【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [すくすくBLOG]

No.1197 都電8800形がラッピング
5月29日

久しぶりに荒川線に行ってみると8800形がラッピングになっていました.昨年廃車になった7500形がほとんどラッピング広告車だったので、新車の8800形もオリジナルのままでは収入が減ってしまいますので、いたしかたないとは思います.
しかし、これがなかなかセンスがあるデザインなので感心してしまいました.

↓ 8802号.三ノ輪橋駅.

(画像をクリックすると拡大されます)

↓ 8806号.荒川車庫前駅.

(画像をクリックすると拡大されます)

↓ 8808号.町屋駅前駅.6月20日に撮影して追加しました.

(画像をクリックすると拡大されます)

考えてみれば,7000形や今はなき7500形もそれほど変なラッピングは居なかったと思いますが,8800形のは good です.側面の白塗装の部分はあらかじめラッピングすることを想定していたのかもしれませんね.
今後もこうあって欲しいものです.

撮影は一作日(2012.5.27)と8808号のみ(2012.6.20)追加



↑この記事が面白い,役に立ったと思われる方はクリックお願いします.
コメントも送れます.


next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

               

2012/05/29 AM 11:09:55 | [私鉄・専用線・トラム]

No.1023 貧乏パンタ
先日撮影してきた某ローカル私鉄電車の現役PS13です.本来平行であるべき2本の擦り板(集電舟)が,とんでもなく歪んでいます.
ひょっとしたら何かの技なのかもしれませんが.そんなことないか.






next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.



2010/07/29 AM 11:09:55 | [私鉄・専用線・トラム]

No.1022 貧乏踏切
先日撮影してきた某ローカル私鉄の現役踏切警報機です.潮風のためもあるでしょうが,錆びてボロボロです.

友人のブログに新しい警報機の話題が出ていましたので Answer です.






next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/07/28 PM 07:22:44 | [私鉄・専用線・トラム]

No.1019 新京成800形さよなら運転
鉄道コメンテーターを自称するKさん,スイス氷河特急の事故について,「あれは明らかに乗り上げ脱線ですね」「氷河特急の車両はハイデッキなので重心が高く,脱線しやすい」なんて断定口調でテレビ番組でコメントされていました.それはそんな車両を使っていた鉄道側が悪い.と云っているようなものです.詳細が何も発表されていない現在,この発言は何が根拠なんでしょうか?この方は尼崎の事故の時もボルスタレス台車の欠点のための事故とおっしゃっていました.でも現在でもボルスタレス台車は主流で採用されています.危なけりゃ使ってませんよね.こんないい加減なコメントで謝礼金をもらうのは納得いきませんぞ.よく「◯◯と云われています」というコメントを耳にしますが,これは何処で,どの世界でどのように云われているのか説明しなければ,全く意味をなさない言葉です.



(画像をクリックすると拡大されます)

今日は14時前にフリーになりました.遅い昼飯を喰いながらネットを見ていると,今日と明日は新京成800形お別れ運転の日であることを思い出しました.もう遅いだろうな,と時刻を調べてみると午後便が折り返し駅の八柱に着くのが15時.おっ、間に合いそうです.

すぐにカメラバッグを掴んでクルマに飛び乗り,心当たりの常盤平-八柱間にかけつけて撮影しました.自宅から20分しかかからず,充分におつりが来ました.


(画像をクリックすると拡大されます)

数分遅れてきましたが,すぐに八柱駅で折り返してきて両側のマークを撮影できました.「さようなら」マークを付けた列車を見るのはかなり久しぶりです.
これで新京成電鉄も,親会社の京成の匂いのする電車は居なくなっちゃいますね.

こんなのもやって来ました.


(画像をクリックすると拡大されます)

滞在20分と少し.すぐ前の松戸21世紀ホールの駐車場に入れたら500円も取られてしまいました.
新松戸に急げばEF64の重連に間に合うかもしれません.しかし途中混雑のためタッチの差で無理でした.

明日は朝からまた出かけます.先日行った銚子電鉄の写真がなかなか出せませんね.銚子電鉄も今日から2000形が運転開始です.旧型電車のさよなら運転のアナウンスはまだありませんね.

そう云えば流鉄の3000形「流馬」のさよなら運転が8月29日にあるそうです.3両編成が走らなくなって半年経ちましたが,まだ残っていたんですね.

全部千葉県の私鉄ですね.JRも113系が最後の夏でしょうし,界隈何やら騒がしいです.

next


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/07/24 AM 01:26:23 | [私鉄・専用線・トラム]

No.1015 銚子電鉄撮影終了後

(画像をクリックすると拡大されます)

EF8187「北斗星」の推回を上野駅で見送った後,錦糸町,千葉,成田経由ではるばる銚子まで行ってきました.24日からもと伊予鉄,もともとは京王の新型?が運行開始と云うことで,旧型電車もこれまでです.
銚子到着は午後になりましたので,撮影とお名残り乗車が終了したのがもう19時近く.最終新宿行「しおさい」にも乗り遅れました.次の電車まで1時間以上もあります.なんだかんだで昼飯は銚電1日乗車券のサービスの濡れ煎餅1枚だけで腹ぺこだったので,銚子駅構内にあるチェーン店の居酒屋で1人打ち上げの宴会です.
この地魚鮮魚9点盛りの刺身1380円也の旨さと安さに感激しました.特にイワシと滅多に食えないホウボウが絶品でしたね.

