【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [すくすくBLOG]

No.758 空の競演

   (画像をクリックすると拡大されます)

ヘリとトンビの競演.ヘリは梅雨明けの江ノ島海岸を取材していました.


   (画像をクリックすると拡大されます)

毎朝テレビでお目にかかる、お天気カメラのある場所です.

next


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2008/07/21 PM 03:27:26 | [航空機]

No.578 ツエッペリンNT

(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

王子北とぴあから俯瞰撮影中に、埼玉県方面から飛行船が現れました.最初は点のように見えたのですが、見る間に近づいてきて上空を走り去ってゆきました.何とか列車との絡みを撮りたい、とアングルを工夫して待っていると新幹線200系が上下線に相次いでやって来てくれました.
曇天のため露出の差が大きくて苦しかったのですが、何とかレタッチで両者が見えるように調整しています.(撮影:2007.618)

この飛行船は「ツェッペリンNT(Zeppelin NT)」と言い、ドイツのツェッペリン・ルフトシフ・テヒニーク社によって開発された飛行船で、NT はドイツ語で Neue Technologie (=New technology)の略です.
日本には日本飛行船の所有するこの1機だけが昨年から飛んでいて、全国でのCM活動やイベント飛行や一般公開もされています.この3月に起きた能登半島地震では災害復旧調査にも使われました.
5月には飛行船としては初めての「航空運送事業許可」を取得して、今後客貨の輸送や遊覧飛行などに使われる予定だそうです.
ぜひ乗ってみたいと思いますが、この北とぴあから見た日は上空の風が強かったのか、かなり激しく機種を上げたり下げたり揺らしていました.あれでは確実に酔ってしまいそうです.


(画像をクリックすると拡大されます)

構造:半硬式(骨組み等カーボンファイバー及びジョイントアルミ)
ガス:ヘリュウム
エンジン:ライカミング200馬力×3
全長:75m 全幅:19.5m 全高:17.5m エンベロープ容積:8225立方米
積載荷重:1.9t 最大離陸重量:80.4t
最高速度:125km/h 最大航続距離:900km
定員:14人(うち乗員2人)

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2007/07/03 AM 01:12:08 | [航空機]