【安楽鉄道趣味】轍楽之路 Weblog by 寺田牧夫
轍楽之路(てつがくのみち)主宰の寺田牧夫(田駄雄作)が鉄道趣味、旅、写真の話題を中心に私の興味あるジャンルの話や諸事彩々、私のお気楽に写真とともに、脈絡もなく、気ままに、無責任に綴りおきます. 話のタネや酒の肴としておひつまぶしにお付き合い下さい.  同調、訂正、苦情、提案、罵倒などのコメントや掲示板への書き込みお待ちしています. (1ページに最新5つの記事が表示されます.Archives、カレンダーから過去の記事もご覧下さい.) ※各画像への直リンクや営利非営利とも2次使用はご遠慮下さい.(発見された場合はご通報をお願いします)※
[TOP] [すくすくBLOG]

No.913 キリ番付き



先日、クロ151さんの「ボンネット特急の世界へようこそ」サイトの記念すべき100万ヒットを踏ませて頂いたと思ったら、本日は小サイトの888888ヒットを自分で踏んでしまいました.
これを自爆と云うそうなんですが、まあ8並びですから目出たい数字を自分で見られて良かったのかもしれません.



※昨日の皆既日食天体ショーは各局リアルタイムで実況していましたが、硫黄島での見事なダイヤモンドリングを生中継したNHKの一人勝ちでしたね.360°夜明け前状態というのも初めて見ましたが感動ものでした.素晴らしかったです.
自衛隊基地の島なので観光客は居らず、そんな処に行けたNHKスタッフは幸せ者です.
悪石島や上海は誰か雨男(雨女?)が行っていたんですね.


next

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.


2009/07/22 PM 03:29:04 | [ウェブサイト・ブログ・写真]

No.656 2007年撮影写真総括(後)
今日は[5]~[1]位です.この5点はどれも好きな写真ばかりで、順位は一応付けました.

[5] 11月7日撮影 流山線小金城趾駅です.もちろん当日は引退する「流馬」編成が狙いなんですが、わざわざ3両編成が走る早朝からやって来たので、カラフルな他の編成も当然撮影します.
何しろすべての編成が私にとっては懐かしい、もと西武のいわゆる湘南型タイプの前面を持つ車両ばかりです.
小金城趾駅の歩道橋からこのようなアングルで貫いて撮れることが判り、300mm(×1.5)手持ちで冒険してみました.こんな時に心強いのはアンチシェークですね.

(画像をクリックすると拡大されます)

[4] 8月19日撮影 18切符を使いはるばるやって来た大糸線です.本当はもう少し奥まで行きたかったのですが、翌日には仕事があるため当日中に帰宅せねばならず(しかも普通列車で)、南小谷駅付近での撮影にとどまりました.姫川の清流を前景に単行のキハ52が来るのを待っていましたが、2連で現れたのでシャッタータイミングに一瞬迷いました.

(画像をクリックすると拡大されます)

[3] 8月17日撮影 18切符の旅初日は、久しぶりの大井川鐵道で蒸機列車の撮影でした.地元に住む友人にクルマで案内して頂きましたが、凄い暑さで列車待ちの時間がしんどかったです.
写真では大井川の流れで涼しそうですが、実際は炎天下で汗だくだく.よほど靴を脱いで川に足を浸けようかと思いましたよ.(それをやると後が大変です) 崎平-千頭間です.

(画像をクリックすると拡大されます)

[2] 7月29日撮影 今年も烏山線直通で運転された「烏山山あげ祭り号」を7月28日は乗車中心、翌29日はクルマで沿線撮影をしました.
ハイライトは龍門の滝でしたが、昨年のように水量も多くなく、加えて列車の来るタイミングが判らず失敗してしまいました.このカットは間合いの普通列車ですが、前日に列車からロケハンしておいた仁井田-下野花岡間のキリンビール工場の森バックの直線区間です.緑の稲穂の絨毯を前景に美しい列車写真が撮れました.こんな良い場所なのに、撮影していたのはファンでは無いような地元の人だけでした.他の場所には100人を越える人が三脚を並べていたのに勿体ない話です.

(画像をクリックすると拡大されます)

[1] 2月23日撮影 お馴染みの浜松町貿易センタービルからの俯瞰ですが、毎回狙っていた500系「のぞみ49号」の夜景撮影です.今回は大胆に流してみました.感度を1600まで上げていますのでノイズが目立つといえば目立ちますが、私はそれほど気にしていません.ちょうど上り300系と行き違い、その車内灯が先頭部を照らしています.この場所から撮る場合、先頭部が手前の換気塔?より向こう側でシャッターを切る人が多いですね.
まことに残念なことに、この列車は12月1日からN700系に置換えられてしまい、貿易センタービルから500系の下り「のぞみ」の夜景はもう撮れなくなってしまいました.
自己満足ではありますが、この写真が私の2007年のベスト1でした.

(画像をクリックすると拡大されます)

他にも気に入ったカットはありますが、いざ10点選ぶとなるとこうなりました.
ほとんどが本編に既出のカットですが、全部レタッチし直しています.如何でしょうか?

間もなく今年も終わりですね.来年もマイペースで更新いたしますのでよろしくお願いいたします.
良いお年をお迎えください.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、12月分全部はこちらからでも
11月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2007/12/31 PM 07:14:28 | [ウェブサイト・ブログ・写真]

No.655 2007年撮影写真総括(前)
今年1年間に撮影した鉄道情景写真の中から印象深いカットを並べてみます.
本年は自己採点順に10位から並べてみました.
今日は前編です.

