます)

時間によって光線状態が変わり、いろいろな表情を見られると思います.実は7000・7500形でもいろいろ撮っていますが、それはまた後日.再撮影の後にご披露したいと思います.

※今回に限り拡大画像をクリックすると次の画像にリンクします.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/02/29 AM 11:09:55 | [ビルから俯瞰]

No.678 9001号をサンシャイン60から追跡(1)

   (画像をクリックすると拡大されます)

日も沈みかけた17時少し前、漸く早稲田行9001号がやって来ました.日中は走っていなくても夕方のラッシュ時には運用に就くことが多いようです.
弱い斜光線の中、足下の雑司ヶ谷電停からレンズで追えるだけ追ってみましょう.この付近はここ数年メトロ副都心線の工事で雑然としていましたが、開通を目前に控えて大分整理整頓されてきたようです.線路手前には大きな建物が無いので電車をずっと追っかけられます.


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

↓鬼子母神前電停に停車中です.

   (画像をクリックすると拡大されます)

↓目白通りと交差する千歳橋を潜って明治通り沿いに姿を現します.

   (画像をクリックすると拡大されます)

↓レンズを引いてみると、代々木のドコモビルの尖塔やJR東のビルなどをバックに東京の景色が広がります.もちろん9001号も居ますよ.ぜひ拡大してみてください.

   (画像をクリックすると拡大されます)

↓お馴染みの学習院下電停付近です.レンズは300mm(換算450mm)で撮影してますが、もちろんトリミングしています.

   (画像をクリックすると拡大されます)

反対側、大塚駅前方面は明日ご覧頂きます.
9001号の存在は賛否両論ですが、被写体としてのキャラクターはダントツで、他の車両ではなかなかインパクトのある絵は作れません.

※今回に限り拡大画像をクリックすると次の画像にリンクします.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/02/28 PM 07:22:44 | [ビルから俯瞰]

No.676 本当は、上から見たらこんなんでした.

   (画像をクリックすると拡大されます)

ごめんなさい.いきなり謝罪です.昨日の写真を見ると荒川線学習院下電停付近が眼下にドッカーンと見えるように思われるかもしれませんが、実はそんなことありません.期待して行かれるとガッカリするかも.
今日のカットが40mm=換算60mmなのでほぼ標準レンズの画角です.実際に見た場合はこんな感じなのです.もちろん昨日の写真の部分も含まれてはいますが、線路の位置関係をしっかり把握していないと望遠レンズを向けるポイントも判らない、ということになります.

左下電車の居る少し手前が雑司ヶ谷電停、中央に鬼子母神前、そして学習院下電停の場所は判りますか?直線距離で約2kmというところです.昨日までの写真と較べてみてください.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/02/23 PM 03:08:58 | [ビルから俯瞰]

No.675 上から見たらこんなんです.

   (画像をクリックすると拡大されます)

昨日は9001号でご覧いただきましたが、今日のは7500形です.もうお判りのとおり、荒川線の学習院下-面影橋間(中央の歩道橋付近が学習院下電停です)を池袋サンシャイン60展望台から大俯瞰しました.この区間でサンシャイン60バックの電車の絵はよく見かけますが、逆は私は見たことがありません.ちょっと刺激的な絵面でしょう?
実はこの光景、時間帯や光線のせいもあるかもしれませんが、肉眼はおろか300mmレンズを装着したカメラのファインダーでも視認するのは容易じゃないんです.特に面影橋からカーブを曲がって出て来る電車を確認するのは至難の業です.
大塚に事務所を構えていたとき、新宿に遊びに出るのには巣鴨新田から都電でこの学習院下まで乗車、ここで都バスに乗り換えるとバリアフリーで楽チンで歌舞伎町や新宿三丁目方面に行けました.