銚子電鉄の成果はまた後日にまとめますが,1点だけ先行公開します.ルピナスの美しい紫色は地味なので車窓からは確認できないと思います.


(画像をクリックすると拡大されます)

銚子20時3分発の成田線経由千葉行で成田,我孫子乗換えで柏の自宅に着いたのは23時を大きく回っていました.同じ千葉県内でも銚子は遠いですね.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/07/16 AM 03:48:46 | [私鉄・専用線・トラム]

No.995 東京モノレール500形

(画像をクリックすると拡大されます)

1974年頃の撮影です.当時中間に駅が存在したかどうかは覚えてませんが,京浜運河に沿った,現在で云うと天王洲アイル-大井競馬場前間になります.
ある単行本に使うために特撮したのですが,渋滞の首都高速を尻目にスイスイ走るモノレールを表現するためこの場所を選んだような記憶があります.

東京モノレールと云えば初代の100形200形,そして大型になったこの500形が一番印象にあります.塗装は赤と白(クリーム?).これは途中で水色系の旧色から塗り替えたんだっけかな?
この後の600形は不格好な切妻になってしまい,とてもカメラを向ける気にはなりませんでした.モノレールと云うのは当時としては近未来の先進的乗り物という印象なので,機能よりもまず格好の良さが必要だと思っていました.最近は多摩都市モノレールなど,おせじにも格好良いとは云えないような機能一点張りのものが増えています.

首都高速のクルマ達も今見れば懐かしいものです.箱スカ,ケンメリのスカG、やローレル、ルーチェ、カリーナ,マークIIetc. 当時の有力どころが並んでいますね.

この写真を出すにあたり,検索してみて驚いたのがこの500形をはじめ,その前の100・200形はおろか切妻600形の写真さえほとんど検索されないことでした.かく言う私も東京モノレールにカメラを向けたのはこの時一回のみ.(最近は俯瞰絡みで少し撮影してますが) 路線の構造上,駅撮りはほぼ不可能.あえて撮影しようとなると,京浜急行の駅からトコトコ歩くか,クルマ利用に限られましたから無理はありません.
要するにモノレールは鉄道カメラマンの撮影対象ではなかった!と云うことに尽きます.
そう云う貴重な写真なのに,ネガが無い.これもプリントからスキャンです.

next


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/05/28 PM 07:22:44 | [私鉄・専用線・トラム]

No.994 駒形石灰のKATOくん

(画像をクリックすると拡大されます)

1971年3月只見線・会津線撮影の帰途に寄った葛生の駒形石灰専用線.
2footer、600mmゲージの小型カトーが併用軌道を推進運転で採石場に向かいます.
後方には石灰石を切り取られ,半分の断面になってしまった小山が見えます.

ナロー関係のネガは,当時の仲間内のまとめ役だった人間に預けていたのか,ほとんど手許に残っていません.今さら返せとは云えませんが,私の処にも誰が撮影したか判らないネガが結構ありますのでおあいこでしょう.このカットは8ツ切りの紙焼きが残っていました.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/05/27 PM 11:20:20 | [私鉄・専用線・トラム]

No.979 アイボリーの京王2010系

     (画像をクリックすると拡大されます)

1964(昭和39)年撮影のネガにこんなカットがありました.初台-幡ヶ谷辺りだと思いますが、どのような経緯で撮影したのか全く記憶にありません.
ひょっとしたら今回、伊予電から銚子電鉄にやってきた車両かもしれませんね.

最近電車のタイフォンを聞く機会があまりありませんが、当時私鉄電車は必ず出発合図にタイフォンを鳴らしていました.京王の場合は八王子方が新幹線のような「ペ〜ン」で、新宿方が普通の(国電と同じような)「パ〜ン」と音色を変えていたんですが今でもそうなのでしょうか?
「新幹線のような」と書きましたが、0系の頃の話です.現在の新幹線車両のタイフォンがどんな音色なのか、全く聞くチャンスが無いので判りません.

当時の通勤区間の国電は出発合図を鳴らしていませんでしたが、近郊型はどうだったか記憶にありません.

気候のせいか腰痛が収まりません.仕事は何とかやっていますが、今年のサクラ撮影はお休みかもです.
みなさん頑張って下さいね.


next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、3月分全部はこちらからでも
2月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/03/28 PM 07:22:44 | [私鉄・専用線・トラム]

No.966 成田スカイアクセス(2)

(画像をクリックすると拡大されます)

昨日2月19日、京成成田空港線「成田スカイアクセス」が7月17日開業とアナウンスがありました.この期に新しい被写体が現れるとは、しかも自宅近くですから今からワクワクします.来月あたりからテストランもはじまることでしょう.