[10] 6月19日撮影 今年は東京王子の北とぴあ(ほくとぴあ)17階の展望室を何回か訪れて、俯瞰撮影を楽しみました.
これはJR西日本489系国鉄色ボンネット車を使用した「ホームライナー鴻巣」です.本来の夜行急行「能登」運用の前に、ホームライナーとして高崎線鴻巣と宇都宮線古河までアルバイトです.

(画像をクリックすると拡大されます)

[9] 11月18日撮影 総武流山電鉄流山線のもと西武801系809Fであった「流馬」編成がこの日で引退です.天候にも恵まれて、沿線には流山線始まって以来の多くのファンが詰めかけて賑わいました.小金城趾駅前の旧運河ではカルガモ達も揃ってお見送りです.

   (画像をクリックすると拡大されます)

[8] 1月28日撮影 京成電鉄の旧特急車である3298編成が引退に当たってオリジナル・ツートーンカラーに塗り替えられ3月28日まで運転されました.1月28日には「リバイバル開運号」として京成上野-京成成田間を往時のヘッドマークを掲げて1往復しました.
京成酒々井-大佐倉間のこの築堤は通過直前に偶然見つけたのですが、京成ファンにはお馴染みのポイントらしく、何人ものファンが三脚を立てていました.
この場に立って数分後、順光線を浴びた美しい3298編成はジョイント音も軽やかに走り去りました.

(画像をクリックすると拡大されます)

[7] 5月21日撮影 バラと都電の組み合わせも撮影を始めて3年目になりました.毎年自分のスケジュールと天気の様子を見ながら出かけます.やはりバラは晴れていないと全く絵になりません.昨年は三ノ輪橋付近で撮影しましたが、今年は新車の9001号も見たくて荒川車庫前付近にポイントを定めました.
本編では組み写真としてバラの美しさを表現していますが、さて1カットですべてを見せるとなるといずれもボリューム不足です.これは来年以降の課題ですね.

(画像をクリックすると拡大されます)

[6] 11月23日撮影 つくばエクスプレスTXのお馴染みのというか、数少ない沿線撮影地です.流山セントラルパーク-南流山間のこのポイントは、うるさかったバックの土地造成工事も終了して大分撮りやすくなりました.しかし架線やビームが車体にかからないようにするには立ち位置や、シャッタータイミングが微妙です.陽が短い季節では15時を過ぎると、ご覧のように線路に影が落ちてしまいます.
僅かに残ったスポットライト・ポイントに先頭部が来た瞬間にシャッターを切ってみました.

(画像をクリックすると拡大されます)

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、12月分全部はこちらからでも
11月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2007/12/30 PM 07:46:28 | [ウェブサイト・ブログ・写真]

No.654 Thanks 500,000 Hits !

(画像をクリックすると拡大されます)

本日当サイト轍楽之路は2002年3月3日以来、50万アクセスとなりました.昨年も年末に40万だったと思いますので、ちょうど1年間で10万のペースのようです.
毎日多くの方にご覧頂きまして、どうもありがとうございます.

最近はブログが主体になってしまっていて、本編コンテンツはなかなか更新できませんし、デジカメを使いだしてからは古いネガやポジのスキャンがすっかり億劫になってしまいました.というよりも、コンテンツとしてまとめられるテーマがなかなか思いつかないというのが本音です.

せっかくの50万というキリのよい数字です.本来ならばキリ番賞企画などすれば良かったんですが、あれよあれよという間にカウンターが進んでしまいました.

本人が気づく前に、先ほどHさんからお祝いのメールと500000のキャプチャー画像を頂いてしまいました.どうもありがとうございます.
Hさんは40万の時もキリ番ゲットされた方です.奇遇といいますか、それだけいつも見て頂いているということなんですね.重ね重ね御礼申し上げます.


新年には先日撮影してきた王子の夜景を本編にアップするつもりです.最近は近鉄(ちかてつ=近所鉄)ばかりですが、田駄雄作風、略して駄作風アングルをお楽しみ頂ければと考えています.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、12月分全部はこちらからでも
11月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2007/12/27 PM 11:20:20 | [ウェブサイト・ブログ・写真]

No.614 中秋の名月を撮る

(画像をクリックすると拡大されます)

十五夜お月さんを物干し台から撮ってみました.ちょうど電線にかかる位置でしたが何とか除けて何枚かシャッターを切りました.

これを見てすぐに撮ろうか、なんて思った方に参考になるかどうか.
ISO100・F10・1/500です.
300(x1.5)mmで、もちろん超トリミングしています.

普通のカメラで手持ちで、38万km彼方がこんなにリアルに撮れるんですね.宇宙にぽっかり浮かぶ月を、このように自分の写真でじっくり見ると神秘的で威厳さえ感じます.月を球体として実感したのも初めてです.
本日は真のfull-moonではなくて、4-5日先が本当の満月だそうです.

next この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、9月分全部はこちらからでも
8月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2007/09/26 PM 05:43:43 | [ウェブサイト・ブログ・写真]

No.565 Yahoo!に見捨てられた
いつも閲覧を楽しみにしていた方のブログが、先月末から急に記事と画像が表示されなくなりました.またゲストブックへの書き込みもエラーになってしまいます.
「どうしたことかいな?」とyahoo!ブログに問い合わせるとこんな解答が来ました.