いきなりハイライト・シーンを出しちゃいましたが、この展望台からはいろいろ面白い絵が撮れそうです.王子と併せて暇を見て時間帯を変えて通ってみたいと思います.ただし、夜景はちょっと暗すぎるのと、この場所自体が若者達の人気デートスポットになっていて、極端に言えばアベックだらけで脚の踏み場も無いような状態になってしまいますので遠慮しときます.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/02/22 PM 03:29:04 | [ビルから俯瞰]

No.674 何処の国かな?

   (画像をクリックすると拡大されます)

何処か外国のような情景ですね.例えばパリやロンドンの裏町とか.
でもよく見ると、なんだあそこじゃない!あの歩道橋や先のカーブ見覚えあるでしょう?


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

しかし9001号のキャラクターって・・・・.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/02/21 PM 08:51:55 | [ビルから俯瞰]

No.672 サンシャイン60


昨日は所用ついでに午後から池袋のサンシャイン60の展望台に行ってきました.ここは観光やその他諸々のおつき合いで何回か訪れていますが、カメラを持っての撮影は初めてです.いつも行っている王子の北とぴあに較べて3倍以上の高さで、さすがに良い眺めです.
しかし北とぴあや浜松町の貿易センタービルのように線路沿いに建っていないので、鉄ちゃんの満足度はあまり高くないかもしれません.

ここの特徴は、各方向に向けて4ヶ所の窓の框部分まで登れるように階段が設置されています.ここでは窓ガラスに直接レンズを付けられるので、写り込みや汚れを気にしないで撮影できます.しかしある意味特等席なので、長時間占拠するのも考えもんですが.
東京タワー展望台のガラスの床と共に、高所恐怖症の方には気絶もんでしょうね.




   (画像をクリックすると拡大されます)

線路は山手線・湘南新宿ラインの大塚-巣鴨間、東武東上線・埼京線の北池袋付近と西武池袋線の山手線を越えるカーブが俯瞰できます.以下作例です.


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

も一つ何か見えるだろう?って.それは次回ということで.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/02/20 PM 10:01:07 | [ビルから俯瞰]

No.666 またも王子 暮情
2/4追記
先日来頭痛が続き、長い間PCの前に座っていられません.出張り仕事(こっちもPCですが)には行っていますが帰宅すればバタンキューの有様.熱や喉の痛みは無いけれど、風邪なのか?
更新作業はどうしてしまったんでしょうね.

そんな中、久しぶりの雪中ドライブ、皆さんビビっていらっしゃったようですが、ノーマルタイヤでも普通に走れるようでは大したことありませんね.しかし、雪道でも相も変わらず車間距離を詰めて来る輩には参ります.私は巧く止まれても確実にぶつけられちゃうよ.




   (画像をクリックすると拡大されます)

夕靄の中に200系のテールランプが去って行きます.ロングで引っ張ったビル群が幻想的ですね.
他の形式でも狙ってみましが、大きいヘッドライトをそのままテールサインに流用している200系以外では、赤点が目立たなくて絵になりませんでした.

王子以外ネタが無いのかよ?と言われそうですが、まさにその通りです.古いネガを手に取っては見るんですが、なかなかスキャンする気力が湧いてきません.
というのも現在鋭意、王子ネタの新コンテンツを制作しているので、なかなか道草が食えない、いや食いだしてしまったら本ちゃんの方がストップしてしまうのが目に見えているので・・・、というわけです.(言い訳かも)

その新コンテンツは現在各画像にコメントを付けているところです.例によって50点もあるので、これがなかなか.乞うご期待!
そんなこと言いながら延び延びに引っ張っちゃいましたが、1月睦月ももう晦日ですね.新年まであと335日.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/01/31 PM 07:14:28 | [ビルから俯瞰]

No.664 今日もまたまた王子界隈暮色

   (画像をクリックすると拡大されます)

首都圏は強風、北国は大雪と大荒れの一日でしたが、あまりの天気の良さに性懲りも無く王子へ出かけてしまいました.
北とぴあ17F展望室からの眺めもいつになくクッキリしていて、東京の街が手に取るように明瞭に望めました.