その主役AE1(正式には2代目AE形)です.当日は4編成を確認しましたが、1編成は北総線の検車区にデリバリ中とのことです.合計8編成が開業までに登場します.
なお現行のAE100形も在来線経由の特急用として、何編成かは残存するようです.

詳細は雑誌などに譲り、宗吾基地で撮影した成果をご覧ください.案内付きの工場基地見学コースのため、自由に好きな場所で撮影できたわけではありませんが、最大限融通を利かせて頂けました.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


     (画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)



キョロちゃんはスカイアクセスのマスコットではありません.
ちょっと遊んでみただけです.
でも「ブルキョロ」なんていうニックネームを提案したいです.


山本寛斎さんデザインと云うことですが、何処まで氏が関わっているかは判りませんけれどもなかなかのセンスだと思います.限界の関係で車体側面の絞り込みが無いのはAE100形を踏襲していますが、AE100と違いこれがスタイル上のハンディになっていないところが凄いです.

白いボディに正面が黒と濃藍色というのは晴天下だと、撮影が難しそうです.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2010/02/20 PM 10:01:07 | [私鉄・専用線・トラム]

No.965 成田スカイアクセス(1)
俺がこんなに強いのも、当たり前田のクラッカー.雲と一緒にあの山越え〜て〜♪ 嗚呼!昭和が去りゆく.藤田さんご冥福をお祈り申し上げます.


(画像をクリックすると拡大されます)

本年7月から開業予定の成田スカイアクセス線の試運転が間もなく始まるようです.すでに北総線線内で夜間ですが新型スカイライナーAE1形の走行試験も行われているとのこと.
AE1形は最高160km/h、3050形の一般特急は120km/hでぶっ飛ぶようです.現在開通している北総線線内は両側に国道が並走しているため目立った撮影地はありませんが、新線部分は丘陵地を通り成田ニュータウンをかすめています.周辺からはどのように撮影できるか楽しみです.

先日京成の宗吾基地を訪ねて AE1形、3050形を撮影してきました.自由なアングルでの撮影は難しかったのですが、AE1形はあらためて成果をご覧頂きます.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、2月分全部はこちらからでも
1月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2010/02/18 PM 03:39:14 | [私鉄・専用線・トラム]

No.949 千葉都市モノレール夜景

(画像をクリックすると拡大されます)

2009年12月6日は神奈川臨海鉄道(株)横浜本牧駅において、横浜ポニークラブさん主催の車両展示会でC56139を撮影した後は、まだお天道様は高いのですが結局横浜で昼食をかねての「呑み会」となり、模型屋さん2軒を回って日暮れの頃に散会となりました.
朝は柏駅でホリデーパスを購入しており、柏-根岸の往復だけでは少々赤字です.そこで私は横浜から横須賀線電車にそのまま乗車し続け、はるばる横浜から見れば海向こうに当たる千葉までやって来ました.

かねてから撮影を考えていた、千葉都市モノレール、タウンライナーの夜景にチャレンジです.先日千葉市内のイルミネーションの記事も見ていたので、どのような形でモノレールと絡めて撮れるのか楽しみでもありました.

↑↓まずは栄町の空中分岐地点.ここは道路交差点の真上で、2本の複線の路線が空中で立体交差して分岐・合流すると云う迫力あるシーンが見られます.しかし、地上の道路は明るいのですが空を見上げると、真っ暗!軌道の位置を確認するのさえ難しい状態です.そこをヘッドライトと車内灯のみが光るモノレールが飛行機のように上空を音も無く通り過ぎて行きます.しかも4方向どこから現れるか判らないので、立ち位置を迷うところです.歩道上ですので、頻繁に通る通行人や自転車にも気をつけなければなりません.
これだけ暗ければF1.7の標準レンズを使いたいところですが、50mm(実質75mm)ではアップになりすぎて面白くありません.そこでF4の暗い16-80mmのズームレンズで、またまた嫌いな?流し撮りです.懸垂モノレールの流しは、某板によると「仰け反り流し」と云うんだそうです.なるほどなるほど.まさにその通りです.前にハクチョウの飛行シーンをその「仰け反り流し」で撮ったことを思い出しました.
何カットも撮りましたが、見られるのはこの2カットくらいしか.


(画像をクリックすると拡大されます)

次に名物のセントラルアーチまで歩きます.千葉駅前からセントラルアーチ下の中央公園まで太い駅前大通り両側の歩道の並木がイルミネーションで彩られています.
また中央公園内の多くの立ち木もすべて電飾されています.一般的に云えば美しくて感動もんなのでしょうが、私はどうもこのイルミネーションとかライトアップと云うものが嫌い、と云うほどではありませんが、それほど好きにはなれません.なんか上辺だけ飾ったような、チャラチャラしたメッキのような印象しかありません.じゃあ何で撮りに来たんだよ〜!と云われそうですが.そこはまあまあ、ミーちゃんハーちゃんですから.