Yahoo!ブログのご利用ありがとうございます。

お問い合わせくださいました件について、回答いたします。

このたびは、ご不便をおかけしており誠に申し訳ございません。

2007年5月22日にYahoo!ブログをWeb標準化し、サービスの拡充を
実現するためにYahoo! JAPANの推奨ブラウザすべてでご利用いただ
けるようになりました。

現在Yahoo!ブログをご利用いただける環境は下記となります。

■推奨環境
【Windows】
・Internet Explorer 5.5以上、6.x、7.x
・Firefox 2.0以上

【Macintosh】
・Safari 1.3以上、2.x

◇Yahoo!ブログ(ベータ版)の推奨環境
http://help.yahoo.co.jp/help/jp/blog/blog-05.html

上記以外のパソコン環境では、Yahoo!ブログページの表示が乱れたり
正常に動作しない場合がございます。
何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

推奨環境外でYahoo!ブログをご利用の場合は、申し訳ございませんが、
上にご案内した推奨環境下での操作をお試しくださいますよう
お願いいたします。

これからもYahoo! JAPANをよろしくお願いします。


ふむふむ、ということは MacOS9.1-9.22 からは見られない!ということなんですね.というか今まではたまたま見えていたモノが見えなくなった、ということなんでしょう.
はいはいよく判りました.

MacのSafari は OSx専用ですからね.MacでもWinでもネスケは無視されているようですし、ブラウザはもっとありますよね.Yahooさん、酷いですよ.

今や少数派とはいえ、まだDTPやデザインの世界ではMacOS9.1-9.22が幅を利かせているというのに残念なことです.
最近はデジタルのソフトでもOS9どころかOSXの初期形でも未対応のものが多く、新型のデジカメも使えません.カメラが対応していても現像ソフトが未対応のものも多いです.

今日はボヤキでしたので画像はありません

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2007/06/08 PM 04:15:49 | [ウェブサイト・ブログ・写真]

No.552 TOK2メルマガ

お借りしているTOK2(トクツー)サーバーのメールマガジンに弊サイトが紹介されました.これで一挙にアクセス数アップ!と行きたいところですが、本編は3月以来更新が無く、ブログも間隔が開いている状態ではせっかくお出で頂いても無駄足になってしまいますね.申し訳ない限りです.

本日はトップページの写真とBGMを入れ換えました.これで多少雰囲気が変わったかと思います.BGMがうっとおしいと思われる方は、下に図示した左側フレームのバー[II]部分をクリックするとカットされます.またその左側スピーカーマークの部分をプルダウンするとボリューム調整ができます.


再生ソフトのプラグインが無い場合や、ブラウザによってはBGMは再生されませんのでご了承ください.

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、5月分全部はこちらからでも
4月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2007/05/15 PM 05:48:13 | [ウェブサイト・ブログ・写真]

No.479 三脚話


鉄道写真というと三脚が付き物のように思いますけど、私は最近ほとんど使ったことがありません.それでも有名撮影地のお立ち台(この言葉好きになれません)などの光景を見ると、ほとんど全員が1-2台の三脚を林立させています.
三脚とは本来、低速シャッターしか使えない状況の時に手ぶれを防ぐのが最大の目的だと思います.また定点で構えて連続シャッターを切るときなどにも役立ちますね.
ところが現在のようにズーミングしつつ、フレーミングを臨機応変に変えながら、被写体にピントを合わせ続けて連写する、という撮影スタイルにはまったくそぐいません.走っている列車を撮るときには最低でも1/250sec以上のシャッター速度を使うでしょうから200mmレンズくらいまでは、基本的には三脚は不要です.
じゃあ、なぜみんな三脚を使っているのか?というとこれは複数台のカメラをを同時に使うときのためのカメラ置き台です.また自分のテリトリーを主張するための場所取り道具でもありますね.

かく言う私も、昔は↑写真のような「Wマミヤ+手持ちニコン」が標準スタイルでした.

三脚ってカメラ屋さんの売り場に行くと、値段と大きさがピンからキリまであって迷うことでしょう.でも安くて軽いのは三脚と銘打っていても三脚じゃあありません.「三脚のようなもの」とでも言いましょうか?用途は記念写真がせいぜいです.これカチカチカチって延ばす「おもちゃ三脚」のことじゃあありませんよ.
立派に三脚として役に立つためには1つの基準があります.足をいっぱいに延ばした状態で、雲台に据えたカメラのファインダーの高さが自分の目の位置にあるかどうかです.腰や膝を曲げたりしてはいけません.安易に使いがちなエレベーターも基本的には屋外では使いません.カメラを据えて、各ネジロックをいっぱいに締めた状態で、カメラに触ったときに少しでもユラユラ揺れるようだったらOUTです.OUTです.OUTです.3震です.
最近は軽いカーボン三脚などもあります.そりゃあ持ち運びには便利でしょうが、軽いと本来の役目は果たせません.現地では石などで補強(重)する必要ありでしょうね.もともとカメラ自体が重いビデオカメラ用なのでしょう.
各脚の開き方を揃えるバランサー付きの三脚は格好が良いですが、設置場所が平面でない場合が多い鉄道写真では、一本ずつ角度が変えられるバランサーが無しの方が使いやすいです.本来ならば脚は3本ともいっぱいに開いて使うのが理想ですが、脚の長さを一本ずつ調整するのは厄介で、柵や木の幹や枝を跨いでセッティングするときにバランサー自体が当たってしまい邪魔になることもあります.

三脚はカメラと地面を直結するものですが、では地面は絶対に揺れないでしょうか?そんなことはありません.たとえば構えた場所が橋の上ならダンプトラックなどが通過すれば確実に揺れます.被写体である機関車だって100トン近い重量のものが突進してくるのですから、揺れないわけはありません.レールの継ぎ目の部分を見ているとC62の動輪が通過する瞬間に2cmほどの段差が一瞬できました.これは軸重15トンが一瞬にして2cm落ちたことを意味します.その衝撃は枕木→砂利→地面から三脚を通じて、カメラに増幅されて伝わりますから線路ギリギリで構えていれば影響はあるでしょうね.
空気も動きますね.いわゆる風という奴です.強風で三脚を引き倒されて高価なカメラをダメにした.という悲劇もよく聞きます.まあすべて自分の責任なので同情の余地は全く無いのですが.カメラの傍を離れるのならいっそ横に倒して置いておけば良いかと思います.

