【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [すくすくBLOG]

No.796 昔は良かった?[3]

(画像をクリックすると拡大されます)

久しぶりの「昔は良かった」シリーズです.現在の鉄ちゃん達を羨ましがらせる、見せびらかし画像の公開です.まあ冷ややかな目でご覧ください.
ここは常磐線の江戸川鉄橋(金町-松戸)の松戸寄りです.撮影は1975年6月とネガカバーに書いてあります.

前回の東北線荒川鉄橋でも同じですが、おそらく正式には立ち入り禁止、というか立ち入って欲しくない場所であることは確かです.しかし柵も注意書きも無く、無理せずともこの場所に行けてしまうんです.線路を横断して来たわけではなく、鉄橋の間から上がって来たものと思います.
この時は保線の人にお会いしたかどうかの記憶は無いのですが、当時から列車無線の完備していた常磐線のこと、不審者と見なされれば乗務員に即通報されたことでしょう.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

当時であれば「ゆうづる」とか、583系の「みちのく」なども走っていたはずですが、ネガには103系や営団6000系ばかりでした.

同じネガには↓こんなカットもありました.東京駅新幹線ホーム最前部.なんとレールのレベルから撮影しています.これも記憶が無いのですが、柵は無かったのでしょうか?こんな衆目の場所で柵を乗り越えるような人間では無かったはずですが.


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、10月分全部はこちらからでも
9月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2008/10/11 PM 11:43:47 | [昔は良かった?]

No.245 昔は良かった?[2]

(画像をクリックすると拡大されます)

1968年10月1日、いわゆるヨンサントー国鉄ダイヤ大改正の日です.当日は早朝から品川、上野、東京と練り歩いたのですが、9時頃から昼過ぎまでは東北本線赤羽-川口間の荒川鉄橋での撮影に勤しみました.今では信じられないことですが、何のバリアもなく鉄橋内に入ることができました.保線の方が通りがかりましたが「気を付けてね」と言われたかどうか記憶はないですが、追い出されることもありませんでした.
ここにあげた列車の他にも、この改正から走り出したキハ81「いなほ」、EF62が高崎以南に初進出した「白山」も通過しますし、D51牽引板橋行きの貨物も健在でした.
そうそう、この鉄橋のある赤羽-大宮間が3複線になったのもこの改正からでした.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
3月分全部はこちらからでも
2月分全部はこちらからでも

2006/03/26 PM 05:43:43 | [昔は良かった?]

No.244 昔は良かった?[1]

(画像をクリックすると拡大されます)

1970年10月4日に運転された八高線さよなら蒸気機関車列車、D51515牽引「八高号」です.当日は生憎の雨でしたが沿線には、多くのファンや地元の方達が繰り出してカメラを向けていました.光栄なことにこの列車の運転計画の段階から意見を求められて、ボイラバンドの塗装や副灯の取り外しなどを提案させて頂きました.ドイツの01型蒸機のカラー写真を見せられて、このように動輪を赤く塗ったらどうだ、という構想にはスポーク動輪ではないから似合わない、と強く反対しました.後に中国蒸機のボックス動輪の赤塗装を実見したときは少々後悔したのですが.
さらに下回りなどの磨きだし作業に高校の後輩等と共に参加させて頂くなど、この上もない体験もさせて頂きました.その辺のことはいずれ本編コンテンツでまとめたいと思っています.
当日は友人のクルマをチャーターして追っかけをしました.写真は拝島駅の出発風景ですが当時は柵などもなく、線路に入り放題の様子.警備の人なども見当たりませんから鷹揚な時代というか、これでは事故と紙一重ですね.ちゃんと用地外から撮影している人もいらっしゃいますし、少し前には対向列車も到着していますから、彼らは直前乱入だったのでしょう.今だったら人出は10倍くらいになるでしょうから、収拾付かなくなりそうです.
それにしても周囲の住宅などはまさに昭和の世界ですね.

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
3月分全部はこちらからでも
2月分全部はこちらからでも

2006/03/25 AM 03:48:51 | [昔は良かった?]

≪ 前の30件| 次の30件 ≫









(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.