(画像をクリックすると拡大されます)

とても残念なのは、肝心なセントラルアーチの下の大通りと中央公園内の一区画で大掛かりな下水道工事が行われていて、無粋なフェンスがドーンと構えているありさまです.公園内には巨大クレーンのアームがセントラルアーチに向かって伸びています.台無しです.

余談ですが政権交代がなった所為での駆け込みなのか、この年末の工事、あちこちでやたら多くありません?私の家の近所でも大した交通量も無い農道の拡幅工事が行われています.せっかくの快適な抜け道だったのですが、片側通行で待たされるは、完成後は交通量が多くなりそうでは、いい迷惑です.

それでもせっかく来たのですから、それらを除けたアングルを探し歩きますが、どうも芳しくありません.たまたま良さげなポジションがあっても、ひっきりなしに通るバス、クルマに邪魔されてしまいます.モノレールは15分間隔の運転なので、チャンスを逃すと次まで待つのがしんどくなります.
21時近くまで頑張りましたが、大した成果は上げられませんでした.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓このカットは公園側から駅前大通りを.500m先の千葉駅に進入するモノレールが見えます.実際に見ると見事なイルミネーションの列ですが、写真になるとチンマリしてしまいます.


(画像をクリックすると拡大されます)

この日は朝6時起き、昼間は横浜でアルコールを入れていますが、つまみを少々口に入れただけなので腹ぺこでフラフラの上、眠くてしようがありません.撮影後の千葉駅ではまだ開いていた店で蕎麦をかき込みました.
総武線-武蔵野線-常磐線と回り、這々の体で帰宅しました.ホリデーパスのもとは取りましたが・・・・.

千葉モノレールには近々新車が入る予定なので、情報が入れば行ってみましょう.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、12月分全部はこちらからでも
11月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/12/08 PM 04:15:49 | [私鉄・専用線・トラム]

No.948 C56139公開展示会

(画像をクリックすると拡大されます)

昨日2009年12月6日、神奈川臨海鉄道(株)横浜本牧駅において、神奈川臨海鉄道本牧線開通40周年・鉄道コンテナ輸送50周年を記念して、横浜ポニークラブさんの主催で車両展示会が行われました.
横浜ポニークラブさんは、神奈川臨海鉄道で保管されているC56139を長年にわたり保守、維持されています.通常は車庫の中にあり、時折外へ出されることはあっても一般に公開されることはありませんでした.今回の展示会も告知されての一般公開ではなく関係者のみのものでしたが、ネット上に公開するお許しを頂きましたので、ここに当日の様子を並べさせて頂きます.

↑C56139は車庫から神奈川臨海鉄道のDLに引き出され、コキ50000形2両に連結され、推進で展示場所へと移動しました.もちろん火は入っていませんが、横浜ポニークラブさんのメンバーによる日頃の整備のたまもので、美しい現役さながらの姿を披露してくれました.シリンダーからはシューシューという圧縮音も聞こえて、とても45年前に廃車になったカマとは思えません.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑展示場所に到着.一線置いて並ぶDD5514号機が到着する直前(ほとんど被りかけています)に美しい順光のサイドビューを撮影できました.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑今回用意されたJR貨物のコキ50000形には、鉄道での本格的なコンテナ輸送が開始されてから50周年を記念して、当時に模した緑色塗装の新製の19Dコンテナが積載されています.
コキ50048です.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑コキ50413.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑C56+コキは過日の小海線での高原野菜輸送で実績があります.(多分あれは通風コンテナでしたが)
現在復活されている蒸機は、すべて旅客鉄道の所有なので貨車に連結される機会は皆無です.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑緑色記念19Dコンテナは50個新製されたそうですから、コキ10両編成が組める訳です.
コンテナ単体をアップで.エコレールマークやロゴ類は模型ファンの方のためにコントラストを強めにしています.どうぞご利用ください.業者さんもどうぞ.って勝手に私が云ってもよいのかどうか.


(画像をクリックすると拡大されます)

↑↓展示会場ではC56139、DD5514、DD601が並べられました.C56には「たから」、DLには神奈川臨海鉄道本牧線開通50周年記念のヘッドマーク(鉄道資料交換会さん制作)が付けられています.

以下は展示会でのカットです.日頃の行いの良い晴れ男が集まったようで、素晴らしい晴天でしたがちょっと良すぎて皆さん光線状態には苦心されていたようです.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


      (画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↑C56から外された「たから」のヘッドマークです.これもコントラストを強めにしています.同じものがJR貨物の機関車に装着されて現在走行中だそうです.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↑展示会が終了.再びDD601号機が連結されます.

↓牽引されて走る姿を1/60sec.で流してみました.スピードが遅いのでタイミングが合わせづらく思ったほど流れず、キャブもピッタリ止まりませんでした.しかも機関士席が空席!


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↑再びC56139は車庫に収められ、すぐさまシャッターが閉じられてしまいました.今度姿を現すのは何時のことでしょうか.