私はプロじゃないのでやりませんが、プロでも500とか600mmの長玉を使うときには三脚を使います.撮影するときはその三脚に覆い被さるようにして自分の体重をかけて、さらにカメラを固定していました.つまり自分の足と併せて五脚になっています.そしてレスポンスの悪くなるレリーズは使わないんだそうです.

走っている機関車や列車はもちろん動いていますが、停まっている時も動いていることを忘れてはいけません.ホームなどでバルブ撮影をするときは要注意です.
一番極端なのはエアサス付きの電車、気動車.特に乗客が乗降中はグラングラン揺れているのは実際に体験していると思います.先ほどの風も鉄道車両は表面積が多いので強風の時は要注意です.蒸機でも揺れますよ.

まあ何が言いたいかというと三脚は万能じゃないですよ、ということと、ホームや道路、歩道橋などの公共の場所で三脚や脚立を店開きするのはご注意下さいな、ということです.狭い歩道橋はファンのお立ち台ではありません.一般の方の通行を妨害するようなことがあってはならないと思います.
ホームでのフラッシュ禁止を呼びかけている同盟もありますが(同盟をうたうなら主宰者名くらい出すもんですよ)、ホームでの三脚使用も場合によっては大迷惑になります.

ちなみに私が所有した三脚です.
1台目スリック・グッドマン、2台目スリック・マスター、3台目ジッツオーの小さい奴、4台目スリック・マスター.40数年間でこの4台だけです.
ジッツオーはスリックの自由雲台を付けて、ヨーロッパにデカペンの置き台として持って行きました.まだ持っていますがゴムが劣化してしまい使えません.
2台目のマスターはクルマを下取りに出すときにトランクに入れたまま出してしまったようです.
4台目のマスターはいまだに持っていますが、最近は家で複写用にしか使っていません.ああ、昨年暮れは貿易センタービルからの夜間の俯瞰撮影に使いました. これはファインダーの中は真っ暗なので、実際に自分の目で列車のヘッドライトを追いながらシャッターポイントを見るためで、いわばカメラ置き台としてでした.

ついでに一脚のことを.一脚は先ほどのプロの話しではありませんが自分の脚2本を足して三脚として機能させるものです.三脚ほど嵩張らず、確かに持っていれば便利なこともあります.しかし、一脚に固定したカメラは自立しません.撮影までの間は手で支えているか、どこかにたてかけておくか(倒れる危険多し)、横倒しにしておかなければなりません.手持ちなら2台のカメラを首にかけておいて、とっさに持ち替えることもできますが、一脚ではどうしようもありません.そして意外と荷物になりますので、どうせ荷物になるなら三脚を持っていった方が良いと思います.一脚お勧めしません.私のデスクの下に3年以上転がっていますが、時々つま先がぶつかって痛い思いをします.

カメラの三脚取付ネジ穴と、折り畳み傘の先端カバーのネジがほぼ同寸法なのを知っておいて損はないと思います.(得することもないでしょうが、話のタネにはなるかも)ただしネジが折れて取れなくなっても責任は持ちませんです.
とりとめのない三脚話しで失礼しました.

この前の記事はこちらから

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2007/01/22 PM 03:29:04 | [ウェブサイト・ブログ・写真]

No.462 隠しカラー

(画像をクリックすると拡大されます)

昨日アップしました「1966年の大宮機関区」はもちろんモノクロでの撮影ですが、そのままグレースケールでの表現ではシャープネスの角や粒子が目立って冷たい印象でしたので、各画像に合わせてセピア調のトーンにしてみました.特にEF15など旧型電関のカットは茶色のボディを連想させるため、若干赤の方へ寄せています.
蒸機なら蒸機だけ、旧型電関ならそれだけが写っている単一トーンが被写体のカットならそれでも良いのですが、そこに異種、異色の車両が写っている場合はちょっと不自然に感じられました.
そこでここに掲げた2点については、パッと見では判らないくらいの濃度で色づけしています.気が付かれた方は居られますでしょうか?そんなのは邪道だ!とのご意見もありそうですが・・・・.that is a my way♪〜


(画像をクリックすると拡大されます)

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、12月分全部はこちらからでも
11月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2007/01/03 AM 01:12:08 | [ウェブサイト・ブログ・写真]

No.460 謹賀新年
本年もよろしくお願いいたします.


(画像をクリックすると拡大されます)

轍楽之路サイトの新コンテンツは明日、1月2日にアップの予定で鋭意作業中です.

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、12月分全部はこちらからでも
11月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2007/01/01 PM 10:57:41 | [ウェブサイト・ブログ・写真]

No.459 2006年撮影写真総括(後)
とうとう大晦日です.後編をご覧下さい.

[7] 8月2日/9月22日撮影 500系新幹線が東海道区間から撤退!ということで2007年に前半はカメラを向ける人が増えそうです.貿易センター40階展望台より編成全部を俯瞰です.9月には夜景にもチャレンジしましたが500系はヘッドライトの形でそれと判ります.
(画像をクリックすると拡大されます)

[8] 8月29日撮影 東京メトロ千代田線の支線終点の北綾瀬駅の先は大きな検車区、工場になっています.環七通りを越えると30‰以上の急な下り勾配で地上に降りるのですが、その様子を北綾瀬駅のホームから撮影できます.ちょうど小田急の1000系がやって来ましたので300mm(×1.5)で狙ってみました.