   (画像をクリックすると拡大されます)


   (画像をクリックすると拡大されます)

展望室は南・北・東が望める部屋がそれぞれありますが、西側はレストランが占めていて見られません.ところが一ヶ所だけエレベーター・ホールの横に小さい窓があり、日没後の富士山が素晴らしいシルエットで眺められるんです.強風で山頂付近の雪が麓方向に吹き流されているブリザードが良く判ります.
ISO1600のままで撮ってしまったので画像が粗れてしまいました.


   (画像をクリックすると拡大されます)

今日は各路線のダイヤも相当乱れていて、時間通りに列車は来ません.「北斗星」も運休でした.いつもはお昼前にやって来るEH500牽引のコンテナ列車も陽も暮れた17時過ぎに上ってきました.


   (画像をクリックすると拡大されます)

今日の撮影で新作コンテンツ用のネタが揃ったと思いますので、近々ご披露できる予定です.お楽しみに.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/01/24 AM 01:26:23 | [ビルから俯瞰]

No.663 今日も王子界隈暮色

   (画像をクリックすると拡大されます)

今日も夕方に王子へ行ってきました.前回運転日を間違えて撮影できなかった「カシオペア」にチャレンジしましたが、うまい具合に都電がやって来てくれませんね.機会があればまた狙ってみます.(実はガード向こうのカーブに来てるんですよね)

その後は北とぴあ17階へ.日没後の都電王子駅前駅付近のロングカットを撮影できれば良かったのですが、ピンポイントへのピント合わせが難しくてなかなかです.
新幹線200系が来ましたが、その前にも来てましたのでパスするつもりでした.しかしよく見れば復活色じゃあないですか.あわてて構えました.私の中では200系といえば当たり前にこの塗色なんですから、あやうく見過ごすところでした.


   (画像をクリックすると拡大されます)

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/01/22 PM 03:29:04 | [ビルから俯瞰]

No.653 北とぴあから「カシオペア」

(画像をクリックすると拡大されます)

昨日は東京へ出たついで、久しぶりに王子の北とぴあ展望室へ行ってきました.火曜日ですので16時20分上野発「カシオペア」と16時50分発「北斗星1号」が狙い目です.今は一年で一番陽が短い時期なので、どの程度の条件になるか心配ではありました.
夕方は曇ってしまったせいもありますが、着いた16時頃でも薄暗くて最悪の条件で、暗いズームレンズでは感度を1600にしても1/15sec.が精いっぱい!どうやらまともに撮らせて貰えそうもありません.しかも室内の照明が窓ガラスに写り込んでしまうので、無理な体勢でレンズをガラスに密着させなければなりませんでした.なおかつ、その状態で斜めに流すんですから巧く撮れるわけありませんやね.

(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

それでも「カシオペア」はご覧の通り何とか画像が得られました.しかし、その30分後の「北斗星1号」は完全に真っ暗になってしまい撮影は不可能でした.この「北斗星1号」は来年3月15日のダイヤ改訂で廃止されてしまいます.もう少し陽が長くなる廃止直前にまた撮影してみたいですね.
この写真は今年の6月に撮影した「北斗星1号」です.続行の「北斗星3号」は19時3分上野発ですから、もうこのように夕方の東京の街をバックに北へ向かう「北斗星」は見られなくなります.

(画像をクリックすると拡大されます)

そうそう、京浜東北線にはもうE233系が走り始めていました.消え行く209系電車の撮影もお早めにというところでしょうか.

(画像をクリックすると拡大されます)

撮影は2007年12月25日です.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、12月分全部はこちらからでも
11月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2007/12/26 PM 05:43:43 | [ビルから俯瞰]

No.574 凡百王子 北とぴあ俯瞰

(画像をクリックすると拡大されます)

当サイトと相互リンクさせて頂いている、特急つばめの展望車 サイトのKOさんからご紹介頂いた、東京王子の北とぴあ17Fの展望ロビーに何回か時間帯を変えて撮影に行きました.このビルは王子駅から徒歩約5分、線路沿いに建つ北区のシンボル的な建物で、集会施設、ホール、結婚式場などがあります.
嬉しいことに展望ロビーは全くのフリーで入場でき、自由にその眺望を楽しむことができます.17階というと高層ビルと言えるかどうかの微妙な高さですが、周囲に高い建物が全くない独立峰?なので4方向バッチリ見渡せます.
17Fすべてがワンフロアではないですが、中央にレストランがあり西側の窓を占領している以外は南側、東側、北側とそれぞれ展望室になっていて、我々鉄ちゃんお目当ての線路はメインロビーの南側と反対の北側から楽しめます.
こちらが南側です.