このような素晴らしい撮影会にご案内頂きました、横浜ポニークラブのポニー139さんに感謝します.どうもありがとうございます.当日の運営整理も見事な采配でした.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、12月分全部はこちらからでも
11月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/12/07 PM 01:03:41 | [私鉄・専用線・トラム]

No.947 C56139起動す

(画像をクリックすると拡大されます)

今日は神奈川臨海鉄道(株)横浜本牧駅において、神奈川臨海鉄道本牧線開通40周年・鉄道コンテナ輸送50周年を記念して、横浜ポニークラブさんの主催で車両展示会が行われました.
詳細は明日のこのブログにてご報告しますが、普段格納されている車庫から展示場までC56139号機が久々に線路上を、しかも50周年記念コンテナを積載したコキ50000形2両を連結して移動しました.構内とは云え貨物列車状態のこの姿に、何十年ぶりかに相見えることが出来て感激です.


(画像をクリックすると拡大されます)

※1カット目、C56139が白煙を出しているように見えますが、白いのは後方の工場の煙です.C56139はもちろん無火です.おどかしてすみません.まあ偶然じゃあないですが.

next


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、12月分全部はこちらからでも
11月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/12/06 AM 12:23:36 | [私鉄・専用線・トラム]

No.946 都電学習院下は秋爛漫

(画像をクリックすると拡大されます)

今日は仕事は夕方からということで、好天に誘われてまずは池袋のサンシャイン60展望台へ登楼してみました.ところが下界では雲一つない晴天なのに、上から見ると霞んでいて視界がよろしくありません.期待のスカイツリーもボヤッと見える程度で残念でした.
急遽都電学習院下にカシを変えて撮影しました.ここは春のサクラも見事ですが、秋のイチョウの色づきもカナダ並の美しさです.
本来なら本編コンテンツにするくらいのボリュームですが、億劫なのでこちらに並べます.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

最近避けていた流し撮りです.なぜ避けていたかと云うと、流し撮りばかり撮っていると自然とカメラを振るくせがついてしまいます.普通に高速シャッターで静止させて撮りたい時でも中途半端に流れてしまい、下手をすれば手振れになってしまうからなんです.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


      (画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↑伊予鉄カラーの都電現る!


(画像をクリックすると拡大されます)

↑ブレブレ写真じゃあありませぬ.電車の頭は止まってます.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、12月分全部はこちらからでも
11月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/12/02 PM 09:38:42 | [私鉄・専用線・トラム]

No.945 そんなご無体な

(画像をクリックすると拡大されます)

9月から枕木交換工事のため、と云う理由で日曜日だけ限定1往復の運用になっていた関東鉄道常総線のキハ101・102(もとJRキハ30)なんですが、11月からは以前のように毎日運転に戻っているのかと思いきや、です.昨日行こうかと思い立ち、関鉄サイトを確認するとなんと限定運用そのものが無くなってしまっていました.そんなゴムタイヤ、いやご無体な!
それならそれでちゃんと告知しておいて頂ければ、無理してでも日曜日に撮りに行っていたものを.近場なだけに残念です.
新車が2両増備されているので廃車になってもおかしくないんですが、まだ一般運用に入っている可能性もありますし、同じくらいの車齢のもとJRキハ35系ほかの車両はまだ何両も現役↓ですので、便利な両運車が先に廃車になるとは限りません.のです.


(画像をクリックすると拡大されます)

でも近いとはいっても、むやみやたらに当てずっぽうで、スカ覚悟で行くほどの元気もありませんが.

撮影は9月16日、水海道です.まさかこれが平日運用の最終日になるとは!

これもキハ100型ということで100つながりでした.

next11月分

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/12/01 PM 10:57:41 | [私鉄・専用線・トラム]

No.939 上野モノレール
11.2に追記.半月ほど更新をサボってしまい申し訳ございません.特に仕事が忙しいとか、体調を崩しているということもないのですが、なぜか全てにやる気が起きません.近いうちに何かネタを仕入れにでかけましょうか?


(画像をクリックすると拡大されます)

今日は他の用事の前に上野モノレールを撮影してきました.このモノレールは1957(昭和32)年に日本初のモノレールとして華々しく開通したものですが、上野動物園の構内に存在するわずか300mの路線です.当時は小学校1-2年ですが、開通直後に乗りに来た覚えがあります.
まず以前一度撮影したことがある、不忍池越しに弁天堂を入れたカットです.モノレールはほんの一瞬見えるだけなので息が抜けません.まあ失敗しても直ぐ来ますからどうってことはありませんが.


(画像をクリックすると拡大されます)

池中央にある弁天島からのカットです.都心もすっかり秋色ですね.


(画像をクリックすると拡大されます)


      (画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

入園料を払って入園すればまだいろいろな角度から狙えそうですが、今日はそんな時間はありません.

一般道を跨ぐ地点で見上げました.並行して人道橋があり、下からだと除けて撮影するのは難しいです.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、10月分全部はこちらからでも
9月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/10/18 PM 03:39:14 | [私鉄・専用線・トラム]

No.929 新京成800形を撮影

(画像をクリックすると拡大されます)

昨日午後、常磐線快速で松戸駅を通ると、新京成ホームに800形が停車していました.時間に少し余裕がありましたので即決で下車.各駅停車のホームへ回ります.8両編成では津田沼方の先頭車はJRホームからは撮影できません.橋上駅舎の下になってしまいますが松戸方の先頭車を撮影しました.