(画像をクリックすると拡大されます)

[9] 9月7日撮影 西武池袋線保谷の大カーブへ撮影に行った帰り、保谷駅の橋上駅舎から中秋の名月が見事でした.勇敢にも300mm(×1.5)で上り電車VVVF改9000系を前景にして撮影しました.アクセントの高層マンションは隣駅大泉学園駅前にあります.

(画像をクリックすると拡大されます)

[10] 9月22日撮影 横浜港「汽車みち」取材の帰途、根岸線の貨物列車の様子を見てきました.東京付近では有数の貨物が走る線で、東海道貨物の間合い運用でEF200型がタンカートレインを牽引します.お手軽撮影地としては山手駅のホームからのトンネルを飛び出すシーンが迫力もんです.

(画像をクリックすると拡大されます)

[11] 10月7日撮影 上野駅横アメ横入口にある聚楽の古いビルが取り壊され、上野公園西郷さん広場から御徒町方向に視界が開けました.京浜東北線209系と山手線E231系しか来ませんが、ちょっと魅力的なSカーブです.

(画像をクリックすると拡大されます)

[12] 12月23日撮影 井筒監督の映画ロケのために関東鉄道常総線のキハ35が京浜東北線色、スカイブルーに塗り替えられました.最初はどうせ際物だから、と無視していましたがネットで見るその姿は妙に似合っています.関鉄のホームページでは運用が公表されていますし、何よりも何よりも私の家からクルマで20分ほどで沿線に行けてしまうのですから、これは撮るっきゃないでしょう.寺原-新取手の踏切からです.

(画像をクリックすると拡大されます)

来年も被写体に愛情を持って、マイペースで撮影を楽しみたいと思います.今年は鉄道以外にも積極的に被写体を求め、12月は本埜村のハクチョウさんのところにも4回行っています.上空を飛び交うハクチョウを下から追うのはなかなかです.(新春早々にアップの予定です)

本年は多くの方に私のサイトやブログにご来訪ありがとうございます.2007年もよろしくお願いいたします.

前回の記事(2006年撮影写真総括前編)

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、12月分全部はこちらからでも
11月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/12/31 PM 07:14:28 | [ウェブサイト・ブログ・写真]

No.458 2006年撮影写真総括(前)
今年1年間に撮影した鉄道情景写真の中から印象深いカットを並べてみます.今日は前編です.

[1] 1月7日撮影 真岡鐵道蒸機運転開始日に撮り初めに行ってきました.実に2年ぶりの訪問でした.
上り6002列車.真岡-寺内 かねてより念願のカットです.

(画像をクリックすると拡大されます)

[2] 3月28日撮影 前日に開通したゆりかもめの延伸区間、有明-豊洲(2.8km)の初乗りです.青い高層ビルの間を走る新交通システムのシーンは、今が21世紀であることを実感させられました.
市場前駅から新豊洲方面を望んだ光景です.

(画像をクリックすると拡大されます)

[3] 4月22日撮影 青梅鉄道公園へ保存蒸機を撮りに行って来ました.3月末にも行ったんですが、運悪く機関車全部の塗り替え中でしたので出直しです.ちょうど園内の八重桜が満開で、ピカピカの機関車がピンクに彩られました.

(画像をクリックすると拡大されます)

[4] 5月22日撮影 昨年に続いてバラと都電のコラボレーションを撮りに行って来ました.町屋駅で京成との絡みを狙っていると、女性運転士の貸切車が三ノ輪橋から折り返してきました.バラの花の間から運転台が出るタイミングでシャッターを切ったら、ちょうど京成線をスカイライナーが通過しました.

(画像をクリックすると拡大されます)

[5] 7月7日撮影 久しぶりの江ノ電訪問です.極楽寺駅でトンネルから顔を出す305号を架線ビームの際どい隙間から撮りました.自分では撮っておきの会心カットなのですが、見る人にはその労苦は理解して貰えないでしょうね.

(画像をクリックすると拡大されます)

[6] 7月23日撮影 高校時代の友人と真岡鉄道の重連を撮影に行きました.しかし今日は2兎狙いで烏山線の龍門の滝を行くDD51牽引の臨時「烏山山あげ祭り号」も楽しみでした.いつもはキハ40しか通らない線なのでDD+12系はお宝画像になりました.しかも前日の豪雨の影響で、滝の水量もかつて見たことのない迫力です.

(画像をクリックすると拡大されます)

続きは明日か明後日に.

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、12月分全部はこちらからでも
11月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/12/29 AM 11:09:55 | [ウェブサイト・ブログ・写真]

No.440 大人のぬり絵

(画像をクリックすると拡大されます)

大人のぬり絵がブームなんだそうで、ようは輪郭のデッサンだけしてある下書きに自分で着色してゆくもののようです.それこそ風景、人物、静物、浮世絵など数々のものが用意されています.実はまだ手に取ったことはありません.

しかし、オリジナルでない絵に色付けしても、どれほどの喜びや満足感があるのでしょう?昔習字を習っていたときに禁止されていた、手本の上に半紙を重ね、なぞって書く方法を思い出してしまいました.

似て非なる発想ですが、自分の撮影したモノクロ画像に調色するのはどうでしょう?はっきりテクノカラーばりにカラー写真に化けさすのもよいですが、ここは逆に素材を活かして絵画風にタッチやトーンを換えて写真ではできない表現方法にしてみようかと考えました.こうなると画像ではありますが、写真とは言えませんね.このような分野は無いわけではありませんが、あまりメジャーではないので世間にはなかなか認められないでしょうか.
試しにやってみたのが上の作例です.今度はもう少し派手で抽象的なのにチャレンジしてみますね.