(画像をクリックすると拡大されます)

この写真では左は新木場あたりから、右は代々木のエンパイヤー・ドコモビルまで写っていますが、実際にはもう少し、池袋のサンシャイン60が右端です.
真下の緑は飛鳥山公園で、春はサクラ色に染まります.
下の駅は京浜東北線王子駅、左側が東北(上越)新幹線、右に東北本線(宇都宮線・高崎線)、山手-東北貨物線(湘南新宿ライン)と4複線並列です.そして新幹線高架左下には都電荒川線王子駅前駅があり、軌道は急カーブで明治通へ進み、JR線のガードをくぐり抜けて併用軌道を、飛鳥山公園をグルッと巻くように大きく180°回って早稲田方面に向かいます.

こちらが北側です.埼玉県方向は広い関東平野が続き、晴れた日なら浅間山、赤城山、榛名山などが遠望できるはずです. こちらにはあまり高い建物はありませんが、川口の55階建てのマンションや大宮のさいたま新都心のビル群が見えます.

(画像をクリックすると拡大されます)

さて撮影となると他のビルでもそうですが、ガラスが障害になります.日除けに僅かに着色されている厚いガラスを通すとかなり解像力が落ちてしまいます.ガラスにレンズを接近させればよいのですが足元にはエアコンのカバーがあり、どう近づけても50cmは空いてしまいます.またロビー内の自分たちやレストランの照明などが写り込む可能性もあります.天気が良く、眺望が良ければ当然絞りたくなるわけですが、絞り過ぎるとガラスまで被写界深度に含まれてしまい、さらに解像力が落ちるという悪循環です.
まあ列車はどんどん来るわけですから失敗を恐れず、どんどんシャッターを切りましょう.ただ、北斗星やカシオペアなどの本命列車は失敗したくないので、前に同じ線路を走ってくる列車で試写が必要です.
また同じ場所で両方向撮影できませんから、あらかじめダイヤを調べておくことが必要です.上野駅・池袋駅からこのポイントまで約10分かかります.

この場所を通過する列車のバラエティを新作としてまとめましたので、ぜひ参考にしてください.
http://tadayusaku.3.pro.tok2.com/indexkitatopia2007.html

今回撮影できなかったのはJRの東武乗入れの485系、スーパービュー踊り子、そして都電9000形はちょっと見だけでした.
この場所からの良い作品の登場を心待ちにしております.

そうそう、BBSに頂いたコメントの中に「お弁当を持って1日中撮影したい」というのがありましたが、残念ながらロビーで食事は禁止です.それほど高くはないレストランを利用するか、飛鳥山公園まで散策してお弁当を食べる、というのは如何でしょう?D51や都電の保存車もありますし、ご家族にも喜ばれると思います.今は紫陽花が綺麗なようです.

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2007/06/25 AM 03:48:51 | [ビルから俯瞰]

No.570 続・某所俯瞰

(画像をクリックすると拡大されます)

こんなツーショットも撮れます.もうどこか判りましたね.

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2007/06/16 AM 03:48:46 | [ビルから俯瞰]

No.568 某所俯瞰

(画像をクリックすると拡大されます)

昨日はこんな処に行ってきました.本当は今度の金曜日にあらためて本撮影に行くつもりでしたが、どうも入梅してしまいそうで当分無理かもしれません.
ちょっと面白いポイントなので紹介コンテンツを作るつもりですが、再撮影ができなければ昨日の分だけでまとめざるを得ません.
知ってる人はもちろん知っている場所なので、場所についてのコメント書き込みはちょっと待って下さいね.