↓中間には運転台撤去車が顔を突き合わせています.ちょっと12系客車風です.


(画像をクリックすると拡大されます)

出発して行く姿を後追いで.京成スタイルを保つ800形は現在2編成が残り、通常は朝方に少し走るだけであまり本線には出て来ないようです.この編成でリバイバル塗色などやってくれると嬉しいのですが.


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、9月分全部はこちらからでも
8月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/09/19 PM 03:31:34 | [私鉄・専用線・トラム]

No.925 土佐の高知のはりまや橋で♪

(画像をクリックすると拡大されます)

1975年8月、夏期休暇で会社を休んで四国、九州、山陰、北陸とドライブの旅をしました.鉄道の撮影はついでついで、と云うことで観光とドライブが主目的の旅です.
2日目は神戸市を早朝に発ち、淡路島経由で高知市までやって来ました.高知市内は通り抜けるだけでしたが、欄干だけしかないはりまや橋付近でクルマの中から土電にカメラを向けてみました.
「電車は何処だ」って?懐かしのフェンダーミラーの中です.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

この頃はあまりトラムには興味が無かったのか(鉄道全体に興味が失せていたのか)、結局市内では撮影のためにクルマからは降りず、この時のカットしかありません.

そもそも、1975年8月といえば国鉄蒸機最後の夏、ということでファンは北海道へ九州へと全国を汗まみれになって駆け回っていた時です.時勢に逆らってのんびり観光ドライブとは悠長なものでした.私にとっての本格的な蒸機撮影は1971(昭和)46年、C62重連の消滅とともに終わっていたのでしょう.

※購入後5年目の2代目スキャナーが最近目立って解像力が劣化してきて、なかなかスキャン作業に真剣になれません.もう買い替えなければならないのでしょうか.まだ初代のCRTのモニタやPC自体も10年選手にならんとしてます.総取っ替えの予算なんてとてもとても・・・.欲しいレンズもあるし.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、9月分全部はこちらからでも
8月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/09/14 PM 07:18:22 | [私鉄・専用線・トラム]

No.917 伊豆箱根鉄道大場工場を訪問(3)


8.14追記:お盆どころか学生並みの夏休み中・・・・.
8.7追記:また隔いてしまいました.このままお盆休みに突入の公算高し!



(画像をクリックすると拡大されます)

ED32・ED33はもともとは満鉄向けに製作されたそうな.グリーンに塗れば撫順炭鉱辺りに居ても不思議ではないスタイルです.
貨物列車こそありませんが、現在も大場工場で検査する大雄山線電車の回送や、新車の搬入用に活躍しています.手書きのナンバーがローカル私鉄っぽいですね.
今となってはTR22(DT11)+MT30も貴重な存在でしょう.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

↓1000系モハ1008はただ1両残る赤電色.倉庫として使っているようです.


(画像をクリックすると拡大されます)

炎天下、猛暑の中約30分ほどで撮影を終え、事務所でお礼がてら情報収集して工場を後にしました.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/07/30 PM 07:46:28 | [私鉄・専用線・トラム]

No.916 伊豆箱根鉄道大場工場を訪問(2)

(画像をクリックすると拡大されます)

1100系.云わずと知れた、懐かしい懐かしいもと西武701系です.3編成存在しましたが、現在はこの1009F(クモハ1009+モハ1010+クハ2005)のみが現役です.
西武時代は783F(クハ1783+モハ783+モハ784+クハ1784)だった編成で、3両編成化にあたりモハ783のモーター、機器等をクハ1783の車体に移植しています.
前日は運用に就いていたそうなんですが、当日は残念でした.ロングシート車は1300系とともに敬遠されているんでしょうか.1100系には10数年前に一度乗車したことがあります.

↓正面からの絵をモノクロ変換すると西武赤電時代の姿が蘇ります.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓検査期限はまだ3年ありますが、一応本年中には1300系に置き換える予定だそうです.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓1009Fの後方には、すでに廃車になった1013F(クモハ1013+モハ1014+クハ2007)が置かれています.西武時代は735F(クハ1735+モハ735+モハ736+クハ1736)だった車両です.
すでにヘッドライトやその他機器、そしてナンバーも外されています.屋根の上で作業をしていましたのでもう解体開始かと思いきや、架線をいじっていました.この場で解体するために架線にカバーしているのかもしれませんが、取材から2週間経過してますからひょっとしてもう・・・・.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/07/29 AM 11:09:55 | [私鉄・専用線・トラム]

No.915 伊豆箱根鉄道大場工場を訪問(1)

(画像をクリックすると拡大されます)

話は少し戻って、7月14日.修善寺駅周辺で撮影の後、大場だいば駅近くにある工場(車庫)を訪ねました.期待していたもと西武の車両が本線に出ていなかったので、ぜひ昔の彼女たちに一目だけでも会いたいと云う思いからです.
工場は伊豆箱根鉄道の本社建物に併設されていますので、本社受付から総務課経由で工場へご案内頂きました.誓約書にサインだけで自由に撮影OKとのことです.