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/12/04 PM 06:08:25 | [ウェブサイト・ブログ・写真]

No.436 木下順二さん逝く

(画像をクリックすると拡大されます)


(画像をクリックすると拡大されます)

ご冥福をお祈りします.ありがとうございました.

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、11月分全部はこちらからでも
10月分全部はこちらからでも

ぜひ轍楽之路(てつがくのみち)サイト本編へもお立ち寄り下さい.

2006/11/30 PM 07:46:28 | [ウェブサイト・ブログ・写真]

No.322 スパム攻撃
当サイト掲示板(テキストと大画像) とブログへのスパム攻撃は凄まじいものがありました.表面上は何事も無いように見えてましたが、掲示板へはそれぞれ2-30回/日、ブログに至っては約5分に1回!と、とんでもない数です.掲示板は対策ソフトを組み込んでいましたが、不正書き込みを溜めておくゴミ捨てファイルが直ぐ一杯になってしまって、毎日のようにその削除をしなければなりませんでした.
ブログはサーバーの方の問題でしたが、ある特定日のコメント欄に集中して書き込まれて、膨大な負荷がサーバーにかかってしまい、カテゴリーからの検索が不可能になるトラブルが頻発しました.
再三再四サーバーに対処を依頼してましたが、削除と書き込みのイタチごっこ状態が続いて、気が重い毎日でした.
先日掲示板のCGIファイルのURLを変更しました.もう何回目になるでしょうか.いつもだと2日目くらいには再び攻撃が始まり、同じ状態になっていたのですが、今回はもう10日ほど経ちますがまだ来てません.
ブログの方もサーバーが対処してくれたらしく、まったく書き込まれなくなりました.

スパム書き込みやスパムメールは、人がその度に手動で送っているのではなくて、自動ソフトで入力ホームを使わないで膨大な数を一気に送るようなシステムになっています.海外からプロキシサーバーを経由して送信するため、ホストやIPアドレスなどでのブラックリストによる投稿拒否もほとんど不可能なようです.
しかし敵さんも、それだけの費用や手間を掛けても思ったような宣伝効果が上がらない、と判るはずで徐々に減ってゆくのではないでしょうか.

悪用されないために、掲示板にメールアドレスを書き込まない人が増えてきて、逆に書き込み内容が荒れてきた傾向もあります.匿名性が便利なネットの世界ですが、私たちのような趣味の世界ではメルアドくらいは堂々と公開したいものだと思いますが、そういう状態ではいたしかた無いですね.

前回の記事

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]
この続き、7月分全部はこちらからでも
6月分全部はこちらからでも

2006/07/27 PM 11:20:20 | [ウェブサイト・ブログ・写真]

No.224 4周年感謝です

おかげさまで3月3日、轍楽之路サイト開設4周年となりました.
いつも多くの方にご覧頂きありがとうございます.最近はブログの更新が精一杯で本編コンテンツの更新が滞っていて申し訳ありません.

1月にこのブログで連載していました「80年代の中国国鉄DL」を再構成してなんとか本日アップしました.一部写真も差し替えています.
あまり親しみ深くは無いかもしれませんが、国産機、輸入機併せて13型式(写真68点)の解説とギャラリーです.現在はすでに廃車になり見られなくなった型式もあります.ご興味がありましたら、おヒマ潰しにご笑覧頂ければ幸いです.
今後とも轍楽之路サイトをよろしくお願いいたします.

2006/03/03 AM 01:12:08 | [ウェブサイト・ブログ・写真]

No.191 リンク集

Webサイトに付き物なのは掲示板BBSと共にリンク集だと思います.よくネットサーフィンと言いますが、リンク集無しには成り立たないですよね.
しかし鉄道趣味関係のサイトではあまり利用されないようで、当サイトのリンク集にもアクセスは多くありません.
そこで昨年からひと工夫して各サイトの更新情報を載せることにしました.リアルタイムに載せるのが理想ですが、もちろんそれは無理というもので7〜10日に一度、各リンクサイトにアクセスしてリンク切れが無いか確認すると同時に、更新情報を得ています.本当はさらに新コンテンツの感想コメントを添えればパーフェクトですがそこまでは時間がありません.

リンク先もあまり多くなって分割などすると、複雑になって利用しづらいものになると思います.現在61サイトとリンクしていますがバナーが重く、これ以上増やすと開けにくくなりますので、これくらいが限界でしょう.
ぜひリンク集を時々ご覧頂き、こちらから他サイトへのご訪問をお願いいたします.

[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

2006/01/18 PM 03:39:14 | [ウェブサイト・ブログ・写真]

No.187 ブログ開設
当ブログも開設以来6ヶ月を経過、毎日100数十名の方々にご覧頂いています.年賀状やmailには「ブログ毎日見ていますよ」の文字が多く見られてやりがいを感じます.
なかなか毎日続ける、というのはネタ選びも含めて楽というわけではありませんが、さりとて苦ということでも無いのが幸いしています.ただ一回休むと休み癖がつき、永久にお休み・・・・・・.なんていうブログ(鉄関係ではないですが)も見かけます.
このブログはTOK2のサーバーにあり、過去ログを自分で取ることができません.将来的に何時まで保存されるのかは?ですが、サーバーの都合で消えてしまう可能性も無きにしもあらずで不安な面もあります.一応テキストと画像は必ず保存してバックアップはしてありますが、これらを一定のフォーマットで復元するとすれば大変な手間となってしまいますね.