ヤバイ!トップ写真が・・・.

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2007/06/13 PM 05:55:39 | [ビルから俯瞰]

No.564 ソーラ21俯瞰
1995年、当時勤務していた会社の大阪支社のビルが阪神大震災により痛んだことからビル建て替え、ということになりました.工事の間、仮社屋となったのが新大阪センイシティに近い21階建ビルの19階でした.地上80mということで見晴らしは抜群、大阪周辺はもとより晴れた日には当時建設中だったの明石海峡大橋まで見える、とあっては仕事もなかなか手に付きません. 真下には山陽新幹線と宮原運転所、横には地下鉄御堂筋線、伊丹空港の滑走路に離陸着陸する航空機も手に取るようによく見えるとは鉄ちゃん、空ちゃんにはたまらない展望でした.
しかし仮社屋ということもあって、パーテーションも無い広〜いワンルームオフィースなので、他部署まで行って三脚立てて撮影というわけにもいかず、喫煙室やトイレの窓からたまにカメラを向けるだけに終わってしまいました.

雨の日はこちらが雲の中に入ってしまいます.当時の新幹線の主力は100系でした.同じアングルで4カット.ここは喫煙室の窓からです.喫煙しない私はここでだいぶ受動喫煙者になってしまいました.

(画像をクリックすると拡大されます)

この日は曇りでしたが視界は良好.大阪湾岸の高速道路の橋や貨物船まで良く見えます.

(画像をクリックすると拡大されます)

夕陽の中のシーンが美しいです.しかしこの画面の中にエッフェル塔とエンパイアステートビルがあるとは国際的です.

(画像をクリックすると拡大されます)


当時最新鋭の300系「のぞみ」と0系6連「こだま」が行き交います.

(画像をクリックすると拡大されます)

上下線の間に長いJR東海の車庫があります.新大阪折り返しの山陽新幹線「こだま」が到着します.その向こうの宮原運転所には福知山線のカナリヤ色の103系が見えます.

(画像をクリックすると拡大されます)


大阪の街ほぼ全部、葛城山地まで一望できます.厚いガラスの斜め窓越しなので、いまひとつシャープさに欠けますが.

(画像をクリックすると拡大されます)

しかし新社屋完成を待たずに数ヶ月で東京本社に転勤となりましたので、この景色も見られなくなりました.

一昨日の火曜日は、東京飯田橋の外堀沿いのギャラリーで開催されているKさんの写真展にお邪魔してきました.ネットではお馴染みの方なので、多くの方がお出になられたようです.
ありきたりの鉄道列車写真ではなく、人と鉄道との関わりに拘った作品群に感銘いたしました.
ところでKさんとは初対面で、今までネット上でのお付き合いも無かったのですが、お話をしているうちになんと同じ中学高校の同窓生であることが判明しました.その場では話しが盛り上がったことは言うまでもありません.しかしなんと帰宅後に頂いたメールで、大学も同じであることが判り吃驚です.それがKだのW大学であればさほど珍しいことは無いのですが、ウチの学校は少々専門性があり、学生数も少なくて同じ高校から進学した者は過去に両手で数えられるくらいしかいないはずです.
その方の写真展に偶然、私がお邪魔したのですから世の中狭いというか、あまりのその奇遇さに「人生って楽しいな」とあらためて大河の流れに身を任す運命を感じた次第です.