↓構内にはED31が2両、もと西武新101系の1300系2編成.もと西武701系の1100系が2編成.いずれも旧西武車たちがゴロゴロ居並んでます.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓庫内には5月に入線した1300系の第2編成1302F(旧クモハ292+モハ237+クハ1237)が整備中でした.右は検査中の大雄山線5000系の5001F(5000系ゆいいつの鋼製車).


(画像をクリックすると拡大されます)

↓こちらは昨年は12月に運転開始した1300系の第1編成1301F(旧クモハ284+モハ235+クハ1235).


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

正面横、青帯の跳ね上げは↓7000系に合わせたようですが、1300系ではサイドラインと揃っていないのが不自然ですね.


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/07/28 PM 07:22:44 | [私鉄・専用線・トラム]

No.914 箱根登山鉄道大平台駅その2
※体調を崩しておりまして更新が滞っております.申し訳ございません.


(画像をクリックすると拡大されます)

翌日7月15日も夕方大平台駅にやって来ました.ここで再び旧型電車が急勾配をよじ登って来る姿を捉えます.朝から撮影しているのでもう運用は完全に把握していて、次に登って来るのは旧型3連の編成です.残念ながら金太郎復活塗り分けのモハ108号は、この区間では小田原寄りに連結されていますのでホーム側からは見られません.
昨日と同じように300mmいっぱいで構えますが、暗くて1/125sec.しか切れないのが辛いところです.アンチシェイク付きでも実質450mmでは手持ちは厳しいですが、三脚は持ち歩きませんので致し方ありません.

↑やはり2連より迫力ありますね.80‰だと3両編成の前後の標高差は3m、ほぼ電車の屋根までの高さ分だけ傾いてるわけです.


(画像をクリックすると拡大されます)

↓さらに引きつけて進入を撮影していると、右側の線路からも箱根湯本行の電車が下って来ました.少々興奮してしまい、フレーミングと合焦ポイントに迷いながらシャッターを押しましたので、ブレてしまいました.残念.
こんなシーンを見てしまうと、双方の電車とも旧型で揃えたいですね.そういう欲を持つ人にはなかなかチャンスは来ません.何にも考えていない人はいきなり遭遇してしまったりします.世の中そんなもんです.


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/07/23 PM 03:08:58 | [私鉄・専用線・トラム]

No.912 箱根登山鉄道旧型同士のすれ違い

(画像をクリックすると拡大されます)

箱根登山鉄道の旧型電車はモハ1形4両とモハ2形3両で計7両.2両または3両編成を組んでいるので2編成が運用に就いていることが多いようです.となると両編成が出会う邂逅シーンが見物ですが、途中近づけない信号所もあるので撮影できるかどうかは、その日の運ではなくて運用次第になります.
↑は7月14日の宮ノ下駅です.モハ108号は前面の塗り分けが違っています.

翌日15日は2両編成と3両編成が2本続けての運用に入っていました.これだと交換は塔ノ沢駅と小涌谷駅に決まりです.走行写真も宮ノ下、小涌谷辺りでは続けて4本来るので大変効率の良い撮影が可能でした.
↓は小涌谷駅です.


(画像をクリックすると拡大されます)

ところでこの時期に箱根に行ったのにアレの写真がほとんど無いじゃあないか?とお思いでしょうが、これはコンテンツをアップした時に「ブログの焼き直し」と言われないように、あえて外してあります.なかなか難しいもんです.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/07/21 PM 03:27:26 | [私鉄・専用線・トラム]

No.911 箱根登山鉄道大平台駅の2カット

(画像をクリックすると拡大されます)

急勾配をよじ登って来た旧型電車は、この大平台駅では珍しく交換がありません.運転手さんと車掌さんはエンド交換で移動します.
登山鉄道自体が何となく観光テーマパークの施設のように感じてしまいがちですが、実際に生活に利用されている方も当然いらっしゃいます.平日なのでお姉さん達が降りてきました.

この日は梅雨明けで、小田原辺りはかんかん照りの灼熱地獄でしたが、標高を上げたこの地は曇りがち、というよりも下界から見た雲の中で、爽やかな風が頬や腕に心地よく感じます.

約1分後に電車は再び急勾配に向かって駅を離れてゆきました.その直前、ほんの一瞬だけ雲間から夕陽が差し込みオレンジの電車を染め、周囲の木々の緑と大平台駅.各色の彩度を一気に上げたんです.誰かがフォトショップを悪戯したかのように.
「ウォーッ!美し〜い!」私もファインダーを覘きながら、トーンアップして思わず声が出ました.この瞬間だけこの空間も私も昭和の世界に居りました.しかし、その後月が2つに見えたりはしていません.(?)