最近当サイトとリンクをして頂いているお二方が相次いでブログを開設されましたので、ご紹介します.

まず鉄道幻灯館を主宰されているHNくまさんによるブログ「鉄道幻灯館」です. くまさんは水中写真の第一人者で、そちらのサイトも主宰されていますが、その確かなカメラの腕で鉄道を詩情的に表現されることを得意とされています.
ブログでは今まで掲示板に公開されていた「本日の思いでの1枚」をほぼ毎日アップされ、原則として「月 ディーゼル機関車」「火 蒸機(日本)」「水 電気機関車」「木 蒸機(中国)」「金 気動車」「土 電車」「日 フリーテーマ(最近のエポック)」を日替わりのテーマとしています.旧作あり、新作あり何が出てくるか毎日の楽しみです.


次はかつて「鉄路の記憶」という人気サイトを開かれていた国府津さんのブログ「あの日あの時」です.
ご多忙ということでサイトは素材列車という形で残されていましたが、実質的には休眠されていました.
1970-80年代の思い出の写真を公開されて行くようです.かなりの写真ストックをお持ちのはずですから今後の展開が期待されます.


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

1月分全部はこちらからでも
12月分全部はこちらからでも

2006/01/11 PM 11:43:47 | [ウェブサイト・ブログ・写真]

No.176 2005年 大晦
12月31日、大晦おおつごもりをむかえました.今年は私個人にとっては災いの年でした.体調も悪くて良いことはほとんどありませんでしたが、7月1日からこのブログを始めたことにより毎日毎日の区切りがつけられ、生活がある意味規則的なものになったことは救いの1つと言えます.
というわけで、当ブログ(轍楽之路付"録"ブログ)もちょうど半年の歴史を刻むことが出来ました.11月までは皆勤賞でしたが、12月はサーバー・トラブルでアップできなかった日があり、それをきっかけにして無理に毎日続けるのは止めることにしました.それでもおかげさまで、通しナンバーは今日で176を数えています.
カウンターも30000を超えていますので、毎日百数十名の方々にご覧頂いていることになります.リピーターの方も多いかと思いますし、内容により検索にも良くかかるようなので、あまりいい加減なことも書けません.うろ覚えのものをそのまま書くとご迷惑をかけることもあるかと思いますので、なるべく裏付けを取るように心がけていましたが、メールでご指摘を受けて慌てて訂正したことも何度かありました.


今日は1年の締めくくりとして、今年1年に撮影した写真の中から印象的なものを並べてみました.本格的に撮影したものでは無く、近場だけですがシャッター回数は結構切ってるんだな〜、とあらためて思った次第です.
関連コンテンツをリンクしておきましたので、まだご覧になっていない方はよろしければご笑覧下さい.

[1] 1月15日
常磐線三河島駅で撮影した183系成田臨です.高崎線方面からの列車ですが武蔵野線経由とはならずに上野駅折り返しでした.この区間での直流特急車の運転は大変珍しいものと思います.

(画像をクリックすると大きい画像がご覧になれます)

[2] 3月31日
ついに日立電鉄が廃止になってしまいました.20年以上前から何回か撮影していた路線ですが大変残念なことです.27日(クルマ)と31日(電車)と2回訪問して全線の様子を記録しました.
このカットは大橋駅をのぞむ国道バイパスから300mmでねらったものですが、どうしても夕方の交換風景を撮りたくて三脚と感度1600のフィルムをこのために用意して行きました.(実際はかなり暗いです)

(画像をクリックすると大きい画像がご覧になれます)

[3] 4月15日
山手線の205系電車、最後の1編成が4月17日でリタイアということで14日、15日に撮影しました.浜松町駅の小便小僧とのコラボは何回やっても外回り電車と被ってしまい失敗!こうなると意地でも撮ってやると思い、4回目でやっと撮れたものです.この時にも直ぐ背後には外回り電車が迫っていました.

(画像をクリックすると大きい画像がご覧になれます)

[4] 5月10日
8月24日開通予定のTX(つくばエクスプレス)の試運転がたけなわのようなので、北千住付近で撮影地を探してみました.全線防音フェンスにガードされていて、足回りまで見える撮影場所は高い場所に求めるしかありません.北千住駅付近で登れるビルはいくつもありませんが、JR常磐線の真上にある駐車場の非常階段から撮ったカットです.屋上から簡単に出ることができますし、特に立ち入り禁止の表示もありませんでした.

(画像をクリックすると大きい画像がご覧になれます)

[5] 5月26日
NHKで都電三ノ輪橋駅付近のバラが満開だとのニュースを見て、快晴の午後に行ってきました.鉄道関係のネットでは全く話題になってはいませんでしたが、平日の午後はあきらかに都電とバラ目当ての観光客が多く、駅一帯はさながらテーマパークのような雰囲気と賑わいでした.カラフルなバラと電車の組み合わせはどこから撮っても絵になりますし、電車もボンボン来ますからいろいろなアングルを楽しむことができます.

(画像をクリックすると大きい画像がご覧になれます)

[6] 6月19日
六甲の山中から頸城鉄道の車両が里帰りしてから初めての公開となりました.多少迷ったんですが、鈍行で往復することにして出かけました.さすが片道6時間はしんどくて、帰路は越後湯沢で1時間の接続待ちが辛抱できず新幹線に乗ってしまいました.
憧れのホジ3や西武山口線以来33年振りに再会したコッペル2号機の姿に感激しました.結局この時が今年一番の遠出でした.