この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2007/06/07 PM 01:03:41 | [ビルから俯瞰]

No.506 500系夜景俯瞰

(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

久しぶりに浜松町国際貿易センタービル展望台へ行って来ました.狙いは500系のぞみ(東京駅17時30分着50分発)と「富士・はやぶさ」です.
陽は延びたとはいえもうこの時間では暗くて、前回はあまり気にならなかった内部照明のガラスへの写り込みが目立ち非常に撮りづらかったです.
結果は「富士・はやぶさ」はEF65が先頭の回送、本ちゃん列車とも惨敗!微かな広告の照明が捉えられると思ったのですがダメでした.
500系の方は、ご覧の通りまあまあでしょうか.
下りの方は、すれ違う上り列車の室内灯がうまい具合に前面を照らしてくれました.
しかし上から見るとシャープなノーズが本当に格好良いです.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

昨日は別の俯瞰にもチャレンジしました.お馴染みの被写体ですが探せば新鮮なアングルが見つかるものですね.まだ内緒ですのでお見せできませんが.

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2007/02/23 PM 03:08:58 | [ビルから俯瞰]

No.369 EF651118

(画像をクリックすると拡大されます)

昨日は出かけついでに、夕方の貿易センタービル40階にまたもやって来ました.少しでも明るいうちに「富士・はやぶさ」の回送をもう一度撮影したかったからです.ついでの割にはしっかりカメラとレンズ3本、なおかつ昨年の日立電鉄廃止の日以来の三脚を持参してますから、これはあきらかに確信犯ですな.
昨日のblogでも書きましたが、最後尾にEF66がぶら下がりになる後追い撮影が目的でしたので、東京方にカメラを向けて待っていると、足元から現れた回送「富士はや」の先頭には赤い機関車が!一瞬EF81?と思いました.しかしよく見ると(遠いのでよくは見えませんが)レインボーカラーのEF651118号機でした.なんだ、これだったら品川方で頭狙いの方が良かったのにと後悔しました.
このEF65は今(昨)夜の「銀河」の牽引機ですので、大阪方面でも見られますね.

肝心な後追い撮影はどうした?と言われそうですが、近いうちに本編で40階からの光景をまとめたいと思っています.お楽しみに、と期待させるほどのデキではないですが.24日にアップしました
今日の写真はクリック拡大しないとよく判りませんね.

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、9月分全部はこちらからでも
8月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/09/23 PM 03:08:58 | [ビルから俯瞰]

No.368 富士・はやぶさ

(画像をクリックすると拡大されます)

この時間に貿易センタービル40階にやって来たのには、もう一つ撮っておきたい列車があったからです.18時3分東京発の寝台特急「富士・はやぶさ」です.今や東京駅から出発するゆいいつのブルトレ特急になってしまいました.しかし18時3分ではもう完全に真っ暗なので、撮影できるかどうかも判らないのですが.
まずは回送です.実はどのような形で回送するのか知りませんでした.東京駅で機回しをするようになった、との記事を見たような気もしたのですが、17時44分にやってきた列車は写真のようにEF651000が先頭で、後部にEF66がぶら下がりでした.これなら東京駅方面を向いて後追い撮影の方が良かったかもしれません.

(画像をクリックすると拡大されます)

昨日の記事で、下り500系のぞみの撮影に標準レンズを使用したと書きましたが、間違いでした.標準ではあれだけの画角は得られません.「富士・はやぶさ」の方は間違いなく標準レンズです.
本ちゃん撮影の結果は下の写真の通りです.機関車部分にあたる光源はありませんでしたね.その数両後の客車には電照看板の光が当たっていますから、あの部分に先頭が来るように構えればEF66の側面や屋根が写るかも知れません.ただあの看板は数秒ごとに光が明滅するようなものなので、はたしてタイミングが合うかどうか.まあそれほど無理はしなくても、来年陽が長くなってから再チャレンジしますか.

(画像をクリックすると拡大されます)

「はやぶさ」の博多到着は明日の10時10分.熊本到着は11時48分.
13分前に東京駅を発車した500系「のぞみ49号」の博多到着は22時57分(熊本方面の接続は無し).1時間後の18時50分発700系「のぞみ51号」でも博多(23時57分着)乗換えで熊本に深夜1時30分到着できます.
えーっ!500系と700系、所要時間が同じなの?

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、9月分全部はこちらからでも
8月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/09/22 PM 03:29:04 | [ビルから俯瞰]

≪ 前の30件| 次の30件









(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.