(画像をクリックすると拡大されます)

2009.7.14 16:39-41

この日の旧型車は2連と3連の2本が走っていましたが、3両編成だとホームいっぱいに停車してしまうため、このような2カットは撮れないのです.(私はついている、という自慢話です)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/07/20 PM 10:01:07 | [私鉄・専用線・トラム]

No.909 箱根登山鉄道急勾配を実感

(画像をクリックすると拡大されます)

伊豆箱根鉄道訪問後は箱根に回りました.翌14日朝には友人達と合流する予定なので、格安で泊まれる小涌谷の宿舎で温泉を堪能します.
その途中で撮影した↑大平台と↓宮ノ下です.どちらも駅ホームのレベルからの撮影で、天下の嶮の急勾配を実感できました.


(画像をクリックすると拡大されます)

※順序から行くとイズバッコの大場車庫ですが、点数が多くなりそうなので後回しにします.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/07/18 PM 03:39:14 | [私鉄・専用線・トラム]

No.908 伊豆箱根鉄道の営業努力を見習え!

(画像をクリックすると拡大されます)

伊豆箱根鉄道の本社・工場・車庫のある大場だいば駅です.
このホームの広告板の量の凄まじさ!営業マンの努力、涙と汗の結晶、賜物でしょうね.炎天下の猛暑でしたので余計そう感じました.


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/07/17 AM 11:04:28 | [私鉄・専用線・トラム]

No.907 伊豆箱根鉄道と富士山

(画像をクリックすると拡大されます)

一昨日7月13日はふらりと伊豆箱根鉄道を訪れました.本当はもと西武の701系、新101系の走りを見たかったのですが、残念ながら走っていませんでした.

撮影ポイントを探しながら、結局終点の修善寺駅まで乗車してしまいましたが、途中これと云った場所は見つかりません.想像以上に線路間近に住宅が建ち並んでいて、期待していた鉄橋もコンクリ製の下路式で問題外でした.
修善寺で駅舎から出ると、太陽がカンカンでもの凄い暑さ!朝早くに家を出て来たので、すでに梅雨が明けていた、というニュースはまだ知る由もありません.

しかしめげずに線路に沿って少し歩くと富士山が見えました.三島付近では頂上は雲に隠れていたので期待はしていなかったのですが.
それならぜひバックに入れて撮りたいと少し歩き回ったのですが、どうしても住宅や鉄塔が邪魔してこのような絵しか撮れませんでした.
その富士山も霞んでいて薄く、そちらに露出を合わせると電車に対しては-2以上不足してしまいます.でも取り敢えずそれで撮るしかない訳で、こりゃ後処理が大変です.ここに出している写真は一応その後処理をしています.


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

JRから乗入れて来る185系「踊り子」は5両編成で編成全部が入りません.4両目のパンタグラフが半分欠けてしまいました.炎天下では頭がぼけっとして全てに気が回りません.

この後、もと西武の電車を見るために大場車庫へ向かいました.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/07/16 AM 03:48:46 | [私鉄・専用線・トラム]

No.906 油断

(画像をクリックすると拡大されます)

まさか、こんなところから撮られているとは!夢にも思わなかったでしょうね.
私だって狙ってシャッターを切った訳じゃあありません.

ご本人がこのブログを目にされることが無いように祈ります.

2009.7.13 箱根登山鉄道宮ノ下駅


(画像をクリックすると拡大されます)

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/07/15 PM 05:48:13 | [私鉄・専用線・トラム]

No.894 6086号のコントローラーのシルエット

(画像をクリックすると拡大されます)

こんな写真を、現場でノートリミングで撮れるような機転閃きと腕が欲しいです.
忘れていなければ次回再トライですね.

じっくり撮影済みのカットを検証しながら、PCモニタ上での2回目のフレーミング(トリミングとも云う)をするのは、今後の撮影時のよい練習になります.頭の抽き出しの片隅にでも保管しておけば、違う新たな別のシチュエーションの時にも応用が効くことでしょう.

誰が前後のコントローラーが並んでシルエットで浮かぶ、などとと気付くでしょうか.(それが咄嗟に出来るのがプロなんでしょうね)素人の私は簡単なコンテを描いておくことにしましょうか.やはりさらなる研鑽を積むことが必要ですね.まだまだ修行が足りません.


     (画像をクリックすると拡大されます)

↑実はこちらが元絵です.これはこれで庫内の6086号をシルエットで狙う意図を持っています.この時間はまだ正門から中へは入れませんので300mm(450mm)で撮影しています.ということは最初のようなアップを撮影するのには実質1000mm以上のレンズが必要ですね.それは私の器材では不可能ですだ.
しかし、おそらく200mくらいは遠方にあると思われるクロネコヤマトのトラックに邪魔されていたとは!シルエットはバックにも気を回さないといけませんな.やはり修行が・・・.

next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/06/16 AM 03:48:46 | [私鉄・専用線・トラム]

No.893 ズームインしてみたら

(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

カメラを手に持ってない人も大勢居たとは!(許せよ、27k氏)

next


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、6月分全部はこちらからでも
5月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/06/15 PM 05:48:13 | [私鉄・専用線・トラム]

≪ 前の30件| 次の30件









(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.