(画像をクリックすると大きい画像がご覧になれます)

[7] 7月20日
上野駅が面白い.この頃は秋葉原のオフィースに通っていましたが、行き帰りに上野駅で臨時列車や新しいアングルを探してみました.
地平ホーム先端モニュメント付近から見上げた常磐線ホームの様子が新鮮に見えて、いろいろ角度を変えて撮影しました.来る列車がE231ばかりなので変わり映えしませんが、別の場所で撮影しているときに、たまたま1本しかない103系が入線してくるのを見て慌てて駆けつけました.
いよいよこの首都圏最後の103系も3月で消えるようです.

(画像をクリックすると大きい画像がご覧になれます)

[8] 7月22日
川越線-八高線を走っていた103系3000番代も最後の一編成(ハエ53編成)が残るだけでしたが5月15日以来出番が無く、これで廃止かと思われていました.ところが7月21・22日と急遽運用に就くことがネット情報で判り、撮影というよりもお名残り乗車に行ってきました.103系とはいってもこの車両はもと旧型国電モハ72系電車の更新車体を使っているので少々年期が入っています.印象的だったのはクハに使われているもと101系DT21T台車の乗り心地の良さでした.
ハエ53編成はその後10月2日にさよなら運転が行われ、さらに10月12日にも営業運転に就いたのを最後に廃車になってしまいました.
写真は武蔵高萩駅です.

(画像をクリックすると大きい画像がご覧になれます)

[9] 8月15日
成田市内に保存されているD51609の撮影の帰りに成田線空港支線に寄りました.沿線はほとんどが高架かトンネル.国際空港関連施設ですから、当然のごとく全線フェンスに囲まれていて大変ガードが堅い路線です.
しかし、数ヶ所に路線を越える農道?があり、上から撮れそうです.なかなか入口が見つかりませんでしたが、一ヶ所だけ急勾配のアプローチを見つけてクルマを乗り入れました.ネットフェンスの間から撮影できましたがなかなかのロケーションですね.

(画像をクリックすると大きい画像がご覧になれます)

[10] 11月18日
12月改正で石巻からやって来る北王子貨物駅行きの紙輸送列車に使われていた2軸車ワム80000型がボギーのコンテナ車に置き換えられるとのことで、晴天の日に出かけました.とは言っても自宅からクルマで20分ほどの南柏-北小金間の有名な歩道橋、近場です.ここは一見どこからでも撮れそうですが微妙な場所にネットがあって、架線、架線柱、電線などをクリアするのはなかなか難しい場所です.(誰が開けたか直径15cmほどの穴がネットに2ヶ所あったので利用させてもらいました)
上り5262列車はワムが20両+コンテナ車10両の長編成で この日は北斗星塗色のEF8186の牽引でした.
懐かしい2軸車はまだ他に残っているのでしょうか?タンタンタンタンというジョイント音、ドアと連結器をガシャガシャ言わせながら走る貨物列車も過去のモノになってしまいました.今回の常磐線2軸車ワムの廃止があまり騒がれなかったのは残念です.撮影しているカメラマンも見かけませんでした.

(画像をクリックすると大きい画像がご覧になれます)

[11] 12月13日
東急世田谷線にぺこちゃんカラーの300型が登場とのニュースを聞き、 早速見に行きました.最初は抜けるような青空で逆光撮影やハレーションに悩まされました.ところが昼過ぎから一転俄にかき曇り白いものがチラチラし出すような天気、撮影する気勢もそがれましたが、沿線の晩秋色を探して全線5kmを歩いてみました.結局一番季節色があったのは三軒茶屋駅のホームから進入シーンだったのですが.

(画像をクリックすると大きい画像がご覧になれます)

本年は轍楽之路および轍楽之路付"録"ブログをご覧頂きありがとうございました.
来年も引き続きご贔屓下さいますよう、よろしくお願いいたします.


[このブログは最新5つの記事が表示されています.左上Archivesの各月分をクリックすると過去の記事がご覧になれます.]

12月分全部はこちらからでも
11月分全部はこちらからでも

2005/12/31 PM 07:14:28 | [ウェブサイト・ブログ・写真]

No.35 ブログは簡単?
ブログはテキストも画像もアップが簡単!なんて言いますが、私の場合は結構大変です.このTOK2(トクツー)のブログはデフォルトの仕様だと画像は左上に1枚表示されます.テキストはその右側に表示されるのですが、フレーム左右いっぱいになるような大きな画像を入れた場合にwindowsだと右側に1文字分だけテキストが残ってしまいます.macではきれいに改行されて画像の下側から始まるんですが.
仕方ないので上側に画像を入れる場合は幅を300ピクセル以下にして、右側にテキストが回っても見栄えが悪くならないようにしています.また添付は1枚しかできないので、左上に複数の画像を入れる場合にはあらかじめ合体させておきます.
大きい画像や下に画像を入れたい場合は
<img src="http://tadayusaku.3.pro.toku2.com/△△/○○○.jpg" border="0">
というタグを書いて別にサーバーに送った画像を呼び出しています.
どうもよそさんのブログのように気軽に携帯からアップはできないようです.どころかテキストだけは見られるはずの閲覧も上手くできません.今さら何を言っても仕方ありませんが、新しくブログを始められる方は、その機能を各社のものを比較して、ご自分がご納得されたものを採用された方が良いと思います.

↓はスペインの山岳線を行くRENFE(スペイン国鉄)の言わば旧国です.山中に吊り掛けモーターの音を響かせ登って行きました.撮影は1976.9.
今日はもっと複雑なタグを書いて拡大画像へリンクしました.画像をクリックしてみてください.

2005/08/04 PM 06:08:25 | [ウェブサイト・ブログ・写真]

≪ 前の30件| 次の30件 ≫









(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.